【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

ビデオカードをより良いものにすると、映画などの画質は良くなるのでしょうか?
それともカクカクした動きがなくなるだけでしょうか?
いまVRヘッドセットがあるのですが、ウィンドウズ8マシンのスペックがぎりぎりなので、新しいPCの購入を考えていますが、カクカクの動きがなくなるだけならば、変える必要は感じません。ただ画質が大幅に変わるのであれば別です

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

動画の再生とかで画面がカクカクするのはCPU性能が不足しているとかです。



あるいは、OSとアプリと動画のファイルをひとつのハードディスクに入れたりしてませんか。

そういう場合は、ハードディスクを増設して、動画のファイルをそっちへ移すのがいいです。そうすればカクカクしません。
    • good
    • 5

自作PC7台に、安いモニタばかり7台使ってます。


ビデオカードもAMDのAPU(A10-6800K)とRadeonの安いものばかり
RadeonはWindows(8.1、7)PC3台で、R7-260X、7770、6800K内蔵GPU。
ubuntuなどで7750、6670、5670、4450。これらも昔はWindows7で使ってました。
ビデオカードによるアニメ(映画見ないので)の画質の差はないです。
モニタによる差の方がはるかに大きく、こだわるならいいモニタを買うのが一番ですね。
再生ソフトはPowerDVD14Ultra(8.1 pro 64bit)、13Ultra(8.1 pro 32bit)、12Ultra(7 Home 64bit)を使ってます。
13Ultraで画質、14Ultraで動作環境がかなり改善されてます。

PowerDVD14Ultraがわりと高いので、DVDやBDの再生以外の使い方として、BDレコーダー、NAS用のHDDをLAN接続し、パソコンでPowerDVD14などで簡単にこれらの録画した番組を再生できて便利だし、PS3などのゲーム機を接続すれば、BDレコーダー、NAS用HDD、PCに保存してる動画も簡単にゲーム機で再生できたりします。
    • good
    • 1

「画質」と一言で言っても具体的にナニか。


GPU(グラボそのものではなくプロセッサの方)が変わっただけでは画質に変化はありません。モニターに出力する一つ前のDACなどの質で変わります。一般的にその辺を宣伝文句にしているメーカーは見たことないです。

動画再生時の画質という点であれば、個人的好みになりますが私はRadeonが好みです。
総合的な画質となるとモニターとの組み合わせで考える必要があります。
少なくとも、見る角度で色合いが変わる安いモニターは論外として黒を黒として表示できるモニターが店頭デモ機を見て判断できる項目。それ以外では白飛びや黒つぶれが少ない液晶パネルが好ましいが、これは比較対象がないとなかなか判断できない。

画質という点ならグラボ云々よりモニターの違いのほうがわかりやすい。
    • good
    • 1

動画の画質向上を狙ってビデオカードを交換するのは、おすすめできないとの結論になります。



今のデジタル接続なビデオカードでは、交換しても変わるのは描画速度だけです。昔のアナログRGB接続しか存在しなかった当時なら、ビデオカードを変えると画質が激変する場合がありましたけど、そんなのは昔話です。それに動画再生に関しては、内蔵GPUでも性能はゲームほどの圧倒的大差で外付けGPUに負けることはないので、カクカク感の原因はもっと上流、CPUのパワー不足である可能性も疑われます。

現在であれば画質変化は再生ソフト(WinDVDとかPowerDVDとかの類)を交換する方が、変わる可能性がずっと高いと思います。それでもマシンパワーが足りないとカクカクになるのは避けられないですが。
    • good
    • 3

2Dの画質は変わりません。


ビデオカードは、計算処理の必要な画像(3Dやスクリプト)の補助が目的であって
コマ描写で、計算を必要としない動画は読み込みのキャッシュや先読み、圧縮の展開補助しか
力を使いません。

メーカーによって初期設定で色見が厚いとか色が薄いとかありますが
こんなものは、色のプロファイル設定を読み込ませてやれば同一になります。

画質を変えたければモニターを変えることです。
    • good
    • 0

解像度がより細かくなる可能性があるので「画質は良くなる」可能性は十分にあります。


ただしその分処理も増えるのでスペックはより必要になりますし、
元データの画質以上に良くなる事はないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲーム以外で、グラフィックボードをつける良さは?

