20年前建築の60坪、中古鉄筋戸建のリフォーム内容としては、床をフローリング、クロス全面貼替え、窓をペアガラス、キッチン、風呂、洗面所、トイレの交換、吹き抜けの床、2Fの風呂を1Fに移動、などが大きなポイントです。吹き抜けの床、風呂の移動ではつりなど、躯体の解体が必要になります。その他にも細かいところはいくつかありますが、上記が主だったところです。おおよその予算の目安はどれくらいになるでしょうか? また、価格を出来るだけ抑えながらも、歩いていど安心して任せられるリフォーム会社の選び方についても教えてもらいますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

吹き抜けを作るんですか?


それとも、吹き抜けに床を張るんでしょうか?
床を張る場合は、床面積が増えます。
また、構造計算も必要でしょう。
吹き抜けを作る場合は、床面積は増えませんが、構造強度に問題が出る場合もあります。
床面積が増える場合は、増築になるので、用途地域によりますが、基本的に建築確認が必要になります。
建築確認が必要な場合は、建物の規模に応じた建築士の設計が必要になります。
設計自体をリフォーム会社に頼む事も可能ですが、リフォーム会社に一括発注するのならば、建築士事務所登録をしているリフォーム会社である必要があります。(リフォーム会社が建築士事務所に依頼する方法もあります)
外壁開口の変更や、2階床の変更がありますから、それなりの規模のリフォーム会社又は工務店、建設会社に依頼した方が良いでしょう。
施工金額の概算は難しいですが、仕上げの大半を改修するとしたら、30万円/坪以上はかかるのではないでしょうか?
60坪ならば、1,800万円以上です。
簡単な工事は、クロスとフローリング位です。
フローリングに関しては、現在の床の仕上厚でおさまるならば、内部建具の変更は不要ですが、仕上厚が変るならば、内部建具も交換する必要があります。
サッシに関しては、既存開口で収まるのであれば、それほど手間はかかりませんが、開口が変るのであれば、躯体のはつり等が必要です。
浴室の変更が一番厄介です。
浴室の床を上げられるならば、排水管はころがせますが、床をあまり上げられない場合は、コンクリート床をかなりはつらないと土間配管が出来ません。
換気扇等の排気ダクトのコア抜きも必要ですよね?
相当実績があり、大規模な改修になれている業者を探すしかないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事有難うございました。日当たりを確保するために吹き抜けを作る予定です。施工金額の概算は難しいと思いますが、30万円/坪以上とのこと、わかりやすく有難うございました。

お礼日時:2015/01/25 09:53

ご自宅はどちらになりますか?



当社は、東京や埼玉県で、リフォーム増改築やクリーニング、お庭の手入れ、家事代行などのなんでもやさんをやっています。
最近ホームページを開設しました!!
どこよりも低価格で見積もりさせていただきます!!
細かい相談にものれます。

おうちのトータルサポート、おうちやさんʕ• •ʔ♬✧
是非ご利用ください!!

http://outi83.wix.com/outiyasan
パソコンだと綺麗にみれます!

この回答への補足

結構です

補足日時:2015/01/29 14:03
    • good
    • 0

こんにちは


通常上記のようなフルリフォームだと坪10万~15万程度と言われています。
あとは設備のグレードによります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。他の方々の半分ですね。

お礼日時:2015/01/28 23:34

専門家の立場から一言だけ、RC構造で、床を抜いて吹き抜けを作ることは非常に難しい。



100%絶対に駄目とは言えないかもしれませんが、吹き抜けのような大きな開口部をあけようとすれば、構造設計屋と綿密な補強方法を考えないと先ず不可能です。
炭素繊維と鉄骨で補強して構造が保つかどうか・・・・

しっかりした設計事務所に頼んでくださいね。地震がきたら倒壊なんて事にもなりかねない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

専門家のご意見有難うございました。 何軒かに聞いたのですが、床は問題ないが風呂移動の際の躯体の解体が問題という人もいましたが、最近間接的に聞いた設計士さんのお話しでは、inonさんの仰るように床を抜くことが問題で、ねじれの力に対するひずみが問題だと言われました。逆に風呂移動の際の躯体の解体は問題ないとのことでした。本当によくわからなくなりますが、大事なところですので、よく検討したいと思います。有難うございました。

