福祉の仕事をしており、給料が安いのに加え、昇給もあまり望めませんので、
将来の子どものために、少しでも資産を築いていければと考えております。

その方法としては、NISAで投資信託をするのがいいかと考えており、口座を開設しようとしているのですが、
どの銀行(あるいは証券会社)で口座を開設するのがいいものかと悩んでおります。

普段使っている東京三菱UFJ銀行で開設しようかと考えていたのですが、
東京三菱UFJ信託銀行なるものがあると知り、調べてはみたものの、違いがあまりよくわかりません。

そこで3つ質問させていただきたく思います。
①「東京三菱UFJ銀行」と「東京三菱UFJ信託銀行」にはどのような違いがありますか?
②NISAので投資信託をするにあたり、オススメの銀行(あるいは証券会社)はありますか?
③NISAで投資信託を行うにあたり、注意しておいた方が良いことはありますか?

詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

①まったく違う銀行です。


②どこでもいいですが、おひとり1か所でしか登録できません。
 ので、自分の便利なところが良いです。平日窓口に行くことを考慮して。
③注意点は、向こうが勧めるのを鵜のみにしないこと。
 銀行に限ったことではありませんが、向こうが売りたいものとこちらが買いたいものは違います。
 また、受付から税務署のOKが出て購入できるようになるまで2~4週間ほど要します。

手数料についてはみなさんの言う通りですが、それ以上に、資産の分散という観点では大事です。
価格変動のあるものですが、今のように物価の上がり始めている時期には、儲けることより、資産を「減らさない」方策として有効です。
「元本保証」な預金では、逆にリスクとなる可能性もあります。
お金の価値が下がる、というのは特に若い人たちにはピンと来ないと思います。
(例えば一万円持ってて買えるものが、減っていくということです。)
ちょっと気長に、10年、置くつもりで買いましょう。
また、自分の資産のバランスを考えて、無理のない額で購入することが大事です。

主さんの場合は毎月数千円から出来る(金融機関により違いあり)積立がいいと思います。
年金もアテに出来ない時代です。自分のお金に「保険」をかけるつもりで、やってみては?

テキをちゃんと知ることも、テキに勝つためには必要です(苦笑)
雑誌やネットで色んな情報が集められますから、勉強してみてください。
    • good
    • 2

えー、すみません。

自分はNISA口座まだ作ってないですし銀行の扱っている投信にも詳しくないですが少々思った(自分がこうしようかなと)思っていることを・・・

まず、NISAは購入→売却(解約)までの値上がり益にかかる税金がかからないけど
5年以内に結果を出さなきゃならない、つーことですよね。

で、一般的に銀行(信託も)で扱っている投信って、値動きがあまり大きくなさそう
・・債券とかにも分散投資してたりインデックス運用だったり
(インデックス運用とはニュースでよく聞く日経平均とかTOPIX等と同じように動く、
 というやつです。アベノミクス開始みたいな環境に大変化があれば大きく動きます)
ということは例えば預金では考えられないような10%の運用益がでたとしても、
つまり100万円が110万円になっても年数、金額に制限が無いNISAでない口座との差は
税金分の約2万だけ・・・(それでも2万違うのは大きいですが)

 それなら、もっといろいろな投信を扱っている証券会社の方が良いかと思われます。
証券会社なら、もっと値動きが大きいものや、株式以外に連動するものが揃っています。
(株式以外、というのは原油や金属、穀物などの商品類、為替連動もの等です。
私先日原油価格が50ドル割ってたときに原油に連動する投信を買いました。10万ですが・・
NISA口座でないので無期限(正確には信託期限がありますが)です。)

5年以内に結果をださねばならない、つーことでタイミングも重要です。
今日口座開きました、で、さっそく100万買いました、
では5年以内に値上がりするのか?これでは博打的です。
世の中の動きをみて、できるだけ安く買える場面で買う。
(必ずしも1回で買わなくても何度かに分けて買うとリスクは減ります。
ただ最初の一回目が底値だとちょっとがっかりしますが)
そして値上がりを待つ。
売ってはじめて利益が出るのですから売るタイミングも重要です。

・・・たつのおとしご様は銀行にNISA口座を開設しようとお悩みのようですから
株などの相場ものはいままで経験がないと思われます。
こ、これはムズカシイ、と思われたかと・・・
そう、NISA口座を生かすには難しいと思います。
年3%以下程度の安定運用な投信だと非NISA口座と差が小さいわりに5年しか持てない。
積極運用だと相場を見てないといけない・・・

たつのおとしご様はお子様の将来のために資産を築きたいとお考えですから
あまりリスクをとってはどうかと。

で、私はこーしたらどーでしょ、という意見を・・・
・中、短期運用としてNISA口座は証券会社に一応開いておき、
 ある程度資金を待機(20~100万)させておく。
 で、ニュース等で○○ショックとかあって株価がどーんと下がったらインデックス連動投信とか
 株式そのものを買う。(まず20~30万程度)
 ショックがすごくてさらに値下がりするようならさらにちょっとだけ買い足していく。
 で、値上がりを待つ。
 ○○ショック的なものはどーんと下げた次の日にどーんと上がることもあるので
 値幅が取れそうなら一部売っといて利をとっても良い。(※5年待つ必要はありません。
 バブル後の日本みたいに長期デフレになったら5年下がりっぱなしもあります。)

・長期の資産運用としては、NISA口座でなく
 株式や投信の累積投資をする。
 月1万円とかで毎月株式や投信を買っていくものです。
 価格が安いときは同じ1万円でも口数が多く買えるので
 値下がりしてもまあいいかな、という気持ちでいられます。
 (これも長期デフレになったら下がりっぱなしもあり得ます)
 ちなみに私は長期的に需要が安定または成長するかな?という分野の株でやってます。
(パラマウントベッド・・高齢化、クボタとサカタのタネ・・・世界的食糧需要増大)
 税金はかかりますが5年、という制限はなくお子様が成人するまで積み立てられます。
 (会社が倒産したり上場廃止したらだめですが)
 また単位株(100株とか1000株とか)に達すると
 正式な株主になれるので会社によっては毎年(か半期ごと)に株主優待がもらえます。
 (サカタのタネは花とみどりの商品券くれます)

他にも長期向け安全商品は保険もの、労金のもの等あるとおもいますので
相場モノは控えめに・・・
 
文章少々くちゃくちゃかもしれませんが
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

NO1さんに同感です。



政策的に貯蓄から投信へと誘導しており、そのための優遇策がNISAです。

証券会社の支店(窓口)が少ないため、銀行に取扱いを認めていますが人材が豊富かどうかは疑問を感じます。

銀行は超低金利で預金と貸出の金利差で稼ぐ本業のもうけが縮小しているため、手数料収入のために投資信託を販売しています。

手数料収入というものの性格は、顧客の利益と銀行の利益は相反するものであり、銀行がもうかれば子顧客はそれだけ多くの手数料を払うことになります。

投資信託や株は売買手数料ですから、顧客が頻繁に売買してくれるほど儲かるものです。

ところが、NISAは年間100万円、これを5年間運用し最高の値上がりがあった場合に最大の効果があります。

手数料収入につなげたい銀行の思いとうまく運用したい投資家の思いは一致しませんので、自己責任で投資できないかたは苦情やトラブルをまねきかねません。
    • good
    • 1

ご希望の回答にならないかもしれませんが、個人的に、投資信託は馬鹿馬鹿しいと思っています。



NO3の方が書かれたとおり、手数料の問題です。

金融機関も手数料が欲しくて、投信を売りたいわけです。

日経平均やTOPIX連動といった、運用の簡単な投信の中には、購入手数料ゼロということもありますが、信託報酬が引かれます。

だったら、先物を保有した方が良いと思います。

例えば、日経先物ミニ(100倍)であれば、1枚あたりの証拠金は現在7万円程度です。

今の日経平均は19500円程度ですから、先物を買えば、7万円で195万円分(=19500円×100)のポジションが張れるわけです。

売買手数料は1枚あたり、数十円です。

日経平均が1000円上昇したときに売れば、10万円の利益が出ます。

現在、100万円お持ちであれば、残りの93万円も、先物の証拠金として差し入れます。

日経平均が下落したときの備えです。

(必要証拠金額が変わらないと想定した場合)日経平均が9300円下落すれば(=日経平均が10200円になれば)、質問者さんの完敗で財産(=100万円)を失いますが、リーマンショックなどの大惨事でもない限り、想定されていないと思います。

つまり、その間にいくらでも売買する機会があるわけです。

なかなか日経平均が上昇しなくてもロールオーバーをすれば、「配当ーファンディングコスト」が(目に見えない形で?)入ってきます。

この金額は昨年1年間で、概ね200円弱です。

つまり、このケースで言えば、来年の今頃も日経平均が19500円であったとしても、20000円弱(=200円×100)の利益が出るわけです。


仮に、日経平均の投資信託に100万円投資した場合、日経平均が先物の完敗ラインである10200円まで下落しても、財産(=100万円)を失うことはありません。

ただ、当該投信の価値が50~60万円程度になるだけです。

利益を出すには、信託報酬などの手数料の絡みもあって、日経平均が19500円を越えて上昇しなければなりませんが、そこまで待てるでしょうか?

であれば、手数料が安くて、(概ねの)配当が入ってきて、加えて売買機会の多い先物の方が良いというのが、当方の結論です。


当方には、金融機関でディーラーをしている知人が何人もいますが、投資信託を保有しているという話はほとんど聞いたことがないです。

もっとも、当方と同レベルのへぼプロレベルだからかもしれませんが...

周囲に詳しい人がいると良いですね。


最後に...  資産運用はいかなる結果になろうと、自己責任です。

頑張ってくださいね。
    • good
    • 3

投信はやめたほうがいいです。

今は上昇気味かもしれませんが子供の将来の目的であるなら、景気は変動します。シングルマザーですか、問題はここだな。
    • good
    • 4

どこに開設しても良いのです



必要なのは如何に低コストで運用できるかというのがポイント
投資信託にかかる主なコストは
・購入時の手数料
・運用期間中の信託報酬
・解約時の留保分

信託報酬は、信託商品の性質(シンプルな商品、複雑な商品)で変わるが
購入時の手数料は、どこで購入するかで変わる

ほとんどの場合、銀行で扱っている商品は2%~3%に設定されているのが多い
一方で、証券会社の販売する商品には1%程度のものも多数ある
この前は、0.何%と言うのも見たことがある

年間の利回り数%を目指しているのに、スタートの時点で2%も余計な手数料を支払うのはとても損な話だと思う
まぁ手軽さと言う意味では銀行には負けるけど

最初から大きく始める訳でも無いなら、まずは勉強として小額から始めて見たら?
小額で始めて何年か経過した時点で結果を見直してみる
まずは始めてみないと実際のところは分からない
    • good
    • 3

投資信託したからと言って、自分の収入が増えるかって言ったら違いますよね


損する事もありますからね。
場合よっては、今よりもっと少なくなる可能性もあります。
給料が安いのでしたら転職するしかないと思いますよ。
私は前は車関係の仕事していて、給料が20万と低収入でした。
しかもボーナスもなかったので年収は220万円くらいしかなかったです。
その会社をやめてから職業訓練校へ行って、機械加工科に入って資格とって
今は機械加工の仕事を始めているのですが、年収は400万円超えのホワイト企業に入社出来ました。
給料も前職より10万円も上がりました。
    • good
    • 2

Moryouyouと申します。


よろしくお願いします。

私見ですのでご了承ください。

①銀行でのNISA口座開設は、あまり
 お薦めできません。
 扱う商品が限られているからです。
 信託銀行は信託銀行としての役割が
 中心でNISA口座に関することは
 MUFGと大して変わらないと
 思います。

②NISA口座を開設するならば、
 証券会社がよろしいかと思います。
 扱える投資信託の商品が多く、
 株がまともにNISA口座で買えるのは
 大きなメリットです。
 また来年より国内外の債券なども
 NISA口座で扱えるようになります。
 おそらく銀行がそれに追随するのは
 難しいと思います。
 
 証券会社でどこかということになると
 投信の手数料が安く、特典がいろいろ
 あるネット証券を私は使ってます。
 楽天証券、SBI証券などです。
 但しサービスはあまり良くないと
 感じるかもしれません。

③NISA口座は制約が多いです。
 その制約に縛られて投資を行うのは
 失敗の素です。
 例えば1年で100万円が限度額だから
 と年内で無理やり100万円投資して
 しまって、損失を作ってしまったり
 などは本末転倒です。
 多少税金がかかっても証券会社に特定
 口座をきちんと用意しておいて、
 NISA口座の限度額に縛られずに投資
 ができるようにしておくことがよいと
 考えます。

いかがでしょう?

参考URL
http://kakaku.com/nisa/
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商品ファンドは投資信託の一種ですか?

商品ファンドというのを最近聞いたことがありますが、
投資信託とどう違うのでしょか?
投資信託の「信託」って、投資家がお金を信じて
託すから「投資信託」ですよね?

商品ファンドも同じ理屈でいくと、
投資信託だと思うのですが・・・
どうして、商品ファンドは投資信託とは
分けて書かれているのでしょうか?

※投資先が違うというのは当然わかるんですが、
投資家が信じてお金を託すという意味では同じでは
ないかと・・・??

誰か「根本的にどう違うのか」を教えて下さい。

Aベストアンサー

>>誰か「根本的にどう違うのか」を教えて下さい。

投資先が商品先物の投資するもと言うことでしょう。
国債ファンド、中国(チュウコク)ファンドと言う
ものも過去にはありました。(いずれも国債に投資)

元々は大口しかなくハイリスク・ハイリターンの商品で
最近規制緩和により一般化?したものです。

商品名を冠することで商品の性格を明示していあたのでしょう。

参考URL:http://www.morningstar.co.jp/finance/future/index2.htm

Q【投資信託から配当金が来た!!!】 投資信託って決算日って年に何回あるんですか? なんで投資信託で住

【投資信託から配当金が来た!!!】

投資信託って決算日って年に何回あるんですか?

なんで投資信託で住民税が引かれるの?

投資信託と住民税って関わりが一切ない話では?

国のぼったくり?

所得税は分かるけど住民税ってなんや!!!!

ブチ切れるで!!!!

Aベストアンサー

投資信託って決算日って年に何回あるんですか?
→投資信託の種類によります。12回とか2回とか1回とか

なんで投資信託で住民税が引かれるの?
投資信託と住民税って関わりが一切ない話では?
→儲かったから。普通預金にあずけていても、同率でひかれます。

国のぼったくり?
→県や市も

所得税は分かるけど住民税ってなんや!!!!

ブチ切れるで!!!!

→損しておれば払う必要はありません。
今年の前半は損したと思いますが、ここ数ヶ月で相当儲かったからだと思います。
来年はおそらく大丈夫です。損しますので、税金を払うことにはならないでしょう。

Q投資信託の商品(ファンド)数はいくつでしょうか?

日本経済新聞に投資信託の基準価格表が掲載されています。
ところで追加型投資信託の商品(ファンド)数はいくつあるでしょうか?
ご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

17年12月の投資信託協会データによれば、4,615本だそうです。

参考URL:http://www.toushin.or.jp/result/backno/chart.html

Q投資信託の一般口座から特定口座への組み入れ可否

SBI証券に一般口座を開設し、SBI資産設計オープンという投資信託に積み立てています。
その後、特定口座を開設し、その後に買い付けたインデックス連動型の投信は特定口座預かりになったことは確認しています。
この状態で上記投信も特定口座に組み入れたいと考えています。

SBI証券サイト内の「【投資信託用】特例上場株式等保管委託依頼書 兼
特例上場株式等にするための保護預り上場株式等に係る出庫依頼書」という書類は現在請求中なのですが、上記投信がバランス型投信のため、株式以外も含まれており、条件である"公募非上場国内株式投信等"に該当するのか分かっていません。

この投信は特定口座に組み入れることは出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

税法上の話で、目論見書に株式に投資すると書いてあれば、実際、株式組み入れなしのグローバルソブリンでも特定口座に入れることができます。それからいえば、多分、できるとは思います。
SBI証券で確認するのが良いです。

Qおすすめの投資信託

おすすめの投資信託を知っていましたら教えてください。(それをお勧めする理由もお願いします)
毎月積立で購入できるファンドでお願いします。

Aベストアンサー

投資効率が高いのは1.世界のGDPの割合で投資することです。
2.世界の市場規模で投資する。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】
世界8,000銘柄が入ってますのでこれ1本でいいわけです。
ただアメリカのETFですので取引手数料が高くつきます。
日本では、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】から日本を除いたeMAXIS 全世界株式インデックス、SMT グローバル株式インデックス
があります。
SBI等のインターネット証券では購入時手数料なし、信託報酬Emaxis0.63% SMT0.53%
分配金もほぼありませんから複利効果が高い。

アメリカがQE3から出口戦略に入るので株価は下がるかもしれません。
毎月定額で買って対応するのがいいと思われます。
基本2018年までに

貴方の運用で日本の割合が8%(世界における日本のGDP割合)なら正常な感覚です。
自分がアメリカ人として自分の資産運用みたら変ではありませんか。
投資とゆうのはどの国の人が運用してもおなじようになるはずです。
それが世界のGDP割合(及び市場規模)が合理的とゆう事です。

投資効率が高いのは1.世界のGDPの割合で投資することです。
2.世界の市場規模で投資する。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】
世界8,000銘柄が入ってますのでこれ1本でいいわけです。
ただアメリカのETFですので取引手数料が高くつきます。
日本では、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】から日本を除いたeMAXIS 全世界株式インデックス、SMT グローバル株式インデックス
があります。
SBI等のインターネット証券では購入時手数料なし、信託報酬Emaxis0.63% SM...続きを読む

Q単位型投資信託と、追加型投資信託のちがい

単位型投資信託と、追加型投資信託のちがいがわかりません!!。 
他のサイトなどでも、単位型投資信託は、「独立した、単位として、運用され基金が設定され後は資金の追加が行われない・・・」とか、追加型は。「最初に設定された基金に追加設定を行い、1つの大きなファンドとして、運用され・・・」といった初心者には意味がさっぱりわからないことが説明されています。 どなたが、小学生でもわかりやすいような、あるいは絵的にイメージがわきやすいような解説をしていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

オープンエンド(追加型投資信託)
いつでも買えます。
各駅停止列車。

クローズエンド(単位型投資信託)
途中で買い付けは至極困難。
出来ない確立95%。
急行列車。

こんな感じで、。

Q長期の投資信託について、さわかみ以外のおすすめってありますか?

質問すみません。
初めての投資信託なので詳しい方にご伝授お願いします。

月に2万円づつ積立で投資信託をしていこうと思っています。
運用は10年以上で、老後に備えて長期で運用していきたいと考えています。
余裕と知識が出来るまでは分割はせずにひとつに決めたい
と思うのですが、長期の信託を調べると「さわかみファンド」が
よく検索で出てきます。
出来れば「さわかみファンド」も含めて、いくつかの中から比較して決めていきたいと考えていますのでその他におすすめのものがあればお教え頂けますでしょうか?

信託報酬が低く複利型であることと、ある程度安定したものを選びたいと考えています。

知識のある方、お手数をおかけいたしますが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.4です。補足です。
さわかみは否定しませんし、私も共感して購入しています。良いところはNo.3さんが回答されている点です。また日本株投信は「さわかみとありがとうで十分だ」と判断される個人投資家も多いです。インデックスの話にもって行き過ぎました・・・少し反省。
さわかみのように「これからの企業を応援する。地球環境のために」と主張されるファンドが増えるとよいですね。
(業界筋(私は電子部品製造業)からの観点で組み込み銘柄が必ずしもこれに当てはまるかは多少疑問がなきにしもあらずですが、単純に「利益」で切ってしまう225よりも良いのかなぁと)

Q株式と投資信託の関係は?(初めての投資信託・その6)

株式と投資信託の関係は?(初めての投資信託・その6)

 今朝の朝刊を見ていて感じたのですが、東証一部の株価は、上がった銘柄と下がった銘柄が半々と言ったところなのですが、「オープン投信」の欄を見ると、昨日はほとんど下がっていますよね。
 何故、こんな関係(連動)があるのでしょうか?

 一昨日の高騰を受けて、多くの投資家が「利益確保」のため投信を売却したため!の下落と考えれば良いのでしょうか?
 日本の金利が下落したわけではないですよね・・。

 「長期金利」、「政策金利」、「名目金利」などの違い(=用語の意味)もきちんと理解できていないため、解説して頂いても正確に理解できるかどうか分かりませんが、上記の関係(連動)に関して、推測でも良いですので考え得ることを教えて下さい。

 

Aベストアンサー

>オープン投信」の欄を見ると、昨日はほとんど下がっていますよね

オープン投信の投資先は千差万別、そういうっざっくりした言い方ではわかりませんね。

基準価格は「純資産÷口数×1万口」で表示されてます。持ち株や債券の値下がりあれば純資産の評価額が減るので、売買の結果とともに価格に影響しますよ。

Q株と投資信託とファンドの違い

株、投資信託、ファンドの違いがよくわかりません。
教えてください。

とってもレベルの低い質問で申し訳ありませんが
この分野の勉強を始めたいのですが
本を買ってもこんなところから説明のある本は無く、
最初からつまづいて前へ進めません(><)
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

投信=投資信託=ファンド です

株はわかりますよね

投信は、投資家の皆さんからお金を預かって、プロの投資家が代わりに株を買ったり売ったりして利益を出して、その利益をお金を預かった投資家に還元します
*投信の種類によっては、先物や国債の場合もあります

Q投資信託のお話 最近の株価下落で、投資信託も下落しています。

投資信託のお話
最近の株価下落で、投資信託も下落しています。
損害を最小限にして損害から回避するような方法はありませんか?教えてください
下落があまりにも激しいので質問しました。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

その投資信託を定額で積立ててきたのならこれからも変わらず購入を続けてください。そのために長期間、時期を分散して購入するのです。

もし短期間にまとめ買いされたのなら損切りし相場が安定してから別の商品を買い直すか、売却せず塩漬けにしてください。1ヶ月後か数年後か分かりませんがいつかは上がります。
更なる下落を予想してベアファンドでヘッジしても良いですが、それを買う資金があるのなら損切りしても同じです。

日本の株式に投資する投信だとします。
遅すぎるのは承知で損切りする場合ですが、
現在、下落基調は変わっていません。しかし出来高が非常に大きくなっており一時的に大きくリバウンドする可能性が高いです。半値はもどす可能性があります。日経平均をよく見て、タイミングを見て売却してください。多くの投信は大引け前の14時か15時が購入締切です。締切時刻直前に判断してください。


人気Q&Aランキング