電子書籍の厳選無料作品が豊富!

ほぼ二万円違うので総支給額の差額とたいして変わらないのですがなぜですか?

月給22万円なら手取りが184339円
月給20万?なら手取りが167756円

A 回答 (2件)

ほぼ合ってるでしょ?


額面22万円で手取りが184339円だと諸控除額(源泉税や社会保険料など)は35661円で約16.2%
額面20万円で手取りが167756円だと諸控除額は32244円で約16.1%
ほぼ諸控除額は比例しているので(もっと額面での差が大きくなれば源泉税の累進が効いて来ますが)、
額面が2万円違えば支給額は諸控除額も約16%際し引いたくらいの差にしかなりません。
    • good
    • 5

質問したい内容がよくわからないのですが・・・



月給というのは、基本給(月額は固定)という意味で使われていますか?

基本給のほかに、普通はプラスの支給があるかと思います。
通勤手当などの固定金額の手当や、
時間外勤務の手当などの、基本給(もちろん働いた時間によっても変わりますが)に応じて
変わってくる手当が付いたりしますよね。

そして、控除という、マイナスになっている分があると思います。
健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、源泉徴収税、住民税などが引かれていると思います。
これらは、基本給によって(正確には別の算出方法がありますが)、
引かれる金額が変わります。
退職金の積立や組合費などの、固定金額の控除もあるかもしれませんね。

総支給額はプラスした状態の金額、
手取り額はマイナスした後の、最終金額だと思います。
それぞれ、基本給の違いによって違ってくる部分があります。

特に大きいのが、健康保険料と厚生年金保険料で、
給料が上がれば引かれる金額も上がるという点でしょうか。
このことを気にされているのでしょうか?

質問したい内容を具体的に補足してもらうと良いと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!