アンピシリン(ペニシリン)はどのようにして抗生物質として作用するのでしょうか?しくみを教えてください.
また、アンピシリン(ペニシリン)耐性遺伝子はどのようにして宿主にアンピシリン(ペニシリン)耐性の形質を付与するのでしょうか?
おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

抗生物質 とは」に関するQ&A: 抗生物質とは?

A 回答 (3件)

ペ-パ-薬剤師で天然物化学者の rei00 です。



何か薬学系のレポ-トの様な気もするんですが・・・。とりあえず簡単に回答しておきます。詳しくは最後の参照文献などを御覧下さい。

 アンピシリンやペニシリンなどのβ-ラクタム系抗生物質は,細胞壁の主要構成成分である peptidoglycan (murein) の生合成の最終段階であるペプチド鎖の cross-linking に関与する peptidoglycan transpeptidase,および,D-Ala 1個が離れて peptidoglycan の生合成が終了する際に作用する酵素 D-Ala carboxypeptidase に作用して,その働きを阻害します。

 ご質問の「アンピシリン(ペニシリン)耐性遺伝子」がそうかは分かりませんが,β-ラクタム系抗生物質の耐性化機構は,耐性菌が産生するペニシリン分解酵素(penicillinase や cepharosporinase 等)によるβ-ラクタム系抗生物質の分解(β-ラクタム環の加水分解)によります。


【参照文献】
「微生物薬品化学 改定第2版」上野芳夫・大村 智 編集,南江堂,1986年

「抗生物質の作用メカニズム 抗菌・制癌作用の分子生物学[第2版]」田中信男 著,東京大学出版会,1981年

いづれも今では新しい版が出ているかと思います。また,これら以外でも抗生物質の事が書かれている教科書であれば,簡単な事は大抵のものにのっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもいつもありがとうございます。
実験の予習などでお世話になっています。調べてもなかなか理解ができない時などに丁寧に教えてくださり感謝しています。
これからもお世話になると思いますがそのときもお願いしますね。

お礼日時:2001/06/16 00:03

物理屋の siegmund です.


こういう話は全くの素人ですが,最近読んだ
「薬はなぜ効かなくなるか --- 病原菌は進化する」(著者:橋本一,中公新書)
はなかなか面白く読めました.
所詮,素人の私が読むような啓蒙書ですから
(私の感想は,非常によく書かれている,です),
専門的な知識をお求めでしたら役に立つかどうかわかりませんが,ご参考まで.
    • good
    • 0

お急ぎのようなので作用メカニズムだけ、



ペニシリンは細胞壁の合成を阻害し、細胞の増殖を抑制します。

耐性の付与については普通の形質転換のことしか思いつきませんので、
誰か補足をお願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qβラクタム系抗生物質の作用機構とβラクタマーゼについて

薬学部のものです。βラクタム系抗生物質は4員環が開環することにより作用すると習いました。
一方βラクタム耐性のうちβラクタマーゼはCN結合を加水分解して4員環を開環させることによりβラクタム剤を不活性化させるということなのですが、これでは作用するときと同じことをしているので耐性にならない気がします。なぜこれで耐性になるのかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

susej65535さんがおっしゃっているのはトランスペプチダーゼの一部をアシル化する過程のことですね。

その前に,[beta]ラクタム系抗生物質にあるL-Cys-D-Valの構造が,#1さんのおっしゃるようにD-Ala-D-Alaに立体的に類似しているために,L-Cys-D-Valの部分がトランスペプチダーゼの活性部位に結合するというところが肝要なのです。

すなわち,[beta]ラクタム環が開環してペニシラン酸になってしまうと,酵素に結合できないために,活性がないということなのです。

ちなみに,蛇足ですが,ネット上でギリシア文字は文字化けすることがあるので(機種依存文字)使用しないほうがベターだと思いますよ。

では,今後もお勉強頑張ってください。

Qミトコンドリアに作用する化学物質

細胞内のミトコンドリアに作用する毒にはどんなものがありますか?

Aベストアンサー

シアン化物や一酸化炭素などもヘム鉄があれば付きますから毒でしょう。
生物のカテで聞くともっと「生物毒」らしいお答えが得られると思います。
m(_ _)m

Q抗生物質の抽出および単離

抗生物質を単離するまでの過程を、微生物の培養のやり方から抽出方法まで、具体的に教えてください。
例えば、物を得るには、微生物を大量に培養しないといけないと思うのですが、いったい、どうやったら微生物を数キロ単位で培養できるのか想像できません。
皆さんよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 細菌の小~中程度量培養(1 kg 程度まで)はお得意です。大量培養も基本的にはいっしょじゃないかな。

 まず、細菌を寒天培地に伸ばして培養し、シングルコロニーにします。これをオートクレーブで滅菌した液体培地に接種し培養します。一回めは 10 ml くらいに、さらにそれを 1 L 位に増やします。これが種菌になります。

 実際の培養は、大きな培養装置をつかいます。(だいたいこんなかんじ。下記URL参)私が使ったことがあるのは、 90 L と 250 L。これだけの量の培地はオートクレーブできませんので、培養槽に滅菌設備がついてます。培養槽の中で水と粉をまぜて培地をつくっておいて、ボイラーで発生させる蒸気で加圧加熱滅菌します。適温まで冷えたら、種菌を加え培養します。

 増えたら、連続遠心機で菌体と上清を分けます。力仕事だけども簡単です。企業ではもっと大きなの(100倍とか)が稼働しているはず。

 次は抽出。抗生物質はやったことないですが、まあだいたいはあっているでしょう。でも、大容量だとちょっとちがうかも。(カラムはコストがかかるし、改良した細菌なら一種類の抗生物質をかなり大量に作るので楽かも)

 上清に出てきている場合は、上清から抽出します。普通は有機溶媒との分配をしてざっと分けます。また、菌体の場合は、破砕して適当な溶媒で抽出です。粗抽出物は、性質によってシリカとか疎水とかイオン交換とかをつかったカラムで分離し、最後HPLCで単離。

 大量のときでも最後はHPLCでしょう。企業で直径 50 cm とかのHPLCカラムを見せてもらったことがあります。

 こんなので、いかがですか?

参考URL:http://www.fujiwara-jp.com/31a.html

 細菌の小~中程度量培養(1 kg 程度まで)はお得意です。大量培養も基本的にはいっしょじゃないかな。

 まず、細菌を寒天培地に伸ばして培養し、シングルコロニーにします。これをオートクレーブで滅菌した液体培地に接種し培養します。一回めは 10 ml くらいに、さらにそれを 1 L 位に増やします。これが種菌になります。

 実際の培養は、大きな培養装置をつかいます。(だいたいこんなかんじ。下記URL参)私が使ったことがあるのは、 90 L と 250 L。これだけの量の培地はオートクレーブできません...続きを読む

Q抗生物質テトラサイクリンを入れていた容器

抗生物質テトラサイクリン溶液などを入れていた容器を洗って今度は蒸留水
などを入れて使っても大丈夫ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その容器が、どのようなものかわかりませんが、
ガラスビンのように、物質が吸着しにくい材質であれば、

テトラサイクリンがよく溶解する溶剤
(添付文書等に書いてあると思います)
で、よく洗い、水で、溶剤を洗い流し、
次に入れるもの(この場合は、蒸留水)で、
濯ぐと(リンスすると)よいと思います。

科学的に検証するなら、
上記で洗った後、乾かしてから、
物質が溶解する溶剤でリンスし、
リンス液を液体クロマトグラフで分析し、
元の、テトラサイクリン量の10ppm以下なら、
大丈夫といえます。

Qピリジンがどのように作用しているのか・・

R-O-C6H4-CH2OHと三臭化リンPBr3をベンゼン溶媒中で反応させ、R-O-C6H4-CH2Brを合成しました。
この際にピリジンを加えたのですが、どのように反応に関わっているのかがわかりません。
ちなみに、約一日反応させ、反応液をジエチルエーテルで抽出させ、Brの層とエーテルの層に分けました。知人はこのBr層を少なくするためにピリジンを使うのでは・・と言っていました(自信はあまりないようです)。とすると、ピリジンはBrと反応してBr層を減らしているか、それともしっかり合成するための手助けをして結果的にBr層を減らしているのか、のどちらかだと思うのですが・・・。
この仮説とはぜんぜん違う回答でも結構です。
どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

予想ですが、反応の形式は
R-O-C6H4-CH2OH + PBr3 → R-O-C6H4-CH2O-PBr2 + HBr
(→→ (R-O-C6H4-CH2O)3-P)
(R-O-C6H4-CH2O)-P< + HBr → R-O-C6H4-CH2Br + HO-P<
(Pの後の < は2つ置換基があるけど省略してるという意味)

これでいくと最初の反応でアルコールの酸素がリンを攻撃しやすくするためにピリジンを入れていると思われます。(アルコキシド様にして求核性を上げる)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報