Gooだと算式がでないのかな…
えっとですね、1.1×10(の6乗…10の右上に小さい6がつく)の英訳をしたいのですが、果たしてどうしたらいいんでしょう。
one point one multiply with …ここまではこれでいいと思いますが(これでいいのかな?不安になってきた)その後を英訳よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

one point one times ten to the sixth


で通じることは通じます。
    • good
    • 0

「Judy 先生の 耳から学ぶ科学英語」(野口ジュディ-著,講談社)には,次の3通りの読み方が書いてあります。



  one point one times ten to the sixth
  one point one times ten to the sixth power
  one point one times ten to the power of six

うちにいる留学生(ネイティブではありませんが)もこう言っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんのおかげでプレゼンも成功に終わりました! ありがとうございました。
ポイントですが、どれも通じるということから早くに回答をくださった方にあげたいと思います。皆さんへの感謝の気持ちは同じです!

お礼日時:2001/06/14 13:45

★alamoana★と申します。



One point one times ten to the sixth.

または,

One point one times ten to the sixth power.

と私なら読みます。

↓下の「参考URL」のページも参考にしてみてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=62895

この回答への補足

おぉ、皆さんはやい!
ありがとうございました。

補足日時:2001/06/12 15:13
    • good
    • 0

アメリカに住んでいたとき、周りの人は



one point one times ten to the six

といってました。無論私もそういってちゃんと通じてました。
ただ、文法書などでは10の6乗は
sixth power of ten
と書いてあり、確かにこれでも通じます。それで、
one point one times sixth power of ten
でも正解のはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI need your help with.. はなぜwith?

I need your help with solving this problem.
この場合なぜwithが使われるのでしょうか?

また、I need your help for...
とforに置き換えても間違いではないですか?
その場合withとforではニュアンスが変わってきますか?

Aベストアンサー

with solving:一緒に問題を解決してもらうことが前提
for solving:問題を解決してもらいたいが、一緒である必要はない

ですから、自分で解決できなく相手に解決をまかせるのであればforでもいいです。ともに解決してもらいたいのであればwithです。

Q文頭with の使い方 With this award-winning cast and the e

文頭with の使い方

With this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director, Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of year's best film.

これらの受賞歴のあるキャストと、著名なクインシー•フェアバンクスを監督とした『サンティアゴ•サン』は紛れもなく今年の最優秀映画賞の候補となるでしょう。

上記の訳においてwithでなければならない理由。withだからこその強調される意味はなんなのか?
また、いわゆる、どういう構文なのか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上記の訳においてwithでなければならない理由。withだからこその強調される意味はなんなのか?
>また、いわゆる、どういう構文なのか教えて下さい。

with = having(分詞構文として) ですよ。次の 1)と2)をつないでいる機能語です。敢えて文法用語を使えば「付帯状況(同時を表す)」ですね。
1) Santiago Sun [ has ] this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director.
「Santiago Sun は、~を擁している。」
2) Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of year's best film.
「Santiago Sun は、~となるでしょう。」

Having this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director, Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of year's best film.
** 素の形の"Having"を"With"に変えたということです。

withでなければならない理由は、「文+文」という長くなる形を「副詞句+文」という簡潔な形にしたいという理由ですね。
「文+文」をつなぐ接続詞としては、"as"を用いることが多いです。辞書には「~ながら」という訳語が与えられてますが、そのように訳せない場合の方が多いです。またダラダラと"and"でつなぐ場合もあります。
・Santiago Sun will ~ , [ as ] it has ・・・.
・[ As ] Santiago Sun has ・・・, it will ~.
・Santiago Sun has ・・・, [ and ] it will ~.

