他の方の過去の質問を引用させていただきますが、
==========================
▼質問引用
現在の会社(最近転職しました)では国内出張、海外出張の移動日が土曜日および日曜日になった場合、休日出勤および代休が認められていません。

たとえば、日曜日午前中の便で日本を発ち、帰りが土曜日の午後の場合、日曜日、土曜日とも移動日ということで休日出勤および代休の申請ができません。
ただ、日曜日の午前中に成田に行くためには日曜日の朝一に家を出る必要がありますし、土曜日の夕方に成田についても都内の自宅までは約2時間かかります。

ちなみに国内出張でも土、日に移動しても同じです。

明らかに会社の仕事のために土日の休みの時間を使っているので、帰宅時間によって0.5日、もしくは1日等の休日出勤手当もしくは代休が認められなければおかしいと思っています。
==========================

==========================
▼回答の一部引用
> 明らかに会社の仕事のために土日の休みの時間を使っている

としても,それは単なる移動であって業務ではありません。業務を行っていない以上それに対する賃金を支払う必要はありませんし,代休を与える義務もありません。
たとえば,時給で働いている人が通勤に時間がかかるからと言ってその間の分の給料をよこせと言ったら納得しますか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7177909.html
==========================
↑こちらの回答だと論点がずれてると思うので、似たような境遇を経験した身として
質問させていただきます。

あくまで出勤日は所定労働日の「平日」であるため、
今回の質問、疑問は、所定労働日以外の「休日」を会社の移動により「拘束」されている。
ということを問いているのではないでしょうか。

会社出社予定日が休日の翌日であったとしても、「休日」を会社事情で「拘束」されているという事実は、会社側として何らかの手当・対応をとるべきではないでしょうか。

通常の出社日では通勤の際の移動に対し、
時給は支給されないものの、「交通費」は支給される会社がほとんどですよね。

通常拘束される義務のない「休日」の場合は、それ以上の措置は普通に考えても
代休・出張手当などの措置は必要かと思うのですが、いかがでしょうか。

他サイトで「移動は労働にあたらないので何の措置も必要ない」と書かれて方がおりますが、
労働うんぬんではなく「休日」に会社に「拘束」されている時間に対しては、
法律上対価を得る権利と会社側は与える義務があると思うのですが、同じ境遇の方、
どう思いますでしょうか。

そもそもの話し、
仮に規定が『会社に拘束されている「時間」』ではなく、「労働」にフォーカスをおいてるのだとすれば、その規定自体を見直すべきではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

労働基準法等に、「出張時の休日移動」云々について、定めはありません


(と、思います。)。
従って、上記の様な問題は、会社内の問題で、直接、上司に訴えるべき問題
でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

lindbergさん、ご回答いただきありがとうございます。

>労働基準法等に、「出張時の休日移動」云々について、定めはありません
(と、思います。)。

なるほど、そうなんですね。
私も労基の人間ではないので確証はありませんが、

>従って、上記の様な問題は、会社内の問題で、直接、上司に訴えるべき問題
でしょう。

こちらはやはりそうですよね。
「休日」を「拘束」してることに対して何も配慮しない会社側が根本の問題であって、
そしてそのことを「問題視」せず普通だと勘違いさせられてる環境を見直す良いきっかけになりました。

他サイトでは「出張時の休日移動は何の措置も必要ない」と間違った情報を流してますが、
この質問内容をご覧になられた方には正しい情報を伝えられればと思います。

ご回答、ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2016/06/27 00:03

おかしくありませんが、おかしいと思うなら月曜日に出発して、金曜日中に帰宅してください。



休みが欲しいなら有給休暇でも消費すると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

そしてご回答いただいた中申し訳ないのですが、
>おかしくありませんが、おかしいと思うなら月曜日に出発して、金曜日中に帰宅してください。
そういうことではなく、質問した内容に則ったご回答をいただきたいのです。

また、「おかしくありませんが、おかしいと思うなら月曜日に出発して、金曜日中に帰宅してください。」と
ご回答いただいておりますが、area_99さんも私の質問の内容にこの回答ということは、
「もちろん普通だとこの考えに至る」ということで、結果「休日に会社側に拘束されることは普通ではない」ということですよね。

そういうことではないというのでしたら、私が質問させていただいた
>労働うんぬんではなく「休日」に会社に「拘束」されている時間に対しては、
法律上対価を得る権利と会社側は与える義務がある

上記を踏まえた上で「おかしくない」理由を具体的に教えていただけますと有り難いです。

お礼日時:2016/06/26 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q休日出勤の代休と振替休日について

会社から休日出勤の命令が出て、振替休日日も指定されています。
(どちらも就業規則に定義済)

その場合に、振替休日日に休みを取得できなかった場合、後日別の日に休みを取ると、代休扱いになるのでしょうか?

Aベストアンサー

振替休日の場合は時間外の割増(125%)がつくことがあります。つくことがないのは、休日労働割増賃金(135%)です。代休の場合は時間外または休日にあたる割増分(25%または35%)を支給しなければなりません。

御社でどういう定義をしているか知りませんが、本来の振替と代休の違いは上記の通りです。

で、振り替えた休める日をさらに振替の要件(事前に休みと勤務日の入れ替え指定)を満たせば、再休日振替は可能です。この要件を満たせない場合は、すべて代休扱いです。

Q土日出勤と代休

就業時間9-5時の7時間で週休2日制です。事前承認で土日に出勤した場合、実労働時間7時間を超えないと振替え休日1日がとれないということになっています。

たとえば、日曜のアポ12-13時のために日曜が使えなかったのに、法律では実労働時間で換算されるのでしょうか。無条件でつぶれた土日の代わりに全1日の休みは取得できないことになっているのでしょうか。

休日手当はでませんので、休日をつぶした補償としては、代わりの休みしかないのです。それさえも「実労働時間」ですと、おかしいとおもうのですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

この問題を考えるときには、振替休日と代休の違いを理解しておかないといけません。maguroshainさんの質問は代休の問題で振替休日の問題ではありません。振替休日の場合にはA休日に出勤した代りのA´休日が「予め指定」されていなければいけません(A休日が労働日になりA´が休日になりますので、労働日は増えません)。代りのA´休日が指定されていないA休日出勤は労働日(休日労働)になったままですから単純に労働日が増えることになります(この場合に後から“随時”にA´休日を取るのが代休です。代休は予め指定されていません)。労働日が増えると賃金が増えるのが原則です。なお、ここでいう休日、振替休日、代休、労働日は全て原則として(24時間勤務制を除き)日単位になります。

以上のことを前提に考えれば質問の日曜は例え1時間しか労働しなくても労働日となり賃金が増えますが、必ず代休を取れるとは限りません。仮に就業規則等の規定により“随時”に代休が取れる場合には当然その日は日単位になります。なお、賃金については実際労働した時間分増えるのが原則でしょう。

>休日手当はでませんので、休日をつぶした補償としては、代わりの休みしかないのです。

以上のことからご質問の日曜は労働日となりますから、必ず賃金が増えなければ賃金不払になります。労働基準法第24条(賃金の支払)違反です。

ご質問の場合の賃金を敢えて言えば、週休2日制で週の労働時間が(7時間×5日)+1時間=36時間になりますので割増賃金は付かないでしょう。

この問題を考えるときには、振替休日と代休の違いを理解しておかないといけません。maguroshainさんの質問は代休の問題で振替休日の問題ではありません。振替休日の場合にはA休日に出勤した代りのA´休日が「予め指定」されていなければいけません(A休日が労働日になりA´が休日になりますので、労働日は増えません)。代りのA´休日が指定されていないA休日出勤は労働日(休日労働)になったままですから単純に労働日が増えることになります(この場合に後から“随時”にA´休日を取るのが代休です。代休は予め...続きを読む

Q会社が指定した休日(日本の土日・祝祭日)に海外出張した場合の労働時間について

日本の祝祭日に、海外出張にて現地で労働しました。
そしてこの労働に際しては、当方含め関連部門長も参加しおります。
この場合、日本の休日労働になるのでしょうか?
そして、休日労働に該当するのであれば、労働時間は実作業時間となるのでしょうか?
因みに出張手当は支給されます。(大した金額ではないですが)

Aベストアンサー

私の所では、国内・国外を問わず、出張期間中に実際に業務を行った休日については、原則として振り替えになります。
振り替えますので、当然平日扱いとなります。
また、事業所外の労働は、労働時間の多少に関わらず見なし労働となる規定のため、所定の労働時間を勤務したものと見なされます。

Q休日出勤した後に、強制的に代休取らせるのは合法?

いつもお世話になります。

うちの会社の規約には、「休日出勤した場合、代休を取ることができる」とあります。
去年までは、みんな普通に残業時間として申請していました。
有給休暇も殆どの人が流す状況で、代休をとるメリットは全く無いからです。

ところが最近、昨今の不況を受けて人事部から、
「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
みたいな啓蒙メールが来て、うちの事業所では残業をゼロにすべく管理職が血眼になって、部下に無理矢理代休を取らせています。

そこで質問なのですが、
残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
これは社則にある場合と無い場合、両方で教えて頂きたいです。

なお、残業時間は36協定を遵守している状態とします。


人が減って仕事は増えるのに残業はさせない。
仕事が消化出来ていないと考課を下げる。
結局サービス残業をせざるを得なくなり、会社はニンマリ。

どこもそうでしょうが、労働者を家畜程度にしか考えていない会社にうんざりします。

いつもお世話になります。

うちの会社の規約には、「休日出勤した場合、代休を取ることができる」とあります。
去年までは、みんな普通に残業時間として申請していました。
有給休暇も殆どの人が流す状況で、代休をとるメリットは全く無いからです。

ところが最近、昨今の不況を受けて人事部から、
「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
みたいな啓蒙メールが来て、うちの事業所では残業をゼロにすべく管理職が血眼になって、部下に無理...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ、dkazさん。
>「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
どこの会社でもやっている手段でしょう。弊社でもやっています。

>部下に無理矢理代休を取らせています。
強制的に取らせることは出来ません。強制労働の逆のパターンといえるでしょう。

>残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
労使間の合意の基に執行される場合は合理的と言えます。
労働時間の相殺。
但し、手当をどう扱うかに由ります。
休日出勤:単価×1.25
休日出勤残業:単価×1.50
普通残業:深夜勤務を除く延長勤務 単価×1.25
深夜残業:午後10:00~翌午前5:00間の残業時間 単価×1.50

割り増し賃金まで相殺することは出来ません。

>社則にある場合と無い場合、両方で教えて頂きたいです。
・社則にある場合:代休制度がある場合は、そのまま代休を取得することができます。
        :割増賃金に定めがある場合も同様に社則に遵守。

・労協にある場合:社則と同様

・社則にない場合:元々「無い」と言うことは無いと思います。
休日・賃金について曖昧なものは労働基準監督署が改善を求め受け取らないはず。

・社則そのものが元々無い場合:従業員10名未満の会社・個人企業にはありえることですが経営者との協議になります。それは賃金に元々含まれている可能性があるからです。「みなし賃金」といいます。

・弊社では、
(1)例えば休日出勤8時間した場合、そのまま別の出勤日に振替えて貰って労働時間の相殺します。但し、割増賃金分だけは別途支払います。

(2)通常残業の合計が8時間を越えた時点で本人に残業時間を相殺するかどうかを判断してもらいます。労働時間を相殺しても割増賃金分だけは別途支払います。

どちらにしても強制はしていません。
経営者側にとっても、残業・休出代をまるまる支払わなくても良いというメリットと
労働者側にとっても、公休と別に休暇を取れるメリットがあります。プラス割増賃金分だけはもらえます。

需要と供給のバランスをとらないと会社がバラバラになるのでご注意を!不平不満が充満します。残業や休出を御願いしたいときに御願いできなくなります。

>労働者を家畜程度にしか考えていない
おっしゃるとおりですね。私も中間管理職としてつらい立場です。
もし、dkazさんが中間管理職・組合の執行委員ならば提案してはいかがでしょうか?弊社のようなパターンも世の中には実際に存在します。

では、

こんばんわ、dkazさん。
>「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
どこの会社でもやっている手段でしょう。弊社でもやっています。

>部下に無理矢理代休を取らせています。
強制的に取らせることは出来ません。強制労働の逆のパターンといえるでしょう。

>残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
労使間の合意の基に執行される場合は合理的と言えます。
労働時間の相殺。
但し、手当をどう扱うかに由ります。
休日...続きを読む

Q休日出勤と代休について

休日出勤した場合、35%増の割増賃金を支払うことになると思いますが、下記の件についてご教授お願いします。
1.代休ありの場合
  例えば4時間の休日出勤があった場合、1時間あたりの賃金はどのよ  うにして算出するのが一般的ですか。
  例えば、4時間で4000円の賃金だとすると1400円のみの支払いとい  うことですか。
2.代休なしの場合
 代休なしの変わりに手当て10000円の支給だとすると、上記の場合、
 4000+1400+10000円の支払いということですか。
3.休日出勤の割賃は管理職にも該当しますか。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.代休ありの場合
例えば4時間の休日出勤があった場合、1時間あたりの賃金はどのようにして算出するのが一般的ですか。例えば、4時間で4000円の賃金だとすると1400円のみの支払いということですか。

そうです。

2.代休なしの場合
代休なしの変わりに手当て10000円の支給だとすると、上記の場合、4000+1400+10000円の支払いということですか。

代休なしの場合であっても4,000円+1,400円でかまいませんが、代休なし手当て10,000円を支給することになっていれば、それでもOKです。
休日出勤割増さえ支払われていれば、あとはどのように決めてもかまいません。

3.休日出勤の割賃は管理職にも該当しますか。

No.1さんと同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報