楽譜をコピーすることや貸し借りすることは著作権法に違反しますよね?もっとも、それを遵守しているところは少ないかもしれませんが。新聞の投書欄にもそのようなことが問題提起されたことがありましたし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

著作権法では著作権という権利を定義しています。

例えば、著作者には著作権が認められていて、他人が無断で楽譜のコピーをする(複製する)場合は、その「権利を侵害」すると言います。著作権法に違反しているというよりは、権利を侵害していると表現します。

例えば、コピー(複製)することは、著作権法で禁止しているのではなく、著作権(この場合は複製する権利、複製権)という権利を侵す(侵害する)ことなので、その場合は罰則がありますよと規定しているのです。(例えば、「10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金、又はこれらの併科)

さて、著作者が持つ著作権の一部に複製権があります。この権利は、著作権者が他人に複製を認める(許諾すると言う)権利です。言いかえると、他人が無断で複製することを禁止できる権利です。

しこで、楽譜の複製を考えます。著作権法では、この法律が持つ役割として、ある場合には、著作権を制約できることを規定しています。つまり、ある種の著作物の利用が社会のためになると考えられる例外的な場合には、著作権を制限することにしています。著作権者がどんな場合にも権利を振り回さないようにするということです。例えば、教育現場での授業で使用する場合がありますが、よく知られている例外は、私的使用です。これは家庭内およびそれに準じた環境での使用を目的にした場合は、許可無しに複製できることになっています。
当然に、楽譜も私的使用なら許可無しに複製ができます。これは著作権法第30条第1項に規定されています。しかし、また、第47条第10項では、この複製物を他人に譲渡できないこと、また第49条で目的外禁止を定めています。つまり、コピーを他人に渡すと、たちまち複製権侵害です。有償・無償は無関係です。
よくあるのは、合唱団やバンドなどで大勢の仲間の分の複製をし配布することで、これは明らかな侵害です。

楽譜の貸し借りについては、貸与権というのがありますが、一般の公衆に提供する場合(おそらく有償で)なので、ご質問はおそらく侵害には該当しないでしょう。

楽譜の持つ意味を考えると、一般には、作曲家が作曲した曲を楽譜にして出版しますが、その売上が作曲家にとって主な収入源(他に演奏権もある)になりますから、無断で大量に複製されると、報われないことになります。それで著作権法で権利を守っているわけです。無断で複製することは、その収入を奪うことになるわけです。見つからなければ良いとか、軽い気持ちで無断コピーする人が多い社会は望ましくないですよね。
    • good
    • 3

著作権違反になります。

貸し借りはグレーな部分ですね。基本的にはどんなものでもそうですが、作曲した人などは、CDを売ったり、楽譜を売ったりすることで生計を立てている訳ですから。自分の作った曲が本当はお金になるのにコピーされたらどう思いますか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽譜を無料ダウンロードをする方法を教えてください

楽譜を、無料でダウンロードするにはどうすればいいですか?
Tab譜でもいいです。

Aベストアンサー

No.1さんのおっしゃる通り、楽譜には著作権があります。
その著作権のある楽譜を無料でダウンロードする事は難しいです。
もし、著作権の切れている楽譜をお望みなのでしたら、
http://www.ultimate-guitar.com/
なんかで探してみてはどうでしょうか♪
http://webqua.blog45.fc2.com/blog-entry-48.html
ここにダウンロードする方法の説明がありますよ。

Q大学生がレポートの作成にコピー&ペーストを利用することは著作権法に違反しないのか?

最近、大学でのレポートの作成に当たってWeb上の情報をコピー&ペーストする大学生が急増して社会問題化していますが、大学生がレポートの作成にコピー&ペーストを利用することは、著作権法に違反しないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

以前似たような質問に答えたことがあるのですが、著作権法には引用についてもいろいろ記載されており、主な引用の要件は次の6点になります。

1. 引用されるものがすでに公表されている著作物であること
一般の人が知ることが出来る著作物である必要があります。

2. 公正な慣行に合致していること
一般的に行われているやり方なら問題ないということで、研究やレポートのための引用なら問題ありません。

3. 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われること
たとえば関係ない箇所までだらだら引用するのはしてはいけません。対象となる箇所だけ引用しなければなりません。

4. 出所を明示すること
著作物の引用に際して、いつどこで誰が発表したものか明示する必要があります。

5. 引用とそれ以外の部分を明瞭に区別して認識できること
どこが引用した内容なのかはっきりとわかるようにしなければなりません。

6. 自己の著作物が主で、引用は従の関係であること
まあ、これは当たり前ですね...

これを守っていれば、法律上は特に引用する著作物の著作権者に許諾を求める必要はありません。慣例的に「無断引用禁止」として引用時に許諾を求める出版社もありますが、法律的解釈に基づけば本来許諾の必要はまったくありません。

ご質問の件の場合、コピー&ペーストした内容であることがはっきりと明示されており、それに対して何らかの論評を述べているのであれば問題ないと思いますが、そっくりそのままコピー&ペーストしただけのレポートならば問題になる可能性があります。

以前似たような質問に答えたことがあるのですが、著作権法には引用についてもいろいろ記載されており、主な引用の要件は次の6点になります。

1. 引用されるものがすでに公表されている著作物であること
一般の人が知ることが出来る著作物である必要があります。

2. 公正な慣行に合致していること
一般的に行われているやり方なら問題ないということで、研究やレポートのための引用なら問題ありません。

3. 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われること
たとえば関係ない箇所まで...続きを読む

Qクラシックの楽譜無料ダウンロードは危険?

あるクラシック音楽のファンのかたがやっているサイトで、管理人さんが編曲したというクラシック音楽(昔のもので著作権法には抵触していないはず)が無料でダウンロードできるということでした。ところが開いたとたんウイルスセキュリティソフトが反応,スパイウエアの警告が表示されました。著作権にはひっかからなくてもやはりこのようなサイト(楽譜の無料DL)はリスクが高いのでしょうか。
また,こちらはセキュリティというよりモラルの問題ですが、友人が習っているピアノの先生は,楽譜のコピーや無料DLするような人間は大成しない、楽譜には正当な代価を払うべきだ、と言ったそうです。この意見についてあなたの率直な感想をきかせてください。

Aベストアンサー

>楽譜のコピーや無料DLするような人間は大成しない

本当に大成しないかどうかはわかりませんが、芸術にかかわるものが、著作物を軽んじる根性が気に食わんといった気持ちはわかりますし、芸術家である以上その程度のプライドはあってもいいと思います。

ダウンロードに関しては、営利でないサイトであれば、利用に当たっては全て自己責任ということで仕方が無いのではないですか。

QYou Tube等から著作権のある動画や音声をダウンロードする行為は著作権法等の法律に違反しないのでしょうか?

 You Tubeに投稿されている著作権のある動画や音声をダウンロードすることは著作権法などの法律に違反しないのでしょうか?
 おそらく著作権のあるものを投稿するのは著作権法違反でしょうがダウンロードする行為についてはどうなのでしょうか? 

Aベストアンサー

著作権を侵害する行為は制作者に無断で使用することなので,ダウンロードすることに対しては違法性は問われません。

しかし,最近はダウンロード自体も違法となるような改正案が検討されているのも事実のようです。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20071030/1003993/

Qシューベルトのセレナーデの楽譜を無料でダウンロードできるサイト

タイトル通りなのですが、セレナーデの楽譜を探しています!!無料でダウンロードできるサイトをご存知の方、回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ここでダウンロードできますよ。
http://www.sheetmusicarchive.net/
下の方に作曲家名一覧がありますので「Schubert」をクリックします。
開いたページの「Miscellaneous」の一番下に(2つ)ありますので曲名をクリックします。
どちらがいいかわかりませんのでとりあえず2つともダウンロードしておくのが無難かもしれません。
ただしダウンロードは1日2回しかできませんのでご注意を!
右端の「Download」をクリックするとPDFファイルが開きますのでフロッピーディスクのアイコンを
クリックしてお好みの場所に保存すれば、後で印刷もできます。

参考まで。

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Q楽譜の無料ダウンロード

ベートーベンのソナタ「悲愴」の全楽章の楽譜を、無料でダウンロードできるサイトがあれば教えてください。第2楽章はよくあるのですが・・。

Aベストアンサー

http://www.sheetmusicarchive.net/compositions_b/btsn13.pdf

無料です。
PDFファイルで全楽章で18ページあります。
接続状況によってダウンロードに時間がかかるかもしれません。

参考URL:http://www.sheetmusicarchive.net/compositions_b/btsn13.pdf

Q著作権法違反幇助は親告罪ですよね?

Winny開発者47氏が逮捕されましたが、容疑は著作権法違反の幇助。
著作権法は親告罪ですよね?
つまり誰かが47氏を告発したってことですよね?
誰が告発したか調べる方法ってありますか?

Aベストアンサー

今回の逮捕容疑は、去年の秋逮捕された2人に対する幇助容疑。
去年の秋逮捕された2人は、公衆送信権(厳密には送信可能化権)の侵害。119条違反。
当然今回は119条違反の幇助。当然親告罪

去年逮捕された2人に対する告訴の効力は幇助にも及びますから、告訴をしたのは任天堂、ハドソンおよびユニバーサル・シティ・スタジオス/ドリームワークスということになります。

Qエルガー「愛の挨拶」楽譜無料ダウンロード

エルガー「愛の挨拶」のピアノ楽譜を無料でダウンロードできるところを探しています。
結構頑張って探したのですが見つかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のDonwload PDF sheet music のところでダウンロードできます。

http://www.free-scores.com/download-sheet-music.php?pdf=3451

Q(著作権違反)レフリーとして違反とすべきでしょうか?

OKWaveの回答で、動画投稿サイトの動画を紹介している回答が見られま
す。
(この曲はいいですよ!ぜひ聴いてくださいね!ttp://...
という風に。)

もし、その動画が著作権を侵害したものの場合、それを回答で紹介するのは違法行為にあたる可能性はありませんか?

現在は、そのような回答は不適切として判断しているのですが・・・。

Aベストアンサー

違法行為に当たるかどうかでいえば、不法行為損害賠償義務を負いうる意味で、違法性が全く無いとは言い切れないでしょう(実際に認定されるかどうかは疑問ですが)。

サイトの利用規約との関係では、
> Q&Aのやりとりにより結果的に違法行為を助長したり容易にすると判断される投稿は、禁止
> 明らかに違法との判断が難しい場合でも、社会一般の良識や公序良俗に反するような内容や社会情勢等をかんがみ掲載を差し止めたほうが良いとOKWaveにて判断された場合、削除・編集の対象とさせていただく場合がございます。
> ■著作権等の侵害に関わる投稿
あたりの解釈問題であって、それはレフェリー同士で協議解決する問題ではないでしょうか。


人気Q&Aランキング