日本語としては色々な形に訳せますが、大切なのは、"with"が、2つの文を簡潔に1つの文に結びつける働きをもつということでしょう。

>上記の訳においてwithでなければならない理由。withだからこその強調される意味はなんなのか?
>また、いわゆる、どういう構文なのか教えて下さい。

with = having(分詞構文として) ですよ。次の 1)と2)をつないでいる機能語です。敢えて文法用語を使えば「付帯状況(同時を表す)」ですね。
1) Santiago Sun [ has ] this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director.
「Santiago Sun は、~を擁している。」
2) Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of ye...続きを読む

Qこの文章を訳せる方は果たして・・・

詩の1部抜粋です。どれが動詞だかなんだかわかりません。助けてください!

For hence not callous to the mourner's pains through youth's gay prime and thornless paths I went:
And when the darker day of life began,
and I did roam, a thought-bewilderd man!

Aベストアンサー

正直に言いますと、英語は苦手です(ぺこり)
「若き頃の陽気で、大切な、苦悩に満ちた経験故に哀悼者の苦痛に冷淡なのではない。そして人生のさらに暗い日が始まるとき、私は彷徨う。ああ、考えの混乱した者よ。」
 時制が無視されていますが、このあたりの訳は如何でしょうか。前後がないので、明確なことが分かりません。特にgayの扱いで・・・どう転ぶか?
 あとthought-bewilderdは、thought-bewilderedのミススペルと考えました。

Qone of which/of which one

手元にある文章、
There are transmitters of either 10 or 50 watts, of which one acts as stand-by while the other is in operation.
について、関係代名詞of which oneの辺りについて質問があります。

(1) ...10 or 50 watts, one of which acts...
(2) ...10 or 50 watts, of which one acts...

(1)の書き方であればよく分かるのですが、上の文章にあるように(2)の場合ではどうしてこのような並びになっているのかがよく分かりません。(1)と(2)では意味はおそらく同じであると思いますが、違いや使われ方の特徴はあるのでしょうか。お詳しい方、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.5への追記です。ANo.5で
「回答者のどなたも指摘していませんが、oneと後から出てくるthe otherが対をなしているからですね」
と書きました。繰り返しますが、この文ではこの点が重要だ思う。なお、後のほうのthe otherはanotherで置き換えてもよい。

手元にある辞書(研究社)から例文をあげておきましょう。
oneという言葉を引くと項目の3番目に「[another, the otherと対照的に]一方の、片方の」という意味で用いるとあり、例として

To know a language is one thing, to teach it is another.(一つの言語を知っているのと、それを教えるのは別だ。)
If A said one thing, B was sure to say another.(Aが何か言うと、Bは必ず別のことを言った。)
He's so happy -go-lucky that advice seems to go in one ear and out the other.(彼は行きあたりばったりだから、忠告も右の耳からはいって左の耳からぬけてしまうようだ。)
Some say one thing, some another.(こう言う人もいればああ言うひともいる。)
one--, the other--.(一方は...他方は...)

があげられている。問題の文の場合も、
..., one of which acts as stand-by while the other is in operation.
とすると、この対称性(あるいは対照性)が破れて、文として美しくないでしょう。誤解のないように言っておきますが、このように修正した文が文法的にダメだとは言っていない。あくまでも文としての品、あるいは美しさの問題です。

ANo.5への追記です。ANo.5で
「回答者のどなたも指摘していませんが、oneと後から出てくるthe otherが対をなしているからですね」
と書きました。繰り返しますが、この文ではこの点が重要だ思う。なお、後のほうのthe otherはanotherで置き換えてもよい。

手元にある辞書(研究社)から例文をあげておきましょう。
oneという言葉を引くと項目の3番目に「[another, the otherと対照的に]一方の、片方の」という意味で用いるとあり、例として

To know a language is one thing, to teach it is another.(一つの言...続きを読む

Q『this one,please.』の『one』

英語の教材CD(超初級)を聞いていたら、
『this one,please.』の『one』は数字の1の事ではないと言っていましたが、その説明が良く分かりませんでした。

数字の『one』とは違う言葉なのですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

This hat is better than that one.
この one は hat の代わりです。

これと同じで、帽子屋さんで hat のことだとわかりきっているので
This one, please. と言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報