私は趣味で自作PCを沢山作っています。
後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

私の場合ゲームをやらないので、オンボードグラフィックで十分です。
(CPUをCore i7-2700Kにしています。)
自作指南的なページでよく言われているのが、同じ予算であれば、
CPUのグレードを下げて、グラフィックボードのグレードを上げたほうが良い
といわれています。

パーツショップで、グラボの値段も見ていますが、価格帯がCPUよりも高価です。
そこで質問ですが、

1.ゲーム以外でグラボをつける良さってありますか?

2.CPUやメモリ等の部品に比べてコストパフォーマンスが悪いと思うのですが、
  お金を出してもおすすめするネタってありますか?
  (当方ゲームは極まれにやりますが、面倒で気が進みません
   ゲームでもこれは大金叩いても面白いというのがあったら教えて欲しいです。
   また、当方男性ですので、カテゴリーに抵触しない程度でアダルトネタでも良いです。)

Aベストアンサー

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エンコードや画像処理ソフトなど、極一部の用途でしか使えないが、CPUよりも高速で処理が可能。


>2.

基本的には、高いスペックの必要な3Dゲームをやらないのなら、上位クラスのグラボを搭載する意味は有りません。
動画の再生支援が目的なら安価な下位クラスの製品で十分ですし、GPGPUで使う場合もミドルクラス程度のコストパフォーマンスが良い製品で問題ないはず。
上位クラスのグラボは、高解像度&画質設定最高で3Dゲームを快適にやりたいというヘビーゲーマーや、ベンチマークで高いスコアを出したいベンチマーカーくらいしか縁が無い製品です。


>後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

これは、グラボを搭載すると映像が綺麗になるって意味じゃありません。
3Dゲームというのは、大抵のタイトルで画質設定が変更でき、高画質な設定ほど快適に動かすために必要な3D性能が上がっていくんです。
で、オンボードグラフィックや内蔵グラフィックと呼ばれるものは3D性能が低いから画質設定を低くしないと快適にプレイできないから低画質、グラボを追加すれば3D性能が上がるので画質設定を上げられるから映像が綺麗になるってわけです。
そのため、グラボを搭載すると映像が綺麗になるというのは、3Dゲームに限定されるんですよ。
基本的に、3Dゲーム以外の画質に関しては、どれだけ高性能なグラボを搭載しても綺麗になることは有りません。

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エ...続きを読む

Qグラボの性能で画質は変わりますか?

ディスプレイに表示される映像の画質ではなく、エンコードの結果、動画ファイルに保存される映像の画質です。
エンコードに限っては、グラボの性能の優劣は画像処理速度(エンコード速度)にのみ影響するのであって、ビットレート等の出力設定が同じであれば出力された動画の画質は変わるわけがないと思ってたんですが、どうなんでしょうか?
勘違いかもしれませんが、以前グラボの性能でエンコード出力された動画の画質が変わるというような話を小耳に挟んだような気がしたもので…。

お手数ですが、詳しい方回答をお願いします。

Aベストアンサー

Q/ビットレート等の出力設定が同じであれば出力された動画の画質は変わるわけがないと思ってたんですが、どうなんでしょうか?

A/動画の出力画質は、アルゴリズムの差によるものとパラメーターの差ですから、エンコードアルゴリズム(要は演算に使うエンコードエンジンが変わるなど)すれば、同じビットレートでも画質は変わります。

具体的な例として言えば、例えばTMPGEnc(ペガシス)でエンコードしたものと、TrueVelocity(サイバーリンク)でエンコードした物では、同じビットレートでも画質には差が生じます。

それに加えて、パラメーターの差が画質の差となります。
そのパラメーターの中に、グラフィックカードの機能を使う設定があれば、画質は変化するかもしれませんが、カードによって画質が極端に変化することはありません。


Q/以前グラボの性能でエンコード出力された動画の画質が変わるというような話を小耳に挟んだのですがどういうことでしょうか?

A/例えばインテル社のSandy Bridge世代以降のCore iを名乗るCPU内蔵グラフィックスに搭載されているIntel Quick Sync Videoを使うと、ソフトウェアエンコードに対して2~7倍も高速にエンコードが完了します。
これは、Sandy Bridge、Ivy Bridge、Haswellの3世代においてサポートしており、それぞれに使えるパラメーターとエンコード機能は異なります。(最新のものほどサポートするパラメーターは増えており、エンコード速度は高くなっています)

これはあくまで一例です。しかし上記技術を使うとDeep colorやx.v.Colorなどに対応したエンコードは出来ない場合があります。これだけで画質は変わります。さらに、エンコーダー回路は専用の回路であるため、その回路が行う処理に基づき処理され、画質もソフトウェア(CPU)エンコードに比べて下がる場合はあるでしょう。


例えば、これがnVIDIAのサポートするCUDAとTMPGEncなら、エンコードそのものをCUDAで行うことはありません。その前の処理においてフィルターを掛けると、CUDAによって高速化され、処理を速めることが出来ます。
ただし、ソフトウェア処理とは若干処理に使うフィルター回路が変わることがあり、ソフトウェア処理に比べて処理の画質が変わることはあります。


これらが、可能性のあるパターンです。
一般に、GPU(グラフィックスカード)は、コンピュータグラフィックス(CG)を処理する物であり、エンコードをする物ではありません。そもそも、GPUは動画を再生するための装置として生まれたものでもないのです。

そもそも、グラフィックスカード(ボード)はテレビには搭載されていません。何故でしょうか?同じ表示装置です。グラフィックスカードは、元々は三次元グラフィック装置またはRGBグラフィックス装置と呼ばれる装置を英語表記に統一した物です。
元々コンピュータは文字列(特に1バイトの英数字)を処理するためのものでした。
それに、Appleが開発したデスクトップやウィンドウの概念が追加されたのです。最初は白黒2値に相当する(厳密には緑ベースの文字列と黒の背景)でしたが、それ以上の色を必要としたのです。

そこで生まれたのが、そういう色を処理し、映像ではなくプログラムされたグラフィックスを視覚的な映像にするCGなのです。

これを処理するのが現在ビデオカード、グラフィックスカード、グラフィックスボード、グラフィックスアクセラレータと呼ばれる製品です。実を言えば、ビデオカードも、グラフィックスカードも同じ物ですが、ビデオを処理する物ではありません。

残念ながら、エンコード画質そのものを司るものではないのです。


では、なぜそういう話が出るのかというと、それを知らない人が機能として進化するグラフィックスカードや、その機能(OpenCLやCUDA、PhyX)を利用するソフトにおいて、ソフトバージョンごとに変わっていく利用する機能の差を知らずに評価するようになったためです。

グラフィックスカードは、2001年のShader1の登場から、2003年頃に登場したShader2.0(陰影を司る機能、正式名はProgramable Shader)によって、動画のエンコード特にフィルタリングにおいて使えるような命令がいくつか追加されています。それをソフトが利用した結果が、CUDAやOpenCLなどの技術なのです。それをどのようにどこまで使うかによって、画質は変化します。


それだけのことです。もちろん、最新の世代ほど使えるShaderの命令セットが増えるため、可能性は増加します。それは、パソコンのプロセッサが、SSE(Internet Streaming SID Extentions/PentiumIIIが最初)をサポートし、SSE2(Pentium4/Willamette)、SSE3(Prescott)、SSSE3(Merom/Tejas系)・・・と進化したのと同じです。Shaderも1世代から、現在の5世代まで進化しており、それに応じてCUDAやOpen CLのサポートバージョンも上がっています。

その世代によって画質も変わるのは当然の結果なのです。

Q/ビットレート等の出力設定が同じであれば出力された動画の画質は変わるわけがないと思ってたんですが、どうなんでしょうか?

A/動画の出力画質は、アルゴリズムの差によるものとパラメーターの差ですから、エンコードアルゴリズム(要は演算に使うエンコードエンジンが変わるなど)すれば、同じビットレートでも画質は変わります。

具体的な例として言えば、例えばTMPGEnc(ペガシス)でエンコードしたものと、TrueVelocity(サイバーリンク)でエンコードした物では、同じビットレートでも画質には差が生...続きを読む

Qブルーレイ映画鑑賞に必要なグラボは?

今度自作するPCのディスプレイに32型液晶TV(フルHDではない)をつけて,ブルーレイで映画鑑賞をしたいと思っています.
PCのその他使い道はネット(you tube),office,iTune等で,3Dゲームなどはしません.
主に,ブルーレイ映画の鑑賞に必要なグラボの性能.と言うことになると思いますが,
この使用条件に必要なグラフィックボードはどの程度ものでしょうか?
もしくはオンボードでいいのでしょうか?

おススメの商品などを教えて頂きたいです.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

はじめまして。

ご所有のPCの購入時期次第です。
2007年前半辺りのPCまではオンボードではほとんど壊滅です。
BDドライブを搭載している高級機でのみ、オンボードでもOKなものもノートPCでは稀にあったりしますが、大抵はRADEONの1000番台をカスタマイズしてBDの再生支援を搭載したりしています。
RADEONならば2000番台以降でHDの再生支援機能は搭載していますが、正式対応は3000番台以降。
Gefoceならば8000番台の後半以降が正式対応です。
Intelはオンボードばかりですが、普及モデルでは900番台か3000番台中心で再生支援機能はSD(標準解像度)だけです。GMA4500、X4500はBDドライブ搭載機に使用されましたが、こちらはHD再生支援機能があります。
CoeiシリーズのGPUとCPUを統合させたタイプになるとHD Graphicsと呼称が変わりました。これは4500の改良タイプなので全てHD再生支援機能を有しています。
但しオンボードの場合は専用のないグラフィックメモリを搭載していないのが大半ですので、メインメモリとの共用となるわけなので、メインメモリが2GB以上は必須となります。特にOSがVISTAの場合は要注意です。

HD再生支援機能は現状では大半のものに装備されています。
グラフィックボードでもローエンドの最低ランクのものでも標準装備です。
RADEONならば3450、4350辺りの二世代、三世代のものでもOKです。
Gefoceは8000番台の途中から採用したので、できれば9000番台以降。GT210などの低価格製品でも十分です。
逆にハイエンド製品の中にはゲームに特化して、HD再生支援機能がないものも、かつてはあったので、ムリに高額なグラフィックボードを購入する必要はありません。

No.1の方が書かれていますが、内蔵でも外付けでもできればHDMI端子を装備していた方が良いでしょう。
DVI端子でもHDCPに対応していれば、HDMI変換アダプターを使用して接続して見ることは可能なのですが、DVIは映像しか伝送しません。音声は別接続(主にアナログ)となります。

HD再生支援搭載直後のグラフィックボードの中には、別途PC内部でマザーボードのS/PDIFをグラフィックボードに接続しないと音声がHDMIで出力しないものもあるので要注意です。
最近のものであれば、ほとんどその必要はありません。
なので面倒だと思われれるのであれば、RADEONならば4000番台、5000番台以降辺り、Gefoceならば200番台以降であればその手間は省けるはずです。

商品に関してはRADEONならばHD4350、HD5450で、GeFoceならばGT210、GT220辺りで検索を。
なお省電力ならばRADEONです。
但しエンコードする場合はGeFoceの方がCUDAに対応しているアプリケーションが多いので有利です。このCUDAの効果は製品のランクとある程度比例し、コストパフォーマンスが良いのはミドルレンジのGT450辺りとなります。

はじめまして。

ご所有のPCの購入時期次第です。
2007年前半辺りのPCまではオンボードではほとんど壊滅です。
BDドライブを搭載している高級機でのみ、オンボードでもOKなものもノートPCでは稀にあったりしますが、大抵はRADEONの1000番台をカスタマイズしてBDの再生支援を搭載したりしています。
RADEONならば2000番台以降でHDの再生支援機能は搭載していますが、正式対応は3000番台以降。
Gefoceならば8000番台の後半以降が正式対応です。
Intelはオンボードばかりですが、普及モデルでは900番台か3000番台中心...続きを読む

QビデオカードがYoutubeなどの映像に与える映響

全くの初心者でよく分からないのですが、ビデオカードって、ゲームに使うときに必要なものですよね?

Youtubeなどの映像や、DVDを見る時にはビデオカードの性能差って関係無いんですよね。

詳しくわかる方教えていただけませんか?

DELLでPCの買い替えで注文しようと思っているのですが、値段の安いPCですと、インテルのHDグラフィックスになってしまうのですが、これで、DVDやYoutubeなどの映像のクオリティが下がってしまうとまずいので、購入の際の基準の一つにしたいのですが、実際の所どうなのかが良く分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>Youtubeなどの映像や、DVDを見る時にはビデオカードの性能差って関係無いんですよね。

基本的には関係ありません。

>これで、DVDやYoutubeなどの映像のクオリティが下がってしまうとまずいので

少なくとも、グラフィックボードの有無でDVDやYouTubeの動画の画質が低下することはありません。
影響があるとしたら、再生中のCPU使用率が少し上がる可能性があるって程度ですね。
まぁ、DVD再生程度じゃCPU使用率が上がることは無いし、YouTubeだってフルHDで高ビットレートの動画でも見ない限りは体感的な差は出ませんけど。
ニコニコ動画に投稿されている"ニコニコベンチマーク"シリーズみたいな動画を見ない限りは関係ないと思って良いですよ。

>値段の安いPCですと、インテルのHDグラフィックスになってしまうのですが

最近のIntel製の内蔵グラフィックは性能が良いですよ。
Core i7 2600Kなどに搭載しているIntel HD3000ならローエンドのグラフィックボードよりも性能が良いですし、下位製品に搭載しているIntel HD2000もローエンドグラフィックボードに近い性能があります。
廉価版のCPUに搭載しているものでもDVD再生・YouTube・ニコニコ動画・ブルーレイ再生程度なら余裕です。
3Dゲームをやらない人は気にしなくても良いですよ。

>Youtubeなどの映像や、DVDを見る時にはビデオカードの性能差って関係無いんですよね。

基本的には関係ありません。

>これで、DVDやYoutubeなどの映像のクオリティが下がってしまうとまずいので

少なくとも、グラフィックボードの有無でDVDやYouTubeの動画の画質が低下することはありません。
影響があるとしたら、再生中のCPU使用率が少し上がる可能性があるって程度ですね。
まぁ、DVD再生程度じゃCPU使用率が上がることは無いし、YouTubeだってフルHDで高ビットレートの動画でも見ない限りは体感的な...続きを読む

Qグラボ増設で動画再生がスムーズになったりしますか?

5年ほど使っているデスクトップPCです。BTO機のほぼ下のほうのランクのもので、まあエクセルやパワポなどビジネスソフトは普通に使えますが、全体的にスペックは控えめです。
あまり詳しくは覚えてませんがざっくりした仕様は、CPUはAMD Athlon2のクアッドコア、メモリは4GB、グラフィックはオンボード、OSはwindows7(64bit)です。

質問は、グラフィック機能についてです。
DVDやMPEGなどの動画を見ていると、ときどき途中で映像が止まって(音は出ている)映像が飛んだり、YouTube等の動画で最初のしばらくの間映像を読み込め切れてなくて超低解像度のようなボケボケ状態になることがあります。
グラフィックの機能がオンボードで非力だからかな?と思い、グラフィックボードの購入を考えています。

しかし、グラフィックボードは主に3Dの描画などゲーム等に力を発揮するもので映像再生にはあまり関係ないと聞いたことがあります。動画にはグラボの効果は望めるものでしょうか?
また、1万円ぐらいの安いグラボなら買ってもそれほど変わらないでしょうか?

ちなみに、すでに5年前のPCですからそろそろ買い替えも考えつつあるところですが、家計の関係であと3年ぐらいは購入は厳しそうなので、とりあえずの対処としてグラボの追加でしばらくしのごうかと思ってる次第です。
どうぞよろしくお願いします。

5年ほど使っているデスクトップPCです。BTO機のほぼ下のほうのランクのもので、まあエクセルやパワポなどビジネスソフトは普通に使えますが、全体的にスペックは控えめです。
あまり詳しくは覚えてませんがざっくりした仕様は、CPUはAMD Athlon2のクアッドコア、メモリは4GB、グラフィックはオンボード、OSはwindows7(64bit)です。

質問は、グラフィック機能についてです。
DVDやMPEGなどの動画を見ていると、ときどき途中で映像が止まって(音は出ている)映像が飛んだり、YouTube等の動画で最初のしばらく...続きを読む

Aベストアンサー

デコードの処理にCPUが追い付いていないのでしょう。
デコードの処理をグラフィックカードに肩代わりさせることで画質の改善を期待できます。

ソケットはAM2+またはAM3でしょうから、(自信がないのでちょっと調べた。正解だった♪)
Radeon HD 4250/4290以上のPCI-Express 2.0対応グラフィックカード
を選べば問題はないでしょう。
※Athlon II x4 を使うシステムのチップセットでの上限はRadeon HD 4250/4290クラスのGPU。

・・・
「入手のしやすさ」と「それなりの性能」を考慮すると「GeForce GT 710」または「GeForce GT 730」くらいで良いのではないだろうか。
これなら1万円前後で購入できます。
(動画観るだけならオーバースペックな気もする)

Qグラフィックカードが必要か否か?

