ちょっと変わったマニアな作品が集結

小学5年生の子供です。

算数障害かどうかはわかりませんが、一部、算数の授業が全然理解出来ません。家庭でフォローしているのですが、どう教えたら伝わるのか、とても困っています。

小学3年生では、筆算の理解にとても苦労しました。
数字を色分けし、計算の順序を記入し、答えをどこに書くかも記入し、数を多くこなし、ようやく出来るようになりました。
一度、理解し、頭に入るとスムーズに出来るようになります。

心理士さんには、『抽象的な概念が苦手で、苦手なことに関する理解力は、例えば今が3年生なら、1年生だと思ってください。筆算を1年生で理解するのは大変ですよね?そこをふまえて、教えてあげてください。』と言われました。

現在、5年生で「計算の工夫」「容積・体積の計算」「少数の倍」など、全てつまづいています。

家庭で教えるのはなかなか難しく、理解を助けるおすすめの補助教材やドリルがあれば教えていただきたいです。聴覚ではなく、視覚優位です。

心理士さんには「はじめのいっぽ」を紹介されましたが、低学年の項目が多く、高学年の算数について記載が多いものを希望しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

算数障害ではないようですけど・・


 算数障害って、文字通り、単純な足し算や掛け算もできないことが多いのです。
 お子さんの場合は、「抽象的な概念が苦手」に尽きるのじゃないかと、簡単な数を扱うという抽象ではなく、文章や会話から数式に置き換えるという意味での抽象化ができていない気がします。

>「計算の工夫」「容積・体積の計算」「少数の倍」
>心理士さんには「はじめのいっぽ」を紹介されましたが、低学年の項目が多く、高学年の算数について記載が多いものを希望しています。
 それは違いますよ。「はじめのいっぽ」は、どこに算数が苦手な原因があるかを見つけることに主眼が置かれていたと思います。
 それが「低学年の項目が多く」役に立たないと言われるのでしたら、算数障害というより、抽象化の問題じゃないかと。

確認ですが
・計算自体はできますか?
  九九、二ケタの掛け算とか
・文章や会話から図や式が読み取れるか??

 たぶん、後者ができないのではないかと。幼児期に「読み聞かせ」は十分されましたか?。ご両親は本を読まれますか??--家に小説などの本がたくさんあって、本に触れ合う機会はあり、子供は親が本を読んでいる姿を見て育ちましたか・・・。マンガじゃないですよ。
 図示されているもので数学を説明しても、文章が変われば図示できない。式も導けない・・・。そちらが問題なのではないかと。

 そのあたりを確認してください。

 算数障害はままある発達障害で、それでもちゃんと社会生活は送れますよ。スマホも電卓もあるし生活には困らないでしょう。問題は文章や会話から、計算機に打ち込むという前段階だとしたら、社会生活に支障が出ます。文章や会話を理解できないことを意味しますからね。

 ちゃんとした診断を受けられることが最初ですが、読書を勧める。といっても強制するのではなく、家庭生活の中で親が読書を楽しんでいる風景を見せ、自発的に本を手に取るように仕向けること。
    • good
    • 0

視覚優位なら、アプリや学習ソフトなどPCやゲーム、タブレットなどを利用され手はどうでしょうか。


http://nanaio.hatenadiary.jp/entry/2015/01/25/11 …

あと、低学年の項目が多くても低学年から追って躓きを探してあげる必要もあると思います
定着が弱い子だと、すでに忘れていることも多いので。

あとは明治書院の「グレーゾーンの子供に対応した算数ワーク」
は数冊にわかれているので、必要な単元のあたりを選んで買うことはできると思います。

あと、大きな本屋さんなどの
「学習教材」や「学習参考書」のコーナーではなく
「教師向けのコーナー」に行くと
グレーゾーンの子、LD,発達障害の子向けのドリル、教材、指導のてびきや指導方法
などがたくさんあるので
中身を実際見て、質問者さんが求める、お子さんにあったものを探してみてはどうでしょう。
やはり合う合わない、がありますので中身を見比べてみるといいと思います。

あとはうちは動画に上がってる講義なんかも
見せるのではなく
好きに停めたり、戻したり、何度も繰り返して見られるようにすると
わかるまでできて、良かったみたいです。
ただ、わかりたい意欲がないとこれは難しい方法ですけどね。


あとは、理解させずにとりあえず目の前のことをこなすために
「作業として、暗記させる」というアプローチも仕方ない場合もあるかナ
とは思います。
大学も出てまあまあ人気の難関職についている人で
ずっと暗記だったから、今小学生の算数が理解できて楽しいって人がいます。
その人はEテレの算数や動画の講義を好きなだけ戻したり繰り返してみて
やっと意味がわかった、こんなに面白かったんだ
なんて言ってます…。

何か合う方法や教材が見つかるといいですね
    • good
    • 0

チャレンジタッチを使っては、いかがですか?


わかりやすく、教科ごとの
、先生が教えてくれます。
基礎、応用、パワーアップがあります。
    • good
    • 0

No.2のリンクを見たんですがうるさいですね・・・・


ネット上ならここのほうがいいと思います(集中できるので)
http://www.morinogakko.com/classroom/sansu/sansu …

あと
>どれも実際に小学校で利用しているサイトです。どんどん利用して下さい。
学校の教材ではうまく分からないので困っているのですよ
こことかどうでしょう
http://happylilac.net/syogaku.html#down2
問題がダウンロードできます。
    • good
    • 0

http://www.tos-land.net/system/content_text/atta …
小学校低学年が大好きなゲームのサイトです。これで基本的な四則演算をしっかり覚えさせて下さい。
 怪盗ねこぴーも人気があります。それならお子さんの出来るところから復習することが出来ます。
勿論プリントも大切ですので数枚のプリントをしてからゲームをするようにすれば、やる気になると思います。
 大事なことは今何年生と考えるのでなくてお子さんが何処まで理解しているのかしっかり見て上げることです。
http://www.ed2.city.yamato.kanagawa.jp/archive/p …
 どれも実際に小学校で利用しているサイトです。どんどん利用して下さい。
    • good
    • 0

いまは大学生でも、分数の計算や千円の2割5分引きが


いくらになるかが分からない人が普通に存在する時代ですので、
焦らずに、基礎を身に着けることから始めて参りませんか、で、
とりあえずは「インド式算数」で数字と計算に慣れ親しみながら、
確実に正しい答を算出できることに重点を置いて参りませんか。

なお、国語力は全ての学科のバックボーンですので、
『国語と算数を同時に伸ばすパズル』なども併せて怡しんでみることも
おススメしたいです。同じ著者の『賢くなるパズル』も、おススメ。
開成・麻布を目指している小学生はその上級編をクリアしている
ということで、それを1つの目安にしてみると
宜しいのではないでしょうか。

[お子さんは発達障害ではないのですね。発達障害ですと
算数系に強い子・国語系に強い子に分かれるそうなのです。
万一にでも、そうした懸念がおありならば、
『子どもの脳にいいこと』
『続・子どもの脳にいいこと』
『新・子どもの脳にいいこと』が参考になるかもしれませんので
公立図書館等で読んでみませんか]

過去の中学入試問題の体積や面積の問題を多数、解けば、
自信になるのではないでしょうか。用意してあげませんか。

[説明の仕方でも理解が違って参りますので、先ずは、お子さんの
思考展開・思考癖を知ってみることから始めてみませんか]

市販の論理パズル・数独(=ナンプレ)等も、怡しまれると
宜しいのではないでしょうか。
Bon Voyage!
Ciao.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学習障害? 特に数学の勉強の教え方を教えて下さい

学習障害? 特に数学の勉強の教え方を教えて下さい

子供の数学の理解力が乏しく困っています。中学2年生なんですが、足し算・引き算すら危うい状態で、2-15なのど、マイナスの計算になると 答えが「17」「13」「-17」など、ほとんどあてずっぽで答える始末で、ちゃんと理解ができていません。-8-9など、マイナスが続いたりしても混乱します。買い物で¥990と¥390を購入し、いくらか尋ねてみると、本人はよくよく考えた上で「1000幾らか」と答えます・・・。加減法ですでにこの状況なので、もちろん掛け算・割り算、分数なども理解できておらず、学校の問題は計算でつまづく為ほとんど理解できず、1学期末テストでは0点でした。
教室で みんなと勉強するのは難しいだとうと家で個人的に教えてみるものの、足し算引き算でひっかかり、升目やメモリを書いてまでして教えても、ピンときていない様子を見ていると、私自身もどう教えてよいのか、どうしたら理解させてあげられるのか全くわからなくなってしまいました。
100マス計算を少しやりかけておりますが、普通の8+7なども、ゆっくり考えないと書けない様子で、小学生より時間がかかっています。
私も今まで何人か家庭教師などで、成績の悪い子に教えてた経験もあるのですが、この子には数学的概念がないのかと疑う程の感じがし、学習障害があるのではないかと思い始めています。
たとえ、学習障害があったとしても、その障害に合わせた教え方をすれば、ある程度は伸びると聞いたことがあります。
どなたか こういう子供への有効な教え方を教えて下さる方か、もしくは兵庫県内で学習障害の子への勉強方法の講習がひらかれいる場所をご存知の方は、私自身勉強したいと思っているので、教えて頂ければたすかります。よろしく御願いします。
(ちなみに数学以外の成績も悪く、どの教科も下から一桁くらいです)

学習障害? 特に数学の勉強の教え方を教えて下さい

子供の数学の理解力が乏しく困っています。中学2年生なんですが、足し算・引き算すら危うい状態で、2-15なのど、マイナスの計算になると 答えが「17」「13」「-17」など、ほとんどあてずっぽで答える始末で、ちゃんと理解ができていません。-8-9など、マイナスが続いたりしても混乱します。買い物で¥990と¥390を購入し、いくらか尋ねてみると、本人はよくよく考えた上で「1000幾らか」と答えます・・・。加減法ですでにこの状況な...続きを読む

Aベストアンサー

「見える学力、見えない学力」岸本裕史著、「続 見える学力、見えない学力」岸本裕史著、を読んでみてください。
子どもの発達には、節があります。3歳、10歳、14歳。障害児教育では、10歳の壁といわれたこともあったようです。飛躍的に成長するので、親やまわりの人がついていけずに、反抗する、と感じるのでしょうか。「反抗期」とも、よばれます。
教育の専門家に相談してみてください。発達障害は、昔は理解されませんでしたが、研究がすすんできました。
教育委員会、大学の教育学部、養護学校などに問い合わせてみてください。
図書館にも、障害児教育の本は、たくさん置いてあると思います。

http://www.tarojiro.co.jp/cgi-bin/SearchMain.cgi?operation=3&ISBN=978-4-8118-0741-6
http://www.tarojiro.co.jp/search/arithmetic/index.html
http://www.tarojiro.co.jp/search/kanji/index.html

絵本の読み聞かせ、やってみませんか?
http://www.koubunken.co.jp/0100/0090.html

NHK高校講座 家庭総合
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/katei/index1.html

「オール1の落ちこぼれ、教師になる」宮本延春著、角川書店、この本を読んでみてください。

人間の教育は、50人学級や40人学級で、やっていけるほど単純ではありません。理想的には、一人の人間に複数の教師が必要です。欧米では、20人学級くらいが標準です。教師の質も、日本よりずっと高いです。

「見える学力、見えない学力」岸本裕史著、「続 見える学力、見えない学力」岸本裕史著、を読んでみてください。
子どもの発達には、節があります。3歳、10歳、14歳。障害児教育では、10歳の壁といわれたこともあったようです。飛躍的に成長するので、親やまわりの人がついていけずに、反抗する、と感じるのでしょうか。「反抗期」とも、よばれます。
教育の専門家に相談してみてください。発達障害は、昔は理解されませんでしたが、研究がすすんできました。
教育委員会、大学の教育学部、養護学校などに...続きを読む

Q小学3年生の娘 算数 学習障害?

この4月に小学3年生になったばかりの娘を持つ父親です。質問は子供が算数がとても苦手(できない?)なことについてです。最近まで恥ずかしながらカミサンに勉強をかなりまかせきりにしており、どれくらいできないかはっきり理解してませんでした。つい先日、カミサンが子供に宿題を教えていた時、あまりに子供が教えてもできないためものすごくイライラして子供に向かって目に余るくらい怒っていたので、私が代わって見たところ時計の問題を解いていたのですがあまりにもできないので、どれくらいならできるかなと試しに600+40は?15-8は?等の問題を出してみると600+40が6004になったり、460になったり、15-8もすごく時間かかったりするのです。他の日にもいくつか問題を出してみましたが、2桁-1桁の引き算の暗算などが九九・割り算に比べ明らかに駄目なのです。駄目なので問題を出すとすごく嫌そうなめんどくさそうな顔をします。小学3年生になってこんなこともできないの?と大変心配になりネットでいろいろ調べてみると学習障害という病気があることを知りました。たしかにうちの子も本を読むのが大好きで書いたり読んだり他のことはまったく普通にできるのですが、計算だけが駄目なのです。(ですが九九はクラスの中でも一番くらいに覚えてできたようです)とっても心配になり子供の将来のことが不安でしょうがなく、一刻も早く対応したほうが良いと思い、本日、専門の病院に診断・検査を受けに行ってきました。本日の検査では、全体の知能指数をみるだけのようで知能指数的にはごく標準レベルとのこと。(ただパズルや迷路など視覚的に捉えることが少し苦手な数値が出ているとのこと)計算については本日も繰上算や繰下算もいくつか出してどれくらいのレベルか確認していたようですが、詳しい検査はまた後日するということで帰ってきました。帰宅後、子供がどれくらいできるかもっと把握したほうが良いと思い、一度かなり前に解いた事のある2年生用の繰り下げ算筆算の3桁-2桁等のドリルを解かしてみたところ、指を使いながらではありましたが、驚くことに標準時間よりも短時間ですらすらと解いていくのです。正解率も20問くらいで2問間違えただけでした。このことは嬉しい驚きで、筆算で指を使いながらならできるの?では先日の600+40があんなに変な答えになってしまうのはなぜ?15-8にすごい時間がかかったのはなぜ?(カミサンに怒られて嫌気が差していたから15-8の方は時間がかかっただけ?)と訳がわからなくなってしまいました。たしかにカミサンに聞いたところ、2年生のときに担任の先生に一度、算数が出来ないことについて障害とかないですかみたいなことを聞いたことがあるみたいなのですが、「苦手なのはたしかですが障害とかではないと思いますよ。指を使わないとできないのもじきに使わないでもできるようになると思うのでそんなに心配する必要はないと思います。」のようなことを言われたらしいのです。通知表も2年生のものを3学期分全て見直しましたが、算数はいずれの項目も3段階の真ん中のBでした。普段の算数のテストもいつも平均点くらいはとってくるようです。
次回の計算に特化した検査でもっとはっきりするのでしょうが、心配で心配で。。これだけの情報ではよくわからないかとは思いますが、3年生にもなって600+40が6004などと答えるうちの子は処理能力に問題がありやはり学習障害(LD)になるのでしょうか?それともただちょっと苦手なだけの部類で済むのでしょうか?4月からはそろばんも習わせています。もちろんこれからは算数を重点的に夫婦でケアしていく予定です。カミサンは、病院の先生がはじめから障害と決め付けたような言い方だったり学校にすぐ連絡すると言ったり、他にも結構きついいやな言い方をされたこともあり、子供をそんなに障害者扱いしたらかわいそうだ、そんな大事にしないで(学校などには知らせず)いいじゃん。と言って私が病院に連れて行ったことを非難するなどで夫婦喧嘩になったりしてしまいました。私としては、素人ではなくしっかりとした専門家に一刻でも早くみてもらってしかるべき対処をした方がよいと思い、いろいろ行動したわけなのですが。万が一、算数の時間だけ特別支援の授業を受けることになってもたしかに子供にとっては他の子と違うためかわいそうな惨めな思いを今はするかもしれないが、全くわからないまま普通クラスで授業を受けているよりは全然マシだし、将来的にはプラスになると思います。しかしかみさんには特別クラスで受けさせるのはかわいそうすぎると理解できないようなのです。いろいろとまとまりのない質問になってしまいましたが、初めての経験であまり知識もなくとても混乱しています。何かアドバイスなりをいただけたらと思います。

この4月に小学3年生になったばかりの娘を持つ父親です。質問は子供が算数がとても苦手(できない?)なことについてです。最近まで恥ずかしながらカミサンに勉強をかなりまかせきりにしており、どれくらいできないかはっきり理解してませんでした。つい先日、カミサンが子供に宿題を教えていた時、あまりに子供が教えてもできないためものすごくイライラして子供に向かって目に余るくらい怒っていたので、私が代わって見たところ時計の問題を解いていたのですがあまりにもできないので、どれくらいならできるかな...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。塾業界の者です。私もこれまで様々な生徒さんに接してきました。私自身はいわゆる発達の専門家ではなくあくまで塾での経験談としての話であるとしてお読みいただければ幸いです。

まず割り算や九九がスムーズにできて引き算や桁の異なる足し算で混乱するというのは割とあるケースだと思います。
割り算はそれほど苦労されていないとのことですが、あまりのある割り算(例えば7÷2など)はいかがですか。割り算の場合、計算の過程で掛け算の逆と引き算を用います。余りがない割り算で、さらに割られる数が九九の範囲内である場合なら九九が速いお子さんは抵抗なく入ります。ただし例えば、20÷2など掛け算九九を超えた範囲などになるとまず第一の壁です。この場合私は、お金で考えさせます。20円を二人で分けたら一人いくら?とそうすると「10円」とすぐに出て来るお子さんの場合じゃあ20÷2は?と聞くと10と答えられるので一つの壁を超えるきかっけとなります。こういう状態ならばあまり心配はいらないと思います。ただし、お金に置き換えて考えても全くぴんとこないという状態の場合、いわゆる数字の概念に対する理解も含めちょっと心配な部分があると思い、ある程度お金などで慣れさせていきます。

あと桁数の異なる(質問にあった600+40など)これも筆算になっていないと大混乱するお子さんが多いです。私は敢えてこれを一回そのまま頭でやらせてみます。そして、それこそ6400だのになった場合、「600円と40円合わせて6000円になっちゃうかな?」と質問します。これであれ?と思ったお子さんは頭の中でもう一度整理できることが多いです。これでまだ混乱している場合、筆算させます。筆算したときにきちんと位の位置取りが問題なく出来ればいいのですが、筆算の縦書きにしたときの書き方がおかしい場合、「桁」のことがわかっていない可能性があるので桁ごとに仕切りをつくり正しい位置で筆算を書かせています。そういうことを繰り返して身につけさせています。

引き算の15-8などの計算ですが実は中高学年でも苦手な生徒さんは本当苦手です。理解力というよりある意味反射的に思いつくようになるまでこれはやらせた方がいいと思います。
最近は小1で計算を習うとき、学校では10を基準にして分解して理解させることが多いです。もちろん原理はそれなのですが、小2以上の計算では計算としてスッスッと手で覚えているような感覚になっていないととても時間がかかったりするお子さんが多いです。この場合引き算をいきなりやらせるのではなくむしろ8+7=15と出す足し算からおさらいさせます。スピードと正確さを両方兼ね備えるまで繰り返させます。教材としてはいわゆる計算ドリルでも、100ますのようなパターンでもいいかと思います。目標タイムや点数はおそらくドリルなどにはかかれているでしょうが、お子さんと相談して自分なりのハードルを決めさせて、クリアさせるのが本人もやる気がでやすいようです。
足し算で弾みがついたら引き算に入ります。引き算はそれこそー1(引く1)から順に身につけさせていいかと思います。そして繰り下がりですが、学校では繰り下がりをどこかに書かせたりする先生もいますが、速さと正確さのためには反対に書かせない方が後々スムーズになるお子さんが多いです。引く数が2桁以上の筆算の引き算なども結局は15-8などのひとけたレベルの計算の繰り返しですから、一桁のものをいかに速く正確にこなせるかその力づけをさせてあげたらいかがでしょうか?

まだ小3が始まってばかりですし本人に苦手意識がついてしまうtこおで結果として算数が嫌になるのが一番今後心配です。本人にとって自信のある足し算や九九などから弾みをつけさせ大いに褒めてあげて足し算→引き算をクリアできれば九九が問題ないようなので、あまりのある引き算などもこなせるようになると思います。是非親御さんは、親御さんからすればこんな簡単なこと出来て当然などと思わず大げさなくらい頑張ったことを褒めてあげるとお子さんも前向きになるのではないでしょうか。

もちろん診断の結果によってはそれに応じた教育を最優先にされるのが一番ですが、質問のような計算の苦手なタイプのお子さんは比較的多いですし、これまで見てきた中での経験で少しずつ克服するのを見守ってきたのでご参考までに書かせて頂いた次第です。

はじめまして。塾業界の者です。私もこれまで様々な生徒さんに接してきました。私自身はいわゆる発達の専門家ではなくあくまで塾での経験談としての話であるとしてお読みいただければ幸いです。

まず割り算や九九がスムーズにできて引き算や桁の異なる足し算で混乱するというのは割とあるケースだと思います。
割り算はそれほど苦労されていないとのことですが、あまりのある割り算(例えば7÷2など)はいかがですか。割り算の場合、計算の過程で掛け算の逆と引き算を用います。余りがない割り算で、さらに割ら...続きを読む

Q一年生 算数がわからない  どう教えたらいいかわからない・・・。

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・・・どうも私が教えると回りくどくなってしまって余計に混乱するらしいです。
教えようとせずに同じような問題を毎日出していくのがいいですか?
それともこれからは+-で計算するのだから○は□と?という問いにこだわらなくていいですか?

私たちのころは1+1=みたいなのが普通で?+1=3みたいなのはなかったように思うのですが
最近は足し算でもいろんなバリエーションがあるのでしょうか?

他の方の質問で「差が出始めている」との言葉もうなづけることがあります。
自分の教え力のなさに参ってしまいます・・・。
問題を教えるにはどういうアイテムを使ったほうがいいのか?
ひとつのことにこだわらなくていいのか、教えてください。
又、ドリルも与えてありますが授業がゆっくりなのか毎日持ちません。
(入学当初、「宿題のほかにドリルを一ページね」といって始めましたが
ドリルのほうが進んでしまい結局宿題のみになってしまっています。)
ドリルを増やすべきなのか、別の教材にするべきなのか(でもチャレンジとかも結局一緒ですよね?)
他のご家庭ではどうしていますか?

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません。

同様に、「10」までやってみてください。

次に、「10」以上の数です。

○○○○○ ○
○○○○○

を見せて、「11」とすぐに出るか。

○○○○○ ○○
○○○○○

を見せて、「12」とすぐに出るか。
これも、左側が、「10」と一目で認識でき、右側が、「2」と認識できることが大切です。

フラッシュカードのように、○だけを画用紙や自由帳に書いて、
どんどん言いながら、テンポよくめくっていき、
イメージを定着させるのもいいでしょう。

計算だけを繰り返すより、
おはじき、ブロック、フラッシュカード なども上手に活用しましょう。

また、こんな方法もあります。
「11」~「19」までのカードを作って、机の上に裏返して適当におき、1枚めくります。
「16」がでたら、「10と?」と聞きます。
数秒で答えられなければ、親が「6」と答えを言ってしまい、またカードをもとにもどします。
そして、違うカードをめくります。
こうやってゲーム感覚で繰り返しているうち、子どもは答えを暗記しますから、言えるようになります。

あとは、
「1」~「9」のカードを用意しておいて、今度は数字を見せて机の上にばらばらにおいておきます。
先ほどの、「11」~「19」のカードは、裏向きに一山にしてつんでおきます。
その山から一枚とって、例えば「13」がでたら、子どもに見せながら、「13は10と?」と聞きます。
子どもは、「3」をとるわけです。
数字を見ながらですから、言葉だけより簡単だと思います。
「3!」をとったら、今度は、カードを一旦ふせさせて、
「13は10と?」と再び聞きます。
すると、子どもは「3」といえるわけです。

コツは、楽しく、テンポよく、いろいろな方法を組み合わせながら飽きないように、です。

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません...続きを読む

Q軽度の発達障害、公文は有効ですか?

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計算をはじめさせられて(やり方のみ教わって、分数が何なのかも知らないまま)、私の方が恐ろしくなって辞めさせました。
その先生のやり方なのかもしれませんが、どうも成績がいい子を出したいために、文句も言わず出来る子にやらせるだけやらせているような気がしました。

上の子が行っていた教室はもうやめて、近くの別の教室に行かせようかと思っておりますが、他の教室も、上記のように、出来る子には理解のないまま解法のみ教えてとにかくやらせる、という方式でしょうか?

公文ドリルなどで、私が下の子に教えると、ワガママを言ったりかんしゃくを起こして、全く勉強にならないのですが、先生の前ではとても良い子になるので、頑張ってやれるとは思うのですが、上の子同様、無理に頑張らせられるような気がします。

よろしくお願いします。

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計...続きを読む

Aベストアンサー

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、学校・家庭の支援で十分な気がします。
お母さんがお子さんのことを考えるあまり焦っておられるように感じます。

他の子と同じように、と考えてしまうとお母さんもつい熱が入り、
お子さんに無理強いしてしまい、結果お子さんもイライラしてしまうものです。

発達障害は、他の子と比較するのではなく、その子のペースでゆっくりと構えて
指導する必要があります。
学習時間も量も、お子さんにあわせていく必要がありますし、そのためには
お母さん自身が「発達障害」を学んでいかなければなりません。

勉強を何とかしなければ!という気持ちはわかりますが安易な選択はせず
専門機関や学校とも相談され、焦らず、じっくりと取り組まれてみてはどうでしょうか。

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、...続きを読む

Q小1の算数(広汎性発達障害)

広汎性発達障害の息子ですが、算数につまずいています。今は5まで、10までのたし算を習ってますが、何となくわかるかな?という状態です。このたし算の前の、例えば8は6と○ 7より2大きい数 という問題がなかなかできません。毎日の訓練?が必要だと思いますが、とても苦痛のようです。パソコンのソフト(ゲーム感覚で)等楽しく学ぶ方法は、ありませんか?

Aベストアンサー

はじめまして。
養護学校の教員です。専門は数学です。

足し算や引き算をしていく過程で、数の合成・分解が必要になってきます。
いわゆる、「8は6と○」とか、「4と1で5」とかのことです。
そのあたりがなかなかできないお子さんは、階段を1段、すっ飛ばして次の段に行こうとしているのです。ちょっと苦しくなるのも無理はないかな、と。

まずは、5の合成分解を定着するトレーニングをすることです。
日ごろのお手伝いでもできます。
「お皿を5枚持ってきて」が分かるとしたら、
お皿が2枚あるところに、「全部で5枚ほしいの。あといくつ?」と聞いて、「3枚」と答えを考えさせてから持ってきてもらうとか。
ただ、これが難しいお子さんは、お皿が2枚あって「5枚ならべて」と言われると、適当に持ってきて、5枚になるまで並べ続けるといった、操作的な活動でどうにか解決します。頭では5を数えただけなので、「あといくつ」を考える力はついていません。

基本的に、算数の力はピラミッドなのだと、ご理解いただきたいです。1段上に進むには、その基礎を100倍くらい積んでおかないと、きちんと積み上がらないのです。足し算を1つやる前に、合成分解を100やらねば、というような意味です。
「わかる」と「できる」と「つかいこなせる」というのは、それぞれ反復量と習得度の違いをあらわす言葉だと思います。今のお子さんにとって、合成分解は、足し算は、どのレベルだと思いますか?
今の時期なら、家庭生活の中で、できることはたくさんあります。まさに生活の中で学ぶ機会がある、貴重な時期なので、大事にしてあげていただきたいです。

なお、自閉の子に教える際に、注意点があります。計算問題などを、意味が分からないで(具体物や実生活で使っていない状態で)反復して教えていくと、問題と答えを「丸暗記」するようになります。出された問題は解けるのですが、意味が分かっていないので、「わかる」ことも「つかいこなす」こともできません。その後の学習上、当然ながら害をなします。
障害を持っているということは、少しゆっくり成長することなのです。みんなについていけるようにと思われるでしょうが、あせらずに必要なことをじっくり取り組んであげていただければと思います。あせりは悪影響を生みますよ。


あと、100玉そろばんという教材があって、この時期のお子さんにはとてもお勧めです。同僚にも勧めたところ、操作しやすいと、とても好評でした。

詳しくは、以下の回答を参照下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1320047
「2年生算数のいい教材を探しています。」のNo.5

はじめまして。
養護学校の教員です。専門は数学です。

足し算や引き算をしていく過程で、数の合成・分解が必要になってきます。
いわゆる、「8は6と○」とか、「4と1で5」とかのことです。
そのあたりがなかなかできないお子さんは、階段を1段、すっ飛ばして次の段に行こうとしているのです。ちょっと苦しくなるのも無理はないかな、と。

まずは、5の合成分解を定着するトレーニングをすることです。
日ごろのお手伝いでもできます。
「お皿を5枚持ってきて」が分かるとしたら、
お皿が2枚あ...続きを読む

Q小1年の娘、算数でまだ指を使って計算する・・・

いつもお世話になっています。

小1の娘についてですが、
いまだに算数の計算で8-1=というものも
いちいち指で計算しないと出来ません。
ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
さっきやったものと同じと気づかず、また同じように
指を使って計算します。

前のページで10+4 や 10+7 などの10に一桁の数を
たす計算式をして、次のページで
7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと
指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと
指で数えようとします。でも数えられなくて考え込んでとまって
しまいます。
そこで、さっきやったばかりの10+4とかと同じだ とは
気づいてくれません。
遊びで数字のカードを見せて
「13は10といくつ?」「15は10といくつ?」とどんどん
聞くと答えます。
でも違う状態で問題が出ると出来ません。
4月から散々プリントなどで10までの足し算などをしてきているし
家でもドリルなどもしているのですが、いつまでたっても
指での計算で、さっきやったばかりの問題なども同じ問題なのに
出来なかったり・・・
25マス計算で、1段目から3段目までは出来ているのに、4段目で
左の数字と上の数字を使わず、左の数字とすぐ3段目の数字を使って
計算していて4段目は全部間違ったり。

こんなに算数に弱い娘ですが、得意までではなくても
苦手ではなくすのに、良い方法はありますか?
こんな最初の時期から娘は明日は算数があるからいやだなと
言っています。
1年でそんな事を言っていたらこの先どうなるのだろうと
かなり不安です。

素人考えですが、量と数字が一致してないように思うのですが・・・

散々一桁の計算などをさせられるとけっこう覚えてしまって
計算せずとも答えが出てきそうに思うのですが、娘にはそれが
ないようです。

いつもお世話になっています。

小1の娘についてですが、
いまだに算数の計算で8-1=というものも
いちいち指で計算しないと出来ません。
ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
さっきやったものと同じと気づかず、また同じように
指を使って計算します。

前のページで10+4 や 10+7 などの10に一桁の数を
たす計算式をして、次のページで
7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと
指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
教員をしています。


結論から言えば、合成・分解のトレーニング不足です。

それができていない状態で、さらに上の課題をやらせているので、本人にとっては「わけの分からない」ことを、無理やりやらせられている状態になってしまっているのです。
以下の記述からも、それは明らかですね。

>いまだに算数の計算で8-1=というものも
>いちいち指で計算しないと出来ません。
>ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
>さっきやったものと同じと気づかず、また同じように
>指を使って計算します。

>7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと
>指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと
>指で数えようとします。でも数えられなくて考え込んでとまって
>しまいます。
>そこで、さっきやったばかりの10+4とかと同じだ とは
>気づいてくれません。


こういうのを、レディネスが不足した状態、といいます。
ピラミッドを作るときに、土台をきちんと作ってから、組み上げて行きますよね。
それと同じように、一つ上の課題を1問やらせるときには、その下位項目を100倍くらいは勉強しておかなくてはならないのです。

今の状態は、下位項目が不足している状態で、その上の課題をガンガン与えているので、要するに「分からない」状態を作り出している、というわけです。



合成・分解のトレーニングが、有効だと思います。
「5は1といくつ?」とか、そういう内容ですね。

さくらんぼ計算って、ご存知ですか?

  5
 /\
1 □

四角の中に数字を入れる、というものです。
今やっているプリントの代わりに、これを毎日毎日、ノートに10問程度作って、トレーニングしてあげましょう。

これも、段階があります。はじめは5の合成分解からスタートするのですが、
・5の合成分解
・6~9の数と 5の合成分解
・6~9の数と 1~4の数の合成分解
・6~9の数の合成分解
・10と 1~5の数の合成分解
・10と 6~9の数の合成分解
・5、6~9、10と 0の合成分解
などのステップに分かれています。

はじめは上の3段階で問題を作り、一番上の問題を6、2番目を3、3番目を1、といった配分で出題します。繰り返すことでパターン化させるが目的なので、問題の順番を変えてやろうとか、そういうことはしない方が早く覚えます。

指を使わなくてもできるようになる→時間が短くなる→瞬時に答えを書くようになる
と、本人の中で、変化が起こってきます。
瞬時に書けるようになってきたら「分かる!!」と思えるようになるので、勉強が楽しくなります。たくさんほめてあげましょう。
(もっとやりたい、と言われたら、まったく同じレベルの問題を、もう一度出してあげます。早く正確に解けるようになるまで、繰り返すことが大事です)


一番上が瞬時にできるようになったら、次はレベルをスライドさせて、2番目を6、3番目を3、4番目を1、という配分で問題を出します。一番下まできたら、そこでようやく、問題の順番をランダムにして出題します。


毎日やっていれば、ここまでに、2ヶ月程度かかるのかなぁという感じです。
だいたいマスターしたら、
「すごいっ! これをマスターするのは、3~4ヶ月かかるって言われてたんだよ。それが2ヶ月でできるようになっちゃった!!」
といって、ほめてあげましょう。

ほめられるような流れを作ってあげることが、とても大事かと思います。
「分かる」ことで「認められる」ようになれば、本人が自主的に頑張るようになりますから。
まして、「できない」→「できる」→「認められる」という成功パターンを本人の中に育ててあげられたら、これからの人生に、大いに役立つのではないかとおもいます。



宿題とか、そういうものは、指を使って構わないと思います。
下位項目が整っていない状態でも、授業はどんどん進んでしまうのですから。
それは本人のせいではありません。


「5の合成・分解が瞬時にできる」とか、「10までの数の合成・分解が3秒以内にできる」とか、そういうレベルまでトレーニングをしていけば、足し算も引き算も、驚くほど簡単に解けるようになるかと思います。


少しでも参考になれば幸いです。
それでは。

はじめまして。
教員をしています。


結論から言えば、合成・分解のトレーニング不足です。

それができていない状態で、さらに上の課題をやらせているので、本人にとっては「わけの分からない」ことを、無理やりやらせられている状態になってしまっているのです。
以下の記述からも、それは明らかですね。

>いまだに算数の計算で8-1=というものも
>いちいち指で計算しないと出来ません。
>ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
>さっきやったものと同じと気づかず、また同じよ...続きを読む

Q学習障害でしょうか?数学ができない中学生です。

中学1年の娘がいます。上に高校生が二人います。

幼稚園の頃から、周りの子と比べてかなり幼いこどもでした。

小学校に入ってからは、勉強面で遅れが気になるようになりました。

特に算数が苦手で、低学年の頃でもテストで50点以下。

他の科目がよくできて算数のみが特に悪いという訳ではなく、全体的にできない…といったかんじです。成績は3段階でオール2。算数は1がついたことがあります。

勉強が苦手なので、高校受験で苦労するだろうと思い、中学受験をし偏差値は40ちょいの私立中になんとか進学しました。点数はほんとにギリギリだったと思われます。

算数と国語で受験したのですが、とにかく算数ができない。

基本的な問題だけだったので、過去問から対策をし、個別塾に自習をしに毎日通いました。

本人も希望していた女子校だったので、その時は嫌がらずに行っていました。

塾に通ったのは一年、受験対策は半年です。

中学に入学してからも、1時間の通学も嫌がらず、お友達もそれなりに数人はいるようで、学校には楽しんで通っています。

先日、面談があり父親が行ってきました。

私は現在父親の介護のためかなり遠方の実家に帰っています。末期ガンで余命宣告されている状況(1~2ヶ月)なのでこのまま亡くなるまで実家にいることになります。ちなみに一人っ子のため私以外に介護できる人はいません。

その面談で、中1の現段階で、ほとんどの科目で平均点取れていない状況のままだと高校には上がれない…。授業中も集中力がない。

友達関係も自分で殻を作ってしまいシャットアウトしてしまっている、自分に自信を持てていない…と。


数学がとにかくできなくて、例えば5X+6=16 という問題だと 5X=16-6 まではできます。そのあとの5X=10 からが何度教えても X=10-5 としてしまいます。

教えてすぐはできるのですが、次の日には同じ間違いをします。

また、文章問題も問題の意図しているところを理解できていません。


頭が悪く覚えられないだけなのか、学習障害があるのか‥。

学習障害なら私達親の対処の仕方を変えないといけませんよね。

今は父親は特に頭ごなしに怒り、娘に対してものすごくバカにします。

担任は若い女の先生であまり頼れそうにありません。

中学1年の娘がいます。上に高校生が二人います。

幼稚園の頃から、周りの子と比べてかなり幼いこどもでした。

小学校に入ってからは、勉強面で遅れが気になるようになりました。

特に算数が苦手で、低学年の頃でもテストで50点以下。

他の科目がよくできて算数のみが特に悪いという訳ではなく、全体的にできない…といったかんじです。成績は3段階でオール2。算数は1がついたことがあります。

勉強が苦手なので、高校受験で苦労するだろうと思い、中学受験をし偏差値は40ちょいの私立中になんと...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。状況を丁寧に説明していただき恐縮です。
「国語」の問題。これは取っ掛かりの糸口が「子ども達と遊ぶ」との中にありました。
 恐らく、娘さんは「言葉を紡ぐ能力」を十分に秘めていると考えられます。けれどそれを「どの様な形で示せば良いのか」との方法を思いつかないだけではないでしょうか。
 「子ども達と遊ぶことが好き」ならば、「読み聞かせ」をしてはどうでしょう。短い物語の情景や内容を「相手に具体的な形で想像させる」作業ですから、読み手には「物語の梗概や展開」をコンパクトにまとめる作業が求められます。そしてそこに書かれている「台詞」と「台詞を引き出す背景や切っ掛け」をどの様に異なる口調やテンポ・リズム・アクセントで表現するかによって、人物像や心情を作ることにもつながります。
 この作業を文字に置き換えるのが作文です。テーマや課題に沿って、「なぜ~なのか」との問いを立て、それに対応する説明を試み、そして「~だから」と結ぶ。こうした作業を短いものから始め、徐々にその紙幅を増やしていく形です。
 文章を書く時に留意する点は簡潔に書くことであり、それは主語と述語の関係を明確にする、そのために一つのセンテンスを短くする、形容詞や副詞の掛かりと受けの関係を明確にする、などのポイントもあります。
 児童向けの作品や絵本は、最小限の言葉で最大限のイメージを掻き立てるにはもってこいのテクストともいえます。
 そして最初から「読み聞かせ」をするには難しいかなとも感じられましたので、森繁久弥さんの最後の仕事となった『葉っぱのフレディ』の録音CDとオリジナルの本をプレゼントしてみて下さい。最初は本だけを読んでみる。次にCDを聴いてみる。そして「本」で印象に残った言葉と「CD」で印象に残った言葉を比較してみる。
 すると「何のどこが違うのか」を自分で知る手掛かりとなります。そして「自分が読むとしたらどの様に読むか」をイメージして、「実際に」読んでみる。
 CDは朗読も生業の一つとしていた職人の仕事ですから、読み方に工夫があるはずです。そしてその背景には「作品をどう読めば相手に印象的に伝えることができるか」との問題があり、それに対する答えが「工夫」として表現技法に活かされます。一ヶ所の突破口を見つけることができれば、そこから国語学習には様々な転用もできます。論旨展開や表記の言い換え、文脈の追い方やそのための論理構築と幅を広げていくことが可能です。
 ただ一つだけ心してかからねばならないこととして「自分も子ども達と一緒になって遊ばない」との距離感を保つことが大切です。大学生がボランティアとして子供と接している時には常に「子供一人一人の状況」を観察して注意を払っている部分にありますから、そうした部分を学ばせることも大切ですね。

 こんばんは。状況を丁寧に説明していただき恐縮です。
「国語」の問題。これは取っ掛かりの糸口が「子ども達と遊ぶ」との中にありました。
 恐らく、娘さんは「言葉を紡ぐ能力」を十分に秘めていると考えられます。けれどそれを「どの様な形で示せば良いのか」との方法を思いつかないだけではないでしょうか。
 「子ども達と遊ぶことが好き」ならば、「読み聞かせ」をしてはどうでしょう。短い物語の情景や内容を「相手に具体的な形で想像させる」作業ですから、読み手には「物語の梗概や展開」をコンパクトに...続きを読む

Qパソコン学習天神の料金

パソコン学習の天神の小学生版の料金を教えて下さい。

他の質問で資料請求したら勧誘がしつこくて困っているとあったので

請求前に値段を知りたいのでお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
私の子供も天神に興味を持って、ネット上で調べたのですが、料金が不明でした。
調べた結果、資料請求すると一部記載があるようで、やっぱり高額なんだという印象でした。
勧誘は、あったという人と、無かったという人に分かれるようです。

下記のサイトに一部ですが料金載っていました。
何人子供がいても同一金額で受講可というところに興味を惹かれますが。
詳しい料金はやっぱり不明です。
どうやら、資料請求すると自宅に来ての説明があるような気配が・・・
そこではっきりとした料金がわかるようです。
自分で色々調べる前に、本日資料請求してしまいましたことに少し後悔していますが・・・
参考になりましたら幸いです。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/anpanmanchiiku/diary/200907040000/

Q小学校1年、学習障害ですか?(特に読み)

11月生まれの女の子です
学習面で気になることがあるので相談させてください

・いまだに初見の文章は粒読み、
・同じ文を数回読めばまあまあスムーズに読めるようにはなるが勝手読み、行飛ばしをしばしば
・文章題の意味も理解できずに問題の意味を聞く、全く違う解釈をすることが多い
・集中力がきれやすい
・書き取りをすると目が疲れるという
・自ら絵本などを読むことはまずない(むしろ避ける)
・音読の宿題はなんとかこなしている(暗唱までが宿題なので時間がかなりかかることもある)

10までの足し引き計算は、毎日くりかえして指も使わず特別遅いほどでもなくなりましたが、
読みの面で上記部分の成長があまり感じられないことが気になっています
ネットで調べたところ、学習障害は2年生になったころに疑ったほうがよい、とありました
担任の先生にも「今のところは大丈夫」とは言われています。
本当にまだ様子見でいいのでしょうか。不安でたまらないのです

夏休みから公文に行きはじめましたが、2か月目で国語は5A、算数は3Aです
公文の先生からは国語がかなり心配だと言われたこともあるのでとても気にしています

学校からの指摘がないので個人的に受診も考えていますが
もし現段階で受診しても学習障害との判断はくだるものなのでしょうか?

健診、保育園で特に何か言われたことはありませんが、もともと発達はすべてゆっくりのタイプでした。
運動神経もあまりよくなく、手先も不器用です(親似)

こういった子供は、家ではどうやって過ごさせたらいいのかなどもあれば教えてください

11月生まれの女の子です
学習面で気になることがあるので相談させてください

・いまだに初見の文章は粒読み、
・同じ文を数回読めばまあまあスムーズに読めるようにはなるが勝手読み、行飛ばしをしばしば
・文章題の意味も理解できずに問題の意味を聞く、全く違う解釈をすることが多い
・集中力がきれやすい
・書き取りをすると目が疲れるという
・自ら絵本などを読むことはまずない(むしろ避ける)
・音読の宿題はなんとかこなしている(暗唱までが宿題なので時間がかなりかかることもある)

10までの足し引き...続きを読む

Aベストアンサー

教育の関わるかたが複数コメントされてますが、
私は、親の直感を大事にされることを勧めます。
私の息子小4は、読み書きの学習障がい児です。
私の息子は身体発達も情緒発達も問題ない子です。
IQも100以上あり、知的指数も問題なしです。
5歳児のときから、知識欲が十分にあるのに、
文字を覚えようとしない息子に違和感を感じていました。
絵本から難しい本などすべて私が読み聞かせていました。
幼稚園にも相談したけど、園生活はこなせているし、
文字に興味がない子も多い時期だから様子見でいいですよ。
と、卒園まで言われ続けました。
小1のとき、6月に「な」というひらがながわからないと泣いて、
学校に相談しましたが、7歳児ではよくあること。
おおらかに見守りましょうと言われて、夏休みに突入。
夏休みの宿題をやっているときに、嘔吐、発熱し、
泣き喚いて、ぐったり。知恵熱と後日判明。
学校に相談しても同じ事を言われたので、
別の教育相談へ子供の現状を訴えて、カウンセラーに、
「発達障碍かも?その中の学習障がいの可能性が高い」
と言われ、専門医の紹介を受け、翌年1月に検査し、
2月に読み書き困難の学習障害の診断を受けました。
その後は、学校支援も大幅に変更してもらえて、
通級指導を週1~週2で受けています。
専門医の検査をされることを強く勧めます。
私の子どものように、身体異常で、自分のしんどさを
訴えられる子供は、親も異常に気づきやすく、
行動も起こしやすいですが、
ただ嫌がっているだけに見えるお子さんだと、
苦手でやらないのか、障碍特性でやりたがらないのか、
素人はもちろん、教育者だって判別できません。
(実際、私の息子は見過ごされてきたのですから)
障碍特性でやりたがらない場合は、工夫次第で
普通にこなせるようになりますので、
心配されないでくださいね。

専門医については、保健所や学校カウンセラーなど、
子供の発達に詳しい人材に相談されると、
紹介を受けることができますよ。
私は、教育委員会が派遣している
教育カウンセラーに相談して、専門医のいる病院を
紹介され、道が開け、子供の学習意欲を損なうことなく、
学校生活をすごせています。
専門医の診察や検査は、2ヶ月待ちとか普通ですので、
そのつもりで、行動してください。

教育の関わるかたが複数コメントされてますが、
私は、親の直感を大事にされることを勧めます。
私の息子小4は、読み書きの学習障がい児です。
私の息子は身体発達も情緒発達も問題ない子です。
IQも100以上あり、知的指数も問題なしです。
5歳児のときから、知識欲が十分にあるのに、
文字を覚えようとしない息子に違和感を感じていました。
絵本から難しい本などすべて私が読み聞かせていました。
幼稚園にも相談したけど、園生活はこなせているし、
文字に興味がない子も多い時期だから様子見でいいです...続きを読む

Q小学1年生の算数の理解

今年小学校に入学をした子供を持つ母親です。
いま、算数で足し算をやっていますが、家で勉強をする時に、指を使って計算をしています。

少しでもわかるようにと、4月からそろばんにも通わせていますがなかなか理解できないようです。(そろばんでは、二桁の見取り算ができます。)

このまま、指を使った計算方法で良いものでしょうか?
百だま算盤や、そろばんを持っているのでこれらを使って教えたほうが良いでしょうか?
教えるコツなどあれば、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

数(というか、数の概念)には、大きく分けて2つの種類があります。1年生では、この2つの両方を習います。

1つは、順序を表す数です。3番目、とか3番の2つ後ろ、とかいう概念です。こちらは、指を使ってもかまいません。例えば、日数を数えたりするときに、大人でも指を使いますね。ただし、これもやがて、下と統合した概念になるのですが、それは別の話。
もう一つは量を表す数です。3個とか5人とかの概念です。こちらは指を使ってはいけません。なぜなら、指を使うと、数の合成や分解が(たしざん・ひきざん)理解しにくくなるからです。指を一つずつ折っていかないとできないようだと、例えば11ー4=3などという間違いをします。大人はこちらで指を使うことは絶対にしません。(そろばんは別)

次に、子どもはなぜ指を使うのか、という理由ですが、2つあります。一つは、小さいときから素人の大人が順序数としての数の概念を教えすぎた場合です。よく、お風呂で数を数えさせるご家庭がありますね。あれで100まで言えても、量としての概念は身につきません。
もう一つは、数の合成(特に補数)の概念が未熟な場合です。数というのは、10進数ですから、私たちは自然(実はこれは自然に身につくものではなく、学校教育の成果なのですが)と、5と10を基準にものを考えるようになっています。暗算をしているときのことを思い出すとよく分かるでしょう。そして、その時に使っている概念が、補数なのです。例えば、7という数はあと3で10だな、という概念です。

ここを鍛えれば、指を使うことは自然と無くなります。
そこで、どうすれば良いか、という話です。やっと本題。別に塾に行ったり、そろばんに行く必要はありません。ご家庭で十分に出来ます。

・10の補数を答えさせる
第一のパターン
7といくつで10?
4といくつで10?
第二のパターン
10は3といくつ?
10は9といくつ?
もし、これがいきなりでは難しいようでしたら、5の補数から入ってください。
2といくつで5?
5は1といくつ?

これです。5は片手の指で数えられますから、カンニングがしやすいのです。でも、カンニングして構いません。5までの補数なら、一日10分で数日やれば完璧になります。
この補数の概念がきちんと身につけば、一桁のたしざん・引き算で指を使うことはなくなります。また、繰り上がり・繰り下がりの理解も早くなります。

数(というか、数の概念)には、大きく分けて2つの種類があります。1年生では、この2つの両方を習います。

1つは、順序を表す数です。3番目、とか3番の2つ後ろ、とかいう概念です。こちらは、指を使ってもかまいません。例えば、日数を数えたりするときに、大人でも指を使いますね。ただし、これもやがて、下と統合した概念になるのですが、それは別の話。
もう一つは量を表す数です。3個とか5人とかの概念です。こちらは指を使ってはいけません。なぜなら、指を使うと、数の合成や分解が(たしざん・ひ...続きを読む


人気Q&Aランキング