【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

テニスで素質があるとは、何を指して言うのですか?

もし、才能無いと見極めて違う方向へ転向するには素質が大部分を占めると思いますが、早く見極めるにはどういった見方をすれば良いと思いますか?

正直テニスクラブなどに来られる方で、これはここまでの発展でとどまりそうと思う対象は どんな内容が不足していますか?

判定の方法とその時の対応、それと転向時期の目安でここまでに目が出なければってありますか?

A 回答 (2件)

テニスという競技はポイントの取り合いです。



このポイントを取るために何が必要なのかの要素を事前に持っているかどうかだと思います。

相手のショットがどこに打たれても追いついてしまうのであれば、返球技術を向上させれば全て返球できることになります。
こちらからはミスしないテニスになるでしょう。

他の人より速いショットが打てるのであれば、骨格的に筋力的に優れているわけですから、速いショットを確実に有効に使用できればエースを取れるテニスになるでしょう。

ただ返球するだけや速いショットではなくて、どこに打てばポイントしやすいか、を意識したショットを打とうとしているのであれば、技術的な問題と精度が上がれば戦略的に優れたテニスになるでしょう。

あとは、本人の向上心があるかどうかです。

テニスクラブプレーヤーと言ってもレベルは様々ですし、テニスに対する考え方も異なります。
上を目指す人からアフターテニスのビールのためにという人まで色々でしょう。

シングルスとダブルスでも取り組み方はまったく異なります。

素質があっても、ある方向性を持ってそれなりの時間をかけないと、その素質は活きてきません。
逆に、あまり素質がなくても、キチンとした考えを持って取り組んでいれば、それなりのテニスにはなります。

テニスコートの広さとボールの重さは昔も今も同じですが、ラケットの進化によって、プレイできる寿命は長くなりましたし、技術的にも大きく変わりました。
以前より楽にテニスができるようになったと言えるでしょう。

結局本人が何を求めてテニスに取り組み、何を目標とするかで、転向するかどうかも含めて決まってくると思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど~!!

よく見極めて すぐに諦めず関わってまいりたいと思います。ありがとうございます。(*゚∀゚*)

お礼日時:2016/05/09 17:09

例えば女性にボールを投げて貰う。

投げた事がないと右利きなら大概ボールは右方向、明後日の方へ投げてしまう。

テニスも同様、サーブを打って貰う。ロブを上げてスマッシュを打って貰う。全くの初心者であればこの辺りを動きを見ると体の使い方が為っているか(正しいか)判る ≒ 才能の有るなしが推測出来ます。ただ、意外に多いのが器用貧乏と言われる方。視覚から入った情報を体に伝える術に長けているため最初は意外に上手い。しかし、段々と才能がなかった人との距離が縮まる。

答えには成っていませんが、やっぱりその道の達人が見たら当たらずとも遠からずで才能を確りと見抜きます。「努力に勝る天才なし」ですが、どんな凡人でも練習すれば100mを10秒で走れるかと問われれば「無理」が正論。最初の一歩を見抜く事は有る意味重要。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。
重要なポイントを見逃さず、ほかのお言葉を胸に適正に判断していきます。(^_^)

お礼日時:2016/05/09 17:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジュニアの指導(強打か、つなぎか)

 お世話になります。今、小4男と小6女の子どもたちが市や県大会に出場し、勝つテニスを目指しています。

 しかし、非常に淡白で粘りがありません。というのも、週3回2時間の民間テニスクラブでの指導が、高い打点(肩の高さ?)でなるべく強打しろ、というものだからです。

 だが、このショットは難しく、センスのある子だけが高い確率で入れることができます。残念ながら、わが子たちは強打のエラーが多く、地方大会での初戦敗退が多いのです。

 コーチに聞くと、「今は勝たなくても、将来大成するために」という返事ですが、納得できません。小さい時でも「勝つこと」は自信付けや、練習の励みのためにとても重要だと思うのです。現在の日本のトップの大半は、小さい時から上位にいた人だと思うのです。

 ジュニアテニスを見始めてから日が浅く、強打する子の5年後、10年後を見たことがありません。そこで、長くジュニアの指導に関わった民間クラブのコーチや、わが子を教えた経験のある親御さんの意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

初めまして。現在、ジュニアの育成に携わるものです。
さて、tom1028さんの悩みですが、高い打点でハードヒットさせることですが、長所は強く打たせる事で、フットワークの強化練習になります。短所は、まず勝てないことです。打ちつずけることで体力もつきますが大成することはかなり難しいと思います。僕自身の経験(過去Jr選手を見てきた)だと何十人に一人位の確立でしかないとおもいます。