今回、新しいPCを購入しました。
youtubeなどの動画をよく見るのですが、グラフィックボードは必要でしょうか?
CPUのスペックから見るに、現状であれば必要性を感じないのですが、
有る無しではどのように違うのでしょう?

ちなみに、モニターを2台使用してマルチタスクします。

PCは以下の構成。


DX4870-F78F

Windows 8 - 3.40GHz インテル® CoreTM i7 プロセッサー - 8GB メモリ - 1TB ハードドライブ - Intel® HD 4000 グラフィックス (最大 1664MB (メイン・メモリーと共用)) - DVD-RAM/±R/±R DL/±RW - HDMI® - USB 3.0

Aベストアンサー

基本的に 映像などはCPUに仕事させてはダメです。

自分の8コアPCでグラボ付(Gフォース8千番以下ていど?)だと
ブルーレイ動画 再生時 CPU8パーセントです。
PCI接続のグラフィックだとCPU30は軽く超える。

もちろん そのグラフィックであれば十分でしょうけど
いろんな意味で 余裕があるし 動作も安定するので
最近のものであれば 5千円以下でも十分性能いいので
グラフィックは付けるべきでしょう。

それから ゲームなどしないなら
わざと性能の低いモノを選ぶのもいいです。
熱と電力が少ないからです。

最近のものであれば 安くても
グラフィックに電源端子が無い低性能でも十分です。

2コアPCで AMDの4000番台でファンレス使ってますけど
ブルーレイCPU20%ちょい程度です。
最近のなら5000円ほどで 6000番台とか買えるんじゃないですかね。

自分では中古の2000円程度でも十分だと思ってますがw
ネットや動画 軽いソフトのみであれば 熱が出ないタイプがお勧めです。

あ そうだ Win7でNvidia系は相性でる場合ありますよ。
フリーズとかね。KernelPower病とかっていって。
これはVista時代からだそうです。
コダワリとかなければ AMD系のRadeonってタイプが楽ですよ。
最近は8コアPCより AMD積んでる2コアPCばっかり使用してますw。

基本的に 映像などはCPUに仕事させてはダメです。

自分の8コアPCでグラボ付(Gフォース8千番以下ていど?)だと
ブルーレイ動画 再生時 CPU8パーセントです。
PCI接続のグラフィックだとCPU30は軽く超える。

もちろん そのグラフィックであれば十分でしょうけど
いろんな意味で 余裕があるし 動作も安定するので
最近のものであれば 5千円以下でも十分性能いいので
グラフィックは付けるべきでしょう。

それから ゲームなどしないなら
わざと性能の低いモノを選ぶのもいいです。
熱と電力が少ないからで...続きを読む

QPCでのBlu-rayディスク再生はグラボがないと

PCでBlu-rayディスクの映像を再生する際は、Blu-rayドライブはあっても、グラボが付いてないと再生できないのですか。
再生困難なのですか。

Aベストアンサー

ANo.1 です。

> FRS515/23A

CPU が Core i5-2320 であり、チップセットが Intel H61 ですから、
その内蔵表示機能において、Blu-ray を再生する性能を備えています。

しかし、そのパソコンに標準の光学ドライブは Blu-ray に未対応のため、
もし、これからそのパソコンを購入するつもりなら避けた方が賢明です。
素直に、標準で Blu-ray 対応の光学ドライブを備えているパソコンを買いましょう。

そして、既に、そのパソコンを所有しているなら、
USB 接続型の外付け光学ドライブ(Blu-ray 対応機)を購入することで、
Blu-ray を視聴再生できる性能が整います。

ただし、例えば、下記のようなパッケージ品を購入しましょう。
Blu-ray を視聴再生するプレイヤーソフトには、基本、フリーソフトはありません。

Blu-ray に再生対応しているバージョンの PowerDVD 等を購入するなら、
アプリ単品で 10,000円を超えてしまいます。
下記のようなパッケージ品を購入すれば、Blu-ray 対応のプレイヤーソフトが付属しています。

http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1090907097

ANo.1 です。

> FRS515/23A

CPU が Core i5-2320 であり、チップセットが Intel H61 ですから、
その内蔵表示機能において、Blu-ray を再生する性能を備えています。

しかし、そのパソコンに標準の光学ドライブは Blu-ray に未対応のため、
もし、これからそのパソコンを購入するつもりなら避けた方が賢明です。
素直に、標準で Blu-ray 対応の光学ドライブを備えているパソコンを買いましょう。

そして、既に、そのパソコンを所有しているなら、
USB 接続型の外付け光学ドライブ(Blu-ray 対応機)を購入する...続きを読む

QPCに繋ぐ端子はHDMIとDVIのどちらがベスト?

HDMIとDVI端子を備えているマザーボードとモニターがあるの
ですが、通常どちらでつなぐものなのでしょうか。

私は今HDMIで繋いでいるのですが、HDMIではなくDVIで
繋ぐメリットがあれば教えていただきたいです。

液晶モニタ:EW2430V
マザーボード:H67DE3

今までずっとD-Subだったので、モニター単体で電源を切って
入れ直した時にウィンドウのサイズ等がおかしくなる現象には
まだ慣れていないところですが、こちらに関しても何か工夫が
あれば教えてくださいませ。

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

HDMI接続は、基本的にAV機器に適した物で、PCとモニターの場合でもケーブル1本で映像と音声も接続出来るというメリットは有ります。

他にもAVアンプ経由として、5.1chや7.1chの環境も行えますね。

パソコンの場合も、オーディオとビジュアルが有るので,AV機器としての活用も可能ですが、テレビとは違ってパソコンの場合は日本では存在しないテレビ放送規格の表示も行える為、本来はAV規格とは違う接続の方が従来からのPC環境を継承していると言えます。

まぁ、通常の利用では、おおむねどちらでも大丈夫のはずです。

なお、モニターの電源と画面サイズの関係は、おそらくモニターが電源投入時に一旦表示させるサイズ設定等が今までと違うだけでしょうから、そう言う物だと思った方が良いでしょう。

最近は、電源オフではなくて、バックライト消灯や表示駆動回路の停止などでエコモードとか省電力モードなどで機能設定を保持する機器も多く成っていますね。

Qマザーボードとグラボの相性について

こちらにも質問さえていただいております。

 おすすめのマザーボードを教えてください
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7276198.html

現在使用しているグラボ(GF-GTX460-E1GHD 玄人志向)はそのまま使い、CPUとマザーボードとメモリーを新規で買おうと思っています。

ショップ店員にも相談したところマザーとグラボには相性問題があるらしくそれは私達にもわからないとのことでした。
店員がわからないってのもビックリしました(笑)

そこで相性がいいマザーボードを教えてください。
買おうとしているCPUはCore i7-2600Kです。メモリーは8Gぐらいあれば十分かなと思っています(今現在2Gですので(笑))

拡張は何もする予定ないです。オーバークロックもしないです。ただ安定さえしてればそれでいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ

相性問題については下記で回答されていますので省きますが

自分の経験上の話ですが
ASUSのマザーを好んで使用しています。
グラフィックカードを複数使用しましたが相性で起動しなかったことは
今までありませんでした。
メモリの相性についてもマザーボード上にMemOK!ボタンがあり、
相性が出た場合でもそのボタンを押すことによってメモリの相性問題が
解決されることが多くなりました。

ASUS説明
MemOK!機能は、メモリの動作設定を強制的に変更することでメモリの
相性問題を解決する機能です。メモリの相性問題によってPCが起動しない場合には、
PCの電源をオフにした後にマザーボード上のMemOK!ボタンを長押しするだけでPCが
起動可能になります。


で、その後の話になるのですがオーバークロックをしないのならZ68マザーボードは
必要ないし、本来CPUもK付は必要ありません。
(K無しとK付で値段は差ほど変わらないからどっちでもいいかな)

拡張もしないのであればH67のマザーでも十分だと思います。
http://kakaku.com/prdsearch/prdcompare.asp?PrdKey=K0000237231.K0000237229.K0000237262.K0000237230
左がATXマザーでそれ以外はMicroATXマザーになります。
どれもメモリ8GB以上搭載可能 MemOK!機能付です。
出来れば2番目は機能削除版なので他のを選ばれるといいと思います。

こんにちわ

相性問題については下記で回答されていますので省きますが

自分の経験上の話ですが
ASUSのマザーを好んで使用しています。
グラフィックカードを複数使用しましたが相性で起動しなかったことは
今までありませんでした。
メモリの相性についてもマザーボード上にMemOK!ボタンがあり、
相性が出た場合でもそのボタンを押すことによってメモリの相性問題が
解決されることが多くなりました。

ASUS説明
MemOK!機能は、メモリの動作設定を強制的に変更することでメモリの
相性問題を解決する機能です。...続きを読む

Qマザボののオンボード機能はグラボを刺したあとどうなる?

最近、自作PCを作ろうかと、いろいろ調べてる素人です。

最近のマザーボードはグラフィック性能が高く、オンボードだけでもそれなりにゲームができると聞きましたが、やはり3DCGゲームをしたい!ということでグラボを刺そうと思っています。
(GeForce GTX970か、奮発して1070かなと思ってます)

そこで疑問が湧いたのですが、グラボを使用するなら、オンボード機能がもったいないんじゃないか?と思ったのです。
そこで質問です。

1.オーバークロック等、高機能でありながら、グラボを使用することを前提としたものはあるのでしょうか?

2.グラボを刺した場合、オンボード機能は何も機能しない、いらない子になってしまうのでしょうか?
それともグラボの補助的な機能を果たすのでしょうか?
はたまた最近のCPUはGPUの機能も果たすと聞きましたが、僕の言っているオンボードはCPUによる機能なので、CPUがGPUの負担をしなくて良くなった分、更に性能が向上するのでしょうか??

いろんなサイトを読み漁り、知識が曖昧なため、あやふやなところが多々あるとおもいますが、
そこら編、わかりやすく教えてくださいませんか?
専門用語は自力で調べるので、多少難しくても大丈夫だと思います。

パソコンにお詳しい方、よろしくお願いします!

最近、自作PCを作ろうかと、いろいろ調べてる素人です。

最近のマザーボードはグラフィック性能が高く、オンボードだけでもそれなりにゲームができると聞きましたが、やはり3DCGゲームをしたい!ということでグラボを刺そうと思っています。
(GeForce GTX970か、奮発して1070かなと思ってます)

そこで疑問が湧いたのですが、グラボを使用するなら、オンボード機能がもったいないんじゃないか?と思ったのです。
そこで質問です。

1.オーバークロック等、高機能でありながら、グラボを使用することを前...続きを読む

Aベストアンサー

最新の機種だと、CPU内蔵のグラフィックスやグラフィックボードを自動で判別して切り替えるものが多く、CPU内蔵を使ってマルチディスプレイを可能にする設定が BIOS にあります。

1. LGA2011-V3 用チップセット X99 を使ったマザーボードなどが、それに該当します。これは、グラフィックボードの使用が必須になります。Core i7-6950X などですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/759797.html ← CPU
http://www.asus.com/jp/Motherboards/X99DELUXE/overview/ ← マザーボードの一例。

2. グラフィックボードを挿して CPU内蔵グラフィックスを使わない場合は、機能しませんので、CPUの負担にはなりません。

グラフィックボードの補助的な役目をするマザーボードもありますが、殆ど使われていないでしょう。AMD のマザーボードで CrossFire X と言う仕組みがあって、グラフィックボードと CPU内蔵のグラフィックスを組み合わせて性能を高めるものもあります。ただし、これは性能が低いグラフィックボードで効果的に働くもので、高性能なグラフィックボードを搭載する場合は意味がありません。

CPU内蔵のグラフィックスを使わない場合、CPU自体の発熱がその分減りますし、メインメモリを共有していたグラフィックス用メモリが必要なくなりますので、演算に集中できます。ほんの僅かですが、性能が良くなるでしょう。と言うか、低下しなくなると言った方が正しいでしょう。

実際、現在の性能であればCPU内蔵のグラフィックスを使っていても、グラフィックボードとの差を体感するのは難しいです。当然、ミドルレンジからハイエンドに掛かるグラフィックボードは、基本的な性能に違いがありますので、比較にはなりませんが。

最新の機種だと、CPU内蔵のグラフィックスやグラフィックボードを自動で判別して切り替えるものが多く、CPU内蔵を使ってマルチディスプレイを可能にする設定が BIOS にあります。

1. LGA2011-V3 用チップセット X99 を使ったマザーボードなどが、それに該当します。これは、グラフィックボードの使用が必須になります。Core i7-6950X などですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/759797.html ← CPU
http://www.asus.com/jp/Motherboards/X99DELUXE/overview/ ← マザーボードの一例。

2. ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング