個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

お世話になります。
YouTubeで「永久機関」をキーワードにして映像検索すると、永久機関の動画が多数検出されます。
わたしの記憶が確かならば、永久機関は作れないはずなのですが、動画を見ると実際に動き続ける映像が多数UPされています。

よくあるパターンは、観覧車のような形状をしていて、回転の上の頂点を超えると、そのおもりが観覧車の中心から遠い方に移動する。逆に回転の下の頂点を超えると、おもりが観覧車の中心に近いところに移動する。
おもりが中心から遠くなると、てこの原理が効いて、回転に与える力が強くなる。
おもりが中心から近くなるとその逆に回転に与える力が弱くなる。
ゆえに、観覧車は何時までも回転を続ける、
というやつです。

この手の永久機関が動かない理由は、
「理屈は上記の通りだが、おもりが中心から遠くなる時(つまり、おもりから見て、観覧車の回転が下向きの時)はおもりの数が少なくなり、逆に上がるときはおもりの数が多くなる。
ゆえに、てこの原理が効くぶん、おもりの数が少なくて相殺されるので、回転の下がる側と上がる側が観覧車の回転に与える力は等しくなり、永久機関にはならない」
ということだったと思いますが、実際、映像は動き続けています。

どうやって実現しているのでしょうか?
最初にすこし勢いをつけて手で回しているので、ものすごく優秀なベアリングを使って、最初の勢いだけで回っているのでしょうか?
 それとも見えない部分でモーターとか、ピアノ線で操っているのでしょうか?

永久機関に詳しい方、お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そりゃタネも仕掛けもあるネタ動画ですもの。



画面の外からドライヤーなどで風を送るってのは単純な方法。空気はビデオに映らないからね。同じような手で台座に細い管を仕込んで圧縮空気を送ることもできる。
だいたい、透明性の高い材質で作ったもの以外はモーターを仕込む事が多いでしょう。簡単だし。
電池もモーターも小型のものが手に入るからモーターのケースの中に電池を仕込むなんてのもできるし、これまた細い銅線で電源供給する事も出来る。

もちろんほそーい糸をひっかけて回す事もできるし、手術や手品に使われる糸なら高解像度で撮影してあっても相当近づかないと見えるもんじゃないですね。

あと、回る系のものは、照明とカメラごと「背景の方を回す」ってどんでん返しのトリックが昔からある。

コイルにモーターや明かりがくっ付いている系は電磁誘導を使うのが簡単。

他にも画像処理って手段もある。

どうやって実現しているかは当人に聞くか現物で確認しないと、可能性がありすぎて特定できない。
行ってみれば「頭の体操」みたいなネタですな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

ネタ動画でしたか・・・
真面目に考えて損しました。

お礼日時:2015/01/17 23:35

>永久機関の動画が多数検出されます


チッチッチ、これが間違いの元、永久機関らしく見える・・・・だけです。
詳細は前の回答者参考。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


見えるだけ、なんですね。

お礼日時:2015/01/17 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの軸を二つ繋げて配線・・・

馬鹿な質問をさせて頂きます。

モーターを二つ用意し、それらのモーターの軸を繋げ
そのモーター同士を配線し、軸を動かせば両方のモーターが発電しあい
永久にモーター同士が回り続けるということはないんでしょうか?

ちょっと意味不明なところですがお願いします。

Aベストアンサー

ありえない話ですが、仮にすべての損失がゼロ、のモーターや電線があったとすれば、永久に回転し続けるはずです。

また、もっと話を単純にして、ボールを完全に外界から隔離し、真空、無重力の中で回転させれば、その環境が変わらない限り永久に回転し続けます。

でも、これらは、おそらく質問者さんが期待している「永久機関」ではありません。

例えば、そのボールを使って発電をしたい、と考えるでしょう。
発電をすると、ボールの回転エネルギーが減り、電気に変わってしまいます。やがて回転も止まってしまいます。

つまり、エネルギーを外に漏らさないかぎり、永久に動き続ける機関を作ることは理論上可能です(全く利用価値はありませんが)。これは、石油を燃やさずに、大事に貯蔵しておくのに似ています。

Q宇宙は永久機関ですか?

永久機関を作ることは不可能ですが。

『エネルギー保存の法則』で成り立つ宇宙自体は永久機関ですか?

宇宙の時間が経ちエントロピー増大が進行して、エネルギーの質が悪くなっても、エネルギー保存の法則により、エネルギー自体、つまり宇宙自体が消えることはありません。

つまり、宇宙は永久機関でしょうか?

また、宇宙が永久機関であるならば、「宇宙は宇宙自らが原因で存在している」つまり宇宙は自己原因により存在すると言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

全てのものは永久運動機関です。
そもそも、運動しているものが徐々に止まる、というのは
車軸の摩擦や空気抵抗、地面との摩擦によるのであって、
そうした「抵抗」とは、その物体の運動エネルギーが、
軸受けや空気、地面の熱(分子振動の運動量)に変化
するだけで、「トータルな運動量」は変わりません。

重い原子の核分裂と軽い分子の核融合により、いつかは
中間の鉄に変わる場合も、鉄と輻射の平衡状態における
「運動」は、永久に続きます。
ただし、基本粒子である陽子が崩壊する現象を予測する
大統一理論が正しければ、やがて輻射と量子的対発生の
場になりますが、それとても鉄分子が量子に変わるだけで、
永久運動機関の仕様の違いに過ぎません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング