郵便ポストや電柱が地面むき出しの所に建てられていたら、土地の貸付として非課税売上になると思います。
しかし、コンクリートなどで舗装してある場所に、郵便ポストや電柱が建てられた場合には施設の貸付として課税売上になりませんか?
ちなみに、ガソリンスタンドの敷地に郵便ポストと電柱が建っているので、その処理で迷っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2です。



>自動販売機設置手数料の法的性質は、”自動販売機を設置させることに対する対価”・・・

あたり前です。取り立てて言うことではありません。

私たちは今、「自動販売機を設置させることに対する対価」の名目について議論しているのです。

1.土地の貸付として受取るのか………………非課税
2.施設の貸付として受取るのか………………課税
3.缶飲料の販売手数料として受取るのか……課税
    • good
    • 0

郵便ポストは、切手販売の権利(義務)とセットになってるはず。


電柱は、土地使用料として振り込まれます。舗装されているかどうかは関係ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
電柱は土地の使用料として契約をしているのですね。
>郵便ポストは切手販売の権利とセットになっている。
初めて聞きました。
このようなことを書いてあるHPを探してみたのですが、見つかりませんでした。御存知でしたらURLを教えていただけませんでしょうか。

切手の販売は確かに非課税売上ですね。しかし郵便切手類販売所等である必要があると思います。郵便ポストを設置している場合には郵便切手類販売所等になっているのでしょうか?
意味もよくわかりませんので、良かったら詳しく教えていただけませんでしょうか。宜しくお願い致します。

お礼日時:2015/08/17 20:10

郵便ポストや電柱の場合には、舗装されているかどうかは無関係です。

契約によります。通常は借地権設定をすると思います。この場合、非課税売上です。

舗装されているかどうかが判断に関わってくるのは、契約内容の判然としない駐車場など、契約がはっきりしておらず、かつ舗装されているかどうかが土地の利用に大きく関わってくる場合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。郵便ポストや電柱の場合には契約書を見ればいいのですね。たとえ舗装がしてあっても、契約書が土地の賃借となってれば非課税ですね。

お礼日時:2015/08/17 20:13

>舗装してあるかどうかは、地代が課税取引になるか非課税取引になるのかについて大きく関係があるのではないでしょうか?



それは違うと思います。
未舗装でも利用になじまないと云うことはありませんし、舗装していても利用していないことはあります。
要は、地代の課税が是か非かは、額に関係することで、借主の利用方法や対象不動産の舗装云々とは関係ないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>地代の課税が是か非かは、額に関係すること

と言われますが、どういうことでしょうか?
消費税は金額によって課税されたり、課税されなかったりするものではないと思います。

お礼日時:2015/08/17 20:04

ガソリンスタンドの敷地の所有者と郵便事業会社(ポスト)または電力会社(電柱)との間で取り交わす契約書の内容により、土地の貸付か施設の貸付かが決まります。

土地の貸付なら非課税売上、施設の貸付なら課税売上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございます。
もう一度だけ再質問させていただいてよろしいでしょうか。
下記のURLに
「自動販売機設置手数料の法的性質は、自動販売機を設置させることに対する対価であり、駐車場と同様の場所貸し代に相当するものです。販売に対する対価ではないため、手数料の算出方法が販売額に応じているかどうかに関わらず、販売手数料ではありません。土地の貸付ではないため、課税売上となります」
との意見があります。販売手数料ではなく、設置させることに対する対価であるというこのご意見をhinode11さんはどう思われますか?
https://oshiete.goo.ne.jp/mypage/history/question

お礼日時:2015/08/17 20:16

なりません。


舗装の有無と地代は関係有りませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

舗装の有無と地代は関係ないとはどういうことでしょうか?
何もない地面むき出しの更地ならば、消費になじまないので非課税取引となると思いますが、コンクリート舗装がしてあれば、施設を利用してることになり、その施設を消費してるとなるため課税取引になるのではないでしょうか?
舗装してあるかどうかは、地代が課税取引になるか非課税取引になるのかについて大きく関係があるのではないでしょうか?

