初めて質問します。47才で介護士、女です。
半年程前から血圧を測ると、上が100前後…下が90前後あり、上下の差が20あるかないかです。
自覚症状はないのですが、すぐにでも病院に行くレベルなのでしょうか?
友人には、水飲み過ぎなんじゃない?と言われ1日1500程(今までは2000程)に減らしました。
他に対策があったら教えほしいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

高血圧です。


一度内科を受診されては如何ですか。
    • good
    • 1

脈圧が20あるなら充分よいと言えます。


ただし、最低血圧が高すぎて(例えば100以上)脈圧が小さい場合は毛細血管の血流が良くないと言われています。

逆に脈圧が70以上となると動脈硬化確定です。
http://wakamatsu-cl.or.jp/2006/02/c/
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高血圧の薬の副作用

母が、高血圧の薬をのんでいるのですが、飲み始めたころから咳が止まらなくて、とても苦しそうにしています。
何度か薬を変えてみたのですが、どれもあまり咳の様子はかわりません。

現在の薬は 「ニューロタン50」と「ディオパン80mg」というものです。

母いわく、喉に異物感もあるそうです。
先日、咳があまりに出るので、胸のレントゲンをとったのですが、異常はありませんでした。

掛かりつけの医者は、副作用というのもあるし、風邪では?と言うそうですが、にしても、もう半年も経ちます。

薬を変えたとき、一時的に咳が止まったことがあったので、やはり副作用では、と思うのですが、何か良い方法やアドバイス等があれば、ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

お分かりとは思いますが、あくまで参考ということで。
今はアダラートCRという薬です。
専門家ではないのでこれが私にとってベストであるかどうかはわかりませんが、とりあえず不具合はないといった程度です。

高血圧の薬は何十種類もあるようですし、飲む人の持病や体質等で相性もあると思いますので、主治医とよく話合って決めることをお勧めします。

良い薬が見つかるといいですね。

Q血圧の薬を半年前から飲んでいます。

血圧の薬を半年前から飲んでいます。

ノルバスク錠5mgを血圧の薬として病院で出してもらっています。
一日三回は血圧手帳に記録、後何回かは気の向いた時と言いますか気になった時に測って個人的に記録しています。
血圧手帳に記録する血圧は110/70以下が多く、低くても100/60をきる事はありません。
しかしそれ以外の時には病院に提出しなくていい安心からなのか、上97~100下58~60なんて事が一日に何回かあります。
医師に相談した事があるのですが、血圧手帳の記録では安定してるので「たまたま」と考えておられるようです。

私も気持ちも体もゆっくりしている時に一時的に下がっているのだと思いますが、何を見たのか思い出せないのですが「薬で下げすぎるのも良くない」と見かけた気がして、本当にそうなのでしょうか?
これは「低血圧」過ぎるのが悪いのか「薬で予定以上に下がりすぎる」のが良くないのか?
それとも私に場合は一時的なので大丈夫なのか、お教え下さい。

Aベストアンサー

ご存知のように、血圧は常に自律神経の働きで調節されています。わけもなく勝手に上がったり下がったりしていませんよね。上がるときは必要があって上ります。仕事や運動、スポーツで体を活動的にする、あるいは何事かに心を集中させるには脳や筋肉など末梢に血液を送り込んで酸素や栄養を補給しなてはなりません。そのために血圧を上げます。
当然のことですが、おっしゃるように、心身がリラックスしてるときは体は血圧を上げる必要はありません。

問題は血圧を上げなければならない時に、降圧剤を使って必要以上に下げてしまうことです。血液が届かず心や体が思うように働かなくなります。極端に下がり過ぎてフラフラしたり気分を悪くする人もいます。
また、一般的に高齢になれば体の老化から血圧は高くなりますが、老化に対応するために必要があるからです。それなのに高いのはいけない、ということで降圧剤で下げっぱなしにしておくと脳をはじめ体の隅々まで酸素や栄養が回らなくなります。脳をはじめ目や耳への血流が阻害されるとどうなるでしょう。

自分の感性を働かせてください。自分の体なのに薬にお任せ、医者にお任せ、になると自分の体が良く分からなくなってきます。本来は自分の体調が今どうなのかということが大事なのですが、数値が上がった、下がった、基準がどうだ、と一喜一憂するはめになります。

我々の体は勝手に間違えて血圧を上げたり下げたりしません。

ご存知のように、血圧は常に自律神経の働きで調節されています。わけもなく勝手に上がったり下がったりしていませんよね。上がるときは必要があって上ります。仕事や運動、スポーツで体を活動的にする、あるいは何事かに心を集中させるには脳や筋肉など末梢に血液を送り込んで酸素や栄養を補給しなてはなりません。そのために血圧を上げます。
当然のことですが、おっしゃるように、心身がリラックスしてるときは体は血圧を上げる必要はありません。

問題は血圧を上げなければならない時に、降圧剤を使って必要以...続きを読む

Q高血圧の薬の副作用

先日、父(67歳)が脳梗塞の疑いで入院しています。
もともと高血圧で昨年は軽い肝硬変と言われ かかりつけのお医者さんに血圧の薬アスクール錠50mg バイアスピリン錠100mgを処方されて半年くらい飲んでいました。
入院するきっかけは先日健康診断があったのと
薬が切れたので行ったところ、
その日血圧を測ったら普段より少し高かったらしく、『違う血圧の薬を出しましょう。』ということで 
ノルバスク錠5mg プロブレス4 4mg バイアスピリン錠100gを処方され、帰宅が午前中だったので 
その日の昼前に処方された薬を飲むように言われたそうです。

本人が言うには服用直後、吐き気、めまいを訴え嘔吐が止まらず、1時間後には完全に立てなくなり 
かかりつけのお医者さんに往診してもらい、そのまま緊急入院となりました。

前日までは仕事にも自転車で行き、たまにだるさは
訴えていたものの元気にしていたのに、
突然ろれつがまわらず言語障害になり、
手の麻痺というよりは・・動くけれど頭でしっかり把握できてない感じでボタンをはめるのが
困難になっています。
また入院直後 ふらつきで転倒してしまい怪我をしたので現在はオムツです。
入院直後は眠さだるさを訴え ずっと寝ていました。

脳のMRIでは異常が認められなかったとの事でした。
急激な降圧による副作用、または脳梗塞では?と
疑いたくなります。
処方された高血圧の薬は量的に正しかったのでしょうか?

専門の方がいらっしゃれば、ご助言をお願いいたします。

先日、父(67歳)が脳梗塞の疑いで入院しています。
もともと高血圧で昨年は軽い肝硬変と言われ かかりつけのお医者さんに血圧の薬アスクール錠50mg バイアスピリン錠100mgを処方されて半年くらい飲んでいました。
入院するきっかけは先日健康診断があったのと
薬が切れたので行ったところ、
その日血圧を測ったら普段より少し高かったらしく、『違う血圧の薬を出しましょう。』ということで 
ノルバスク錠5mg プロブレス4 4mg バイアスピリン錠100gを処方され、帰宅が午前中だったので 
その日の昼前...続きを読む

Aベストアンサー

医師ではなく看護師です。アドバイス(回答)は間違っているかもしれませんが、私の考えを書きます。

血圧が高いといって、むやみに下げてよいというものではありません。病気が起こった際に、人間の体には、それを治そうという防御反応が起こることがあります。例えば、体の重要な臓器の血液の流れが悪くなった場合、血圧を上げて血液の流れをよくし病気を治そうというような反応が起こる場合もあるのです。例を挙げますと、脳の血管がつまる脳梗塞が起こった場合、体は血圧を上げて悪くなった血液の流れをよくしようとします。そこで、普段より血圧が高くなるのですが、そのような場合、それに気付かずに薬を使って無理に血圧を下げたりしますと、かえって脳梗塞がひどくなったりすることになります。

というのが下記URLに書いてあります。

脳梗塞が起きたとき、安静が第一ですが血圧はあまり下げないようにします。(理由は上記)
しかし、脳梗塞が起きる前なら血圧は高すぎないように調節するべきだと思います。

>脳のMRIでは異常が認められなかったとの事でした。

脳梗塞の直後にMRIをとっても通常異常はでません。時間がたってから異常があらわれます。

>急激な降圧による副作用、または脳梗塞では?と
疑いたくなります。

そうなのかもしれません。

>処方された高血圧の薬は量的に正しかったのでしょうか?

高くても脳出血や他の病気を引き起こすリスクもあり、必ずしも正しくなかったともいいきれないのかもしれません。

麻痺や言語障害が軽度ならかなり回復する見込みはあるかもしれません。心身の安静や全身状態のコントロールを病院が上手くやってくれると思います。

回復されることを祈っています。おだいじに。

参考URL:http://www.yamamotoclinic.jp/dir8/index.html#heading11

医師ではなく看護師です。アドバイス(回答)は間違っているかもしれませんが、私の考えを書きます。

血圧が高いといって、むやみに下げてよいというものではありません。病気が起こった際に、人間の体には、それを治そうという防御反応が起こることがあります。例えば、体の重要な臓器の血液の流れが悪くなった場合、血圧を上げて血液の流れをよくし病気を治そうというような反応が起こる場合もあるのです。例を挙げますと、脳の血管がつまる脳梗塞が起こった場合、体は血圧を上げて悪くなった血液の流れをよ...続きを読む

Q心配事ができ眠れません。頭が痛く体調も悪い日が1週間程続いてます。

心配事ができ眠れません。頭が痛く体調も悪い日が1週間程続いてます。いい解消方法があれば教えてください。また脳腫瘍の手術もしてますし、脳動脈瘤もありますが、これってやはり悪影響でしょうか?

Aベストアンサー

たいへんな手術を乗り越えていらしたのですね。
そういう状況なら、不眠になってもちっとも不思議でもなんともないと思いますが・・・。

診療は2ヶ月先とのことですが、いま不快な状態なのですから、病院に連絡をとって相談されるべきだとおもいます。
精神的なケアも、大きな病院ならしてくれるかもしれません。(わたしの読んだ本ではやはり脳の手術をされたかたが、慶応大学付属病院で、メンタル面のサポートを受けていました)

心配事については、『神頼み』もけっこう侮れない効果があります。
神社へいってお祓いしてもらったり、寝る前にお祈りしてみたり。試してみてください。

応援しています。

Qアモキサン・ルボックス以外で、低血圧の副作用のないお薬を教えてください。

現在、アモキサンと10mg×2とルボックス25mg×4で、なんとか過ごせていますが、
もともと、低血圧もちでなかなか、うつ病に合うお薬がみつかりません。(テトラミド・トレドミンを以前服用していましたがあいませんでした。(ルボックスは事情があってやめたい)
SSRIとSNRI以外で良いお薬はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、基本的に薬に関することなら、こういう場で訊かずに、かかりつけ医に相談するべきだと思います。
SSRIとSNRI以外の抗鬱剤というと、三環系か四環系になってしまいますが、三環系は起立性低血圧の副作用がありますし、四環系のテトラミドが合わなかったとなると、私たちのような精神医療に従事していない初心者?には“お手上げ”状態だからです。
なぜ、「SSRIとSNRI以外」と始めから拒否しているのかわかりませんが、もしかしたらSSRIのパキシルが合うかもしれませんし、一度かかりつけ医に相談してみてはどうでしょう?
人によって薬との相性がありますから、一概に言えません。
ちなみに、私はパキシルとルボックスは合いませんでしたが、テトラミドは合いました。

Q血圧の高低差

今日、病院で付き添いに来てた娘(20歳)がたまたま血圧を測ったら

1度目 上75 下40 脈拍64
2度目 上89 下56 脈拍63
3度目 上84 下57 脈拍59

でした。

血圧の高低差が少ないのはあんまり良くないと聞きましたが
この数字はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

血圧の値から見ると、低血圧だと思えます。
血圧の値は、上:下が3:2が標準の様ですから、娘さんの値はそれに近いです。
日常生活にめまいや立ちくらみの症状がなければいいのではないかと思います。

上と下の血圧の差(脈圧)については諸説があるようです。
どうも、「高血圧で脈圧が小さいと下の血圧も高いことになりますから良くない」ようです。
下記のURLを参考にしてください。

http://wakamatsu-cl.ftw.jp/u48366.html?23503
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1583807.html

特に2番目のURLの回答2番をお読み下さい。
私も高血圧で降圧剤を長年飲んでいますが、娘さんの血圧はうらやましいです。

繰り返しになりますが、若い人は血圧が一般に低いようですが、
普段の生活に支障がなければ、特に気にすることもないと思います。

Q高血圧を下げる薬について

母親(72才)が、久しぶりに、血圧を下げる薬を飲み始めました。おかげさまで血圧は上が130で下が90くらいに収まっています。しかしながら、食欲がなくなり、元気もなく、寝てばかりいます。これは、薬の副作用ということもあるのでしょうか?
ご見識のある方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

薬の名前は?
薬には少なからず副作用というものがあります。場合によってはそれが生命に危機を及ぼすこともあり得ます。ご心配なら処方してくれた主治医にご相談されることをお勧めします。
とりあえず薬の副作用などを調べることができるサイトをご紹介しておきますので参考になさってください。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/

Q低血圧気味なのに眼底検査で「高血圧性変化」?

検診の結果、眼底検査でC判定(要経過観察)となりました。

高血圧性変化 左右とも「H1」ということで
今すぐどうこうと心配してるわけではないのですが
私は通常、血圧低め、とよく言われてきたので、「高血圧」とい文字に驚いてしまいました・・・

血圧低めと言っても正常値です。
上99 下70
以前はもうすこし低く(と言っても僅かですが)
上92 下66くらいでした。
これがやや上がってきてるのは血管が詰まったり細くなってきてる??と思ったり・・・


それはともかく
この血圧なのに眼底検査で「高血圧性」の症状が出てるのは
脳に近い場所の血管が細くなってきてる、ということですか?

動脈硬化性変化は「0」で異常なしでした。
赤血球数が毎度ではありますが標準値の高い方ギリギリで、487でした。
これも関係あるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です

そうなるともともと網膜(目を包んでいる膜)が薄いのか
生まれつき眼圧が高いのかなどだと思います

定期的に検査を受けられた方がいいと思います
後紫外線にも気をつけてください
色は薄くてかまいませんが
UVカットの眼鏡かサングラスを掛けるようにしたほうが良いとおもいます

Q慢性蕁麻疹の薬と副作用のついて

慢性蕁麻疹、アナフィラキシーショック(生タコ)、花粉症に悩まされています。アレロック、クラリチン、アレグラ、クロコデミン、セレスタミン、などの薬を飲んできましたが、一番副作用が少なくて、長期間服用しても大丈夫な薬はどれでしょうか?眠気は強く出るほうで、これならかゆみを我慢したほうがましだと思うときもあります。副作用は眠くなる他に体重増加や高血圧、肝機能障害などあるのですか?最近高血圧になってきたのはそのせいかと思っていしまいます。

Aベストアンサー

長期間服用しても良い薬なんてありません。特にあとの二つはステロイドも配合され交感神経を緊張させる力が強く、高血圧はもとより色々な症状が出ます。副作用なんかではなくもともとそういう薬物なのです。

アレロックをはじめそれらの薬は蕁麻疹の原因を治すものではありません。体に毒になるものを蕁麻疹を作って排出するためにはどうしても必要なヒスタミンの産生を抑えるものです。それを熱心に薬で抑え込んでいると毒が溜まったままになりますので、次第に重症化して薬も効かなくなりなってきます。ステロイドなどさらに強い薬物を使うことになり、悪循環になってきます。

慢性疾患は薬では治せません。ですから質問者さんもあれこれ使い続けてるのではないでしょうか。
蕁麻疹は体質や生活習慣に原因があります。それを改善せずして治癒には至らないでしょう。運動不足、自分を律する力が弱い過保護タイプ、過食気味、肥満、ぽっちゃり色白タイプの方に多いのですが、さらに甘いもの好きが重なると症状はさらに出やすくなります。

薬云々よりも生活を見直して下さい。今がそのチャンスでそれを蕁麻疹が教えてくれてると考えるべきです。

余計なことまで書きましたが、参考になさって下さい。

長期間服用しても良い薬なんてありません。特にあとの二つはステロイドも配合され交感神経を緊張させる力が強く、高血圧はもとより色々な症状が出ます。副作用なんかではなくもともとそういう薬物なのです。

アレロックをはじめそれらの薬は蕁麻疹の原因を治すものではありません。体に毒になるものを蕁麻疹を作って排出するためにはどうしても必要なヒスタミンの産生を抑えるものです。それを熱心に薬で抑え込んでいると毒が溜まったままになりますので、次第に重症化して薬も効かなくなりなってきます。ステ...続きを読む

Q47歳で総入れ歯

知人男性で47歳なのですが総入れ歯の人がいます。これは普通でしょうか?
その人は「47歳で総入れ歯は普通やで」と言いますが、周りを見ても
あまり該当する人が見当たらないです。

Aベストアンサー

厚生労働省は6年に一度、歯の保健状況を把握するために
「歯科疾患実態調査」を行っています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-23.html
(「平成23年歯科疾患実態調査」厚生労働省)
ちなみに、結果は下のほうにある「資料2 結果の概要 図表」
からDLできます。
年代別の喪失歯(何本、歯が抜けているか)については、
「表14 1人平均喪失し数の年次推移、5歳以上、永久歯」
(P14です)に載っています。

この結果でいえば、ご指摘の年代は
40-44才 0.9本
45-49才 1.5本
50-54才 2.6本
55-59才 4.1本
のように、40才を越えると、年齢を経る毎に歯を失う傾向が
ありますが、この結果からも47才で喪失する歯の本数は
数本なので、普通とは言いにくいです。

臨床でも、無歯症や事故・腫瘍などによる病的な理由、
重度の歯周病、むし歯の放置などで若年や壮年でも
総義歯はありますが、症例としてはあまり多くありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報