今年、競技ゴルフを始めたばかりのハンディキャップ17のゴルファーです。
ハンデ更新のスコアカード提出についての質問です。

私のクラブではJGAのハンディキャップを採用しています。実力を正しく反映させるために全てのラウンドのスコアカードを提出しているのですが、最近、このことに疑問が出てきました。

というのは、月例などの公式競技ではセカンドの位置が悪いと刻むなど、極力リスクを取らないようにプレーしているので、大叩きも少なく、80台中盤ぐらいで回れることもあるのですか、プライベートのラウンドだと練習も兼ねて多少無理をすることもあり、大叩きすることが多々あります。スコアも悪い時だと100叩きです。結果、ハンディキャップがそれほど下がりません。10枚は捨てられるのは知っていますが、競技よりはプライベートラウンドの方が多いので、悪いスコアも計算対象になっています。

前置きが長くなりましたが、悩んでいるのは下記の点です。

このまま行くと、ハンディキャップと本来の実力(慎重にプレーするという意味です)に乖離が出て、競技に有利な状況になってしまい、他のプレイヤーに対してフェアではないのではないか?

毎回最善のプレーをするというもう一つの原則に従っていないことが原因だとは思うのですが、プロのように実践の機会が多いわけでもありませんし、プライベートラウンドは色々なことを試せる貴重な場であることも確かです。

決してハンディキャップを操作したいということではないのですが、ラウンドへの臨み方が違うスコアを同様に評価するのもどうかと思っています。

皆さんはどのように折り合いをつけて、スコアカードを提出されているのでしょうか?参考までにご意見を伺えると嬉しいです。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

No1です。

少し時間が出来たので。

<参考:以下の囲みすべて>http://www.jga.or.jp/jga/html/handicap/about.htm …

基本的には、
<---------------------------------------------------------------------------------------
プレーヤーは、ゴルフ規則の本質に従いJGA/USGAコースレーティングおよびスロープレーティングのあるコースでプレーしたすべてのスコアカードを提出しなくてはなりません。但し、ハンディキャップ査定に採用できないスコアを除きます。
------------------------------------------------------------------------------------->

具体的な記述もあります。

<---------------------------------------------------------------------------------------
一般ゴルファーの、ゴルフ規則とハンディキャップに対する倫理観の違い。

一般ゴルファーのプレーの規則についての倫理レベルは非常に高く、規則違反はありますが、そのほとんどは不注意やプレー上のミス、勘違い、ルール知らず、などによるもので、故意に不正をおかすプレーヤーは皆無とは云いませんが極めて稀少なものです。これに比較して「ゴルフの精神」の視点からハンディキャップ規定を見ると次のようになると思います。“ゴルファーは自分の現在のゴルフ技量を公式な標準規定に基づくハンディキャップで示す責任がある。”ということになります。したがって意図的に実力より多い、あるいは少ないハンディキャップや、または正確な自分のハンディキャップを示す努力を怠っているプレーヤーは、すべて他のプレーヤーに迷惑をかけ、競技意欲を喪失させてしまい、ゴルフの精神でいう誠実さに欠けていると言わざるを得ません。

現状ではプレーの規則に対する倫理観とはかなり違うゴルファーが多いと言えます。但し人によっては、自分は家族や特定の仲間とマッチプレーしかやらないから公式のハンディキャップインデックスは不要と考える人もおりますので、これらの人も含めて不誠実と言っているわけではありません。しかし多くのゴルファーは、クラブ競技や不特定の人達との競技に参加する機会を有しているわけですから正しいハンディキャップを示す責任はあると考えるべきです。

JGAハンディキャップ規定(USGAハンディキャップシステム準拠)では、その発給に当たって最低5枚のラウンドスコアカードの提出を義務づけていますが、何より大切なことは“自分の現在の正しいハンディキャップインデックスを示す責任”について“プレーの規則を守る”ことと同じレベルの倫理観をもつべきということでしょう。

通常の楽しみのラウンドではストロークプレーでありながら、いわゆるOKパットでホールアウトを省略したスコアカードや、サインミスや過少申告による失格カード、あるホールで4オーバーパーや5オーバーパーのスコアをダブルボギーや7にコントロールしたカードも、ハンディキャップ取得のためのカードとしては有効であると認められていますが「正しいハンディキャップを示す責任」を基本的に考えれば容易に理解できるものです。

一方プレーヤーが規定に基づいた有効なスコアカードを提出しているのに倶楽部委員会が観念的にハンディキャップインデックスをコントロールすることはプレーヤーの権利をスポイルするもので、認められないことも理解できますし、プレーの規則でいえば認められないローカルルールと同じようなものです。
--------------------------------------------------------------------------------------->

それをもとに考えると、不正のパターンは主に3つあります。

① 悪いスコアを提出せず意図的にHCを下げること。
 このパターンの多くは見栄のためかもしれません。シングルって呼ばれたい下手と思われたくないという気持ちは理解できる。それに、わざわざHC競技で勝ちにくくするための不正なのだから、いいじゃないかという意見もわからなくもない。しかし、月例競技はHCによってクラス分けされるし、HCを参加資格にした公式競技もある。HCを意図的に下げることは、参加資格を偽る立派な不正行為である。具体的には、HC下げたままにしておき、Aクラスに残る。これによって、BクラスだとローHCになるが、AクラスだとハイHCになるため、同じプレーをしても優勝の確率が多くなるなど。

② 良いスコアを提出せずに意図的にHCを上げること。
 プライベートラウンドで良いスコアを出しても提出しない。結果として、実力よりHCが多くなる。これによって、実力より下位クラスの競技に参加したり、過大なHCで競技に参加し、競技に勝ちやすくなる。①に比べて一見謙虚に見えるが、実はこれがもっとも重い不正。スコアの過小申告と同じことである。本来より高い実力の人に割り込まれた低いクラスの人達は、場違いな凄腕のプレーヤーにビビって本来のプレーが阻害される。

③ 競技のスコアしか提出しない。
 これは、クラブHCの査定の名残で、多くの人は悪意はないのかもしれません。しかし、多くの月例競技をはじめとしてJGA方式のHC競技に、本来の実力とは違うHCで参加しているいるのだから、やはり不正行為なのです。例えば、トータルラウンドが年間30で、10回程度の競技スコアを提出。この場合、JGAのHCは最新20のベスト10なので、過去1年以上の平均スコアから算出される。つまり、季節の有利不利が、相殺されてしまう。(冬はスコアが出ないのが普通なので)もし、正しく提出していれば、HCは、直近20ラウンドで再計算されるはずで、直近の調子が通年より良いとき(例えばオンシーズンの秋)は意図的にHCを上げていることになるし、直近の調子が通年より悪いとき(例えばオフシーズンの冬)は、意図的にHCを下げていることと同じになる。やはり不正なのです。

まあ、パターンを上げればきりがないわけで・・・・。質問者の場合、普段のラウンドはリスクをかけて、スコアが悪い。それを提出すると、過剰にHCが高くなり、優勝の確率が高くなる・・・
ということでしょうが、それは、まさに①。フェアと思ってやったことが、競技の方法やクラス分けによっては、優勝の確率を上げる不正になってしまう。

つまり、全部出す。ルールなんだから、それに従う。恣意的に提出を管理しない、これが一番です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体例まで調べていただき、ありがとうございます。
不正につながることも理解できましたので、ルールに従って対応していきたいと思います。

お礼日時:2016/01/01 19:51

今現在のJGAのハンディキャップ規定はUSGAハンディキャップシステム準拠で、倶楽部内の月例などの競技でのスコアは『トーナメントスコア』と呼ばれ、特にトーナメントスコアが通常時のラウンドも含んだ全てのスコアから算出されるハンディキャップと比べて優れている場合には、トーナメントスコアを反映するような形でハンディキャップインデックスを減らす調整方法が規定内に組み込まれています。



詳しくは、JGAハンディキャップ規定(下記URL)の第10章の10-3【非常に優れたトーナメントスコアによるJGA/USGA ハンディキャップ
インデックスの低減】をよく読んで下さい。
http://www.jga.or.jp/jga/html/handicap/image/201 …

ただし、上記は完璧に新JGAハンディキャップ規定が質問者の「私の倶楽部」で採用・運用されている場合であって、現実には「当倶楽部はJGAのハンディキャップを採用しています」と言いながら、現実には、旧のJGAハンデ規定をいまだに使っていて、「スロープレート? 何ですかそれは?」といったレベルの倶楽部も数多く存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

J-sysを見ると、月例はTが付いているトーナメントスコアとなっているのですが、そんな意味があったのですね。
今度クラブに最新規定通りの運用がされているのか、確認してみます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/01 19:44

折り合いつけるもなにも、すべてを提出するのがルールなので、そうする以外は不正です。



あなたのように、競技の時のほうが緊張感があって、スコアが出る場合もあるでしょうし、
逆に競技だと緊張して、自分が出せない場合もある。

そういうことも含めて、平均の法則でなりたっているのが、HCシステムですから、全部提出すればいいのです。
ハンディキャップと、本来の実力・・・というのが、とんでもない先入観。HCこそ、本来の実力なのです。

仮に、あなたの通りだとしましょう。普段は練習を兼ねて無理することもあり、競技だと慎重になるからスコアが・・・・。
結果、HCが上がってしまって競技に有利。本当にそうでしょうか。

無理を重ねて、普段からミスをする人は、その通り、HCが高い。つまり下手なのです。その人が、突然競技になり、リスクを
とらないからと言って、極端にスコアがよるなることはありません。あっても偶然なので、余計な心配はしないことです。

また、HCは、平均スコアより、ストロークコントロールというシステムで、大叩きが排除されます。本当に大切なのはディファレンシャルです。
全部ボギーで、90打より、バーディとトリを繰り返す、90打のほうが、圧倒的にHCはよくなります。勝負をしないで、そこそこのスコアだと、
HCは高くなる一方です。つまり、永遠に下手のまま。ベストスコアのポテンシャルを計るのがHCだからです。

また、かりに普段大叩きばかりしていて、HCがあがる。そのおけがで、競技で勝てそうになる、そのときギリギリの状況が来る。
試合で、逃げてばかりいる人が、試合でギリギリの勝負をすれば、ほぼ失敗・・・・それが、その人のHC、平均の実力たる所以です。

とにかく、何も考えずに出せばいいのです。普段大叩き。HCが上がる。優勝するとしても、HCはそのプレーで下がるので心配ありません。
逆に、普段大叩きして、HCをあげて、毎回優勝しようとしても、絶対に出来ない。やってみればわかります。

何十年とつちかわれた、世界共通のシステム。スロープレートも導入され、ゴルフ場間の格差も修正された今、ルールに従うのがベストです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく考えられたシステムであることがよく分かりました。今まで通り毎回提出したいと思います。

お礼日時:2016/01/01 19:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近のラウンドで、自分の影が気になりスイングが思うようにできずスコアは

最近のラウンドで、自分の影が気になりスイングが思うようにできずスコアは悲惨でした。
何かいい方法はあるでしょうか?アドバイスください。

Aベストアンサー

視力に問題は有りませんか?
パッテイングの際に自分の陰の中に
芝目がかすんで見えなくなったことは有りますが
仕切りなおしで確認して問題なしでした

集中度が散漫になっているときには
いろいろな事態が見えすぎて
邪魔になることは有ります
精神的に落ち着いていないともいえますね
本来なら気にならないところでしょうが

スイングは目をつぶっていても出来る事
考えすぎだと思います

体験よりのアドバイスです

Qゴルフが趣味です。年に30ラウンドほでです。スコアはだいたい90~95です。時々100近く打ちます。

ゴルフが趣味です。年に30ラウンドほでです。スコアはだいたい90~95です。時々100近く打ちます。80台も年に2~3回でます。トラブルショットが苦手でバンカーがとても下手です。雑誌や動画で勉強もしていますがどうしてもうまくいかず、ホームランやざっくりです。うまい人は簡単に打てているのできっとぼくがちゃんとした打ち方を知らないんだと思います。どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

NO2のお礼に対しての回答です。
バンカーショットは他の通常のショットとは明らかに違う打ち方をします、ですので
通常ショットのボディターンではサンドウエッジのバウンスを使うことができません、
よって手打ちを防ぎバウンスを有効に使うために腰のリードを使います、フェースを返さないのも
バウンスを有効に使うためです。

Qプロの初ラウンドのスコアって?

一般の方は初ラウンドのスコアは
大体130~150くらいだと思います。

私も初めてのラウンドは135くらいでした。

プロになるくらいのレベルの方だとどれくらいなのでしょうか。

確か藤田寛之プロの初ラウンドのスコアが91だと
何かの本で読んだことがあります。

そこで他のプロ(男女問わず)の初ラウンドのスコアをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

タイガー・ウッズの初ラウンドは3歳の時で、スコアはハーフ48だったそうです。
http://www.tigerwoods.com/jp/

また、宮里藍ちゃんの初ラウンドのスコアは111、米国でツアー参戦している今田竜二プロの
初ラウンド(8歳)のスコアは124とのことです。
http://www.ai-miyazato54.com/profile/
http://www.golfdigest.co.jp/tour/interview/imada/


ご参考まで

Q競技に参加するためのスコア

先日初の80台を達成しました。
今年の目標だったのでよかったです。

ゴルフを始めて1年半なので自分ではまだまだこれからだと
思っているのですがもう少しうまくなったら
競技などにも参加してみたいと考えています。

レベルは低くても競技となるとある程度のスコアが必要ですよね。
大体、安定してどれくらいでわまれるようになれば
競技に参加しても問題ないでしょうか?
いわゆるシングルくらいの腕前でしょうか?

最も敷居の低い部類の競技で結構です。
ちなみに私は20代後半です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

競技とは全国規模の事ですか。
それとも各ゴルフクラブ独自の競技のことですか。

いずれにしてもアマチュアですが、各クラブに公式競技があり、その結果地区の代表として全国規模の大会に出る道もあります。
とりあえずは、ゴルフ場の月例杯に出てAクラス(ハンデキャップ12以下)を目指しましょう。(月例杯は全くの初心者(Cクラス)から参加できます)
その上でクラブ選手権(キャプテン杯等)の優勝を目指し、地区代表として全国を目指せばよいでしょう。

Qプレーの進行時間とスコアの関係

プレーの進行時間とスコアの関係

ゴルフやる以上、スコアも競うことはもちろんこだわりありますが、最近はどれくらいプレー時間短縮して早く廻れるかをスコアよりも競うようになりゴルフの別の意味で楽しみが増えました。ゴルフ場の口開けの客となり朝一番の予約をする事ににしてます。
先日3人でハーフ54分という記録がでました各人、素振りは御法度 アドレスしたら絶対3秒以内に打つホールアウトしてグリーン超えたら猛ダッシュ!スコアはかなりあせってプレーしたので自分はハーフ49回も叩きました
かなり息が上がりハーフで相当疲れましたマラソンをしてる感覚でした 次回は朝一プレーで1時間10分くらいでせめてハーフスコア40台前半くらいであがれれば理想かなと思います。
みなさんのプレー時間新記録教えてください!

Aベストアンサー

ゴルフ場のスタート間隔が6分乃至7分です
これは4人で
パー3が6分X2
パー4が12分X4
パー5が18分X2
でハーフ96分と言う事になり
3人とはいえ54分は相当頑張った記録ですね

私共の4人、カート使用のベストは90分でした
たった一回ですが
仲間が同じ気持ちにならないと出来ませんね

過去に、一人でバッグを担いで
走りながらラウンドする記録を作る方の記事が
ゴルフダイジェストに掲載されて事がありましたね
10年以上前になります
ゴルダイに申告すれば記事になるかも....

参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報