お礼日時:2015/08/14 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い戻し手数料と振替手数料の意味が知りたいです

海外ネットオークションをたまに利用しているのですが、お金のやり取りはペイパルと言って外貨流通機関を通してやり取りしております。
簡単に言うと相手方が外国からペイパルに払うと私(日本側)が登録している日本の金融機関の口座にその代金が振り込まれるというものです。
そこで一つ問題があるんですが、日本の金融機関でそのお金を引き出す際に一律500円が手数料として差し引かれてしまいます。
その手数料の内訳は払い戻し手数料と振替手数料を足した額のようです。
金融知識に乏しい私なんでよくわからないんですが、振替手数料と払い戻し手数料の意味を簡単で構いませんので教えていただけないでしょうか。
意味もわからずに500円も持って行かれるのは納得出来ません^^;
ぜひアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>振替手数料と払い戻し手数料

振替手数料は海外から日本への送金手数料
払い戻し手数料は、(多分)自行でなく他行のための銀行口座利用払い出し手数料(例えば、ATMで銀行の預金をコンビニなど他の金融機関で払い出すとき、手数料が必要な場合がある。自行以外の仕事をただでしない)

Q簡易簿記で、代金引換郵便で郵便局に支払う「送金手数料」の科目は、「荷造運賃」でしょうか、「支払手数料」でしょうか?


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


この場合の簡易簿記への入力は、
「ゆうちょ銀行振替預金勘定帳」という帳簿に、

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 荷造運賃  代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?
それとも

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 支払手数料 代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?


つまり、代金引換郵便の郵便局に支払う「送金手数料」が、
「荷造運賃」になるのか、「支払手数料」になるのかが、よくわかりません。

(ちなみに、発送時は、

・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円

の合計270円を、郵便局に支払っており、
こちらは「荷造運賃」で問題ないと思います。)

おわかりになる方いらっしゃいましたら、お教えいただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は経験がないのでもうちょっと調べてみました。
送金手数料とは回収件数・金額は関係なく、一度の振込にかかる振込手数料のようです。
(みずほ銀行だと手数料がかからないようですが……???)
代引手数料は1件にかかるサービス料(仲介手数料)ですね。

ということで、勘定科目の支払手数料とは振込手数料、顧問料などに使用するので、郵便局の送金手数料120円は「支払手数料」とし、
販売手数料とは代理店手数料、仲介料などに使用するので、代引手数料の250円は「販売手数料」と訂正させていただきます。
荷造運送費は定型外郵便の送料120円だけとなります。

>販売手数料という科目がないようなので、この中で選ぶとすれば、経費の性質から判断して、科目を荷造運賃にすることも、可能なのでしょうか?

かかった費用を全部ひっくるめて荷造運賃で計上したいとあれば、特に問題はないとは思うのですが……。
だた、私としては荷物を送るためにかかった費用ではないと判断してますので、「支払手数料」として処理します。

法人会社だとうるさく言われることの方が多いので、気をつけていますが、個人なのであればそこまで神経質にならなくてもいいように感じます。
※勤め先が振込手数料を雑費とするのは、なぜなのか分かりません(^^; 規定にそう定められているので……。

参考URL:http://i.happy-advice.com/

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は...続きを読む

Q慰謝料と損害賠償は同じ意味ですか?

不倫の慰謝料は「損害賠償」と同じ意味ですか?
奥さんが旦那さんに不倫されて、不倫相手の女性に慰謝料を請求することを
「損害賠償を請求する」という事になりますか?

Aベストアンサー

慰謝料は損害賠償の一種で、精神的な損害に対して使われるものです。
要するに損害倍所の方が範囲が広いのです。

ご質問のケースでは、どちらも正解ですが一般には「慰謝料」と表現するでしょうね。

Q電柱敷地料  課税区分

お世話になります。
月末の締め処理中です。(9月分)
東京●力(株)より電柱敷地料の入金がありました。
詳細が「伐採」とあったのですが多分、土地の中の木を伐採したのかなと思います。
この場合の入金分は課税区分は何になるんですか?
普通に敷地を貸してる場合非課税だったんですが・・。
よろしくお願いします。

(仕事ですぐに返事できない場合があります。
申し訳ありません。)

Aベストアンサー

もう答えが出てるようなので、蒸し返しになりますが、敷地利用料は地代ですから消費税非課税ですよね。その上に電気会社の所有物である電柱を建てているわけですが、その電柱の状態を維持するのに必要とみなして敷地内の木か草などを伐採してしまったのでその損料としていくばくかの金銭を支払ったのではないでしょうか。対価取引で課税売上でいいんじゃないでしょうか。

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q電柱等の敷地使用料について

標題の件ですが、NTTや電力会社から支払われる敷地の使用料は消費税は課税の対象になるのでしょうか?
グループの子会社によって経理処理が違うみたいなんです。

Aベストアンサー

これらの敷地の使用料は、消費税では土地の貸付けに該当しますので、非課税となります。

詳しく書けば、課税の対象にはなりますが、非課税の規定により、消費税は課せられません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6225.htm

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Q販売手数料を売上計上するにあたっての質問

中国から商品を輸入し国内で販売をしている会社の経理をしております。社長の話では、中国の業者との契約である商品につき、販売斡旋手数料を弊社がもらうという契約をしているらしく、昨年一年分の手数料(約$25,000)を数回に分けて中国からもって帰ってくる(キャッシュで)予定です。弊社は3月決算でこの$25,000を売上計上するように指示がありました。そこで質問ですが、(1)決算時点でまだ回収できていないので、未収入金/売上 2,500,000(1$100円で計算するようです)とすると、回収時、回収時の為替レートで計算しなければならないのでしょうか。回収時1$110円だった場合 2,750,000円になるので250,000円の仕訳はどうしたらいいのでしょうか。
(2)この手数料は非課税売上でいいのでしょうか。どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

売掛金 250万円     売上げ 250万円


現金  275万円     売掛金 250万円+為替益25万円


消費税は非課税だと思います。

Q源泉票の個人年金保険料支払額の意味は?

源泉票や保険料控除申告書に支払保険料を記入しますが、上限額があります。ですが、個人年金保険料支払額を記入する欄もありますが、控除額に関係のない金額をわざわざ記入する必要があるのでしょうか? この欄の意味は何かあるのでしょうか? ご存知の方、教えてください。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

源泉徴収票の記載欄の事でしたね、失礼しました。

推測にはなってしまいますが、個人年金の控除に関しては、後からできた制度で、それ以前は一般分のみしか控除できなかったのですが、別枠で控除できるようになったため、生命保険料控除額が5万円より多い場合も、個人年金をこれだけ支払っているから、そういう訳ですよ、というのを示すために、わざわざ欄を設けたのでは、と思います。
で、なぜか、それが導入当初だけではなく、現在まで続いている、という感じと思います。
(ひょっとしたら損害保険料もそういう趣旨かもしれません)

Qクレジットカードによる売上が発生した場合のクレジットカード手数料計上時

クレジットカードによる売上が発生した場合のクレジットカード手数料計上時期の件

例)5/20 100円 をクレジットカードで売り上げた
  6/15 に30円の手数料を引かれてクレジット会社より入金

  仕訳1
  売上時
  売掛金/100 売上高/100

  入金時
  預 金/ 70 売掛金/100
  手数料/ 30

  仕訳2
  売上時
  売掛金/ 70 売上高/100
  手数料/ 30

  入金時
  預 金/ 70 売掛金/ 70

  5月決算だとした場合、どちらの仕訳が正しいのでしょうか?

  

Aベストアンサー

おはようございます。記帳代行のKSKです。

私は、仕訳1で起票しています。

仕訳2も正しいと思われますが、税務署に確認してみてはいかがでしょうか?


余計かもしれませんが、

売掛金100/売上高100

の仕訳はお客様との取引の仕訳です。

その後、クレジット会社と御社とで金銭債権の譲渡がなされます。

仕訳にすると・・・

売掛金100/売掛金100

でしょうか・・・まぁ、仕訳省略ですね。

ちなみに、カード手数料は非課税取引です。

余計な事まで失礼しました。

解決に繋がれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング