ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

FX取り引きスプレッドは1lotあたりですか、それとも1回あたりですか。初心者でスミマセン

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1回の取引単位。


1万ドルを購入でスプレッド1銭なら、1ドルの手数料が1銭だから手数料は1万銭=100円、と言う意味。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、良く分かりました

お礼日時:2016/05/19 16:14

No.2 Moryouyouです。



計算式に一部あやまりがあったので訂正します。

上記状況で、
1lotが1万(ドル)通貨単位の場合、
1lotの取引をすると、
売り買い差が、
0.3銭×1万=3,000銭【訂正部分】
=30円がスプレッド(手数料)
となります。

すみませんでした。
    • good
    • 0

う~ん。


どちらでもありません。
結論を言えば、
『1通貨単位あたり』
です。

例えば、昨今のFX業者のスプレッドの
売り文句としては、
ドル円で、0.3銭とか言ってます。
http://kakaku.com/fx/list.asp?fx_type=101

YJFXで、2016.5/16 15:30現在のレートで
1ドル(1通貨単位)
bid 108.774 ask 108.777
http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code= …
です。

読み方で言うと、
売値 108円77.4銭 買値 108円77.7銭
です。
この1ドルの買値売値の差が0.3銭
というわけです。

上記状況で、
1lotが1万(ドル)通貨単位の場合、
1万ドルの取引をすると、
売り買い差が、
0.3銭×1万=30,000銭
=30円がスプレッド(手数料)
となります。

どうでしょう?
分かりましたか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます、分かりました

お礼日時:2016/05/16 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1枚とは?1ロットとは?

1枚とは?1ロットとは?

1枚 = 10,000 通貨らしいことは分かるのですが、1ロットとは何通貨なのでしょうか?
取引会社によって、あるいは同じFX取引会社でもコースによって異なるようで
1ロット=1,000通貨のときも、10,000通貨のときも、100,000通貨の場合もあるようで
いささか混乱しています。

ここで1ロット = 最低取引単位という認識でよいのでしょうか?すなわち
1000通貨単位で取引できるコースでは、1ロット=1000通貨
10000通貨単位から取引するコースでは、1ロット=10000通貨(=1枚)
ということでしょうか?

現在DMMFXでは取引ロット数に応じたキャッシュバックを行っているようですが
http://fx.dmm.com/campaign/new/
新規取引200ロット以上とは最低取引単位で200単位以上、
1ロット=10000通貨なら、200ロット=200枚以上ということでしょうか?

素人質問ですみませんがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

あなたの見解で正しいです。1枚=1ロット=最低取引単位 でOK。
基本的に一円動けば一万円の損益になる一万通貨単位の取引コースがほとんどです。稀に初心者やリスクを極力避けたい人のために1000通貨単位の取引ができるコースを用意している業者もあります。
200枚取引するならは1億は口座に入金しないとヤバイですが、すぐ退場することになるでしょう。

Q土曜、日曜は全てのFX会社は休み?

こんにちは、みなさん!!

【質問】土曜、日曜は全てのFX会社は休みなのでしょうか?日曜に
    為替が動くニュースが流れる事もあります。しかし、売買が
    できなく、月曜の朝からすでに大きく動き買えない事があり    ます。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その認識であっています!

FXのマーケットは、
ウェリントン(NZ)現地の月曜 朝9:00~
ニューヨーク(US)現地の金曜 夕5:00まで
において取引されています。
時差の関係上、日本ではちょうど月曜朝方~土曜朝方となりますので、
それに順ずる形でFX業者も売買可能時間としている場合が多いです。

業者によっては土日は、注文、各種情報閲覧や問い合わせができるようになっていて、この点でFX会社は休んでいないこともありますが、売買自体は土日はできませんよ。

なので、週末の大きなニュース(2年前のG7とか、1年前のテポドンとかあったなぁ)で、月曜朝からレートが大きく前に、土日に指し値、逆指値などを使って注文だけ出しておけば、月曜朝のインターバンクオープンの時に買う(売る)ことができると思います。

QFXで生活している人は本当にいるのでしょうか

FXの初心者です。疑問に思うのですが、たとえ月に1万でも確実に儲ける方法を知っている人がいるのならネズミ算式にどんどん資産が増えていき、賭けるロット数をどんどん増やしていけば最終的にはその人はビル・ゲイツのような億万長者になるのではないでしょうか。ネットではFXで生活している人が実際にいるとよく言いますが、信じられません。一体どんな方法を使えば確実に儲けることができるのでしょうか。自分的にはFXで生活している人などいないのではないかと思います。

Aベストアンサー

2で回答した者です。まだ回答受付されているようなので補足しますね。

勝率60%で良いのでしたら、ひまわり証券のFXでエコトレに入っているソフトでも勝率60%超えはいくつかありますよ。
自動売買ですから、PCの電源を落としていても自動でトレードしてくれます。

このようなソフトを無料または有料で提供しているFX会社は日本でも多数あります。

ご質問のFXで生活している人が本当にいるのかどうか?ですね。
FXで生活している人がいると信じられないのであれば、FXのオフ会(飲み会など)が全国で開催されていますから、それに出席してみると良いと思います。

僕も何度かFXのトレーダーの集まるオフ会に出席していますが、そういう方々と会って話をされたり、実際にご自宅でのパーティーに出席したりすれば、本当にいるのだということを自分の目で確かめて確認できますよ。

>一体どんな方法で

確実に儲ける…とは思いません。

しかし、例えば、テクニカルでチャート2時間足・1時間足・30分足の全てのRSIが90超えなのにもかかわらず、MACDと一目でN波がデットした状態となることが1年間で数回~数十回あります。
昨年のドル円でも数十回はありましたが、そのタイミングで80銭程度の指値で新規売りをすれば勝率は90%以上になりますよね。
信じられないのでれば、自分で実際に検証されれば良いのです。そうすれば、あっ、このタイミングなら50銭~1円程度なら高確率で利食いできるのだな、というエントリーの場所が見つかります。

損をする人は、なぜそこで新規注文が出せるのか全く根拠がないといったタイミングでエントリーをしていたりします。
また、「ドル円、1万通貨、売りか買いかの1本のみで勝負」といったように、ヘッジを使わず、リスクの管理も全く無しという方もいます。
最低限、テクニカル上での売買ルールの構築は必要だと思いますし、そのルールをソフトなどで検証してどの程度の勝率が出るかを確認してから、取り入れるかどうか判断することも必要だと思います。

僕は、例えばドルに対して、FX複数口座で通常の売買をしている間、オプションでも売買をし、CFDでも逆ポジションを保有することがあります。
資金力といえばそれまでですが、FXで1本のみのトレードをするより、損をするリスクを下げることができます。

株でも、信用売買や先物の反対売買で損の穴埋めをする手法がありますが、それは為替でも同じです。
そういうことをしている人々はたくさんいるのに、初心者はそういうリスク管理の手法を知らぬまま1本売買だけでどうにか儲けようとしてしまうから余計に負けやすくなってしまうのだと思います。

まずは、ご自身の目で疑問を解決されてみてはいかがでしょうか。
自分よりも理解と実績のある方々に直接お会いして話を聞くだけでも、とても参考になると思いますよ。
そういう方々に会い、知人、友達、投資家仲間として長年にわたりゴルフでも船でも何でも付き合っていれば、それだけで充分に生活ができる専業さんがいるということも確実に実感できると思います。

参考 ひまわり証券 FX エコトレ

http://sec.himawari-group.co.jp/systemtrade/outline/ecotrade-fx/

2で回答した者です。まだ回答受付されているようなので補足しますね。

勝率60%で良いのでしたら、ひまわり証券のFXでエコトレに入っているソフトでも勝率60%超えはいくつかありますよ。
自動売買ですから、PCの電源を落としていても自動でトレードしてくれます。

このようなソフトを無料または有料で提供しているFX会社は日本でも多数あります。

ご質問のFXで生活している人が本当にいるのかどうか?ですね。
FXで生活している人がいると信じられないのであれば、FXのオフ会(飲み会など)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報