今、あまりにも勝つ事に執着させる必要も無いとは思いますが、もっとKEEP PLAYの練習が必要なのではないのかな? と、感じてしまいました。

テニスは攻撃の練習も守りの練習もどちらもやらなければ試合では勝てません。12歳以下の子供の場合、
人より1球多く返せば試合に勝てるでしょう。(これが難しいんだけど・・・)ある程度フォームを作って打てるのであれば、キチッとフォームを守って・ボールを揃えてラリーをつなげる練習をしてみたらいかがでしょうか?
100球以上同じように打てるように頑張ってみてください。
現在、プロになった子達もこの練習を沢山やりました。

参考になるかわかりませんが、頑張って下さい。

初めまして。現在、ジュニアの育成に携わるものです。
さて、tom1028さんの悩みですが、高い打点でハードヒットさせることですが、長所は強く打たせる事で、フットワークの強化練習になります。短所は、まず勝てないことです。打ちつずけることで体力もつきますが大成することはかなり難しいと思います。僕自身の経験(過去Jr選手を見てきた)だと何十人に一人位の確立でしかないとおもいます。

今、あまりにも勝つ事に執着させる必要も無いとは思いますが、もっとKEEP PLAYの練習が必要なのではな...続きを読む

Q子供の上達の手助けになるものは…

子供が秋までの半年間のテニス教室(週に1回。2時間程度。雨天だと中止)に
行き始めました。近くに子供対象のテニスサークル等は無く、
車で送迎しなくては行けない地域外なのですが、行ってみるとどうやら
大々的に募集している教室(サークル?)ではないようでした。
見ていると親同士とコーチ陣が皆親しい感じで、
殆どの子供は「親がテニス経験者」のようです。

当然ながらラケットを持った事はおろか、テニスとは何たるかも全く知らない
うちの子供は、皆の中ではレベルに差がありすぎて、「初心者チーム」
の中でもひときわへなちょこ度が目立ちます。皆との進度に差がありすぎて、
迷惑かな…とすら感じてしまいます。
これは少しでも球に触れる機会を増やして、他の子供達のように
「休日は親子でテニス」なんて時間をもっと作れば上達への近道なのだろう
とは思うのですが、何分にもうちは夫婦共テニス未経験。
情けないながら、ルールすら知りません。

こんな我が家でも「初心者チーム」の中で足を引っ張らないように
少しずつステップアップ出来る方法はあるのでしょうか。
なお、近所に一般の人でも使用できるテニスコートは殆ど無く、あっても
中学生や高校生の部活などで常に使われている様子です。
今は日曜の暇な時間にたまに空き地で球とたわむれています。
しかし、相手をしている親(自分)も返しやすい球を打てないので、
子供を沢山走らせてばかりで、疲れてすぐに嫌になってしまってます。

視覚的に子供が勉強できるビデオや本もあればいいのかなとも思いましたが、
ツタヤにはそのようなビデオはレンタルに置いてありませんでした。
また、本も大人向けに書かれているものしかありませんでした。

子供が秋までの半年間のテニス教室(週に1回。2時間程度。雨天だと中止)に
行き始めました。近くに子供対象のテニスサークル等は無く、
車で送迎しなくては行けない地域外なのですが、行ってみるとどうやら
大々的に募集している教室(サークル?)ではないようでした。
見ていると親同士とコーチ陣が皆親しい感じで、
殆どの子供は「親がテニス経験者」のようです。

当然ながらラケットを持った事はおろか、テニスとは何たるかも全く知らない
うちの子供は、皆の中ではレベルに差がありすぎて、「初心者チー...続きを読む

Aベストアンサー

好きなものこそ上手になれとか、無理強いがやる気を失わせるとか、まあいろいろとあります。
まずはテニスを好きになってもらうことが重要でしょう。
私の場合よくある家族テニスで小さなころからテニスに触れ合っていたのでテニスを好きになるのは簡単でした。
逆にテニスと同時期に習っていた水泳などは縁もなくものすごく嫌いでいやいややっていたために今でもあまりうまくありません。

好きになるにはどうすればいいかというと、いくつか手段があります。
家族みんなでテニスを習うというのもいいです。
別にスクールに言って一生懸命やらなくても、近所でテニスができる家族などと親しくして休日いっしょに教えてもらえたりするのもひとつの手段です。
上達すればそのテニス家族もテニスをする相手が増えてうれしい限りでしょう。
(私の家はよく近所のテニス家族といっしょにテニスをしていました。そんな感じでどうでしょう?)
つぎに、テニスというスポーツに触れ合うことです。
ちょうど今はテニスの全世界大会のひとつ「ウィンブルドン」がNHKの深夜番組で放送しています。
野球中継の変わりに見てみてはいかがでしょうか。
あと、テニス漫画やドラマを読ませてみてはいかがでしょうか。
ああいったものは、経験者から言わせてもらえばでたらめすぎるものが多いですが、興味を持ってやる気を出してもらうには有効でしょう。
今人気の「テニスの王子様」とか古いもので言えば「エースを狙え」とか。
一人でできる小道具や場所もあればいいでしょう。
ゴムひもがついて戻ってくるテニスボールとか、壁うちのできる高架下とか。
でもやっぱり一番いいのは仲間、ライバル、チームメイトといったいっしょにテニスをやってくれる人でしょう。
テニスは個人競技ですが、一人でやっても面白いスポーツではないんです。

好きなものこそ上手になれとか、無理強いがやる気を失わせるとか、まあいろいろとあります。
まずはテニスを好きになってもらうことが重要でしょう。
私の場合よくある家族テニスで小さなころからテニスに触れ合っていたのでテニスを好きになるのは簡単でした。
逆にテニスと同時期に習っていた水泳などは縁もなくものすごく嫌いでいやいややっていたために今でもあまりうまくありません。

好きになるにはどうすればいいかというと、いくつか手段があります。
家族みんなでテニスを習うというのもいいです...続きを読む

Qテニスに必要な能力(筋力、持久力、動体視力etc)の鍛え方と柔軟(ストレッチ)について

今年からテニス(硬式)をはじめた高1(男)です。
軟式は未経験で、高校に入る前は硬式でごくたまに父と打ったり2~3ヶ月テニススクールでやった事があるのですが、まぁ・・・下手です・・・というか運動音痴というか。
ちなみにバックハンドはシングル(これもヘタなんですが・・・)でバボラのピュアドライブ・ロディック+を使ってます。

さて、今回はテニスに必要な能力(筋力・持久力・動体視力etc・・・)はどんなものがあるか?また、その中で重視して鍛えていくべきなのは何か(その方法)?
ということなのですが・・・。

自分で考える弱点としては、
・下半身や腹筋・背筋・わき腹のあたりの筋肉?が弱い
 →ふくらはぎは筋肉も脂肪もかなりマズイくらいない(細い・・・)です。太ももや腹周りは(太っているわけではないのですが・・・むしろちょっと細めくらいです)脂肪が結構多いです。
・持久力や瞬発力がない
 →春の測定では20mシャトルランは80回後半、50mは8秒台後半・・・・恐らく反射神経も鈍いのかも・・・
  余談ですが、同測定で握力は右53kg、左51でした。
・柔軟性に欠ける
 →かなり体は硬いです。風呂上がりにストレッチとかはよく言われますが具体的にどうすればいいでしょうか?

という点が特に問題だろうと考えています。あと遠投なんかも苦手なので(ソフトボール投げで10m代後半・・・体力測定で得意なのは握力くらい・・・)サーブの威力が出ないかなぁ、と思っているのですが・・・
また、腕などの筋力に関してはやや人並み以上・・・といった所でしょうが、シングルバックハンドならもっと必要だろうな、という所です。

という様な感じなのですが・・・上の問題点を踏まえた上でどうしていけばいいでしょうか?できれば行う頻度や負荷(回数等)・時間等、詳しくアドバイス頂けると嬉しいです。

今年からテニス(硬式)をはじめた高1(男)です。
軟式は未経験で、高校に入る前は硬式でごくたまに父と打ったり2~3ヶ月テニススクールでやった事があるのですが、まぁ・・・下手です・・・というか運動音痴というか。
ちなみにバックハンドはシングル(これもヘタなんですが・・・)でバボラのピュアドライブ・ロディック+を使ってます。

さて、今回はテニスに必要な能力(筋力・持久力・動体視力etc・・・)はどんなものがあるか?また、その中で重視して鍛えていくべきなのは何か(その方法)?
ということなので...続きを読む

Aベストアンサー

人によってなので違う事もありますが、私の経験からの一言
>テニスに必要な能力(筋力・持久力・動体視力etc・・・)
これに付け加えるとして重要なのが精神力です。
最初は全て望むことは不可能です。
syu-yuさんが運動能力に恵まれていないなら、人より努力は
必要です。(私も同じでした。だいぶ遠回りしましたが)

まずはランニングです。これにより足腰の強化と心肺能力が
つきます。これはトレーニングの基本です。
20分以上のランニングと10m~50mのダッシュです。
最低でもランニングだけは毎日続ける努力が必要です。
(私は30年以上続けています。)

上半身とか腕周りはそんなに鍛えなくても良いでしょう。
あまり役にたたず逆に”力む”クセがつきます。
やるとしても腕立て伏せ位で十分です。これは背筋、腹筋
上腕三頭筋らが総合的に鍛えられるのでOKです。

テニスの動きで最も重要なのが胴体の捻れでしょう。
ストロークにしろサービスにしてもこの捻れがパワーアップ
の源になるのです。
初心者は腕や手首に頼ってボールを打つ傾向がありますが
それでは非効率の打ち方となりパワー不足や肘手首を痛める
原因になります。

パワーは下の方から足→腰→上体→肩→肘→手首と末端に
筋肉の捻りを利用しながら効率よく出してゆくものです。
その時重要なことは下から上へ伝達する時に下の部位が
回転をロックさせることにより上への部位が加速され
それが末端になればなるほどスピードが速くなってゆく
のです。
ですから腰の回転と肩の回転が同調してしまうと遅い
腰の回転のスピードになり効率が落ちます。
多段ロケットのように段階的に下のロケットを切り離し
スピードを出すような感じでしょうか。

下手な筋トレにハマルより正しい素振りを何百回繰り返した
方がテニス向きの体が出来あがってゆくのです。
その正しい素振りとは下から上への筋肉の伝達が減速加速
の原理ができているスイングです。

腰の回転強化の簡単なトレーニングは両足を肩幅程度に
広げ膝は幾分曲げ気味で立ち、上半身を右、左へ90度位
捻るのです。これを左、右百回はやると腰の動きが良く
なり、軽く打ってもラケットにパワーが乗ります。
この動きはテニスの基本中の基本の動きです。
この応用がストローク、サービスの動きになるのです。
ですから正式な素振りが分らなくてもこの動きがやって
おけば、あとでいくらでも正しい素振りに移行するのは
容易です。

動体視力はそれ専用のソフト”武者視”があります。
ただ最新のPC仕様となります。
あとは車のナンバーを瞬時に見極めそれを合計するのです。
学校の行きかえりにやられたら如何でしょう。

人によってなので違う事もありますが、私の経験からの一言
>テニスに必要な能力(筋力・持久力・動体視力etc・・・)
これに付け加えるとして重要なのが精神力です。
最初は全て望むことは不可能です。
syu-yuさんが運動能力に恵まれていないなら、人より努力は
必要です。(私も同じでした。だいぶ遠回りしましたが)

まずはランニングです。これにより足腰の強化と心肺能力が
つきます。これはトレーニングの基本です。
20分以上のランニングと10m~50mのダッシュです。
最低でもランニングだけは毎...続きを読む

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Q「軽量大人用ラケット」はジュニアに不向き?

Wilson の[K]Tour Lite と言うラケットは、カタログでは「大人用」となっていますがジュニア(12歳、
身長150cm)用としては不向きなのでしょうか。

重さ249g、バランス330mm、長さ26.75インチということから現在使っている25インチ・ジュニア・
ラケットから買い換えたいと思っているのですが、「大人用」となっていることが何か子どもには
不向きな点があるのかと気になっています。
ショップの人はジュニアでも使えるといっておりますが。

ジュニア用として使用するとすればガットは何ポンドぐらいで張るのがいいのでしょうか。カタログ
での適正テンション53~63ポンドとなっています。

また同じようなラケットでWilson の[K]Six. One Lite (249g、340mm、27.25インチとやや長め)は女性
にも向いているとのことで、どちらしようかとの迷いもあります。

ご意見いただける方のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

ジュニアプレイヤーのラケット選びには、いつも矛盾が付きまといます。それは、「重いと振れないけれど、軽いとボールが飛ばない」ということです。

ジュニアにとって、大人と同じ広さのコートで、大人が使うのと同じボールを使ってプレーをするのは簡単ではありません。
特に、大人と同じボールを使うということがキーで、それを前提にした場合は、それに対応した道具選びが必要になります。

ジュニアの場合は「身体に合わせて選ぶのか」「用途に合わせて選ぶのか」というのが、大きな問題なのです。

身体に合わせて選ぶ場合は、25インチや26インチのジュニア用モデルが適しているのは言うまでもありません。身体の力が無いので、軽いほうが自由に振れるからです。ただ、その場合は、使用するボールはスポンジボールや硬式のボールより軽いロープレッシャーボール(柔らかくて弾みが弱いボール)のほうが適しています。軽いジュニア用ラケットで普通の硬式テニスのボールを打つのは困難だからです。

用途に合わせて選ぶ場合は、大人と同じボールを打つという用途に合わせて考える必要があります。
硬式テニスのボールは約60gの重さがあって、その飛んでくるスピードがある程度以上になると、軽いジュニア用ラケットでは打ち負けるようになります。打ち負けるというのは、具体的には、ボールが当たった時に強い衝撃を感じ、面がぶれて上手く打球をコントロールできなくなる状態です。
コーチが送ってくれる遅いボールを打っているうちは良いのですが、ジュニア同士で打ち合うようになると、速いスピードのボールを打ってくる子も居て、そういう場合は打ち返すのがつらくなります。

こうしたことで、大人と同じボールを打ち合う際は、ジュニア用のラケットはジュニアに向かないという、とても変なことになるわけです。
現在は25インチのジュニア用ラケットをお使いとのことですが、それで、普通のボールを打つのは困難だと思います。
実際に、お子様のラケットでボールを打ってみると分かりますが、ご自分のラケットよりボールが重く感じるでしょう。そして、少しでも中心を外れると、衝撃を感じて面がぶれやすくなるはずです。大人が使って負担に感じるラケットを子供が使って、楽に打てるわけはありません。
(今のスクールで使用しているボールが、軽いロープレッシャーボールである場合は、ジュニア用ラケットで問題ありません)

国際テニス協会が開発した「PLAY+STAY」という指導法では、ジュニアを年齢別に3段階に分けて、それに合わせて3種類の軽いロープレッシャーボールを使用することになっています。日本でも、こうした指導法の普及に努めている組織もありますが、まだまだ拡がってるとは言えない状況で、スクールの多くは普通のボールを使用しています。

具体的にどういうラケットを選ぶかと言うことですが、結論としては、大人用のラケットの中から、できるだけ軽めのものを選ぶということになると思います。
ラケットのスペックとしては、フェースサイズが100~105平方インチ程度、フレーム厚は24~26mmくらいを選ばれると良いでしょう。
重量としては、250g~280gくらいのモデルであれば、振った時の重さ(スイングウェイト)が重いものは少ないと思います。スイングウェイトが計測できる場合は、270~280くらいの数値のものを選ぶと良いでしょう。

ということで、ご自身が候補とされている2モデルはどちらでも良いと思います。ただ、[K]Six. One Lite のほうが長く使えるかも知れません。というのは、[K]Tour Lite のほうがスイングウェイトがかなり軽い可能性があり、今後上達して、打ち合うボールが強くなってきた時には、早めに不満を感じる可能性があるからです。
長さの問題や、今までに比べて操作性が悪くなる点については、初めのうちは短く持たせて下さい。

グリップサイズについては「0」が欲しいところですが、両方ともグリップ1からですので、グリップテープは巻かないほうが良いと思います。汚れたりボロボロになったら、クッショングリップを巻き替えて下さい。

張替については、3ヶ月が限界などと言われることもありますが、当面の目安としては、春と秋の年2回くらいで良いと思います。夏用、冬用のような考え方で、冬用は少し柔らかくというのが原則です。
使用張力については、推奨範囲の下限でも硬すぎるケースが少なくないので、カタログ表記は無視して、ストリンガーと相談して下さい。

ジュニアプレイヤーのラケット選びには、いつも矛盾が付きまといます。それは、「重いと振れないけれど、軽いとボールが飛ばない」ということです。

ジュニアにとって、大人と同じ広さのコートで、大人が使うのと同じボールを使ってプレーをするのは簡単ではありません。
特に、大人と同じボールを使うということがキーで、それを前提にした場合は、それに対応した道具選びが必要になります。

ジュニアの場合は「身体に合わせて選ぶのか」「用途に合わせて選ぶのか」というのが、大きな問題なのです。

身体に合...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Qテニス暦はほんのわずかですが、プロになれる可能性はどのくらいありますか

テニス暦はほんのわずかですが、プロになれる可能性はどのくらいありますか?

自分はパワーに自信がある高3です。でも受験、ヘルニア手術するので、もうすぐ練習がストップしちゃいます。
そういうわけで大学からでも間に合いますか?

Aベストアンサー

CJ4ARSさんの回答がベストアンサーだとは思いますが、補足的な事をいえば・・・。

プロテニスプレイヤーになるのはそれほど難しくはありません。
野球やサッカーの難しさに比べれば簡単といえるでしょう。
天才! 成功する人々の法則ではありませんが、1万時間ぐらい練習すれば誰でもなれると思います。

プロテニスの難しさというのは、下の方々も書いておられますが、プロになる難しさではなく、プロは食えない難しさなのです。

要するに、野球、サッカー、相撲、囲碁、将棋などのプロは最低限の生活を保障されていますが、テニスの場合はそういうのがまったく無く、試合の賞金しか出ないので食えないのです。

たとえ国内大会に全て優勝したとしても、賞金は300~400万円にしかならないので、賞金だけで生活しているプロとうのはほぼ皆無といえるでしょう。
つまり、日本にはツワープロはいないとも言えます。
日本のプロの場合、スポンサー契約があってのプロと言う事です。

まあ、別枠として、楽天オープンがありますが、それでベスト4ぐらい行かないとツワープロも世界も見えてきませんね。

肉体的には19~23才ぐらいが一番鍛え時ですので、テニスで鍛えるのもいいですし、プロを目指すのもいいでしょう。
ただ、将来的にお金を稼ぐという事をもっと突き詰めて考えて決めた方がよろしいと思います。

頑張ってください。

CJ4ARSさんの回答がベストアンサーだとは思いますが、補足的な事をいえば・・・。

プロテニスプレイヤーになるのはそれほど難しくはありません。
野球やサッカーの難しさに比べれば簡単といえるでしょう。
天才! 成功する人々の法則ではありませんが、1万時間ぐらい練習すれば誰でもなれると思います。

プロテニスの難しさというのは、下の方々も書いておられますが、プロになる難しさではなく、プロは食えない難しさなのです。

要するに、野球、サッカー、相撲、囲碁、将棋などのプロは最低限の生活を保障され...続きを読む

Qこんなテニスのコーチってどう思いますか?

(長文です。スミマセン)

男性は、好みのタイプには優しく
年齢を重ねた女性には、そうでないというのは重々承知の上で
質問させていただきます。


事のきっかけは、
気候も良くなったので何かスポーツを始めようかと思っていたところに
新聞の折り込みチラシにテニススクールのチラシが入っていました。
昔、少しテニスをしていたので、これもタイミングだと思い体験にいきました。

半年前のことです。

体験に行くと、とても気さくで明るいコーチが担当だったので、
すぐに入会の手続きをしました。
クラスもその担当のコーチのクラスに入りました。

ところが、レッスンを重ねていくうちに楽もうと始めたテニスの時間でしたが
だんだん嫌な気分で帰るようになりました。

それというのも担当コーチのレッスンの時の態度に疑問が出てきたからです
気になりだしたのは形式のレッスンからでした。


最初のボール出しの練習はみんな同じ数は出しています。
しかし、形式になると球数は極端に変わります。

お気に入りの生徒には、いいボールが決まるまでボールが出ます。

途中長いアドバイスとポイント練習が入ると、サイド側の生徒は、
ボーと見ているだけです。
(長い時は10分くらいの時もありました)

お気に入りの生徒は、2人ほどいるようです。

反対に自分がフォアに入り、お気に入りがサイドになると
1、2球の球出しが来たらすぐ隣の生徒へボールが移りそのあとは、
隣がミスするまでボールが来ることはありません。

もちろんサイド側になると、ほとんどボールは来ません。

球出しはみんな同じ数を出してもらえるのですが
形式やゲームになると差をつけているように思います。

スクールにも言おうと思いましたが「わがまま」とか「勘違いだ」とか言われそうなので
(そういう事を平気で言うタイプのようです)
なのでスクールには、まだ言ってません。
クレームを言うには、なかなか勇気がいるものです。


他に気になるのは、特にボール拾う時や休憩のときです。
お気に入りの人だけに話しかけて、他のレッスン生には付けたし程度
会話の中に入ろうすると次のレッスンになります。
気のせいかと思いましたが そうではないようです。


テニスのコーチは、技術だけでなく楽しい時間を提供するのも
仕事の一環だと思っていたのですが そうではないのでしょうか?


お気に入りの生徒とは仲良くして、そうでない生徒をないがしろにするって
職業的にアリなんでしょうか?


他のクラスに変わろうにもクラスがあまりにも少ないので行くところがありません。
また、、退会の申請は次の期が始まる1ヶ月前までに言わないと自動更新されるようで
あと、4ヶ月は行かなくても月謝を払わないといけないらしいです。


このような気分で楽しくしたり、不機嫌になったりしている人でも
コーチになれるんでしょうか。

(長文です。スミマセン)

男性は、好みのタイプには優しく
年齢を重ねた女性には、そうでないというのは重々承知の上で
質問させていただきます。


事のきっかけは、
気候も良くなったので何かスポーツを始めようかと思っていたところに
新聞の折り込みチラシにテニススクールのチラシが入っていました。
昔、少しテニスをしていたので、これもタイミングだと思い体験にいきました。

半年前のことです。

体験に行くと、とても気さくで明るいコーチが担当だったので、
すぐに入会の手続きをしました。
クラス...続きを読む

Aベストアンサー

あなたはとても幸せに生きてこれたのだと思います。
テニスであろうとゴルフであろうと、そのようなコーチはたくさんいると思いますよ。
あなたはテニスコーチを素晴らしいと考え過ぎですよ。
人格的にも立派な人がテニスをしているわけではありませんね。
いろんな女性と遊びまくっている男でもテニスが上手ならコーチになれます。
でも、そのような男はいずれはいろんな人に嫌われていきます。
決して尊敬はされませんね。

Q速いボールを打つには

今日友達とテニスをしました。
年季は明らかに私の方が長く、友達は遊びでやったことがあるといった程度です。

でも、友達は常にフルスイングで速いボールを打つことができます。
そして、ボールにすごくドライブが掛かっていてアウトすることはありません。

私も負けずに強く打っても、まったくボールに力が伝わらない感じがして、自分の腕にもまったく力が入らない感じです。

そこでしかたなく、グリップのエンドを持ってラケットをグラグラにしてスイングし、インパクトのときにムチのようにパチンと当てる打ち方をしました。

こうすると、スピードボールが打てて、腕にもまったく力が要りません。

ラケットの振りぬきの速さと、ラケットの重さだけでボールを打ち返している感じです。

確かに、ラケットをゆるく握って、インパクトのときだけ力を入れるとよい。とはよく聞きますが、本当に私のやってる打ち方でいいのでしょうか?

あまりにも、グラグラ過ぎてラケットをコントロールしている感じが無く、成り行きでボールを打っている気がします。

昔の手首を固定しなさいという考えとはあまりにかけ離れている気がするのですが。

今日友達とテニスをしました。
年季は明らかに私の方が長く、友達は遊びでやったことがあるといった程度です。

でも、友達は常にフルスイングで速いボールを打つことができます。
そして、ボールにすごくドライブが掛かっていてアウトすることはありません。

私も負けずに強く打っても、まったくボールに力が伝わらない感じがして、自分の腕にもまったく力が入らない感じです。

そこでしかたなく、グリップのエンドを持ってラケットをグラグラにしてスイングし、インパクトのときにムチのようにパチン...続きを読む

Aベストアンサー

速いボールを打つには

色んな条件があります。私の狭い知識では

物理的な面として
まずスイングスピードを上げる。
インパクトまでのスイング距離を大きくとり加速させる。
 ティクバックで大きくする。例、大きめループスイングを描く。
(注:相手のボールが速い時は別。コンパクトなティクッバック)

 出来るだけ前でボールを打つ。(その分スイングが長くなる)
 重いラケットで慣性質量を高める。

 ボールに対し厚く当てる。カスレ気味だと回転はかかるが遅い。
 厚く当てながら薄く逃がして(難しいが)トップスピンをかける。
 インパクトの瞬間に僅かながらでも体重を乗せる。
 ライジングで捉える。相手のパワーを利用する。

体の面として

膝→腰→上体→肩→肘の各関節を中心に筋肉連鎖でパワー
を上げてゆく。
これがうまく出来ないと手打ちとか腕だけの単体の小パワー
しか出せずボールは飛ばない。 また故障の原因にもなります。

体の動きを言葉で伝えるのは難しいのが本音ですが...

あえて
体の動きの中で一番大事なので”腰のキレ”だと思います。
ティクバックが最終近くに腰を瞬間に右から左へ回転させます。
図でありませんが
ティクバックは”→”の方向 腰の回転”←” このタイミングが
速く回転力が大であると大きなパワーを生じます。
そのパワーに引っぱられる形で上体がフォーワードスイングに移行
し、そして腕が引き出される連鎖運動となるのです。
速いスピードの持ち主はコンパクトスイングながら”腰のキレ”が
良いのです。
私自身速いボールを打つ時は”腰”を意識します。

逆に
上体を意識すると
肩にリキミが入るということは、力の大部分がスデに費やされて
おり、筋肉が収縮しきっている状態なのでさらなるパワーが出し
にくいのです。またリキミにより腰からパワーを阻みやすいのです。
>インパクトのときにムチのようにパチン
正解です。腕に力は入っていたらできませんから
>グリップのエンドを持ってラケットをグラグラ
エンドより上を握り、せいぜいエンドが手のひら(小指の延長上)
当てる程度が限度でしょう。でないと面が不安定とかインパクト時
ブレやすくなります。グラグラしない程度に握った方が良いです。
>昔の手首を固定
 ある程度ストロークが安定してから、手首を使います。
 手首関節を小指側(→)から親指側(←)に解放するのです。
>ラケットをゆるく握って、インパクトのときだけ力
 正解です。常に意識すると良いです。
  
腰の回転で気をつけることは
体の軸を保つ 頭から体軸の線は垂直を保つ。
軸が傾くとパワーロスになるとかラケット面が不安定になる。
腰の回転は徐々にやる。無理して急激に回すと腰を痛めます。

