プロが教えるわが家の防犯対策術!

KLX250SRについて。

最近免許を取ったド素人ですが、数年放置されエンジンがかからなくなったKLX250SRを格安で知人を通じて購入しました。

まずタンクの錆を落としてコーティング。
次にキャブをオーバーホール。
メインジェット、スロージェットの穴通り確認済み。
プラグを新品にして火花を確認。
管をつないでキャブのドレンからガソリン出ることを確認。

その後キックを踏み倒しても全くエンジンがかかる気配がありません。
押しがけでは一度かかったのですが、その後キックで頑張るもかかりません。

これまでやってきた事の他に何かやるべきことはありますか?
お詳しい方、助言をよろしくお願いします。

A 回答 (4件)

チョークは引いていますか?チョークを引いていたとして圧縮があって火が飛んでるのにキックではかからないのであればキャブレターのオーバーホールが不完全だった可能性が高いです。

メインジェット、スロージェットの穴だけではなくチョークの経路やエアクリ側からみてジェットにつながる小さな穴などすべての経路が綺麗に通っているか確認してみてください。
油面の高さは透明のドレンホースならキャブレターの側面に折り返してドレンボルトを緩めればホースに油面と同じ高さまでガソリンがたまりますのでわかると思います。だいたい合わせ面ぐらいの高さであれば問題ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

チョークは引いていました。
OHが不完全...前の回答者も仰ってましたが、やはりその可能性が高いようですね。
油面高さの確認法までご教授頂きましてありがとうございます。
透明のホースではないですが、用意して確認してみます。

お礼日時:2016/06/19 06:46

>押しがけでは一度かかったのですが


キックの時デコンプで圧縮が解除されますが次の行程にもデコンプのままなんじゃないでしょうか?デコンプの機構がどうなっているのかネット検索では分からないのでヘッドカバーを開けて見るしかない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

デコンプの機構...
見て解ればいいですが自信はないですね。
そうなった場合はプロにおまかせするしかないですね。

お礼日時:2016/06/19 20:49

キャブの掃除

    • good
    • 1
この回答へのお礼

キャブの掃除ですか。
やったつもりだったのですが...
もう一度しっかりやってみます。

お礼日時:2016/06/18 21:36

押しがけは、ガソリンをピストンが長く吸い込んでかかったのだから、フロート油面が下がってるのだと思いました

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
フロート油面ですか。
調整方法を調べてトライしてみます!

お礼日時:2016/06/18 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング