ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

初めて質問します。47才で介護士、女です。
半年程前から血圧を測ると、上が100前後…下が90前後あり、上下の差が20あるかないかです。
自覚症状はないのですが、すぐにでも病院に行くレベルなのでしょうか?
友人には、水飲み過ぎなんじゃない?と言われ1日1500程(今までは2000程)に減らしました。
他に対策があったら教えほしいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

高血圧です。


一度内科を受診されては如何ですか。
    • good
    • 1

脈圧が20あるなら充分よいと言えます。


ただし、最低血圧が高すぎて(例えば100以上)脈圧が小さい場合は毛細血管の血流が良くないと言われています。

逆に脈圧が70以上となると動脈硬化確定です。
http://wakamatsu-cl.or.jp/2006/02/c/
    • good
    • 1
  • 動脈硬化<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    動脈硬化とはどんな病気か  体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈です。この動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます。  動脈硬化は、(1)粥状(じゅくじょう)硬化、(2)細動脈(さいどうみゃく)硬化、(3)中膜(ちゅうまく)硬化の3種類に分類されます。動脈は内膜、中膜、外膜の三層...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脈圧について教えて下さい

35歳女です。
先日、オムロンの上腕式のHEM-7071を購入しました。

血圧を早速測ってみたところ、91ー64でした。
何日か経ちましたが、寝起きなどはこんな感じです。
気になったのは、脈圧が30ないことです。

ただし、体を横にして計ると95ー58みたいに、脈圧が高くなります。
上は上がるのに下は下がるので不思議です…。

また、活動していると上の血圧が上がってくると
110ー70など、差が広がってきます。

安静時に少ないのが気になります。(座っている時)

低血圧になればなるほど差が縮まってきます。
すぐ、坂や階段を上ると動悸息切れします。

一応、循環器を診て貰ったのですが心臓の動脈硬化も貧血も全くなくて
心電図も綺麗と言われます。

ただの低血圧で気にするほどでもないでしょうか…。

Aベストアンサー

こんにちは。

>気になったのは、脈圧が30ないことです。
確かに血圧の低い人は上下の差が少ない事が多いです。

>ただし、体を横にして計ると95ー58みたいに、脈圧が高くなります。
>上は上がるのに下は下がるので不思議です…。

これは不思議でも何でもありません。
血液を送り出す力が、横になってる場合は、重力の分が要らなくなるので、圧力が低くても流せるからです。
横になってすぐは、心臓が立ってる状態の時と同じ位の力で動いてるので、重力の影響が減った分、押し出す圧力である上の数字が高くなります。
すると、押し出し終わった後の心臓はまたもとのように膨らまないと働けませんね。
強くいっぱい押し出した分、いきおいよく戻るので吸い込む力も大きくなるのです。

この変化は一時的な物で、心臓が寝た事を認識して手を抜きはじめると上も下も元のようになります。

>また、活動していると上の血圧が上がってくると
>110ー70など、差が広がってきます。

運動すると、その分、血液を一杯流さないといけないので、先に述べたように、収縮する力も拡張する力も大きく発揮しますので、上下とも幅が広がります。

>安静時に少ないのが気になります。(座っている時)
>低血圧になればなるほど差が縮まってきます。
>すぐ、坂や階段を上ると動悸息切れします。

血圧の低い人は、体の状態による心臓の動き方の切り替えが遅い人が多く、その為に立ってすぐに心臓が着いていかずに目を回す脳貧血、立ちくらみなどを起こす事が多いです。
当然、運動にもすぐにはついていけません。
自律神経を鍛えるトレーニングやスポーツなどでかなり改善する事が出来ます。

まだ暑いですが、これから涼しくなり、もう少ししたら冬になりますね。
寒い時期に乾布摩擦や冷水摩擦などをするといいです。
また、武道などでよくやる寒稽古などもそういう効果があります。

こんにちは。

>気になったのは、脈圧が30ないことです。
確かに血圧の低い人は上下の差が少ない事が多いです。

>ただし、体を横にして計ると95ー58みたいに、脈圧が高くなります。
>上は上がるのに下は下がるので不思議です…。

これは不思議でも何でもありません。
血液を送り出す力が、横になってる場合は、重力の分が要らなくなるので、圧力が低くても流せるからです。
横になってすぐは、心臓が立ってる状態の時と同じ位の力で動いてるので、重力の影響が減った分、押し出す圧力である上の...続きを読む

Qおへその横は何の臓器でしょうか?

おへその左横5センチ~10センチくらいの所(多少、時によって、痛みの場所が移動するので)のお腹の皮に割りと近い部分が時々、痛みます。ピンポイントで我慢出来る程度の痛みが断続的にあります。 ちなみに明日、胃カメラやCT等を取ることになっているのですが、(これは胃炎の所見が検診であったため)胃はもっと上のような気がしますし。 私は、全くの素人で医学に詳しくありませんので、ここに何の臓器があるかおわかりの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体格によって違いがありますが、通常成人の方であればその部分は大腸(下行結腸~S状結腸)かと思われます。特にその部分は腸の走行がやや複雑なため、おなかの調子が悪いとき(下痢や便秘)にそのような痛みがあってもおかしくない場所です。ただそのような下痢や便秘の症状が無くても断続的な痛みがあるのでしたら一度病院で大腸の検査をしてみてはいかがでしょうか。
まず最初に大腸がん検診でも行われている便鮮血反応検査を施行するのが良いかと思います。便鮮血反応とは、便の中に混ざっている微細な血液(ヒトヘモグロビン)を見つけ出す検査で検便のような感じで終わってしまうものです(通常2日間行います)。
次にその便潜血反応が陽性であった場合、精密的な検査に入るわけですが大腸の精密検査には胃の検査と同じでバリウムを入れる検査とカメラを入れる検査の2種類があります。どちらを選ぶかは担当の医師と相談の上で施行されると良いかと思います。どちらにせよ明日、胃カメラやCT等を撮る時に症状など詳しく医師に相談してみてはいかがでしょうか。
また補足ではありますが体格が痩せ型の方の場合、胃下垂ということもあるので、その場合はおへその辺りまで胃が来ているので痛みもそこからって事も考えられます。

体格によって違いがありますが、通常成人の方であればその部分は大腸(下行結腸~S状結腸)かと思われます。特にその部分は腸の走行がやや複雑なため、おなかの調子が悪いとき(下痢や便秘)にそのような痛みがあってもおかしくない場所です。ただそのような下痢や便秘の症状が無くても断続的な痛みがあるのでしたら一度病院で大腸の検査をしてみてはいかがでしょうか。
まず最初に大腸がん検診でも行われている便鮮血反応検査を施行するのが良いかと思います。便鮮血反応とは、便の中に混ざっている微細な血液(ヒト...続きを読む

Q普段高血圧の人の血圧が低い場合。

こんにちは。

血圧のことが分からなくて困っています。

普段の血圧が170/90くらいの方が
体調の悪さを訴えていたので血圧を測りました。
そのときは110/60でした。
値だけを見ると正常ですが、
この方の平均と比べると低いですよね。
これって何か問題があるんでしょうか?
普段と比べて血圧が低いときって体の中では何が起こっているんです
か?
また、血圧の降下と低血糖は関係がありますか?

不勉強で恥ずかしいですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 平素よりも極端に低いわけですから、「低血圧」の定義には合致しませんが、その方にとっては「低血圧状態でふらつき感」などを感じる可能性があります。

 ですから、低血圧の原因となる疾患(参考URL)が発症していないかを確認する必要があります。
 脱水、急性の出血などなど・・。

 しばらく横になっていると自然に血圧が通常の状況に戻る場合もありますから、ふらつき感を訴えている場合は、しばらく横になって休ませてみるのも一法です。
 

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/teiketuatugennin.htm

Q血圧が上170下110あるのですがやばいでしょうか

もうすぐ35歳になります。特に病気もなく、血液検査でも正常でした。
ここ数年、塩気のあるものを食べると血圧が上がりやすいことに気づいたのですが、
普通にしているつもりで、ラーメンなんかも食べないようにしているのですが、
上150下100くらいになりやすく、今日など帰ってすぐ量ったら上170下110でした。
でも帰って酒を飲んで暫く安静にしていたら上140下90くらいに落ちました。
基本塩気が大好きです。最近酒も好きになりました。
気のせいか心臓に負担を感じます。
父親が高血圧で脳梗塞をしました。私も同じなのでしょうか。

これってやばいでしょうか?

Aベストアンサー

お書きの血圧値のうち、参考にできる値は「上150下100くらいになりやすく」とのことです
他の値は場面が血圧測定に不向きな時ですから参考になりません

しばらく朝の朝食前と寝る前のゆったりとした時に、時々測定し、手帳などに記録してください
機会を見つけてかかりつけ医にその値を見せて相談なさってください

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/pamph04.html

Q起床時の動悸・不安感

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6845250.html
で御相談させて頂いた者です。
今も最大の問題が解決せず、なんとか、『大丈夫!なんとかなる!』と自分に言い聞かせ
日々を過ごしておりますが、、、
やはり波があり、特に朝起きた時の動悸・不安感が酷く、けっこう辛いです。。。
会社を休もうか・・・と思ってしまうのですが、今休んだら駄目だ、、、と思い、
なんとか頑張っています。
夜はちゃんと寝れています。というより、ここの所夕食後に起きているのが辛いくらい
眠気があり、就寝時はすぐに眠ってしまいます。
朝は目覚ましが鳴る1時間前に一度目が覚め、この時点で動悸・不安感があり、
今日もなんとか乗り越えないと・・・と考えながら、寝てるのか起きているのか分からない
状態で1時間程目覚ましが鳴るまで横になっています。
動悸・不安感は、出勤後に徐々に落ち着いて来る日もあれば、午前中ずっと酷い日もあります。
考え過ぎて動悸・不安感が酷くなるのか、動悸・不安感から考え過ぎてしまうのか・・・
よくわからなくなりました。。。
でも、前向きに、この苦難を乗り越えたいという気持ちに変わりはありません!
病院に行った方が良いのか、少し悩んでいます。
経済的にも、通院すると少々きついのでは?
と不安もあり、、、また、病院で貰う薬に少し抵抗があります。
薬のせいで、眠くなったり、判断力が低下したりすると、仕事に支障が出るのでは?
という心配があるのと、飲み始めてしまったら、、、薬に頼ってしまいそうです。
このような状態なのですが、病院へ行くとしたら、心療内科でしょうか?とりあえず
内科で良いのでしょうか??
また、薬についてもなにかアドバイス等を頂けるととても助かります。
何卒宜しくお願い致します。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6845250.html
で御相談させて頂いた者です。
今も最大の問題が解決せず、なんとか、『大丈夫!なんとかなる!』と自分に言い聞かせ
日々を過ごしておりますが、、、
やはり波があり、特に朝起きた時の動悸・不安感が酷く、けっこう辛いです。。。
会社を休もうか・・・と思ってしまうのですが、今休んだら駄目だ、、、と思い、
なんとか頑張っています。
夜はちゃんと寝れています。というより、ここの所夕食後に起きているのが辛いくらい
眠気があり、就寝時はすぐに眠ってしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。昨年のちょうど今頃、全く同じ症状で、3か月間ほぼ寝てばかりいました。
直接の原因は、仕事上でのストレスで、全く眠れないところから始まりました。
心療内科に行き自律神経失調症との話で、軽い睡眠薬と精神安定剤を処方されて、
1か月くらい経ったところで、不安と動悸が始まりました。
寝ている時を除き動悸で不安になり、精神安定剤を限度まで飲み、ほぼ寝ていました。
このタイミングで仕事も退職しましたが、その後も全く症状は改善しない状態でした。

医師との話で、軽いパニック障害の症状(動悸)もあるので、SSRIにしましょうとのことで、
パキシルの処方となりました。ここで医師に言われたことは、「思い切って薬に頼って下さい」でした。
薬を服用したくない、すると怖いなどがまたストレスになるそうです。

もちろん体質にもよると思いますが、パキシルを飲み始めて2週間後、動悸が全く無くなりました。
現在は、一日に一回パキシルを20m飲んでおりますが、とても快調です。
今後は減薬をしていくことになりますが、そこにまたひと波乱あるかどうかは分かりません。
私は少なくとも医師のもとで適切な治療をして頂き、動悸で寝たきりから回復して、
再就職までして、元気にやっています。

適切な治療を受けられて、回復されることを切に願います。

こんにちは。昨年のちょうど今頃、全く同じ症状で、3か月間ほぼ寝てばかりいました。
直接の原因は、仕事上でのストレスで、全く眠れないところから始まりました。
心療内科に行き自律神経失調症との話で、軽い睡眠薬と精神安定剤を処方されて、
1か月くらい経ったところで、不安と動悸が始まりました。
寝ている時を除き動悸で不安になり、精神安定剤を限度まで飲み、ほぼ寝ていました。
このタイミングで仕事も退職しましたが、その後も全く症状は改善しない状態でした。

医師との話で、軽いパニック障害の症状...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報