『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

車の製造ラインに詳しい方教えて下さい。

某車メーカーに工場見学に行きました。
車が流れてきて場所ごとに取り付けられる部品が
決められていてその場所を任されている人が取り付けるような流れでした。
もしその場所の人が取り付け忘れやポカミスをした場合不良品が流れることになるのでしょうか?
それとも何か発見できる仕組みがあるのでしょうか?

詳しい方教えてもらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

次の工程や次の次の工程で、取り付ける部品と組み合う部品がないとか当然確認出来ます



それに付け忘れれば、部品が余りますね
部品は事前に計画された必要分が配置されるので、余ることはない

更に手順も事前に検討されているんで、忘れる=手順が違うということになり
その状態で気付かないことはない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

余るのはわかってたのですが
止めることがあるとは知りませんでした。

ありがとうございます。

お礼日時:2016/04/17 14:23

私は以前某自動車メーカーで勤務していましたが、ご質問の件について、流れ作業においては1ロット分の部品が与えられるので、もし部品が1個でも余った場合には、1ロット全車両検査します。

また前の流れ作業もチェックしているので部品の取り付け忘れを確認した場合には、流れ作業のスイッチをOFFにして、部品の取り付けが確実に実施されたことを確認したら、再度流れ作業をスタートさせます。ポカミスにつきましては製造ラインの末端で中間検査を実施しますので、仮にあったとしても未然に防止できる体制に整備されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

止まることはないと思っていたので
部品が余った場合どうするのだろう?と考えていました!
見かけ上取り付けられているがネジが緩いとかも見つけられるのですか?

お礼日時:2016/04/17 14:22

次の工程の人が必ずその場所を確認すると思います。

    • good
    • 0

車に限らず、必ず検査工程があるので大丈夫です。

コンビニ弁当でおかず足りない事無いでしょ!笑
    • good
    • 0

100台、生産する時にはパーツが100台分しか配給されないので


余ったら一目瞭然です。

そもそも
クルマに限らず、人的作業が行われる生産ラインでは、
こと細かく「作業研究がなされた上」で配置されています。

取り付ける部品を目で見る→部品に手を伸ばす→部品をつかむ→
部品を運ぶ→取付け位置を見る→部品を取り付け位置に持って行く→
合わせる→工具を取り付け位置に合わせる→取り付ける→取付けを確認する→
などなど、右手、左手、移動距離、作業熟練度などを全て割り出し、
数値化して作業を割り振ります。

例えば、一番時間がかかる一連の作業が「10分」だとしましょう。
ライン上の全ての作業員に「10分で出来る作業」を割り振れば
100人いたとしても、ラインは滞りなく流れます。

従って、取付け忘れがあると「時間が余る」ので、
先ず、本人(チーム)が気が付きます。

ある意味「職人技」が無い世界です。
与えられた道具を使えば、設計値でくみ上げられるようになっています。
    • good
    • 0

組み立てたらネジが余ったってポカミス経験は誰にでもありますよね。

でも、特に問題なく町中で走ってますよ。そんな車は。。(笑)ということにならないように厳しくチェックする仕組みができているから大丈夫です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較