気象予報士の資格をとればどんな仕事に就けますか?実際気象予報士に対して求人ってありますか?その他にも気象予報士に関すること教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

気象予報士は国家資格ですが「採用資格」ではない。


という事に留意する必要があると思います。

裁判所職員や公務員資格のようにそれがあるからといって、
就業に結びつく資格ではありません

現実的には気象予報士を持っているからといって就業にはほとんど役に立ちません。お天気キャスターにしても、気象予報士であることより
むしろそのお姉さんが可愛いかどうかのほうが、採用には重要だと思います。

また、気象庁に就業するにしても気象予報士は関係ありません、
国家1.2種が必要です。
民間気象会社に就業するにしても、気象予報士だからといって、有利にはなりません。それだけもっているのは当然だからです。今はIT時代なので、
気象予報士+α。つまりプログラミングを組めるだとか、SEだとか
そういう技能を持っているのが前提になります。

もし純粋に気象を志したいのなら、予報士を取って民間にすすむより、
公務員資格を取得して気象庁に就職するのが一番だと思います。

かく言う、私も過去に日本気象協会を受験しましたが、二次で落ちました。気象予報士であることは、一次の書類審査で見られる程度でしょう。
ただ、その受気象予報+α人間的魅力というのなら、良い方向に話しが進むと思います。
小さい気象会社ですが、私の人間性と気象予報士に興味を示してくれた方が
過去にいました。結局そのお話しは、私の都合でお断りしたのですが。。

今は全く別業種ですが、ただ気象が好きなら何もお金を稼ぐ
事に固執する必要もないとおもいます。私はネット上で、
気象知識を生かして色々な方の気象の疑問にお答えしています。
    • good
    • 0

一気象予報士です。



どんな仕事に就けるかはアイデア次第だと思います。

実際気象予報士の求人は少ないですが必ずあります。
ただ重要なのはプラスαが求められるということです。
気象予報士であり、そして何が突出しているかがによって求人の幅も大きく異なります。

現在気象予報を購入している企業はたくさんあります。
そこへ出向き自ら予報を提案してゆけるような人材であるならば、取得する価値は十分にあると思います。
ですが、「気象予報士を取れば仕事に有利だろう」という逆説的な考え方を持ってしまうと、おそらく他の資格でもそうだと思いますが武器にはなりません。

気象予報士の資格は難しく、取得するにはある程度の時間がかかりますので(資格制度が出来てから全ての試験を受けても不合格な人も1000人ほど存在すると言われています)取得してからどうしたいかを考えた上で取り組むことをお勧めします。

状態曲線のような壁を乗り越えて、頑張ってください。
    • good
    • 0

以前、私がハレックスの通信講座を受け、気象予報士試験に合格後、気象予報士募集要項をハレックスから送られてきました。


ですが、採用枠は数名で、2ヶ月間の研修期間を経て採用が決定されるという内容でした。
研修期間は有給との事です。
基本的には大卒&20代が有利だと思いますので、その点も注意してください。
    • good
    • 0

◆あんまり詳しくなくてすみませんが、とにかく1993年に改正された気象業務法によって、業務として気象の予想を担当する人はこの資格が必須になりました。



非常に難度の高い試験で、合格率は10%未満です。
マスメディアの天気予報はもちろん、観光業界や最近では建築業界においても需要があり、人気が非常に高い資格になっています。

実際の就職に関しての有利な点はどういうところにあるのか、は下記(↓)参考URLに載っていますので、ごらんになってみてください。

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/rainyboy/cwf/file3.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気象予報士さんって、何者?

 テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?(気象予報士の資格ができる前は、日本気象協会と肩書きがついていましたが。)それとも、気象予報士さんは、占い師さんみたいに、個人の資格で、個人的に予報して出しているの?とすると、スタッフがたくさんいないと困りそう。また、予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?もし、予報が大きく外れた場合は、個人責任?
 NHKのニュースでは、気象予報士の○○さんと他人行儀に敬称をつけていますから、非常勤職員ではなく、外の人という扱いなんでしょうが、どういう身分?待遇?か、どなたか、教えてください。ニュースで、気象予報士の○○さんと聞くたびに、不思議な気分です。

Aベストアンサー

> テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?
基本的にタレントさんと同様に、事務所所属の方が殆どだと思います。

> 予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?
気象庁が定期的に予報を発表していますから、その情報をを基に、気象予報士さんが予報を行います。朝5時以前の予報は、前日の午後5時気象庁発表の予報を、朝5時以降は、朝5時気象庁発表の予報を使います。

> どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?
気象庁発表の予報には逆らえませんから、実質的にはそうなります。

> もし、予報が大きく外れた場合は、個人責任?
基本的には、予報の基情報を発信した、気象庁の責任でしょう。

> どういう身分?待遇?
事務所所属のキャスターの方なので、基本的にはタレントさんの扱いに準じると思われます。
例えば NHKで言えば、「おはよう日本」の加藤祐子さんは、ウェザーマップ所属、橋詰尚子さんは、ライフビジネスウェザー所属、「ニュース7」の半井小絵さんは、ウィング所属、と言った具合です。

> テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?
基本的にタレントさんと同様に、事務所所属の方が殆どだと思います。

> 予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?
気象庁が定期的に予報を発表していますから、その情報をを基に、気象予報士さんが予報を行います。朝5時以前の予報は、前日の午後5時気象庁発表の予報を、朝5時以降は、朝5時気象庁発表の予報を使います。

> どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?
気象庁発表の予報には...続きを読む

Q気象予報士の仕事内容について

今冬の気象予報は、暖冬と報道されていたが
実際は、雪が降り寒い。テレビ等でどの予報士も
同じことを言っていたが独自性が無いのはどういう
ことでしょうか。単に気象庁の発表したものを
読んでいるだけなのでしょうか。それならば
アナウンサーでもよいのでは。

Aベストアンサー

その通りで、テレビの天気予報では気象庁の予報を伝えているだけですよ。きょう3ヶ月予報が気象庁から発表されて何とかかんとか、って云ってるはず。

もちろん気象予報士じゃなくてもいいですし、アナウンサーじゃなくてもいいです。

Q気象予報士の仕事場は・・?

気象予報士の職場はテレビ局しかないのでしょうか?
テレビに出なくても気象予報士になられるのでしょうか。あまりテレビに出たくない!という理由で気象予報士への道をあきらめる・・という人もいるのでしょうか。
宜しく御願い致します!!

Aベストアンサー

企業向けに(たとえば東京ディズニーランド)気象情報を提供する会社は、少なからずあります。
気象予報士をとったからといって、ダイレクトにそれを活かす人もいればそうでないひともいます。

気象予報士の資格はもっていないですが、僕の恩師は、気象学の権威で、スペースシャトルの打ち上げの際の気象状況判断などにも参加したことがあるそうです。あと、海洋気象に長けた友人は船会社に入りましたよ。気象の世界もいろいろあるってことで。

Q建築士資格かインテリアコーディネーター資格か。

27歳未経験でインテリアコーディネーターの専門学校へ10月から行こうと考えている男です。様々な方のご意見や質問を拝見させていただいてわかったのは、インテリアコーディネーターの資格は形だけだという事ですが私が検討している専門学校は主にパースやCADやインテリアの知識を一年乃至二年かけて学ぶ学校です。ここで質問なのですが、インテリアコーディネーターの仕事をしていきたいのですが結局は建築士の資格を取った方が仕事の幅が拡がるとの事なので取った方が良いと思うのですが、仕事をしながら建築士の資格を取れる学校等はあるのでしょうか。とどのつまりインテリアコーディネーターの専門学校へ行くのは27歳未経験がかける時間としてはスロースタートに拍車がかかりそうで不安です。是非ご教授願いたいと思い質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最近では「インテリアプランナー」が新設されているようなのでそちらの方がコーディネーターよりも幅広い仕事ができそうな感じですね。下記を参考にしてください。単位が取れる学校一覧も入っています。
http://www.jaeic.or.jp/kamoku-gakkouitiraninfo.htm

Q気象庁と気象予報士の役割分担は?

TVで各局の天気予報が放送されますが、予報の内容に余り差異が無いように思います。
確か放送局では気象予報士でなければ天気予報をして放送することができないようになっていると聞きました。
気象予報士の役割が良く分からないということだと思いますが、気象庁から各局に提供される情報はどこまでで、その情報を気象予報士がどのように分析して放送するのでしょうか?
余り差異が無いので全て気象庁から提供される情報のような気がしております。

Aベストアンサー

国立病院と民間の開業医と言えば良いのでしょうか?
気象予報士も医師も国家資格でして、気象予報士については「指定試験機関が実施する知識及び技能についての試験に合格した者であって、気象庁長官による登録を受けた者」しか予報業務の許可を受けることが出来ません。

これまでは気象庁にしかその業務が許されませんでしたので、いわゆる勤務地も気象庁しかなく、予報内容の発信も同様でしたが、1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになったために、民間の気象予報士も存在し業務を行えるようになりました。

医師免許を持つ物がどこでも勤務・開業しているのと同様、気象予報も気象庁に限らず存在、営業しているわけです。

例えが良いのか悪いのか、医師同様に技量や経験の差はあってもしかるべき?あるいはどの予報士も見立てにそう大差はないとも言えます。

Q弁護士や会計士など資格はあるけど仕事がない人

今の時代、資格があるのに仕事がない・・・・
というケースが多いと耳にしましたが、実際にがんばって資格とったけどぜんぜん仕事なくて今は他のことをしている!という方は何をされてますか?
気になったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

資格者ではありませんが、資格者の人脈の多いものです。

司法試験合格・司法修習終了後、居候弁護士を行ったが、居候期間が長くなったことでいづらくなり独立。しかし、顧客が集められず、大学や予備校の講師を弁護士という肩書を使って行っている人もいます。

独立弁護士となったが食べていけず、繁盛している司法書士の事務所内で司法書士の下請けのような弁護士業務をしているような人もいます。その司法書士からすると、中堅どこの弁護士程度の経験やノウハウがあることで、比較的若くて1人で活動出来ない弁護士を雇ってしまっているということです。

税理士や会計士合格後、簿記や会計資格を目指す専門学校の講師を行っている人も多いですね。

弁護士や司法書士などであれば、民間企業の法務担当として雇われている人も多いようです。
税理士や会計士は、大企業の経理部門の責任者などを行っていることも多いですね。

Q気象予報士は必要?

気象予報士は必要でしょうか?
温暖化などで過去のデータに当てはまらない事例が多いので
予想が外れるのは仕方ない面もありますが、
それならば尚更不用であるように感じます。

そして外れてもヘラヘラ笑いながら後付の理由説明…。
(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
月間、週間予報なんて全く当たらないし当日の予報すら外れることも多々。
そんな気象予報士なら国の予算を東京アメッシュなどのデータを更に
より詳細したものを迅速にネット配信する方に予算を回した方が良いような気がします。
つまり気象庁の発表≒気象予報士の予想(当たらない可能性大)と
後は迅速に自己判断できる詳細なデータ提供だけで良いのではと思うのです。

デイトレーダーや証券マンは難しい要素でも外れれば責任を問われ下手すれば破産や解雇すらあるのに対して、
気象予報士(気象庁も含め)は外れても「ごめんなさい」で済む
(それすら言わないで言い訳だけの予報士も多いが)
なんて楽な職業なのかと思います。
そんなタレントまがいの気象予報士を高額にで雇うなら公共の電波を独占しているTV局などは
一般国民に還元すべきことが他にたくさんあると思います。

天気予報が重要となる企業では専門のプロ天気予報会社に予報を高額で依頼している事も多いそうですが、
そういう職が成立すること自体がTVなどの気象予報士の不要性を証明しているように思います。

そういった予報専門会社のサービスに劣らない機関に国やTV局は予算を割くべきなのではないでしょうか?
国民の誰でも利用できる少なくても予報専門会社程度の精度を持ったサービスを。

みなさんは不要、必要、どちらだと思いますか?
私は今の精度の予報なら気象予報士は少なくても不要だと思います。

もしくは的中率による出来高制にすれば良いと思います。
とは言っても精度の高い予報には大企業や国レベルの観測情報が必須でしょうから非現実的でしょう。
だったら気象予報士なんて不要で代わりは高学歴のアナウンサーで十分だと思います。

気象予報士は必要でしょうか?
温暖化などで過去のデータに当てはまらない事例が多いので
予想が外れるのは仕方ない面もありますが、
それならば尚更不用であるように感じます。

そして外れてもヘラヘラ笑いながら後付の理由説明…。
(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
月間、週間予報なんて全く当たらないし当日の予報すら外れることも多々。
そんな気象予報士なら国の予算を東京アメッシュなどのデータを更に
より詳細したものを迅速にネット配信する方に予算を回した方が良いような気がしま...続きを読む

Aベストアンサー

気象予報士という職業を誤解されていませんか?

>天気予報が重要となる企業では専門のプロ天気予報会社に予報を高額で依頼している事も多いそうですが

これをするのが気象予報士の本来の仕事であり、テレビに出ているのはほんの一部の人だけです。

>(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
そのレベルで解説しないと、テレビを聞いている人は理解できないでしょう。

>なんて楽な職業なのかと思います。
大多数の気象予報士が働いている気象予報会社は、はずれが多くなれば仕事が来なくなります。

Q次の資格は男性が取得しても実際、活かせるものでしょうか?

次の資格は男性が取得しても実際、活かせるものでしょうか?

介護事務
歯科助手
調剤薬局事務
登録販売者
福祉住居コーディネーター
インテリアコーディネーター
販売士

現実、
女性しか働いていないイメージがあるのですが?
男性がとって活かせますか?

解答例 資格名→◎(活かせる) ×(活かせない)
で資格ごとに教えて下さい。

Aベストアンサー

想像を含めて回答します。

>介護事務
女性が多い職場でしょう。但し、介護関係の職場には男性も多く必要で、実際に男性も多く働いています。介護関係は力仕事も多いため、高齢になれば介護現場でつらくなることでしょう。介護事務を意識して業務を行い、知識も裏づけされていれば、業務の異動が可能かもしれませんね。

>歯科助手
>調剤薬局事務
女性のイメージが強いですね。女性でなければならないということはないでしょう。
資格保有者次第でしょう。

>登録販売者
新しい資格ですよね。必要とする経営者次第と資格保有者次第でしょう。

>福祉住居コーディネーター
>インテリアコーディネーター
建設業などに在籍していたりしなければ、生かしづらいでしょうね。ただ、男性でも増えているのでは?

>販売士
販売士は女性のイメージは、私は持っていませんね。
ヨドバシなどの店員の名札で販売士の表示を見たこともありますし、店舗での営業販売員のスキルアップとして評価する会社も多いでしょう。

資格を生かせるかどうかは、資格取得者次第でしょう。
国家資格は、名称・業務などで守られる部分はありますが、収入や活躍場所を守ってくれるものではありません。
検定試験は、一部の能力・知識などを証明するだけです。活かせるというと、就職に有利だとか、社内評価に有利かどうかでしょう。そうするとそれぞれの会社の規則次第ですから、難しいですね。

私自身、簿記検定の最上位級を持っていますが、現在経営者ですので、資格を活かせているとは思いません。しかし、簿記の知識は活かせていると思いますね。

想像を含めて回答します。

>介護事務
女性が多い職場でしょう。但し、介護関係の職場には男性も多く必要で、実際に男性も多く働いています。介護関係は力仕事も多いため、高齢になれば介護現場でつらくなることでしょう。介護事務を意識して業務を行い、知識も裏づけされていれば、業務の異動が可能かもしれませんね。

>歯科助手
>調剤薬局事務
女性のイメージが強いですね。女性でなければならないということはないでしょう。
資格保有者次第でしょう。

>登録販売者
新しい資格ですよね。必要とする経営者...続きを読む

Q各TV局や番組毎に、天気予報のコーナーがあり、担当の気象予報士が天気予報を解説していますが…??

各テレビ局や、それぞれのTV番組や、それ毎の天気予報のコーナーで、各々の担当している気象予報士達が天気を予想し解説してますが、これらの予報って、それぞれの気象予報士によって=各局・各番組によって、異なっていることもあり得ているんでしょうか?

フトそんな疑問を感じたのは、各局の各番組の天気予報コーナーの、それぞれの気象予報士の予報と解説って、チャンネルを細めに切り替えて見比べても、全く同じ一緒としかの感覚しかないんで、とても不思議な感じを覚えてしまったからで…。

天気予報って、気象予報士が各々それぞれの資格に基づいた上で予想して、その見解を予報として述べて発しているんではないのですか?

それとも、例えば気象庁とかの公的機関が発したデータと予報をソノママそのとおりに言うことになっている、なんていう決まり事でも存在してるんでしょうか?

要するに、気象予報士という試験に合格した資格を取得した人が、その資格をもってして、自由に独自に気象を予想して、それを予報することが出来ない、又は許されていない、ということなんでしょうか?

実際・実態・真相って、どうなっているのでしょうか、是非とも教えてくださいますか。

各テレビ局や、それぞれのTV番組や、それ毎の天気予報のコーナーで、各々の担当している気象予報士達が天気を予想し解説してますが、これらの予報って、それぞれの気象予報士によって=各局・各番組によって、異なっていることもあり得ているんでしょうか?

フトそんな疑問を感じたのは、各局の各番組の天気予報コーナーの、それぞれの気象予報士の予報と解説って、チャンネルを細めに切り替えて見比べても、全く同じ一緒としかの感覚しかないんで、とても不思議な感じを覚えてしまったからで…。

天気予報っ...続きを読む

Aベストアンサー

「予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。」
つまり、気象庁の出した予報をしゃべるだけなら気象予報しでなくても構いません。だから東京MXでは鈴木奈々や変な外人が天気予報をしています。あと今は知りませんが日テレでも菊川怜が予報していましたね。
あれは気象庁発表内容を読むだけだからOKなんです。
しかし解説やもう少し狭い範囲の予報をする場合は気象予報士の資格が必要になります。例えば「予報では曇りですが、場所によっては雨が降る可能性があります」なんていうのは気象予報士の資格が必要な訳です。資格がなければ原稿通り「曇りです」としか言えない訳です。

それでも気象庁のデータに基づいているので大きな違いは無いはずだし、あまり違いがあってはおかしいですね。そういった細かい部分だけの違いなので、見ていても気がつかないことが多いと思います。
また気象に関する詳細な説明も資格者か研究者でなければなりません。最近解説で面白いのは私はTBSひるおびに出ている森朗(もりあきら)さんですね。理解力のない人に説明する事の難しさを教えてくれます。

「予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。」
つまり、気象庁の出した予報をしゃべるだけなら気象予報しでなくても構いません。だから東京MXでは鈴木奈々や変な外人が天気予報をしています。あと今は知りませんが日テレでも菊川怜が予報していましたね。
あれは気象庁発表内容を読むだけだからOKなんです。
しかし解説やもう少し狭い範囲の予報をする場合は気象予報士の資格が必要になります。例えば「予報では曇りですが、場所によっては雨が降る可能性があります」なんて...続きを読む

Q弁護士資格取得についての健康上の不安

私は理系の大学院を卒業しましたが、どうしても法律の道へ進みたいという希望があり、司法試験に挑戦しようと考えています。非常に難度の高い試験であることは十分理解しておりますし、厳しい受験勉強生活に耐える覚悟もあります。ただひとつ心配なのは、自分の眼のことです。ちょっと網膜がらみの病気で、矯正しても視力が0.4ほどしかでません。このような人間でも、もし司法試験に合格し、司法修習を終了すれば、弁護士や検察官になることができるのでしょうか。健康上の規定などがあれば、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

 結論から申し上げますと、法令上は、oilpapaさんが検察官や弁護士におなりになることは可能です。

 ただ、実際上、極端に弱視の方が検察官に任官されることには若干の困難があります。
 ご承知かとは思いますが、検察官は、犯罪捜査・被疑者の取調べを主たる任務としておりますので、視覚や聴覚に障害をお持ちであると、これらの任務に若干の困難を来すからです。
 もっとも、検察官への任官の可否は、単に視力の強弱のみで決められるものではありません。最も重要なのは、事件の本筋を見抜く洞察力と、関係者や捜査機関の信頼を勝ち取るに足りる人間性です。
 任官の可否は、無事合格なさった後、司法研修所の教官とよくよくご相談になれば足ります。

 他方、弁護士登録には、弱視は全く障害とはなりません。
 各地に、完全に視力を失われても、なお第一線の弁護士としてご活躍の方が大勢いらっしゃいます(お名前はあえて伏せさせていただきますが。)。

 どうかご安心になって、勉強に取り組んでいただきたいと思います。
 障害を持った方のお気持ちの分かる法曹がまた一人増えることを、心から期待しております。
 同業者ゆえに、「経験者」とさせていただきます。

 結論から申し上げますと、法令上は、oilpapaさんが検察官や弁護士におなりになることは可能です。

 ただ、実際上、極端に弱視の方が検察官に任官されることには若干の困難があります。
 ご承知かとは思いますが、検察官は、犯罪捜査・被疑者の取調べを主たる任務としておりますので、視覚や聴覚に障害をお持ちであると、これらの任務に若干の困難を来すからです。
 もっとも、検察官への任官の可否は、単に視力の強弱のみで決められるものではありません。最も重要なのは、事件の本筋を見抜く洞察力と、...続きを読む


人気Q&Aランキング