お礼日時:2015/01/26 11:22

中古鉄筋戸建のリフォーム見積りは文面だけでは難しいです。

内容はリフォームではなくリノベーションです。30坪程度の中古マンションのリノベーションは約500万円です。床面積が単純に2倍だとして1000万円になります。これは内装のみで、戸建てだと外装の修理が必要でしょう。陸屋根ならば防水工事も必要になります。これは費用がかかるので外装全部で500万円ほどかかるでしょう。60坪は2棟分の床面積ですので、費用が掛かります。30坪の木造1棟分の新築費用がかかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見積もりが難しい中、内装1000、外装500とのこと有難うございました。2番の方と概ね同じで相場観がわかりました。なかなか高額になるので、予算が難しい状況です。有難うございました。

お礼日時:2015/01/25 10:38

60坪の鉄筋戸建ですか。


先日野島断層上の震災ハウスをみてきました。
あの阪神淡路大震災の震源のそばで、数mの断層のずれが
家の中心部で起こっても、オーナーはその数年後も住み続けていたそうです。
震災ミュージアムが隣の敷地ではさすがに住みにくかったのでは。
同潤会のアパートメントは集合住宅が故寿命になりましたが、
20年前の戸建鉄筋といえば、要塞あるいはトーチカのようなものです。
ハワイのダイヤモンドヘッド登山の途中にある砲台など相当の時間と海岸沿いに
関わらずまったく設置当時と変わらないような状態です。
法隆寺の5重の塔のようなものです。
打ちっぱなしでも十分みられるのでは?
40年ほど前は名だたる建築家が多数設計しましたが、
見てくれはひどいものでした。(職人もとても苦労したと思いますが)
20年前でしたら、特に内装をしなくてもそのままでいけませんか?
もう一度真剣に物件を観察してみましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速に有難うございます。とても頑丈ということですね。有難うございます。購入物件ですので、やはり水回り、壁紙、床などは新しくしたいと思います。ただ、日当たりが悪いので吹き抜けの作成が必要なのと、諸事情で風呂の位置の1Fへの移動が必要ですので、それに伴う躯体工事で費用がかさみそうです。相場がなかなかわからくて困っています。。。

お礼日時:2015/01/25 01:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築40年の鉄筋マンション リノベーションか建替えか

相続により土地付き4階建て鉄筋マンションを譲り受けました。
大阪中心まで電車で30分、駅至近、近くに大学もあり立地としては申し分ないのですが、
既に建築後40年が経過しており住人も少なくなっています。
このまま放置せず運用を思案していますが、建替えるべきか、
それとも耐震工事後リフォームで再生可能なのか、今後どのようなステップで進めるべきか
アドバイスを頂戴したく存じます。お願いいたします。

Aベストアンサー

建築は1971ですか。その年に法改正が一度ありましてね。その年に経っているということは法改正のさらにそれより前の物件ということです。
その法改正は、よく聞く新耐震基準の前の耐震基準です。ですから、その物件はさらにその前の物件ということで耐震性能はかなり低いです。
今回の震災でもRCで大きく壊れた報告では60年代の建物。
阪神大震災でも同じです。
耐震補強の専門に確認すると鉄筋コンクリートの耐震補強の方がまだ可能性があるとのことでした。
しかし、それは新耐震基準の前の耐震基準に対してであり、さらに古い基準ではかなりの補強になります。耐震改修は可能ですが、よくおこなわれている年代のものより古いということを考えれば建物を再生しても使用に耐えうる補強ではすまない可能性も十分にあるということです。
情報があふれ、みなさん築年数は気にします。だからこそ賃貸を探すとき築年数を要望を聞きとる欄があるのです。耐震補強してもその築年数ではねられれば集客は増えませんし、それだけ古いとスラブも壁も薄く、騒音問題も抱えます。それに耐震補強した合体ロボみたいな住居に住みたいと思う人間が多いとは思えません。

結論。採算と立ち退きの様子を見て、解体しましょう。建て替えをしたほうが良いと思います。

建築は1971ですか。その年に法改正が一度ありましてね。その年に経っているということは法改正のさらにそれより前の物件ということです。
その法改正は、よく聞く新耐震基準の前の耐震基準です。ですから、その物件はさらにその前の物件ということで耐震性能はかなり低いです。
今回の震災でもRCで大きく壊れた報告では60年代の建物。
阪神大震災でも同じです。
耐震補強の専門に確認すると鉄筋コンクリートの耐震補強の方がまだ可能性があるとのことでした。
しかし、それは新耐震基準の前の耐震基準に対してであ...続きを読む

Q築40年の鉄筋コンクリート住宅を購入→リホーム(・_・)

購入あと一歩で、「この物件は、どうなのか?」と思い、この場をお借りして皆様のご意見をお願いしますm(__)m。地元の不動産屋に中古物件(一戸建)を以前から頼んでいたのですが、この度、立地、価格共に要望のものがあると連絡があり、早速見に行ってきました。(以下箇条書き似させてもらいます。)リホームも視野に入れ、後々どうなのか少し心配です。

○築40年二階建(2階木造部分は、完成10年後に増築)
○1階は鉄筋コンクリート造(後に増築可能といううたい文句で売られてい     たそうです。)
○水周りは、今住んでらっしゃる方が、以前(5~7年前)改装済み。
○販売希望価格は、ほとんど家代は含まれていないとのことで、土地価格をみても近隣の相場相応。でも、100万値切ることができました。
○購入後、予算約700万円で可能なリホームも考えています。
○立地的には、小学校に近く、土地は地盤の良さ、広さ(67坪)南向きの広い間口。と、気に入っています。
○今回の購入価格とリホームの合計で、近隣でウナギの寝床の新築一戸建てが買えます。(立地、方角は選べませんが)
○あと、建築士の方に目視で(お金がかかったので)見てもらったところ、程度は良いと言われました。後は、はがしてみないとわからないそうです。住宅供給公社が販売したもので、その頃のは多分海砂は使ってないだろうとの事でした。

長々となりましたが、どうでしょうか?やはり築40年というのは、いかに鉄筋コンクリート造でも、後々のリスクが増えていくでしょうか?
建築の事などはシロウトなもので、皆様のご意見をお聞かせ下さい。

購入あと一歩で、「この物件は、どうなのか?」と思い、この場をお借りして皆様のご意見をお願いしますm(__)m。地元の不動産屋に中古物件(一戸建)を以前から頼んでいたのですが、この度、立地、価格共に要望のものがあると連絡があり、早速見に行ってきました。(以下箇条書き似させてもらいます。)リホームも視野に入れ、後々どうなのか少し心配です。

○築40年二階建(2階木造部分は、完成10年後に増築)
○1階は鉄筋コンクリート造(後に増築可能といううたい文句で売られてい     たそうです。)
○...続きを読む

Aベストアンサー

築40年というと1966年頃のものですね。

時期的にいってバブルと同じオリンピック景気の時代のもですので、結構粗雑な建物が多かった時期です。
東海道線のトンネルのコンクリートが剥離した事故がありますが、ほぼ同時期のものと考えた方がよいです。

この時期ですと海砂の使用やアルカリ骨材反応の出る材料を用いていた可能性もあります。
但し専門家が見た限りでは外観上目立つ劣化はないということなので、この点はあまり心配ないかもしれません。

ただし1981年以前の物件ですので、いわゆる新耐震基準で設計されたものではありません。この当時の基準で設計された建物は、耐震性が劣る場合もあります。実際に補強をしても現在の基準を満たすことができないとして取り壊しになった物件もあります。
特に鉄筋コンクリートについてはせん断破壊といういきなり倒壊する破壊形状についての知識がなかった時代での設計方法ですので、耐震性についてはかなり不安なところがあります。できれば売り主に協力してもらって、耐震診断や耐震基準適合証明を受けた方がよいと思います。

また鉄筋コンクリートの寿命は60年から100年と考えられています。60年というのはコンクリートがアルカリ性を失い(中性化)中の鉄筋がさび始めると考えられる時期です。
だから最短ですと後20年程度で寿命が来る可能性があるということを理解した上で購入計画は立てた方がよいと思います。
また建て替えも視野に入れて、解体費用についても検討しておいた方がよいと思います。

また防水関係は定期的にメンテナンスを行わないと雨漏りの危険性もあります。この記録もよくチェックした方がよいのではないかと思います。

公社物件だからといってよいものとは限らないと考えておいた方がよいです。今の都市整備機構物件などは設計図書紛失など様々な問題が報じられていますし。

また、増築部分の木造というのは大丈夫でしょうか。異なる構造間で地震の際に振動性状が違うため衝突による破壊というのもありまし、崖地など(こういうところは地下部分・基礎として鉄筋コンクリート、建物を木造として最初から設計しています)を除けば通常コンクリート構造物と木造という組み合わせ同じ建物に用いませんので(基礎部分を除く)。

以上心配させるようなことばかりで済みませんが、古い物件だけにいろいろ問題点は洗い出しておいた方がよいと思い回答させて頂きました。
なお、契約する際には瑕疵担保についても十分売り主と協議して決めることをお勧めします。

築40年というと1966年頃のものですね。

時期的にいってバブルと同じオリンピック景気の時代のもですので、結構粗雑な建物が多かった時期です。
東海道線のトンネルのコンクリートが剥離した事故がありますが、ほぼ同時期のものと考えた方がよいです。

この時期ですと海砂の使用やアルカリ骨材反応の出る材料を用いていた可能性もあります。
但し専門家が見た限りでは外観上目立つ劣化はないということなので、この点はあまり心配ないかもしれません。

ただし1981年以前の物件ですので、いわ...続きを読む

Q昭和41年築の平屋のRC住宅

昭和41年築のRC平屋住宅です(45坪)
形状は四角ではなく、結構ごちゃごちゃしています。屋根は切妻の瓦です。

この住宅は私立大学の建築科の教授の家らしいのですが買おうかどうしようか迷っています。
もう築40年の住宅ですので・・・
RCって40年たつと寿命なのでしょうか?
耐震補強するならどういった補強になるのでしょうか?
図面があった場合、構造計算を再計算して、もし強度に問題なければ、40年たった今でもいいのでしょうか?
売値は2000万ですが、予算は2500で考えているので、仲介料200万としても300万のリフォームになっていまします。
やめたほうがいいでしょうか?
姉歯の事件やここの掲示板を見て不安になっています。
よろしくご回答お願いします。

Aベストアンサー

鉄筋コンクリート構造物自体の寿命は60~100年と考えてよいと思いますが、設備設備や配管などはそれほどの寿命はないので、これらのメンテナンス状況は確認した方がよいと思います。

構造的な問題では、昭和41年ですと、耐震基準が改正される前のもので、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります(全部がだめというわけではなく、法律が変わったために現行の基準を満たさないものを違法建築と区別して既存不適格といいます)。

阪神淡路大震災で大被害を受けたもののほとんどが昔(1981年以前の耐震基準)の設計によるものでした。
そのためこれらの文献について、耐震慣習の促進に関する法律を制定したりして耐震診断や補強を政府は進めています。さらに現在アスベスト問題と同様に重要課題として、宅建業法を改正して、耐震診断の有無や結果について、不動産取引時の重要事項説明に加えることを現在検討中になっています。

http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/keizai/20051217/20051217i101-yol.html?C=S

先の回答にもあるように、古いものについてはコンクリート自体が珍しかったので、余裕のある設計・慎重な施工がなされたようで、解体時の調査結果で、現状よりも品質の良いコンクリートがあったことが報告されています。
しかし、昭和41年の2年前に行われた東京オリンピック景気の余波で、オイルショックが訪れるまでの期間は、一時期のバブル時期のように建設ラッシュで作業員不足があったといわれており、施工がうまくなかった物件も多くあります(材料も現在のような品質のものではなかった)。

なお、売り主は建築学科の教授のようですが、専門は何でしょうか? 建築学科の先生だからというので安心と考える前にその専門を確認した方がよいと思います。
姉歯氏の事件を見てもわかるように、届出は元請の設計事務所が行っています。自分の名前で申請をしているのにもかかわらず、元請の建築士で偽造を見破った人はいません。これは建築の専門家といえども構造をきちんと理解している人はその一部しかいないからです。

使い勝手やデザイン(仕上がり具合)に目が向きすぎて、施工監理やや構造計算がおろそかになっていることも考えられますので、建築学科の先生だと安心と考えるのはやめた方がよいと思います。


補強方法については構造形式により大きく変わりますので、一概に言えませんが、鉄筋コンクリートの場合、旧基準では、せん断破壊という型式(柱や壁に斜めにひび割れが入る破壊型式で発生から倒壊まで急激に起きるので、現在は破壊する場合はせん断ではなく曲げ破壊から始まるように設計することになっている)が発生しやすいことが挙げられます。

1階だと重量はないので、開口部周りの柱などの補強が必要になるような気がします。
また形状が複雑なので、ねじれ振動などを考慮した構造バランスを整える補強が必要になるように思います。

現状では耐震診断の状況などについて説明義務などはないですが、先に述べたように古い物件については数年の後に宅建業法で耐震診断の状況などについての説明義務が追加されそうですので、耐震診断のしていない物件や耐震性がないことが判明している物件については値下がりが予想されます。
だから、古い物件については改正を待った方がよいのではないかと個人的には思います。

鉄筋コンクリート構造物自体の寿命は60~100年と考えてよいと思いますが、設備設備や配管などはそれほどの寿命はないので、これらのメンテナンス状況は確認した方がよいと思います。

構造的な問題では、昭和41年ですと、耐震基準が改正される前のもので、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります(全部がだめというわけではなく、法律が変わったために現行の基準を満たさないものを違法建築と区別して既存不適格といいます)。

阪神淡路大震災で大被害を受けたもののほとんどが昔(1981...続きを読む

Q築32年一戸建て(軽量鉄骨)の家について

築32年一戸建て(軽量鉄骨)の家について
築32年の軽量鉄骨の一戸建ての家を購入しようと思っています。
リフォームもわが家一新や新築そっくりさんなどの丸ごとリフォームをしようと思います。
今心配なのは耐震強度です。(将来巨大地震の起こる確率が高い地方なので)
わが家一新や新築そっくりさんでは耐震補強が標準で付いているそうなのですが、
本当に大丈夫なのか心配です。
皆さんにご意見を聞きたく投稿いたしました。

Aベストアンサー

私は軽量鉄骨住宅の内装大工です
今年3月から5月いっぱい内装リフォームをしてきました
今までの新築住宅と 今回のリフォーム工事をしての現場の声と思ってください
基本的に軽量鉄骨住宅は駆体工事に関わっているブレス トラス 耐力壁 独立柱 外壁パネルなどで建物の強度を支えています
そのため各部屋の間仕切り壁は壁下地を支える物で建物の強度には何ら支障をしている物ではありません
耐震強度を上げたいのなら外周面室内側壁を壊したときに追加ブレスを入れる方法 独立柱間にブレスを入れる方法 など既存の駆体に手を加える必要があると思います
私が行った工事は築後25年の大手HM軽量鉄骨2階建て2世帯住宅の一階40坪ほどの全面改装です
旧間取りはDK×2 L×2 玄関×2 和室×2 トイレ×2 洗面所 UB(1.5×1.8)
新間取りはLDK 玄関 寝室 食品庫 トイレ 洗面所 UB(2.0×2.0)オール電化 サンデッキなど
建具 衛生設備 空調床暖房設備 照明設備など 内装すべ他の工事でした (外装は5年ほど前に改装済み)
何ら問題なく工事完了しました
木造と違い出来うる限り外周面 基礎 布基礎などで強度を持っていますので予算にも寄りますが問題なくリフォームできると思います。
これはあくまでも私の関わっている住宅メーカーに限ってお話ししましたが参考になれば幸いです

私は軽量鉄骨住宅の内装大工です
今年3月から5月いっぱい内装リフォームをしてきました
今までの新築住宅と 今回のリフォーム工事をしての現場の声と思ってください
基本的に軽量鉄骨住宅は駆体工事に関わっているブレス トラス 耐力壁 独立柱 外壁パネルなどで建物の強度を支えています
そのため各部屋の間仕切り壁は壁下地を支える物で建物の強度には何ら支障をしている物ではありません
耐震強度を上げたいのなら外周面室内側壁を壊したときに追加ブレスを入れる方法 独立柱間にブレスを入れる方法 など既存の...続きを読む

Q築34年の鉄骨造はもう寿命でしょうか?

御意見お聞かせ下さい。

都内に建つ築34年の鉄骨物件を不動産屋さんからすすめられています。

駅から10分以内のところに建つその物件は、風呂は昔ながらのバランス釜、外装も内装も
それなりの経年でくたびれており、6戸中3戸しか入っておりません。
今風のモノに変えるには、各室ともかなりのリフォームが必要に見て取れました。

物件価格はほぼ土地値に近く、リフォーム費用をかけてもこれくらいで回せるかな?と、皮算
用をしておったのですが、昨日、知合いの不動産屋さん(損益関係を抜きの間柄です)から
「築34年は業界ではカスで誰も手を出さないよ。これからいろいろ修繕にお金もかかるし、いく
ら今風に変えても築年数が古い物件には人は来ないよ」 と言われました。

確かにプロの仰る事ももっともだと思い、購入へと高まっていた意思が今はニュートラルに戻っ
ております。

皆様、築34年をどう思いますか?

Aベストアンサー

手入れされている建物は、古くても入る可能性はあるでしょうが、くたびれているしリフォームが必要なら土地を買うきで買わないとダメでしょう。
元のオーナーは15~20年でローンが終わり、10年ほどほぼ丸儲けして、これ以上何かしても立ち退き料がかさむばかりとここが引き際とばかりに手放されるのではないかと思います。
地震は古くて大丈夫ですかねえ。と聞かれれば「それなりですね」と答えるしかなく(新耐震基準前ですからがっくり弱いです)入居も見込は薄いのでしょう。リニューアルの分損失となり儲けがでません。

手を入れないと・・・とビジネスを考えずにお金をかけると大変なことになるかもしれません。
防水工事だって2回やったかどうか・・・雨漏りしたら修繕は不可避です。
3戸分の立ち退き料と土地代、解体費用、新築費用をかけて儲かるのかと考えた事業の方が良いでしょう。ちなみに共同住宅鉄骨は耐用年数47年ですから安いといってもおそらく建物価値がまだ価格に含まれているかもしれません。すると土地に有効に活用できないマイナスポイントがあるかもしれません。しっかり計算して損をしないように。

手入れされている建物は、古くても入る可能性はあるでしょうが、くたびれているしリフォームが必要なら土地を買うきで買わないとダメでしょう。
元のオーナーは15~20年でローンが終わり、10年ほどほぼ丸儲けして、これ以上何かしても立ち退き料がかさむばかりとここが引き際とばかりに手放されるのではないかと思います。
地震は古くて大丈夫ですかねえ。と聞かれれば「それなりですね」と答えるしかなく(新耐震基準前ですからがっくり弱いです)入居も見込は薄いのでしょう。リニューアルの分損失となり儲...続きを読む

Q中古物件を全面リフォームする場合の費用

実家を二世帯住宅に建て替えるか、もしくは中古物件を購入して全面リフォームするかで心が揺れています。そこでリフォーム費用について質問します。

土地20坪前後に中古25年未満の物件を検討中です。リフォームの内容は・・・屋根の葺き替え、外壁の再吹きつけ、水周り(トイレ・洗面・バス・キッチン)の入れ替え、壁・天井のクロス及びフローリングの張り替え、外部サッシの入れ替え、内部建具の入れ替え、畳・襖の入れ替え、外こうのやり直し・・・要するに間取りの変更はしない代わりに目に見える仕上げは全て新しくしたいです。あと、1部屋くらい和室から洋室への変更も(その逆かも?)あるかもしれません。

間取りは3LDKです。(LDKと和室1・洋室2もしくは和室2・洋室1)以上の内容で全面リフォームした場合の概ねの予算っておいくらぐらいでしょうか?ちなみに予算は1000万です。アバウトな質問ですみません。1000万では話にならないくらい不足なのか、全て標準品ならOKなのか、めっちゃ余裕なのかが知りたいです。お願い致します。

