アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

 くだらない質問かもしれませんが、よく分からないのでよろしくお願いします。

 取り扱い会社ごとに、スプリットが違います。
 この買値と売値の差というのが、その会社の利益となるのでしょうか?

 そして、プロ(証券会社などのディーラー)が自己売買する時は、このスプリットがなく買値=売値となるのでしょうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>取り扱い会社ごとに、スプリットが違います。


>この買値と売値の差というのが、その会社の利益となるのでしょうか?

スプリット(split)でなく、スプレッド(spread)です。
業者は、顧客などに提示する為替レートのbidとoffer(askとも言う)のスプレッドで稼いでいます。業者は、Aさんから102円10銭でドルを買って、102円13銭でBさんにドルを売るのです。そうすると、業者にとって3銭の儲けになります。  え!、「そんなに都合よく、反対の取引をする人がいつもいるのか」ですって? もちろん、いません。うまく説明できませんが、その辺を自己のポジションを利用してうまくやるのがインターデーラー(スポットディラーとも言う)の仕事なのです。 勿論、顧客数が多ければ多いほど、取引数が多ければ多いほど、逆の取り引きがうまく一致する可能性が高まるわけで、そのためにも業者は顧客の数を増やしたいし、取引数も多くしてもらいたいのです。

なお、インターディラーのいる業者とそうでない業者があります。そうでない会社は、インターディラーのいる業者につないでいます。
レートの提示はインターディラーが行います。つまり、スプレッドはインターディラーが決めます。従って、スプレッドは会社ごとというよりインターディラーごとに違うことになります。しかし、それほど大差はないと思います。会社(インターディラー)ごとの違いより、同じ会社(インターディラー)であっても相場状況でスプレッドは変わるでしょう。相場に影響を与えるような重大なニュースが出た直後などは相場が荒れ、スプレッドは拡大します。『取り扱い会社ごとに、スプレッドが違う』ことは気にする必要はないと思います。昔と違って競争の激しい今では、スプレッドに殆ど差はありません。


>プロ(証券会社などのディーラー)が自己売買する時は、このスプリットがなく買値=売値となるのでしょうか?
 
答えはNoです。一般顧客に提示するレートと同じです。
今や一般の人でもプロと同じ条件(売買スプレッドやスワップレート、システムなど)で取引できることができます。すごいと思います。一昔前には全く想像もできなかったことです。
インターネットの発展がこうした大変革を引き起こしたのです。

それどころか、レバレッジについては、外為証拠金取引の顧客は機関投資家より恵まれています。
とんでもない時代になったものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ごていねいで分かりやすい説明ありがとうございます。

 インターディーラーの仕事って、想像しただけでかなり大変そうですね。
 うまく調整できないと、業者が損失を出してしまうのではないでしょうか? 
 もちろん一部はコンピューター化されていると思いますけど。

 プロ=一般顧客なのですか。
 これはびっくりしました。
 どうせ、プロは一般より有利なスプレッド(スプリットに非ず)で取引していると思っていました。

 こんなに恵まれた環境ですから、なんとか利益をあげるようにがんばります!
 

お礼日時:2006/01/10 00:38

>スプリットが違います。



spread (スプレッド)でしょう。トランザクションコストとも言います。

基本的に質問の通りです。

多少言葉の定義は、違うかもしれませんが一般に手数料0円のところはスプレッド大きくそこから利益をえます。一部は、その先のディーラへの手数料になります。

手数料のあるところは、手数料が取り扱い会社の収入で、スプレッド分がディーラへの手数料となります。
為替ブローカでは売り=買いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いやあ、お恥ずかしい。
 そうです。スプレッドでした!(ボーリングじゃあるまいし)

 なるほど、業者の戦略としては手数料を安くして、スプレッドを大きくという手もあるようですね。
 理想は、手数料が安くてスプレッドが小さい業者でしょうけど、業者の信用度も重要だと思います。

 私は手数料無料の業者でデイトレの真似事をしていますが、このスプレッド分を抜くだけでも一苦労です。

 ご回答ありがとうございました。
 

お礼日時:2006/01/10 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1枚とは?1ロットとは?

1枚とは?1ロットとは?

1枚 = 10,000 通貨らしいことは分かるのですが、1ロットとは何通貨なのでしょうか?
取引会社によって、あるいは同じFX取引会社でもコースによって異なるようで
1ロット=1,000通貨のときも、10,000通貨のときも、100,000通貨の場合もあるようで
いささか混乱しています。

ここで1ロット = 最低取引単位という認識でよいのでしょうか?すなわち
1000通貨単位で取引できるコースでは、1ロット=1000通貨
10000通貨単位から取引するコースでは、1ロット=10000通貨(=1枚)
ということでしょうか?

現在DMMFXでは取引ロット数に応じたキャッシュバックを行っているようですが
http://fx.dmm.com/campaign/new/
新規取引200ロット以上とは最低取引単位で200単位以上、
1ロット=10000通貨なら、200ロット=200枚以上ということでしょうか?

素人質問ですみませんがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

あなたの見解で正しいです。1枚=1ロット=最低取引単位 でOK。
基本的に一円動けば一万円の損益になる一万通貨単位の取引コースがほとんどです。稀に初心者やリスクを極力避けたい人のために1000通貨単位の取引ができるコースを用意している業者もあります。
200枚取引するならは1億は口座に入金しないとヤバイですが、すぐ退場することになるでしょう。

Q買う人が多いと上がる?下がる?

6月から始めた初心者です。

株とか物の値段は、買う人が多いと値段が上がりますよね。
FXの場合はどうなんでしょう?
上がるだろうと、買いのポジションを持つ人が多いと相場は上がりますか?

陳満咲杜氏の本を読んでいるのですが、売りポジションが多いと上がるという表現があり悩んでいます。

Aベストアンサー

FXでも同じことで、
ある通貨について買われると値段は上がり、
売られると値段は下がります

たぶん本の中で言われてることは
買われすぎ、売られすぎになると、
自律反発的に、売り抜けや買い戻しが
起きてくるとことについてでしょう。

ご存知のとおり
買いポジションは売りで決済して
売りポジションは買いで決済しますね。

あなたが決済する相手は、
あなたのポジションを買っているのです。

つまり、溜まってきた売りポジションに対して
割安感から買う人が多くなると、
今度は値段が上がってくるわけです。
このとき、相場には底が形成され、相場は反転します。

値段が上がってからの仕組みはその反対ですね。
割高感が出て売られ始めると、相場には天井が形成され、
値段は下り坂になります。

FXや相場をする上で
底売りと天井買いだけは避けたいですね。
もし、そういうポジションを持っていることに気づいたら、
すぐに損切りましょう。


また、もう上がらないだろうと売りポジションが増えてくると、
逆に買い進まれる動きが、相場には往々としてあります。

そのポジションに設定されたストップロスつまり
損切り決済の買い注文を、投機的に狙ってくるわけです。

大量のストップロス決済が実行されると一気に値段が動き、
その動いた値段で、さらに決済が行われるという仕組みです。

自主的に損切りを設定していないと、
大きな値動きに耐えられず、ロスカットとなる場合もありますので
くれぐれも資金管理を徹底してくださいね。

FXでも同じことで、
ある通貨について買われると値段は上がり、
売られると値段は下がります

たぶん本の中で言われてることは
買われすぎ、売られすぎになると、
自律反発的に、売り抜けや買い戻しが
起きてくるとことについてでしょう。

ご存知のとおり
買いポジションは売りで決済して
売りポジションは買いで決済しますね。

あなたが決済する相手は、
あなたのポジションを買っているのです。

つまり、溜まってきた売りポジションに対して
割安感から買う人が多くなると、
今度は値段が...続きを読む

Q土日でも為替の変動が見れるサイトは?

土日でも為替の変動が見れるサイトはありますでしょうか?

見たいのは円/USドルですが。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらですか?

http://www.ne.jp/asahi/cme/globex/fx4.html

ここの注意として土曜日にどんなに相場が動いても無視して下さい。
ほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
日曜日の26時(月曜の午前2時)すぎまで相場の変動がそのままの場合は月曜日の相場に影響がある場合があります。(9月10月に2回ずつ有りました)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報