こんにちは。
初めて相談させていただきます。
私は手作り化粧品や手作り石鹸を作るのがとても好きで、これをネットを通じて販売できたら、と思うようになりました。
これって、薬事法とか食品管理法とかに引っかかってしまうのでしょうか。
法律のことが全然わからないので、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手作り石鹸をネットで販売されておられる方は結構います。


その場合石鹸を台所用石鹸として雑貨扱いで販売し、洗顔に使う場合は使用者の自己責任としているようです。こうすると薬事法にひっかからないとか。
化粧品の方はちょっとよく分からないです。
    • good
    • 0

承認申請に必要な安全性試験(毒性試験)安定性試験(強制劣化試験)などは


個人のレベルで行えるものではありません。
また製造施設に関しても法的点検等が必要となります。
残念ですがかなり無理だと思われた方が良いでしょう。
    • good
    • 0

化粧品として販売するものを製造する場合、手作りでも薬事法の規制の対象となりますから、薬事法に基づき化粧品製造業の許可の取得が必要です。


(許可を得て製造された化粧品を販売する場合は許可は不要です。)

販売方法は、個人売買、フリーマーケット、店頭販売、通販、インターネットでの販売など、全ての販売方法が対象となりますから、お考えの手作り化粧品は御自分で使う場合以外は、許可を得ずに製造して販売することはできません。
管轄官庁は都道府県の薬務事課などになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございました。
お教えいただいたように、県の健康福祉部薬事指導室というところの電話番号をネットで入手しましたので、電話してみます。

やっぱり個人の手作り化粧品でも、許可が必要なのですね。簡単に許可が取れるとは思いませんが、とにかく問い合わせて見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/19 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彼氏にバースデーカード

こんばんは。彼の誕生日なので、プレゼントをあげるのですが
プレゼントにバースデーカードを入れるかどうか悩んでます。

そして、書くなら、
「おめでとう!これからも仲良くよろしくね。」って書こうかと思いますが彼氏に仲良くよろしく、っていうのも変でしょうか?

バースデーカードって皆さんは彼氏にあげてますか?

やっぱりもらったほうが嬉しいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はクリスマスにプレゼントと一緒に手作りカードも渡しました。

そのカードを開いて読んだ時の彼の嬉しそうな表情が忘れられません。

「俺、クリスマスプレゼントは周到に準備してたけど、こういうの用意するの忘れていたよ」だそうです。

かなりサプライズだったみたいです。

Q食品(椎茸)チラシに効能などを掲載できるか?...薬事法

仕事で、椎茸のチラシ・ポスター等ポップ広告をつくっている者です。
先方の要求のままに、効果・効能等についての、うたい文句やキャッチコピー等いれました。しかしこれは薬事法的にはどうなのでしょうか。その道に詳しいかたのアドバイス頂きたいです。

Aベストアンサー

食品は「医薬品」ではありませんから、椎茸に「効能・効果等」をうたってはダメです。効能をうたうのであれば「医薬品」でないといけないんです。境目が難しいですね。
食品として使用されることの方が一般的であるものについては、医薬品のような「使用目的」をいわないかぎり食品扱いになります。
「医薬品」として認められるためには、効果を示す試験、安全性の試験等のデータを出すことが必要とされています。

薬事法では「医薬品」とは何か?を以下のように掲げています。
(1)日本薬局方に収められている物
(2)人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているものであって、器具器械(歯科材料、医療用品及び衛生用品を含む。以下同じ。)でないもの。(医薬部外品を除く。)
(3)人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

Q遠くに住んでいる親戚の子供の1歳の誕生日にバースデーカードを贈りたいと

遠くに住んでいる親戚の子供の1歳の誕生日にバースデーカードを贈りたいと思っています。
普通サイズの写真が1枚挟めるような、バースデーカードを探しています。同封ではなく、写真たてやアルバムでもなく、カードに挟みたいです。

楽天を探したけど見つかりませんでした。
ソニプラやロフトやハンズにあるなど、情報教えてください。ネットショッピングでも構いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通のバーステーカードを購入し、そこにコーナーシールを貼ったらいかがでしょうか。

http://vanillamoon.web.infoseek.co.jp/zakka/ZK106/ZK106.html
こんなのとか
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003SD3C92/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B001AMEBSE&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=12BBRJK5RMHENRAFR2GG
こんなのとか。


写真アルバムづくりが好きでなかったら必要の無いものなので、もっと簡易的に写真を両面テープではるとか、かわいいマスキングテープではるのでも十分と思いますけれど、それではダメってことなんですよね?


http://www.masking-tape.jp/
マスキングテープはセンスがいりますけれど、いろんな用途につかえるのでそれはそれでおすすめです。

普通のバーステーカードを購入し、そこにコーナーシールを貼ったらいかがでしょうか。

http://vanillamoon.web.infoseek.co.jp/zakka/ZK106/ZK106.html
こんなのとか
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003SD3C92/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B001AMEBSE&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=12BBRJK5RMHENRAFR2GG
こんなのとか。


写真アルバムづくりが好きでなかったら必要の無いものなので、もっと簡易的に写真を両面テープではるとか、かわいいマス...続きを読む

Qこれは薬事法違反になるでしょうか

いつもお世話になっております。

サプリの口コミサイトや,自分が使ってみて良かったと思うサプリを紹介するサイトを作成してみたいと思っています。あるいは情報提供サイトとして,色々な病気についての情報を載せたいと思っています。それで,薬事法について色々と調べているのですが,下記のような場合に薬事法違反になるのかどうかを知りたいと思っています。

健康食品を「販売する者」が効能効果を謳うと薬事法違反となると理解しておりますが,たとえば,一使用者が自分の使った健康食品の効能や効果についてサイト上に記載し,自分も試して良かったので悩んでいる方は是非試してみたらどうでしょうか,といった形でも効能効果を謳う事は禁止されているのでしょうか?

さらには上記の形式に加えて,自分が販売する訳ではないのですが,その製品を販売しているサイトに,ここで買えますよ,といった感じでリンクを貼る場合などはどうでしょうか?リンクを貼ってしまうと違犯なのでしょうか?

アフィリエイトのように業者からお金を受け取る場合は,やはり自分も販売業者の一部だと思うので,それは薬事法に触れていると思うのですが,お金のやり取りがないような上記のような場合はどうなのでしょうか?

どなたかご存知の方がおられましたら,ご教授くださいませ。
よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

サプリの口コミサイトや,自分が使ってみて良かったと思うサプリを紹介するサイトを作成してみたいと思っています。あるいは情報提供サイトとして,色々な病気についての情報を載せたいと思っています。それで,薬事法について色々と調べているのですが,下記のような場合に薬事法違反になるのかどうかを知りたいと思っています。

健康食品を「販売する者」が効能効果を謳うと薬事法違反となると理解しておりますが,たとえば,一使用者が自分の使った健康食品の効能や効果...続きを読む

Aベストアンサー

>健康食品を「販売する者」が効能効果を謳うと薬事法違反となると理解しておりますが

正確には、効能効果を謳った時点でそれは(認可の無い)医薬品と見なされます。
だから薬事法によって規制される訳です。
で、薬事法第8章66条の1と2には、「販売するもの」と限定されておらず、「何人も」と書かれています。つまり宣伝を行った人なら誰でも該当し得ると言うわけです。


薬事法第8章66条の1と2によって禁止される行為はそれぞれ
・効能効果又は性能に関して明示的・暗示的問わず虚偽又は誇大な広告を行うこと
・効能効果又は性能に関して医師その他の者がこれを保証したと誤解される恐れのある内容を広告すること
です。

>一使用者が自分の使った健康食品の効能や効果についてサイト上に記載し

あなたは認可を受けた専門家では無いでしょうから、現れた効果が本当にその食品によるものだったのか?と言う事を証明出来ませんよね。つまり、本当は全く別のものによる効果だったのを、その食品の効能であるとして虚偽の宣伝をしてしまう…というような可能性が少なからずある訳です。

まあ「万が一」レベルの可能性だとは思いますが、「あくまで私個人の感想であり、効能を保証するものではありません」のような注意書きを念入りに入れておくくらいの工夫はして然るべきでしょう。

>その製品を販売しているサイトに,ここで買えますよ,といった感じでリンクを貼る場合などはどうでしょうか?

企業の宣伝をする事自体は薬事法とは何の関係もありませんから、問題は無いでしょう。
問題なのは、効能効果を宣伝する事です。

>アフィリエイトのように業者からお金を受け取る場合は,

あなたが企業とつながりがあるかどうかも(罰せられるか否かと言う事自体には)関係ありません。
上記の通り、業者の一部であってもなくても違反すれば罰せられます。

>健康食品を「販売する者」が効能効果を謳うと薬事法違反となると理解しておりますが

正確には、効能効果を謳った時点でそれは(認可の無い)医薬品と見なされます。
だから薬事法によって規制される訳です。
で、薬事法第8章66条の1と2には、「販売するもの」と限定されておらず、「何人も」と書かれています。つまり宣伝を行った人なら誰でも該当し得ると言うわけです。


薬事法第8章66条の1と2によって禁止される行為はそれぞれ
・効能効果又は性能に関して明示的・暗示的問わず虚偽又は誇大な広告を...続きを読む

Qバースデーカードはプレゼントの袋の中に入れて渡すべき?

こんばんわ、今度好きな人にプレゼント(雑貨)とバースデーカードを渡そうと思っているのですが、バースデーカードをプレゼントの袋の中にいれて渡すのと別々に渡すのと、どちらのほうがいいのか迷っています。ふつうはどうやって渡すものなのでしょうか?

Aベストアンサー

私はいつもリボンに挟みます。
店員さんに頼んで、一緒に包んでもらってもいいかも。
プレゼントを渡して改めてカードだけ渡すと、何か大層な感じになってしまうからです。
大した事は書いてないので・・・。
ちっちゃな花束に忍ばせてもいいですねー。
お花屋さんの店頭に、500円くらいのミニアレンジがありますよ。
候補の1つにしてみて下さいね。 

Q中国製石鹸販売と薬事法

以前、東京で貿易会社を運営していたと語っていた人に、”自身が輸入”し商品が上手く捌けず大量の在庫が出たという中国製の海藻石鹸について、「少し販売を手伝ってくれないか。」との趣旨で頼まれました。いくらで売ろうと君の自由だ、例えば400円で買って600円で売れば良いんだ、等々、、販売の仕方の説明を受けました。そして、私は100個程の石鹸の代金を、指示された通り4万数千円の現金で前払いし、その後商品を受け取りました。後になって考えてみれば、私一人で100個もの石鹸をその人物から買い取っただけだと気付きました。(1個あたり4百数十円の値で買った計算なので、その人はこの時点で利益を得ていたと推察します。販売協力の依頼を装い、話術と心理操作で上手く私に”買い取らせた”という手口です。)
それから数年後、その人が私に対し、証券絡みの詐欺を犯し、その件で裁判をした際、その裁判の過程で、私がこの『数万円分の石鹸販売』の事実も参考として取り挙げたところ、その人は、
1:「金銭を介する販売などしていない。幾つかタダであげただけ。」
2:「自分は輸入などしていない、取引先から代金の代わりに物納された物だ。」

と、嘘をつき、輸入・販売を頑に否定し、裁判所に対し嘘の証言をました。
法廷で『石鹸の輸入・販売』をあまりにも頑に否定していたので、これも違法性があるのではと、疑問が生じました。この中国製石鹸の輸入•販売行為は、薬事法に抵触するのでしょうか。もし抵触するとしたら、『どのような罪になり』、『どのような刑罰を課せられる』でしょうか。
ご存知の方、教えて頂けましたら幸いです。

以前、東京で貿易会社を運営していたと語っていた人に、”自身が輸入”し商品が上手く捌けず大量の在庫が出たという中国製の海藻石鹸について、「少し販売を手伝ってくれないか。」との趣旨で頼まれました。いくらで売ろうと君の自由だ、例えば400円で買って600円で売れば良いんだ、等々、、販売の仕方の説明を受けました。そして、私は100個程の石鹸の代金を、指示された通り4万数千円の現金で前払いし、その後商品を受け取りました。後になって考えてみれば、私一人で100個もの石鹸をその人物から買い取っ...続きを読む

Aベストアンサー

罰則まではわかりませんが、化粧品類の輸入・販売行為の必要な情報についてはこちらのコラムで特集されています。

参考URL:http://jneia.org/information/jneia-column/

Qバースデーカードにどんなメッセージを書きますか?

いつもバースデーカードには「おめでとう」とか「ハッピーバースデー」などの後に、普通に手紙を書くような事なんかを書いてたんですけど、日常的な手紙風ではなく、誕生日のお祝いとして、何か良いメッセージを書きたいと思ってます。
今回、小さめのカードに書くので、出来れば短く3~4行くらいが理想なんです。

みなさんは、バースデーカードにはどんな事を書いていますか??
仲のいい女友達(同姓)に書く時なんですが。。。
かしこまった感じでも、ふざけた感じでも、種類は問いませんので、
参考にさせて下さい!よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

こんにちは!

私の場合は、『ステキに歳をとってイイ女になってください~』
とか書いています。
これは私ももらったことがあるのですが
歳をとる程いい女..というのが頑張るぞ~って思うし
嬉しかったので...
簡単ですいませんが。

Q薬事法。医師法?

精神安定剤、睡眠導入剤を他人に飲ませたら何の罪になるんですか

Aベストアンサー

とりあえずは薬事法と思います。
薬を取り扱う資格(薬剤師等)のある人が、医師の指示(処方せん)で譲り渡すことが可能なだけです。
資格のない人が取り扱ったり、医師の指示によらない譲渡は違法ということです。

それで仮にですが、勝手に(本人は気がつかないで)飲ませたらということですが、この場合なにかあれば傷害罪が適用される可能性もあると思います。

Qインターネット上のバースデーカードでお勧めを教えて下さい

現在海外出張中なんですが、子供が出張中に誕生日を迎えるのでバースデーカードをインターネットで送ろうと思うのですが、どこのサービスがお勧めでしょうか? よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私のおすすめは、
「Ynotグリーティングカード」です。

無料のメンバー登録をすれば、利用出来ます。
パソコンからでも携帯電話からでも
送ることが出来るので、便利だと思います。

参考になれば、嬉しいです。

参考URL:http://www.ynot.co.jp/site/ynot/

Q手作り化粧品と薬事法について

 アロマテラピーが好きで、石けんや化粧品を手作りしている者です。

 手作り化粧品の本に載っている、たとえばハンドクリームなどのレシピには、「これはプレゼントに喜ばれます」と書いてあったりします。一方、アロマテラピーの学習書には、「(自分で作成したスキンケア品を)むやみに販売またはプレゼントをした場合、薬事法などに違反する恐れがある」とあります。

 そこで質問なのですが、手作りのスキンケアグッズを人に「プレゼント」して薬事法に違反する場合とは、具体的にどんな場合でしょうか。自分の肌に一番合うものを目指して作っているので、人に販売するつもりは毛頭ないし、プレゼントもする予定はないのですが、一応知っておきたいです。
 インターネットで薬事法を読んだのですが、今ひとつよくわかりません。おわかりになる方、教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちわ
薬事法の管轄である厚生労働省の個人輸入の見解は下記のとおりです。
「医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業の為に輸入する場合は、薬事法によって厚生労働大臣の許可が必要です。個人が自分で使用するためのに輸入する場合又は海外から持ちかえる場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、輸入できる数量が制限されております。この場合は、勿論、他人への販売、授与はできません。」

つまり、海外から輸入して、その薬品を他人へ販売、授与(ものをさずけ与える)する場合、厚生労働大臣の許可が必要になります。

「輸入」を「製造」に置き換えた場合、個人で製造し、個人で使用する場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、それを他人に販売、授与する場合は、許可が必要になると考えられます。

手作りのスキンケアクッズを他人にプレゼントする場合は、薬事法の規制対象になると思われます。
もし、そのスキンケアを何人かにプレゼントして、数人から手荒れなどの副作用が出た場合、その責任はあなたになりますので、その時に薬事法の承認を得ていない医薬品の場合、薬事法違反の罪に問われる恐れがあります。

こんにちわ
薬事法の管轄である厚生労働省の個人輸入の見解は下記のとおりです。
「医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業の為に輸入する場合は、薬事法によって厚生労働大臣の許可が必要です。個人が自分で使用するためのに輸入する場合又は海外から持ちかえる場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、輸入できる数量が制限されております。この場合は、勿論、他人への販売、授与はできません。」

つまり、海外から輸入して、その薬品を他人へ販売、授与(ものをさずけ与える)する場合、厚...続きを読む


人気Q&Aランキング