『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

小さな会社の事務員です。簿記初心者です。

このたび従業員Aさんの去年の社会保険標準報酬月額に訂正が入り、今月末に追徴金を支払うことになりました。Aさんからの追徴金徴収は翌月の給料日です。

通常の仕訳だけすると、今月末時点の負債勘定(弊社の場合は「預り金」勘定)がマイナスになってしまいます。できればそれは避けた方がいい気がするのですが…。

個人的な考えでは、月末日の支払前に、「預り金」勘定がマイナスにならないような仕訳をしたらいいと思うのですが、どういう風にすればいいのか分かりません。どなたかお知恵をお貸し下さい。

<通常の社会保険支払の仕訳>(数字は仮のもの)
・給料日(給料…月末締切の翌月5日支払)
 給与手当 100 / 預金85、預り金(健康保険)5、預り金(厚生年金)10
・月末日(年金事務所への支払日)
 預り金(健康保険)5、法定福利費(健康保険)5、預り金(厚生年金)10、法定福利費(厚生年金)10、法定福利費(児童手当)2 / 預金 32

<今月末の仕訳>(訂正後の社保7月分+追徴額)(数字は仮のもの)
預り金(健康保険)6+2、法定福利費(健康保険)6+2、預り金(厚生年金)11+3、法定福利費(厚生年金)11+3、法定福利費(児童手当)4+1 / 預金 49

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

月末の納付に対する仕訳を起こす際に、追徴金は「未収入金」又は「立替金」勘定で起票すれば良いです。



翌月の給料支給に対する仕訳を起こす際には、貸方に「未収入金」又は「立替金」を持ってきて追徴金を計上すれば、消えますよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

追徴金分は「預り金」勘定ではなく、「未収入金」又は「立替金」勘定で起票すればいいのですね。そして翌月の給料支給の仕訳の時にその勘定を貸方に持っていく…と。なるほど、分かりました。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2015/08/12 06:53

>できればそれは避けた方がいい気がするのですが…。



それはそのとおりですが、期中であればマイナスでも必ずしも不都合ではありません。

納付が先になる場合は「預り金」でなくて「立替金」を使用するのが原則です。そうすればマイナスになりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>期中であれば~
 そうなんですね。帳簿に赤色が付くのはほぼ絶対ダメなんだと思っていました;

「預り金」ではなく「立替金」を使えばいいのですね。分かりました。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2015/08/12 06:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総勘定元帳のマイナスについて

初歩的な質問で申し訳ありません。
今回初めて青色申告をするのですが、総勘定元帳をチェックすると、事業主貸と事業主借にマイナスがありました。事業主貸の場合は、前もって徴収された10.21%の源泉徴収税となっていますが、これは正常なのでしょうか?
その他の項目にマイナスがなかったので、気になって質問させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば、

事業用の口座から現金5万円をおろして、生活費として妻に渡した場合、

正しい仕訳は:
〔借方〕事業主貸 50,000/〔貸方〕普通預金 50,000
となります。このとき、総勘定元帳をチェックすると、事業主貸はプラスになっています。

しかし、もし仕訳を間違えて、
〔借方〕事業主借 50,000/〔貸方〕普通預金 50,000
とすると、このとき、総勘定元帳をチェックすると、事業主借はマイナスになっています。会計ソフトにおいては、「事業主借」は貸方科目としてセットされているからです。

同様に、〔借方〕に「事業主借」を計上すべき時に仕訳を間違えて、〔借方〕に「事業主貸」を計上すれば、事業主貸はマイナスになります。「事業主貸」は借方科目としてセットされているからです。

つまり、総勘定元帳で事業主貸と事業主借にマイナスがあるということは、それらの仕訳において、「事業主借」と「事業主貸」とを間違えているということです。

今からでもいいですから、すべての間違い仕訳を遡って訂正してはどうですか。

なお、

>事業主貸の場合は、前もって徴収された10.21%の源泉徴収税となっていますが、これは正常なのでしょうか?

これは正しいです。

例えば、

事業用の口座から現金5万円をおろして、生活費として妻に渡した場合、

正しい仕訳は:
〔借方〕事業主貸 50,000/〔貸方〕普通預金 50,000
となります。このとき、総勘定元帳をチェックすると、事業主貸はプラスになっています。

しかし、もし仕訳を間違えて、
〔借方〕事業主借 50,000/〔貸方〕普通預金 50,000
とすると、このとき、総勘定元帳をチェックすると、事業主借はマイナスになっています。会計ソフトにおいては、「事業主借」は貸方科目としてセ...続きを読む

Q立替金勘定がマイナスに...。

経理初心者です。社員が立替えた経費を下記のように仕訳しました。

消耗品費 500 /  立替金 500

これにすると、総勘定元帳の残高がマイナス500になってしまうのですが
(立替金を社員に返したという仕訳を入れると、0になります。)
マイナスになってしまうとよくないと思うのですが、どうなのでしょうか?
立替金勘定ではなくて、他の勘定科目にするのでしょうか?
期首残高は¥0です。
このような質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

領収書をまとめて精算してお金を返すということは、お金を会社の金庫から
払った日が費用の発生した日とみなします。でも可能ならば領収書日付で未払金勘定で計上しておき支払いをした日に落とします。仕訳は次のとおりです。(これは教科書どおりのやり方です。決算の時はこうしないといけない場面もあります。)

領収書日付
消耗品費500/未払金500

精算日付
未払金500/現金500

ただそのようなケースの場合、かなり古い日付の領収書を出してくる人が
必ず一人くらいはいるんですよね。ひどいのは何年も前のを出してきたり
と、ですから金額が大きくなければ精算日付けで
消耗品費500/現金500
とするのがよいのではないでしょうか。この場合は領収書に経理の受付け日付印を押します。(期をまたがらない限りはこのやり方で十分かと)

Q雇用保険 従業員預かり分を法定福利費していない??

最近自分で経理ソフトで会計処理しはじめたのですが、雇用保険は従業員負担額なので預かった分は法定福利費に返上するという事を知りました。そこで、前年度分の決算を見たのですが、雇用保険の預かり分が法定福利費にされておりませんでした。今年で11期目なのですが、10.9.8期ともされておりませんでした。なので、預り金が増える一方な感じです。決算処理は税理士の方にお願いしているので間違いはないと思うのですが、このままの処理方法でいいのでしょうか??預り金が増えるのもちょっと…と思いまして…
どなたか分かる方教えてくださいませ。
あと、労働保険の支払いは年に一回です。

Aベストアンサー

基本的には、上記の回答どおり、法廷福利費と相殺するのが正しい処理です。厳密には、保険料は概算払いで、翌年度に清算ということになっているので、支払い時には仮払金処理し、給与の支払い総額に雇用保険料と労災保険料の保険料率をかけた金額を法定福利費に振り替え、従業員から預かった金額を控除する。過不足が出た場合は未収入金もしくは未払金として計上するのが正しいとは思いますが、ここまですると処理が煩雑になりますので、する必要もないのかなとは思いますが・・・
税理士さんにお願いしているということなので、ひょっとしたら利益が出すぎているためにしていないとかあるのかもしれません。過去の分を一度に振替えると税務署ににらまれるかもしれませんので、一度、その事実を税理士さんに質問してみるのがいいと思います。


人気Q&Aランキング