Aベストアンサー

うちは3年探しました
絶対これって思う物件を探した方が良いですよ
簡単に買いかえって訳には行かないです

リフォーム業者に改築の見積もりを出してもらって高い物からリフォームすると良いですよ
1000万もあったら大分好きなように出来ると思います

うちはお風呂、キッチン、洗面台で450万
エアコン、食器洗浄器、照明、ボイラー、浴室乾燥機で200万
トイレは後でリフォームすることにして便座かえて収納スペース作って30万。
後、クロスの張替え、畳の入れ替え、障子、ふすま、洋室へのリフォーム2部屋、波板の張替え、玄関の取り替え、窓の取り替え等のお金が未払いです
そんなに高く無いと思うけど・・
予算が900万でした。
たぶん予算でおさまるつもりです・・
おさまるかな??(--;;

ケチって後悔するならばばーんとやった方がすっきりです
うちもかなりこだわってリフォームしたのでやりのこした事に頑張ってお金貯めて直すぞって意識が出てくるのでかえって気持ち的に後悔していません

予算考えて標準品で妥協しなくても大丈夫な金額だと思いますよ

素敵な家が見つかると良いですね!

うちは3年探しました
絶対これって思う物件を探した方が良いですよ
簡単に買いかえって訳には行かないです

リフォーム業者に改築の見積もりを出してもらって高い物からリフォームすると良いですよ
1000万もあったら大分好きなように出来ると思います

うちはお風呂、キッチン、洗面台で450万
エアコン、食器洗浄器、照明、ボイラー、浴室乾燥機で200万
トイレは後でリフォームすることにして便座かえて収納スペース作って30万。
後、クロスの張替え、畳の入れ替え、障子、ふすま、洋室へのリフォーム2...続きを読む

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q外断熱リフォームってどうなんでしょう

先日、あるメーカさんが来て条件(宣伝等)で破格値で外断熱リフォーム(外壁)を実施したいとのこと。
家も築8年目で屋根、外壁の塗装を考える時期かな~なんて程度しかおもってもいなかったため戸惑っています。
破格値といっても300万オーバー(通常価格は500万~とのこと)
ちなみにサイディングは出来立てのほぼ永久に張替え、塗装不要の素材のようです。(悪徳?とも思いましたが、HP見たところ写真付きで乗っていたため違うかなと)
 →いきなり来て当日中の返事をと言われたため一旦断りましたが、もう少し待てますとのことで今週1週間待ってもらうことになりました。
(建築時メーカ、知り合い等にいろいろ聞いてみようかと)
私的には、300万って妥当なの?お得なの?損?そんな掛からない?その辺がまったくリサーチ不足のためなかなか判断つかない感じです。
確かに、300万で外壁に関して今後一生メンテ不要と考えればよい話にも感じますが、踏ん切りがつきません。

皆さんに聞きたいのは(特にメーカさんとか、実施した方、考えている方)、築8年で今後想定されるメンテ費用と実際どうだったなどの話が聞けるとありがたいです)
家は木造2階建、延床35坪、外壁は窯業系です。

先日、あるメーカさんが来て条件(宣伝等)で破格値で外断熱リフォーム(外壁)を実施したいとのこと。
家も築8年目で屋根、外壁の塗装を考える時期かな~なんて程度しかおもってもいなかったため戸惑っています。
破格値といっても300万オーバー(通常価格は500万~とのこと)
ちなみにサイディングは出来立てのほぼ永久に張替え、塗装不要の素材のようです。(悪徳?とも思いましたが、HP見たところ写真付きで乗っていたため違うかなと)
 →いきなり来て当日中の返事をと言われたため一旦断りましたが、も...続きを読む

Aベストアンサー

チョット露骨な話になりますが、
訪問販売で、お得なお買い物は100%ありません。
ボッタクリの世界です。

仮に、この訪問販売で契約して工事を行えば、
横のつながりで、どんどん、訪問販売がおとづれることでしょう!
あまい話で、どんどん仕切り・・・次からつぎとリフォームの嵐です。
結局、新築の家に建て替えできるくらいリフォームにお金をかけてしまい。
業者のいいカモにされるのが落ちです。
雨漏りもなく、普通に生活ができているのであれば、いじらないことです。

もしも、住宅ローンがあるのであれば、リフォームする費用を
住宅ローンの繰上返済にまわしたほうがよっぽど良いです。
また、物にはメンテナンスが一生不要というものは存在しません。
必ずなんらかのメンテナンスは必要です。

また、外断熱のリフォームなんて現実出来ません。
外断熱は、新築時に設計の段階から基礎・壁・屋根・空調設備等を計画的に設計して、つくられるもですので、既存の建物には対応できません。
以下サイトにてご確認ください。
外断熱の住宅とはこのようなものです。⇒http://www.schs.co.jp/

価格の件ですが、
だれが、通常価格を500万にしたのか分かりませんが、
通常価格を割高に設定して、そこから何らかの理由で安くして、
いかにも安いかの様に錯覚させて契約をとる手法です。
ですので、価格に根拠がまったくありません。

また、良いことばかり言って、契約を迫るのもボッタクリ手法の手口です。
必ず、物には良いところと悪いところが存在します。
それを丁寧に説明して、お客様に判断してもらうのが常識です。

参考にしていただければ幸いです。

チョット露骨な話になりますが、
訪問販売で、お得なお買い物は100%ありません。
ボッタクリの世界です。

仮に、この訪問販売で契約して工事を行えば、
横のつながりで、どんどん、訪問販売がおとづれることでしょう!
あまい話で、どんどん仕切り・・・次からつぎとリフォームの嵐です。
結局、新築の家に建て替えできるくらいリフォームにお金をかけてしまい。
業者のいいカモにされるのが落ちです。
雨漏りもなく、普通に生活ができているのであれば、いじらないことです。

もしも、住宅ロー...続きを読む

Q築30年以上の家の完全リフォームについて

築30年以上の古家付き、物件が売られているのですが、
もし購入したら、建て替え不可の物件のため、完全リフォームをしたいと思っています(平屋です)。
物件購入前にどれくらいの費用がかかるか、見積もりとりたいのですが、
販売している仲介業者さんには、どんな情報を求めたら良いでしょうか。

例えば、古家の設計図?や鍵なども一時的に借りることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

<販売している仲介業者さんには、どんな情報を求めたら良いでしょうか。>
これにお答えしますね。
一番良いのは確認申請書添付の図面です。無ければせめて筋交いが記入されている図面と平面図

問題は購入前に物件の調査を承知するかどうかです。一般的には築30年の家なら価格は土地だけの物になっていると思いますので、鍵を借りることは可能ではないですか。

見積は実際の建物を見ないと何とも言えません。土台が腐朽しているかもしれませんし、構造材が白アリにやられているかもしれません、設備関係がぼろぼろかもしれないし・・・・

物も見ないで、これくらいはかかりますなんて言う業者は避けた方が賢明です。
私は見積をさせる立場ですが、一見でこれくらいなんていう業者は最初から省きます。

Q外階段いくらかかる?(上下分離の二世帯にする場合)

上下分離の二世帯住宅にしたいなと考えております。

完全二世帯ではなく、お風呂は共同ですが、
やはり若夫婦の私達が両親に気遣い無く出入りできるように、二階にも玄関があればいいなと思ったからです。

「玄関」というより、家の者が出入りするちょっとした感じの造りでいいんですが、
やはり100万円は超えてしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

はじめましてあくまでも現場若しくは図面を確認しないといけませんが・・・。
金額的には、100万円以内で可能だと思います。
鉄骨で螺旋階段・通常の直線・L型でも20万円・玄関ドア親子輸入品25万(ちょっと贅沢かもお洒落に)・壁解体5万・2階内部造作変更全ての工事込(天井壁クロス床木目フロアー玄関床部分磁器タイル下駄箱照明天井玄関外階段部分各1電気工事・内部床面積3坪分40万・廃材処理5万、そして私のお小遣い5万(笑い) 合計100万円です。材料ももう少し下げれます。大儲けは出来ませんが利益は出ます。良く大工さんと話し合ったらいかがですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報