グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

昔誰かに聞いた話です。生麦事件の家来の切腹の折、ある家来は切腹させられることに不服を感じ、英国人の目の前で、腹をL字型に切り、手を入れて内臓をつかみ出し英国人に向かってそれを投げつけ、それを見た将軍もセンスを掲げ「アッパレ!」と唸ったと言うのですが、真相を知っていらっしゃる方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「生麦事件」


1862年(文久2)に武蔵国生麦村(横浜市鶴見区)で薩摩藩士がイギリス人を殺傷した事件。
同年8月21日、江戸で幕政改革を実現させた島津久光一行が京都にかえる途中、騎馬で川崎大師の見物におとずれたイギリス商人リチャードソンら4人とでくわした。彼らは大名行列の前で馬からもおりず立ち往生していたところ、これを無礼として従士の奈良原喜左衛門ら数人が切りかかった。リチャードソンは死亡、ほかの2人は負傷してアメリカ領事館へにげこみ、婦人1人は無傷だったが失神寸前で居留地へたどりついた。
イギリス側には実力報復の声もあったが、イギリス代理公使ニールは本国政府の指令にもとづいて、幕府に謝罪と賠償金10万ポンド、薩摩藩に犯人の死刑と賠償金2万5000ポンドを要求した。幕府は翌年これに応じたので、ニールはつづいて薩摩藩と直接交渉をおこなったが拒否され、薩英戦争がはじまった。
-----------------------------------------
という事で、薩英戦争では鹿児島城下北部が焼かれ、薩摩藩の諸砲台が壊滅的損害を受けましたが、イギリス側も旗艦の艦長と副長が戦死、60余人が死傷する損害を出した為、「痛み分け」になり、薩摩藩は2万5000ポンド(6万300余両)を幕府から借用して支払うことで和議が成立しました。
これ以降薩摩は攘夷の無理なことを悟り、イギリスも薩摩に一目置いて協力し合うようになりました。
従って、生麦事件では切腹した薩摩藩士はおりません。

参考URL:http://ifqc.com/fqcoff/off9704/off97.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔聞いたことでおかしいとは思ったのですが。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/07 07:44

それ、生麦事件ではなく堺事件の話では。

将軍が見るわけないし「アッパレ」なんていうわけないし。英国人じゃなくフランス人。

参考URLが短くまとまっていて良いのですが、この話は森鴎外の小説にもなっています。下記URLで全文が読めます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/2547. …

このあたり、一般教養の範囲だと思うのですがぜんぜん知られていないのでしょうか。悲しいことです。

参考URL:http://www.citydo.com/prf/osaka/area_senshu/kenb …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生麦事件について。イギリス人が殺されましたが、

生麦事件について。イギリス人が殺されましたが、それは正座して頭を下げることを知らなかったからだけですよね。知らなかったでは済まされないということですか?なにも殺さなくてもいいじゃないかと思えてます。殺した側からすれば知ってようが知ってまいが関係ないよということでしょうか。

Aベストアンサー

たぶん当時でも多くの日本人や武士は「なにも殺さなくても」とは思っていたのでしょう。「‘よそ者’にはそれなりの情けがあるべき」ということは、日本人でも利口な者であるほど、知っているはずだからです。もっと言うなら、そういったことをすると「外交摩擦に繋がりかねない」ということも。日本人、しかも藩に仕えているような武士が、そんなことも読めないほど愚かな者ばかりであったはずはないと思います。
現代の日本人は、昔の日本人の多くが「空気の読めない野蛮人」だと思っているフシはどこかあります。「未成熟だった時代」なのだと。でもこれは、日本の歴史ドラマや映画といったフィクションによる病だと思います。日本人はいつでも日本人。意外と昔から変わらない、と自分は思います。
融通が利かない人間、「‘よそ者’に舐められてはならない」と考えるような器の小さな人間・・・はいつの時代もいるのです。

現代のイギリス人だって「どこにでもそういう者はいる」ことや「それぞれの国には異なった慣習や礼儀ある」のは知っていますから、「当時ならそういうこともあったかもね」くらいに思っていると思います。
あと、「誰も知らない遠い東の国に赴く」なんてレアな経験をするには、やはりそれなりのリスクがあります。当時の西洋人は世界を股に掛けていましたから、「西洋人が海外で巻き込まれたたくさんある事件」の1つでしかないと思いますよ。実際、この事件が原因で起こったいざこざの多くは日本国内で起きるに留まっていますよね。

たぶん当時でも多くの日本人や武士は「なにも殺さなくても」とは思っていたのでしょう。「‘よそ者’にはそれなりの情けがあるべき」ということは、日本人でも利口な者であるほど、知っているはずだからです。もっと言うなら、そういったことをすると「外交摩擦に繋がりかねない」ということも。日本人、しかも藩に仕えているような武士が、そんなことも読めないほど愚かな者ばかりであったはずはないと思います。
現代の日本人は、昔の日本人の多くが「空気の読めない野蛮人」だと思っているフシはどこかあります。...続きを読む


人気Q&Aランキング