そして最後は体全体の筋力UPが必要です。
ダンベルやマシンなどを使わず鍛える方法として
木刀で素振りをやる事です。一歩踏み込んで上段から振り下ろす。
先端がヘソの前に来たら両前腕を絞ります。
この動作は体全体の筋肉が連鎖することによって成り立つ運動です。下半身、背筋、腹筋、肩周囲、前腕らが自然に鍛えられます。
ダンベルとかは単体の筋肉でしか鍛える事ができないので、動きに
関連しない筋トレになりやすいので無駄となります。

速いボールを打つには

色んな条件があります。私の狭い知識では

物理的な面として
まずスイングスピードを上げる。
インパクトまでのスイング距離を大きくとり加速させる。
 ティクバックで大きくする。例、大きめループスイングを描く。
(注:相手のボールが速い時は別。コンパクトなティクッバック)

 出来るだけ前でボールを打つ。(その分スイングが長くなる)
 重いラケットで慣性質量を高める。

 ボールに対し厚く当てる。カスレ気味だと回転はかかるが遅い。
 厚く当てながら薄く...続きを読む

Qなぜ、中学の部活はソフトテニスなんでしょうか?

テニスの事は、よくわからないので、教えて下さい。
私は、あくまで、楽しみと健康のため、OLの時からテニススクールに入って今日まで、細々と、時には休みながら15年やってます。全然上達しなくて(笑)キャリア半年の人のほうが上手だったりします。それが、私のペースで、まさに、下手の横好き、生涯スポーツ健康スポーツといった感じです。最近は、小学6年の息子も一緒に楽しむようになりました。
それで、今は、当然、硬式をしています。ところが、中学には、軟式部しかありません。

そこで質問は、
硬式部の中学も最近は増えているそうですが、なぜ、中学はソフトテニスが多いんですか?
テニスと言えば、硬式が一般的ですし、中学でも、硬式にしたほうが良いと思うのですが、皆さんは、どっちがいいと思いますか?

ソフトテニスの歴史は、もともと明治にラケット、ボールの輸入が困難だったことから、ゴムまりを使い始めたのが始まりなんですよね。困難というのは、ぶっちゃけて言うと、金がなかったという意味でしょうか?
日本と昔の日本の植民地中心のスポーツのイメージですがどうでしょう?

テニスの事は、よくわからないので、教えて下さい。
私は、あくまで、楽しみと健康のため、OLの時からテニススクールに入って今日まで、細々と、時には休みながら15年やってます。全然上達しなくて(笑)キャリア半年の人のほうが上手だったりします。それが、私のペースで、まさに、下手の横好き、生涯スポーツ健康スポーツといった感じです。最近は、小学6年の息子も一緒に楽しむようになりました。
それで、今は、当然、硬式をしています。ところが、中学には、軟式部しかありません。

そこで質問は...続きを読む

Aベストアンサー

少しだけ硬式テニスをやっていた者です。
たしかに硬式のほうが一般的だと思います。
中学校の時にイギリスから来た国際交流員の女性は軟式を見たことがなかったようで驚いていました。
アジアでは軟式が割と盛んなようですが。
息子さんが進学する中学校に硬式テニス部ができればいいという気持ちは良く分かります。
実際、私立の中学は硬式をやっているところがたくさんありますし、
選手になるようなひとは幼い時から硬式をやっているのでそれほど負担にならないと思います。
ただ、中学校の運動部はだいたい全国中学校体育大会(名称があいまいですが)をめざして活動しているようですが、硬式テニスの部はこの大会にはありません。
もちろん、全国大会に行くには地区予選がありますが、その中にも硬式テニスはありません。
ほかにも新人大会など、他の部活の場合に全競技一斉に同じ日程で行うような大会にも硬式テニスはないのが現状です。
硬式テニスは中学校の部活としてはあまり認められていないということでしょうか。
そのため硬式テニスをやっている中学生は県のテニス大会や民間の大会などで中学生の部やジュニアの部に出場しているようです。
本格的にテニスをやっている小学生は私立の学校に行くか、公立の中学で文化系のあまり活動がない部活に一応入っておいて放課後テニスのレッスンに通う人が多いです。

少しだけ硬式テニスをやっていた者です。
たしかに硬式のほうが一般的だと思います。
中学校の時にイギリスから来た国際交流員の女性は軟式を見たことがなかったようで驚いていました。
アジアでは軟式が割と盛んなようですが。
息子さんが進学する中学校に硬式テニス部ができればいいという気持ちは良く分かります。
実際、私立の中学は硬式をやっているところがたくさんありますし、
選手になるようなひとは幼い時から硬式をやっているのでそれほど負担にならないと思います。
ただ、中学校の運動部はだ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング