よろしくお願いします。
wavファイルをオーディオCDに変換した場合、音質の劣化は生じますか?また、その理由も教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは



WAVファイルの中身によります。

WAVファイルというのは、音声専用のメディアコンテナファイルフォーマットの一種です。
音声データの「入れ物」のようなものです。

ファイルヘッダには、格納されている音声データのコーデックの表示に2バイト割り当てられており、その一つにリニアPCMがあります(非圧縮とされている)。他には、ADPCM(圧縮されたPCM)やA-Law、μ-Lawなどの表示に割り当てられています。
また、「unknown]という項目もあり、MP3やWMAなどの圧縮されたデータを格納することもできます。

オーディオCDには、ある規格(44.1KHz、16bit)のリニアPCMで、音声データが記録されています。
WAVファイルに格納されている音声データが、これと同じ品質なら、理論上は音質の劣化はないはずです。

WAVファイルに格納されているリニアPCMの品質にもいくつか。
ご利用になっているWAVファイルが、どのようなものか分かりませんが、WMPから非圧縮でCDを取り込んだものなら、同じ品質になります。
ほかのアプリ(itunesなど)だと、同等かどうか、取り込み時の設定による場合もあります。

WAVファイルの機能を拡張したファイルも、拡張子が(wav)の物も多いですが、録音機器で高音質で録音(ハイレゾリューションオーディオなど)や、2チャンネル以上のファイルの場合は、音質は劣化すると思います。
ほかにも劣化する例はいくつかありますが、ファイルの素性がわからないので何とも言えません。

WAVファイルの中身を調べるには、以下のアプリが便利です。
真空波動研SuperLite
http://www.forest.impress.co.jp/library/software …

これで調べて 44.1KHz、16bitなら、ファイルと同等のオーディオCDが出来上がります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かいところにまで、言及して頂きまして、ありがとうございます。とても良い回答だと思います。

お礼日時:2016/02/26 18:19

wavファイルは非圧縮で、オーディオCDに記録されている信号と同一です。

従って、音質の劣化は生じません。

理由:ビット単位で互換性があるからです。

ただし、wavファイルは Windows のファイルフォーマットなので、そのままCDに焼いても通常のCDプレーヤでは再生できません(最近は再生できるものも多いが)。オーディオCDにするには「CD-DA」(Compact Disc Digital Audio) 形式に変換する必要がありますが、ビット単位の互換性があるので、wavファイルからデータは一切変化しません。従って、劣化することも、よくなることもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔に回答して頂き、誠にありがとうございます。とても良く理解させて頂きました。

お礼日時:2016/02/26 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイレゾ音源とレコードはどちらが良い音?

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅広い音域を有するという事は、ハイレゾ音源とレコードには共通性があると思うのですが、それでもやはりレコードと比べてもハイレゾ音源の方が良い音質なのでしょうか。もしレコードよりもハイレゾ音源の方が良い音質の場合、具体的に数値上で言うとどのくらいの差なのでしょうか。微々たる差なのでしょうか。それとも圧倒的な差なのでしょうか。

またこれとは別に、数値上はCD<レコード<ハイレゾ音源の順に音が良いとしても、音声信号の種類はCDとハイレゾ音源は「デジタル音声」なのに対しレコードは「アナログ音声」ですが、聴こえ方と言いますか、聴いていて快感に感じるのはハイレゾ音源とレコードのどちらなのでしょうか。もちろんこれには個人差もあると思うので一概に言えないと思いますが、この点も併せて御回答お願いします。

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅...続きを読む

Aベストアンサー

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIFで再生音をPCに取り込み、波形編集ソフトで表示してみると、波形がものすごく汚れています。音に歪みが載っている証拠です。

しかしその歪みこそが、生々しさ、迫力、温もり、潤い等々、物理特性では説明できないLP独特の味わいの秘密のようです。こうなるともはや、良し悪しではなく好き嫌いの問題でしょうね。

ただ、LPで困るのはCDと違って製品ムラが多いことです。

ベテラン技師が細心の注意でマスタリング~カッティングしたLPは天上の音楽かと思うほどの美音を奏でますが、雑に製作されたLPの音は雑音でしかありません。

また、ていねいに製作されたLPも、レコードプレーヤーの性能が不十分だったり針が摩滅していたりすると、スマホやガラケーのスピーカー以下の音しか出しません。

CD&ハイレゾ=デジタルの再生音は平均してそこそこいい音だが、極端にいい音はない。LP=アナログは、いいものは極端にいいが、悪いものは極端に悪い。これが結論です。

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIF...続きを読む

QCDの音質とmp3オーディオのWAVファイルの音質

ミニコンポ等にCDを入れてイヤホンで音楽を聴くのと、
mp3オーディオにWAVファイルのデータを入れて音楽を聴くのでは、音質は変わりますか?また変わるならば、素人が聞いてもすぐわかるほどの物なのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

オーディオマニアに言わせるとCD-Rに焼いたコピーと市販されている元のCDでは音質が明らかに違うそうですよ(^ ^;

mp3オーディオにWAVEを入れるにはCDをリッピングしてWAVEデータへ変換。
それをメディアにコピーしてそれをmp3オーディオで再生となりますので、理屈では音質の劣化があることになりますね。
デジタルコピーも厳密に言えば100%ではありませんから・・・。
ま、これは実際に感じられないと思いますが(少なくとも私にはわからない^^)、ミニコンポとmp3オーディオの再生能力には明確な違いがあると思います。
単純にコストの問題もありますが、CD等のデジタルデータをイヤホンで聴けるアナログ信号に変換するにはDAC(デジタルアナログコンバータの略)という物を必ず通します。
このDACがイヤホンやヘッドフォンが大前提のポータブル用とスピーカーが前提の据え置き用では味付けが違うという記事を読んだことがあります。
この違いならよ~く聴けば感じられるかもしれません(^ ^;

長々とウンチクを垂れましたが、でもその程度です。
ご参考までに。。。

オーディオマニアに言わせるとCD-Rに焼いたコピーと市販されている元のCDでは音質が明らかに違うそうですよ(^ ^;

mp3オーディオにWAVEを入れるにはCDをリッピングしてWAVEデータへ変換。
それをメディアにコピーしてそれをmp3オーディオで再生となりますので、理屈では音質の劣化があることになりますね。
デジタルコピーも厳密に言えば100%ではありませんから・・・。
ま、これは実際に感じられないと思いますが(少なくとも私にはわからない^^)、ミニコンポとmp3オーディオ...続きを読む

Qハイレゾ音源の音質

ウォークマンZを現在使ってます。
ハイレゾ音源に興味でてきました。
ZXシリーズでハイレゾ音源を聴くとかなり音質違いますか?

Aベストアンサー

聞く人次第になってしまうのではないでしょうか。
ZXシリーズであれば同じ曲を片方128kbpsでいれてもう片方ハイレゾにすればかなりわかりやすいと思います。
ハイレゾだと音の厚み・濃密さ・空間能力・繊細さ・臨場感等すべてにおいて違いと言われていますが
やはり個人差がありますので、判別できるかは別問題となってしまいそうです。

Q音楽CDをCD-Rに焼く時の音質劣化と環境

音楽CDをCD-Rに焼くときの音質劣化についてなのですが、
家のパソコンはeMacines N4680でそのパソコンについている、
ドライブを使用して焼こうと思っているんですが、
焼く際に生じる音質劣化はどれくらいのものなんでしょうか?
CDを再生する環境は
CDプレイヤー    DENON DCD-755AE
プリメインアンプ  DENON PMA-390AE
スピーカー     TANNOY MERCURY F2
を購入予定ですので、これになると思いますが、
この環境だと普通にわかってしまうくらい音質は劣化するんでしょうか?
あまり劣化するようなら、PlextorのPremium2等を
買ってみようかと思っているんですが...

Aベストアンサー

人に聞くより、まずやってみましょう。
オーディオでも人それぞれであるように、CD-Rの音質についても感じ方や環境は
人それぞれなので、結局は、自分で確かめるしかありません。

気にならなければそれでよし、気になれば環境整備はそれからでも良いでしょう。
まずはオーディオの購入が優先なのではないですか?


以下、個人的意見ですが
圧縮さえしなければ、理論上の劣化はありません。
しかし、いろんなことでいろんな違いが出てきます。
試しやすいところでは、メディアやドライブ、書き込み速度、に始まり、
パソコン環境や家庭電源環境にまで及びます。オーディオと同じです。
興味があれば、以下をどうぞ。
http://www.toshis.net/
http://juubee.org/

また、以下の書籍もお勧めします。
森康裕著 三才ブックス刊 「DVD/CD‐Rパーフェクトデータ」
http://www.amazon.co.jp/DVD-CD%E2%80%90R%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E2%80%95%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%88%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%89-%E6%A3%AE-%E5%BA%B7%E8%A3%95/dp/4915540839/ref=sr_1_1/250-6734266-5130600?ie=UTF8&s=books&qid=1186186796&sr=8-1

たしかに、Premium2は現行ドライブでは一番のドライブだと思います。
中域が薄く感じる場合は、PX-760Aでもいいのですが、これはもう新品では入手難です。
私はいまだに、PlextorのPX-R820TやSONYのCDU948Sといった古いSCSIドライブがメインです。
最近のDVDドライブではCD-Rは2の次ですし、メディアも誘電の32倍速ぐらいしかまともなものがないし、
オーディオとしてのCD-Rをこれから始めるのは、状況が厳しいです。

PCでなく、オーディオ用のCDレコーダーという選択肢もあります。

人に聞くより、まずやってみましょう。
オーディオでも人それぞれであるように、CD-Rの音質についても感じ方や環境は
人それぞれなので、結局は、自分で確かめるしかありません。

気にならなければそれでよし、気になれば環境整備はそれからでも良いでしょう。
まずはオーディオの購入が優先なのではないですか?


以下、個人的意見ですが
圧縮さえしなければ、理論上の劣化はありません。
しかし、いろんなことでいろんな違いが出てきます。
試しやすいところでは、メディアやドライブ、書き込み速...続きを読む

Qこのヘッドホンは、電源OFFの状態で有線接続で聞くとどれくらい音質に影響がでますか? ハイレゾじゃな

このヘッドホンは、電源OFFの状態で有線接続で聞くとどれくらい音質に影響がでますか?
ハイレゾじゃなくなると、ncが使えないのはしっています。

Aベストアンサー

~ハイレゾじゃなくなると、ncが使えないのはしっています。~
この因果関係が理解できなかったのでソニーサイトを見てきました。
以下該当商品説明より引用

「専用ヘッドホンケーブル使用時にハイレゾリューションオーディオの音楽を楽しむには、本体をONにしてください」

音源機器からハイレゾ音源を出力されていても有線接続時の電源OFFでは非ハイレゾになる理屈や構造、機構が理解できません。
NCを機能させるには電源をONにするしかないのでこの説明通りだとすれば
結果としてハイレゾでなければNCが効かなくなるのは正しい(?)解釈(?)です?
非ハイレゾ音楽を聞いている場合でも電源ONでNCは効いているのでちょっと違うかな?

ケーブル直差しで電源OFF時にはハイレゾが聞けないのはNC回路と関連があるのか不明です。
通常であれば電源OFF時に内蔵回路(NC含む)から切り離される設計にするはずですが、
上記のような説明からすると電源OFF時も干渉があると考えてよいでしょう。
余計な回路を積んじゃったかな?

となりますと、MDR-100ABNの音質は電源ONかOFFか
有線接続かBluetoothの上位コーデックかでの差はほとんど感じられないとなるでしょう。
SBCやAAC、aptXでは有線接続、電源OFFより確実に劣ります。

~ハイレゾじゃなくなると、ncが使えないのはしっています。~
この因果関係が理解できなかったのでソニーサイトを見てきました。
以下該当商品説明より引用

「専用ヘッドホンケーブル使用時にハイレゾリューションオーディオの音楽を楽しむには、本体をONにしてください」

音源機器からハイレゾ音源を出力されていても有線接続時の電源OFFでは非ハイレゾになる理屈や構造、機構が理解できません。
NCを機能させるには電源をONにするしかないのでこの説明通りだとすれば
結果としてハイレゾでなければNCが効かな...続きを読む

Q音楽CDをWAVにすると音質は落ちる?

音楽CDのオーディオファイルをハードディスクにコピーし、
(1)CD-Rに焼いたもの
(2)WAVファイルに変換した後、もう一度オーディオファイルに変換してCD-Rに焼いたもの
同じライティングソフト、ドライブを使った場合音質に差は出ないのでしょうか。
なぜ一度WAVに変換するのかと申しますと、データファイルにしてしまえば、ハードディスクを開けるため一時的にCD、DVDに移したときオーディオファイルほど劣化しないように思えるからなのです。
つまり、オーディオファイル→WAV と WAV→オーディオのそれぞれの段階で、音質が変わってしまうかどうかを教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

(1)音楽CD上のCD-DAファイル「a」
(2)aをリッピングしたHD上のCD-DAファイル「b」
(3)bをWAVにしたHD上のWAVファイル「c」
(4)cをCD-DAにしたHD上のCD-DAファイル「d」
(5)dをCD-Rに焼いたCD-R上のCD-DAファイル「e」

b=c=dは、必ずそうなります。単なるファイル変換です。

■吸出しエラーについて。
ここで問題になるのは、a=bですが、Az_Bもおっしゃっているように、この時にデータが変わってしまうことがあります。ただし以前に比べて正確に読み込むドライブが増えたのでエラーが出ないことの方が多いです。


■書き込み時のエラーについて。
dとeについてです。これは、40倍とかの非常に高速で書き込んだ場合、起こることがあります。CDプレイヤーでうまく読み取れなくて、ノイズが載ったりすることで確認できます。
4倍や8倍程度なら、普通は、d=eになります。
稀にドライブとメディアの相性が悪かったり、メディアが粗悪品だったりして、低い倍率で書き込んでもノイズが載ることがあります。


■offset値の話(こだわらなければ無視していい話です。)
ドライブで音楽CDの読むとき、最初の読み取り位置がずれます。
普通に吸い出した時、読み取り位置が後ろにずれていたら、一曲目の頭が0.02秒程度欠けます。逆に、読み取り位置が前にずれていたら、最後の曲の終わりの部分が0.02秒程度欠けます。
ここで書いた0.02秒は例えです。耳で判別が不可能なくらい短い時間です。
これは書き込み時にも起こります。
このずれの問題があるので、aとb、dとeがまったく同じデータでなくなる事があります。
音質や音のデータは変わらないけど、ほんのちょっとずれているってことです。
単純にファイルを比較すると、このずれのために吸出しデータがエラーだらけという結果となる事があります。

これをなくすには、補正できるようなソフト(EACやNero)を使う事です。

(1)音楽CD上のCD-DAファイル「a」
(2)aをリッピングしたHD上のCD-DAファイル「b」
(3)bをWAVにしたHD上のWAVファイル「c」
(4)cをCD-DAにしたHD上のCD-DAファイル「d」
(5)dをCD-Rに焼いたCD-R上のCD-DAファイル「e」

b=c=dは、必ずそうなります。単なるファイル変換です。

■吸出しエラーについて。
ここで問題になるのは、a=bですが、Az_Bもおっしゃっているように、この時にデータが変わってしまうことがあります。ただし以前に比べて正確に読み込むドライブが増えたのでエラーが出ないことの方...続きを読む

Qレコード会社で音質は違うのでしょうか。

時々、友人が
「Victor(Speedstar?)のCDは音がいいんだ」
とか、
「ソニーレコードのCDは音がシャープすぎて耳が痛い」
とか、訳のわからないことを言います。
私には、「レコード会社によってCDの音質が変わる」程度の理解しか出来なかったのですが、デジタルであるCDでそんなことがあり得るのでしょうか。
JPOPであれば、同じアーティストが複数のレコード会社からCDを出しているわけないので一概には比べられないと思うのですが、クラシックの場合どうなるのかが気になって仕方ありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論からいえば、まったく違います。
ただ、レコード会社といよりは、エンジニア別といったほうがいいでしょうし、エンジニアによってもまったく音は違うときがあります。

音質を語るときは、音楽とは別の角度から語ることができます。クラシックだから、同じ曲で、違う演奏、録音があるから語る、というのは音質を語るひとつの尺度でしかありません。

例えば、ヘッドホンやサウンドカード、コンポごとで音質を語ることもできますし、それも音質を語るときのひとつの視点です。ま、多くの場合、設置がいい加減、使いこなしはめちゃくちゃ。条件があやふやで、そうした視聴体験や、れびゅーはブラックボックス過ぎて当てにならないこともあるのですが。

もう少しご友人の言うことをしっかりと聴きとめてみないと、どの辺の尺度について語っているのかわかりませんが、例えば、個人的にはビクターサウンドは中高域にかけて硬く一般的にもたれているデジタルらしさをうまく避けていて、非常に聴きやすい音が多いと思います。
エイベックスに関しては、企業的な音管理がなされているのか、非常にデジタルらしい、アナログレコードでは再現しにくいような、重低音と高域にかけてヒステリックな音を作っていますねぇ。ある程度鳴らしこめると、80年代には考えられない、新しい音楽観を堪能できるのですが・・下手するとイタイだけの音になることもしばしばだったり。

この辺は、作り手の感覚なので何が正しいというわけでもないですし、音質というよりはポリシーといったほうがしっくり来るかもしれません。
どちらにしろ、こうした音質を語るにはそれ相応の知識や、経験が伴っている人でしたら当然のことで、逆に理解のない人、経験のない人には理解できないものです。
私自身、音質を語るに必要な最低限の音響環境が必要で、それに加えて、それ相応の経験が必要であることはいっておきます。

もしかしたら、音楽を楽しむ上でとてもいいご友人かも知れませんよ。最初はわけがわからないこといってらー、と思うかも知れませんが、体験してみてくださいな♪

結論からいえば、まったく違います。
ただ、レコード会社といよりは、エンジニア別といったほうがいいでしょうし、エンジニアによってもまったく音は違うときがあります。

音質を語るときは、音楽とは別の角度から語ることができます。クラシックだから、同じ曲で、違う演奏、録音があるから語る、というのは音質を語るひとつの尺度でしかありません。

例えば、ヘッドホンやサウンドカード、コンポごとで音質を語ることもできますし、それも音質を語るときのひとつの視点です。ま、多くの場合、設置がいい...続きを読む

QSE-90PCI に変換プラグを付けてイヤホンで聴く場合の音質の劣化

オンボードでイヤホンをし、音楽を聴くとサーっとノイズが入り、音もとりあえずなってる感が否めない感じがしました
今までは持っているMP3プレイヤーに移して聞いていましたが知人からCREATIVE社の上位のサウンドカードを借りて聞いてみたところ少なくともオンボードのもの、そしてMP3プレイヤーより格段に音がクリアに聞こえました
ですのでコレを機にサウンドカードを買おうと思うのですが「SE-90PCI 」に変換プラグをつけ、ステレオミニプラグにイヤホンジャックをつないで聴く場合音声の劣化という現象は起こるのですか?

初歩的な質問ですみません
どなたかご掲示お願いします

変換プラグはどれでも良いのですがとりあえずAmazonでそれらしいのがあったので載せておきます
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC-CN-140A-Victor-%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%C3%972/dp/B00074Z8UG/ref=pd_sbs_e?ie=UTF8&qid=1199355854&sr=1-4

オンボードでイヤホンをし、音楽を聴くとサーっとノイズが入り、音もとりあえずなってる感が否めない感じがしました
今までは持っているMP3プレイヤーに移して聞いていましたが知人からCREATIVE社の上位のサウンドカードを借りて聞いてみたところ少なくともオンボードのもの、そしてMP3プレイヤーより格段に音がクリアに聞こえました
ですのでコレを機にサウンドカードを買おうと思うのですが「SE-90PCI 」に変換プラグをつけ、ステレオミニプラグにイヤホンジャックをつないで聴く場合音声の劣化という現象は起...続きを読む

Aベストアンサー

現状のPC付属のサウンドボードより良い音が出るはずです。変換プラグを使用しても音質の劣化も殆んどありません。
しかし、イヤホンにもよりますが満足できる音量は出ません。多分PC側の音量を最大にしてようやく聞こえるくらいでしょう。
SE-90PCIのアナログアウト端子は、イヤホンやヘッドホンを聞くためのものではありません。アナログアンプに繋げるための適正な出力しかないからです。通常の使い方は、ヘッドホンアンプやプリメインアンプ等に繋げてイヤホンから音を出しましょう。

当面イヤホンの使用だけなら、SE-90PCIよりヘッドホン出力のあるUSBサウンドデバイスをお勧めします(PC内部で発生するノイズの影響もありません) もちろんコンポ等に繋いでスピーカーから聞くこともできます。

例えばこのようなもの。(各社色々ありますが…)

http://jp.creative.com/products/product.asp?category=209&subcategory=668&product=15913&listby=

Qハイレゾの音質について。

ハイレゾ音源の96kHz/24bitと192kHz/24bitの違いを教えてください。また、素人耳でも違いをハッキリ感じられますか?

Aベストアンサー

まず感じられません。

ハイレゾはデジタル音源に関する単語で、これをアナログ音源に変換するDACと呼ばれる装置に関係してきます。
このDACですが、例えば音源のサンプリングレートが48kHzの音源なら、大抵のDACはこれを8倍アップサンプリングして384kHzにしてD/A変換(デジタルアナログ変換)を行います。
96kHzの音源なら4倍アップサンプリングして384kHzにしてD/A変換、192kHzの音源なら2倍アップサンプリングして384kHzにしてD/A変換。
結局どれも384kHzのD/A変換が行われるわけです。

もとの音源が48kHzなら8個のデータのうち1つは正確な(元の記録された)データで、残り7個が簡易な算出でえられたおおよそ正しいデータです。
もとの音源が96kHzなら8個のデータのうち2つが正確なデータで、残り6個が簡易な算出でえられたおおよそ正しいデータ。
もとの音源が192kHzなら8個のデータのうち4つが正確なデータで、残り4個が簡易な算出でえられたおおよそ正しいデータ、となります。
(384kHzあたりにアップサンプリングしてD/A変換を行うDACが大変多いので、それを念頭に説明していますが、もっと高い周波数にアップサンプリングしたり、逆にまったくしなかったりするDACも少数ですが存在しています。滅多にお目にかかることはないでしょうが。また1bit DACは、すこし違う原理に寄ってます。)

簡易な算出ですが、サンプリング定理に基づいた計算ですので、おおよそ正しい値が出てくることが期待できるものですので、元の記録されたデータとの乖離は少ないと予想されます。
つまり、ほとんど違わない音が出力されるのです。

これらの違いよりも、スピーカーやヘッドフォンの違いのほうが遥かに大きく、アンプやDACの機器の違いの方もかなり大きいです。その次には体調や気分(あるいはプラシボ)といった聞く人の要因のほうが大きいです。
なのでハイレゾの違いは分からない。分かるという人が居ても、それが本当なのかプラシボなのか分からない、というのが実際のところです。

まず感じられません。

ハイレゾはデジタル音源に関する単語で、これをアナログ音源に変換するDACと呼ばれる装置に関係してきます。
このDACですが、例えば音源のサンプリングレートが48kHzの音源なら、大抵のDACはこれを8倍アップサンプリングして384kHzにしてD/A変換(デジタルアナログ変換)を行います。
96kHzの音源なら4倍アップサンプリングして384kHzにしてD/A変換、192kHzの音源なら2倍アップサンプリングして384kHzにしてD/A変換。
結局どれも384kHzのD/A変換が行われるわけです。

もとの音...続きを読む

QCD複写による音質劣化の程度はいかほどですか

CDはデジタルなのでコピーしても音質は同じ・・
と言うのは実は間違いで人間の耳に聞こえない上下の音域はカットされるのでコピーすれば音質が劣化するというのが正しいとこのサイトでも書いてあります。

理論はなるほどと思いますが劣化の程度はどんなものなのでしょうか?

人によって違うとかいう答えになると思うので例えばこんな質問を考えて見ました。

オーケストラの楽団員たちに自分達の演奏したCDとそれをコピーしたCDを聞いてもらった場合、全員が区別出来るほど違うものでしょうか?

そこまでは違わないというのであれば、コピーしたCDをまたコピーし10回ほどしたら原盤CDと区別出来るほどでしょうか?

「EAC」というソフトは無劣化でCDから音楽を吸い出すそうです。
そんなソフトが有る事自体、そのままのコピーでは劣化するという事ですよね。

劣化すると言われると気になるもので、劣化の程度を知りたくなりました。

イヤホーンやスピーカなどハードの違いを考えるとCDのコピーなど問題外なのか問題なのか?

マニアの皆さんよろしくお願いします

Aベストアンサー

違いが出ると主張する人はオーディオマニアに居るようですが、このような人はスピーカケーブルを変えるだけで、またアンプの置き方で音が変わると言うレベルと同等です。
実際に音質が変っていなくても、そう思って聞くと違って聞こえる物です。
音質はその時の気分や体調で違って聞こえることが多いので、他の人が言う細かい音質の違いをそのまま鵜呑みにしているととんでもない高い買い物をさせられることになりますよ。
http://8317.teacup.com/shigam/bbs


人気Q&Aランキング

おすすめ情報