色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

私は今、大学院生です。
研究室の指導教員から、明らかな研究妨害を受けており、他の院生や教員もそのことを知っています。
しかし、指導教官から、訴えるなら必ず報復をすると脅迫を受けました。
普段の指導教官の言動から、脅しだけではないと思います。
もしも訴えた場合、一時的に、研究機関のガイドラインに従い、
私への妨害は無くなったとしても、
将来的に、私や私の両親、家族などに暴力が及んでしまうのではないかと心配です。
私が、卒業を手にし、将来的にも被害に遭わない方法はあるのでしょうか。

何かアドバイスを頂ければ有難いです。

質問者からの補足コメント

  • お応え頂き有難う御座います。
    実は、該当する委員会の担当教員に相談し、
    指導教官への忠告が為された結果、反応が
    「もし訴えるなら、後で必ず個人的に報復する」
    というものでした。そこで、実際に訴えるか、
    泣き寝入りをするかの選択を迫られています。
    担当教員には、他の潜在的な被害者が訴えないのは、
    同じ様な理由によるとも聞かされました。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/06/16 20:37
gooドクター

A 回答 (7件)

> 担当教員より、「訴えなければ報復はされないだろう、


> 回避するのが望ましい」と言われました。

既に報復されたようですね。
残念ながら、その委員会のあては外れました。(だからキチガイに常識は当てはまらないんだって)
というわけで、再度委員会へGo!
大学や委員会も舐められているのです。
危害が及んだ以上、適切な対処をしないのであれば、入学金、学費2年分と、人生2年分の損害賠償が発生しますよ、と。
おかしいですよね。真っ黒黒助の犯罪者を放置するって。それが大学で教員をやってるって。
駅や電車で女性のスカートの中を覗いた有名大学教員が逮捕されましたが(教員は普通知ってる)、あれ、年度でクビ切られましたっけ?
刑法を犯せば、しかも罰金刑無しの懲役刑かその執行猶予刑の場合、即懲戒解雇が普通では?双方の言い分がというケースでは、少なくとも最早無いのですし。
しかも大学の業務上での犯行ですよね。何より当人「全く反省してない」。再犯の可能性も非常に高い。「二度あることは三度ある」。
むしろ年度や前後期で首を切ったと見られる方が、大学側としては拙いのでは。
そもそも、来年度以降、そいつの所に学生を配置できるのですか?良い度胸ですねぇ。
それともその大学では、女学生にセクハラしまくってもお咎め無しでしょうか?
きっと人気出ますよ、そういう趣味の教員に。やりたい放題お咎め無し、大学が庇ってくれる。給料まで払ってくれる。
風俗に行ったら金払わなければならないのに、お金貰ってやりたい放題。
なら、痴漢強姦暴行なら解雇なのに、脅迫はお咎め無し?不思議な大学ですね。専門バカでも集まっていて、みんな常識が無いんでしょうか。
ちなみに信州大学様では、
http://www.shinshu-u.ac.jp/staff/compliance/
「人権の尊重」だってさ。
法令遵守、学内諸規定のの遵守、当たり前ですよね。

もう、その委員会とやらの権限の範疇を超えてるのに委員会で何かしようとしているのが無理なんじゃないでしょうか?
と聞いてみたらどうでしょう。ルール上、あるいは実質的に、懲戒解雇を決められるんですか?って。
普通に考えて、大学とその委員会の責任が回避できるのは、その教員を懲戒解雇して、あなたにごめんなさいすることだけでしょう。
指導教官を変えてあげました、くらいではもう。脅迫内容を既に「外部に向けて」「実行」していますから。「適切な対処」をしないともう。
委員会とその教員との関係を見ても、委員会の二度の警告を無視したわけです。3アウトでチェンジ、というスポーツがどこかにあったような。
それとも、大学側は、学生の就職もふいにさせて、多額の損害賠償金を支払いたいんでしょうか。というわけでは無さそうですが。
大学側に損害賠償請求すれば、現時点で既にいくらか払わなければならない状態かもしれないのに。まだ不適切な対応を続けるんでしょうか。
大学も委員会も、賠償しなくて済むように動く方が賢いと思うんですがねぇ。犯罪者を庇って賠償金を払いたい。なんと奇特な。
犯罪が行われたから処分しました、と、犯罪が行われたけれど庇い続けて庇いきれなくなりました、とで、世間の印象は相当違うと思いますし。

委員会と話し合いの上、会社側には、指導教官を解任するので、その教員の発言は無効、という線で、委員会側から連絡を入れて貰うというのはどうでしょう。
ただし、その教員の口利きであった場合、どうなるかは不明です。不明ですが、少なくとも契約上は、あなたとその会社との雇用契約であるはずです。
推薦がどうとか言い出すのであれば、そんな奴の推薦状を受け取っていたことに対する道義的問題が出ちゃいます。
異常者・犯罪者の推薦状をあてにしていたのかって。

とまぁここまで言ってダメなら弁護士直行でしょう。
大学側も委員会も態度が硬化するとは思いますが。
さすがに大学側は頭が良い。口を割らないようです。
口を閉ざすと決めた以上、警察が入らないと前回の件は証拠が挙がらないでしょう。
学問の府を警察権力なんぞが捜査する、ってのは、学問の自由を守るべき大学にとって大恥なんですがね。

で、指導教官の目処は付きましたか?

良くは知りませんが、法律家にまるで縁が無いなら、まずはこんな所なのかもしれませんし、
http://www.houterasu.or.jp/
また、法律のカテゴリで法律家に相談するのも良いかもしれません。

専門バカは法律見ても解らないからなぁ。
僕ちゃん賢いから何やっても良い、と思ってる。
ダメなんだよねぇ、難関進学校バカって。お勉強ができるということが全てだから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

三度お応え頂き有難う御座います。
本当に親身になって頂き感謝申し上げます。

内定先へは、(役職は伏せますが)「長」と冠する複数の
役職の教員から、説明をしていただくことになりました。
しかし、配属になる前から「×」を付けられること(建前では
そのようなことがないように特段の配慮をするのでしょうが)に
憤りを感じます。何か嫌なことがあっても、これが原因では
ないかと考えてしまいそうです。

指導教官を訴えるかについてです。
研究室の先輩(博士課程)、後輩や同期たちも、私がこのような目に
遭っていることを傍観せざるを得ない状況でした。
私を庇えば、いつ指導教官の矛先が自分に向くか分からないからです。
私は彼らに非は無いと思います。それどころか、私の悩みを聞いて相談
に乗ってくれることもしばしばありました。
彼らのことを考えると、指導教官が首になることを私はよしとは考えません。
卒業予定を前提に内定先が決まっているのも私だけではありません。
今から指導教官が変更になって困るのは彼らも同じです。
さらに、指導教官の下で任期付で研究をしている研究者の方々も、
私が指導教官を訴えれば、研究の道を閉ざされてしまうかもしれません。
例えお門違いだとしても、私は恨まれることになると思います。
そうなることを私は望みません。

たかが半人前の大学院生が考えることですが、浅はかな甘い考えでしょうか。
ただ訴える勇気が無いだけだと思われるでしょうか。

こちらは周りの人間のことまで配慮しているのに、
指導教官はいくらでも私を妨害(攻撃)してくる。
どうしてこのような状況が許されるのかと思います。
どうしてこのような人間が大学で大勢の学生を相手にのうのうと講釈を
垂れているのかと思います。

今後の私の進路も不透明です。委員会の担当教員は、何としても他の
研究室を探して、私を卒業させると言ってくれているのですが。

私の小さな人生経験からは、あまりにも事が大きくなりすぎて、
まるで他人事のようです。しっかりしないといけないと思います。

お応え頂き有難う御座いました。

お礼日時:2015/07/02 22:25

> 彼らのことを考えると、指導教官が首になることを私はよしとは考えません。



痴漢の話を持ち出したはずですが。
彼らのためだろうが何だろうが、クビはクビ。刑務所送りです。
刑法に触れる、というのはそういうことです。
行き場の無い孤児を引き取った優しい孤児院の園長さんでも、やることやれば刑務所送り。
そもそも、あなたが訴える訴えないの前に、まず、大学側がクビを切るのが当たり前です。それとも痴漢はやり放題ですか?

もう一度言います。
そいつは、刑法に触れた。脅迫罪。懲役か、執行猶予。
そして委員会は、あなたに危害は加えられないだろう、と予想したけれど、予想に反して、あなたに危害が加わった。
(威力業務妨害???名誉毀損???)
それに対して、委員会は何をしたのでしょうか。
正式な教員の処分すら無いなら、「まるであなたが揉め事を起こしているみたい」じゃないですか。会社側からはそう見えるでしょう。
会社側から見てみれば良い。卒業させないだのと指導教官が言ってきた、一体どんな奴だって。
そこで、あ、あいつクビになったのか、あいつがおかしいんだな、そうか、
というのと、
一切お咎め無し、変な奴採っちゃったか?
で違うと思いませんか?
あなたをなんとしても卒業させる?では、そのために具体的に何をしているのでしょう?
はい卒業。家で寝ていて良いですよ。判子を押して貰えればそれで良いんでしょうか?
指導教官は決まりましたか?

そいつが明日死んだらどうするのですか?
大学教員は現職では死なないとでも?
死人は毎年いくらか出ているはずです。そりゃ混乱はするかもしれないけれど。
まして、急死ならともかく、「毎日のように教員の痴漢行為を目にしているのに」、そいつが居なくなる日が来ることを予想できないようなバカは、大学に居る必要は無いでしょう。
例えば、居れば博士課程、ポスドク、あるいは研究員で、そいつの後を継げるような人は居ないのでしょうか。
ポストは教授や准教授で無くて良い、講師か助教で。当面の研究室や学生の研究を引き継げれば良い。
委員会が、こういう方向で正しく動いているなら良いんですが。それなら子供には判らないかもしれませんし。
普通に考えればポストが一つ空くんで、上の人にはむしろチャンスかも。臨時で数年ポストが得られるかも。

なお、訴えるのと、弁護士を立てるのとは、全く別の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前期をもって大学院を(一身上の都合により)退学しました。理由は結局、卒業できないことを委員会から知らされたからです。アカハラの事実があるにもかかわらず、指導教官の変更(他大学であれ)が、「アカハラを行っている指導教官本人の承認がないと出来ない」そうです。アカハラの事実を隠すために通常の指導教官変更の手続きで済まそうとした結果だと思われます。そして、指導教官は私を卒業させないために、指導教官の変更を認めませんでした。味方をしてくださった教員の方々は指導教官からの圧力で業務に支障をきたした結果、最後は私に味方できなくなりました。大学内で私を見かけた教員は私から目を逸らし、関わることを避けるようになりました。委員長からは力になれずに申し訳ないとの謝罪がありました。しかし、有効な手段は何一つ提示されないまま終わりました。また、理事会(私学です)へは告発しないようにと懇願がありました。外部の専門組織への告発も同様です。指導教官の処分はありませんでした。情報が外部に漏れることを拒否しているのですから当然でしょう。内定先は卒業が前提だったので辞退することになりました。念のため学士として雇用は可能か問い合わせましたが、修士卒前提だったので無理でした。弁護士を立てなかったのは私の責任です。法ではなく指導教官の誠意による解決を望みましたが、それも叶いませんでした。
私の大学での学問の探究は、たった一人の悪意ある指導教官によって無下に潰されました。本来学問をする場であるはずの大学院で、学問をすることへの妨害を受け、人権を踏みにじられ、就職先も奪われました。交通事故に遭えば両足を失うかもしれない。自然災害で死ぬかもしれない。それと同じだと思いました。最近は大学院を魅力的に見せ、質の高い学生を集めるために、各大学がその大学でしか出来ないような様々な工夫をしていると思います。しかし、表面をいくら綺麗に取繕って魅力的に見せても、内部の教員はすぐには変わらないのでしょう。年月が経てば古い体質の教員は退官を迎え居なくなります。昔は相談する委員会すら無かった。今は委員会に相談することが出来るようになった。しかし、発足したばかりで十分に機能はしていなかった。私はその過渡期にいたのだと結論しました。某大学の指導教官の被害者は私が最後であることを願っています。ご報告の度にご回答いただき有難う御座いました。

お礼日時:2015/09/13 21:30

> 証拠として録音が必要なのでしょうか。



逆です。
録音は証拠として有効か、どういう場合に有効でどういう場合に無効か、が問題です。
だから弁護士に相談するなり、法律のカテで相談するなりして下さい。
あるいは、「言った言わない」以外の証拠があるのですか?

> 本当に命に危険が及ぶと思われ、恐ろしいです。

もう一度言います。
罰金刑はないです。初犯で執行猶予が付いたとしても、執行を猶予されているだけです。
執行猶予中に更に犯罪を重ねたら、どうなるか判りますね。
執行猶予が付かない可能性もあります。

> 今は他の研究室を探すことを考えています。

あるジャンルのテーマを、同じ大学の他の教員がやっていることは、希では?
だから、他大学を探す方が現実的だと思います。
「制度上は」入学し直さなくても学生を継続できます。(講義等の単位が取れていれば)
ただ、文系の先生は、そういうことを嫌がるようですがね。
何でオレが赤の他人の面倒を見なければ、と。
ただ、「そいつの師匠」が健在なら、責任はあるでしょうね。

> 同指導教官には過去にも事例があり

となると、そこで処分をしなかった大学に責任がある、ということになります。

> 現段階ではゼミへ出席しなくてもよい

家で寝ていて、何で学費払わなければならないのかって。
商行為だと考えれば、金を払ったのに、大学は不良品(不良教員)を掴ませたわけです。
あなたの学業に対して、補償をするのは当然のことでしょう。
他の教員(他大学であれ)を手当てするくらいは、当然でしょう。

それと、その委員会に、明白な脅迫行為であって、完全に刑法に引っかかっている、
身の危険も感じている、と伝えてありますか?
「同じ穴のムジナ」ですから、刑法を持ち出さないと(持ち出してもどうだろう)事の重大さが理解できないと思います。

さて、そいつの処分は確定でしょうが、では、その委員会や大学と警察と、あなたの身を守ってくれるとしたら、どちらでしょう。
大学は、あなたの学問は守ってくれるかもしれませんが、身は守ってくれない、特に学外のことはどうしようもない。
違いますか?
という辺りの話し合いを、委員会として下さい。
その前に、前回の事例について、もう少し詳細なことを掴んで下さい。
ポイントは、刑法に触れる行為があったのか、脅迫行為があったのかどうか、です。(これも録音等証拠を取っておいた方が良いなぁ)
あれば、大学は、犯罪者を匿った、少なくとも犯罪被害を増やした、のです。

学問だけしたい奴は、学問をすれば良い。
むしろ、学生として大学に学費を納めて研究生でもすれば良い。
学生と接する気もないなら教員になることはないんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度お応え頂き有難う御座います。
身の危険を感じていることを委員会に伝えました。
担当教員より、「訴えなければ報復はされないだろう、
回避するのが望ましい」と言われました。
強要罪については、聞き流しているようでした。
過去の事例については、指導教官変更で解決済みであり、
犯罪性は無かったと言われました。
また、委員会にアカハラを申立てれば調査には
半年から一年かかると知らされました。

先週、内定先の企業から私に問合せの電話がありました。
指導教官が私の内定先へ、私を卒業させないと
電話を入れたようです。

人の人生を何だと思っているのかと言いたくなります。
自分への不安要素は完膚なきまでに叩き潰してしまえ
ということでしょうか。

申し訳ありません、冷静になるには時間が必要です。
有難う御座いました。

お礼日時:2015/06/28 22:50

で、録音装置は入手しましたか?


http://okwave.jp/qa/q6687022.html
元はアカハラだったとしても、アカハラを超えて、完全にアウトです。
http://www.keijibengoshi.nagoya/column31.html
良くて執行猶予、懲役刑もあり得る。罰金刑は無い。マスコミなんて面倒なことは全く不要。
勿論普通はクビでしょう。大学組織化教員組織の警告を上回る犯罪を行ったわけですし。
まず弁護士に相談して、証拠の入手の仕方から聞くというのも良いかもしれません。
あとは証拠を掴むだけ。
どうせしょっちゅうやっているのでしょ?

それと、その分野の研究をしている、他の先生を探しておいて下さい。
その大学でなくて良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お応え頂き有難う御座います。
その後、録音装置を入手しました。
しかし、以前に他の教員や院生の前で行われた私へのアカハラ(強要罪)
に対しても、証拠として録音が必要なのでしょうか。
委員会の担当教員から、現段階ではゼミへ出席しなくてもよいと
学科の教員間にも了解が取れた(実は私が委員会に相談する前から、
教員間では問題になっていたようです)、と知らされました。
録音装置は機会があれば使います。
No.3の回答者様にもお礼で述べましたが、今は他の研究室を探すこと
を考えています。
闘うべきであるとのアドバイスをくださる方も多いですが、
これ以上関わると、例え裁判で勝ったとしても、
その後に、本当に命に危険が及ぶと思われ、恐ろしいです。
今は、危険を回避する方に向かうつもりです。
有難う御座いました。

お礼日時:2015/06/21 14:54

嫌な思いをされていますね。


すでに該当する委員会の相談しているなら、
その結果脅されたことをもう一度報告する。
弁護士、探偵事務所、マスコミ等使えるものは使い徹底的に闘うなど
色々方法はあるかもしれませんが、その結果
相手がどう出るかわからないのでこわいですよね。
一番いいのはアカハラや脅しのの証拠を集め、
相手の弱みを握ることで対抗することだと思うのですが。
学外の専門的な知識や対処法を持つ機関に相談してみてはいかがでしょう。
あまりお役に立てず、すみません。
少しでも良い方法が見つかることを祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お応え頂き有難う御座います。
お応え頂いた後、委員会の担当教員に報告しました。
同指導教官には過去にも事例があり、
被害者は他の指導教官を探し、
研究室を移ることで、問題の回避を行った、ということです。
私が研究室を選ぶ段階で、そのような情報まで調べていなかった
ことにも問題はありますが、過去の事例をあえて表に出さず、
学生に警笛を鳴らさなかった大学側にも問題はなかったのだろうかと
疑問があります。
委員会の担当教員は、訴えることには難色を示していますが、
別の研究室を探すことには協力的です。
納得など出来ませんし、別の研究室が見つかる保証もありませんが、
とにかく私や周りの人間の、身の安全を最優先した選択をするつもりです。
有難う御座いました。

お礼日時:2015/06/21 12:42

大学の中にセクハラ・パワハラを担当する委員会などがあるはずです。

その担当教員に知らせましょう。
黙っていてはいけません。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

録音テープでもなんでも証拠を揃えて、卒業間際に訴訟。


ハッタリでしょう。最小限の予防措置をしてから、思いっきりやってみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスを有難う御座います。
録音しておけばよかったと後悔します。
私は周囲に暴力的な被害が無ければそれでいいだけなんです。
ハッタリであればいいのですが。
お応え頂き有難う御座いました。

お礼日時:2015/06/16 00:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング