人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

CentOS6.8とbind9でローカル内用のDNSサーバを建てる練習をしています。

以下の設定を行ったのですが、ゾーンの設定上手くいきません。

# cat /var/named/dekiru.jp
$TTL 3H
@ IN SOA @ test.dekiru.jp. root.dekiru.jp. (
2016071101 ; serial
1D ; refresh
1H ; retry
1W ; expire
3H ) ; minimum
NS test.dekiru.jp.
MX 10 test.dekiru.jp.
A 127.0.0.1
test A 192.168.1.11
www A 192.168.1.11
mail A 192.168.1.11
user1 A 192.168.1.11
user2 A 192.168.1.11

# service named restart
named を停止中: [ OK ]
named を起動中:
Error in named configuration:
zone localhost.localdomain/IN: loaded serial 0
zone localhost/IN: loaded serial 0
zone 1.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.ip6.arpa/IN: loaded serial 0
zone 1.0.0.127.in-addr.arpa/IN: loaded serial 0
zone 0.in-addr.arpa/IN: loaded serial 0
dns_rdata_fromtext: dekiru.jp:2: near 'root.dekiru.jp.': not a valid number
zone dekiru.jp/IN: loading from master file dekiru.jp failed: not a valid number
zone dekiru.jp/IN: not loaded due to errors.
_default/dekiru.jp/IN: not a valid number
[失敗]

# tail /var/log/messages
Jul 11 19:30:26 test named[1935]: exiting
Jul 11 19:30:26 test named: zone localhost.localdomain/IN: loaded serial 0
Jul 11 19:30:26 test named: zone localhost/IN: loaded serial 0
Jul 11 19:30:26 test named: zone 1.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.ip6.arpa/IN: loaded serial 0
Jul 11 19:30:26 test named: zone 1.0.0.127.in-addr.arpa/IN: loaded serial 0
Jul 11 19:30:26 test named: zone 0.in-addr.arpa/IN: loaded serial 0
Jul 11 19:30:26 test named: dns_rdata_fromtext: dekiru.jp:2: near 'root.dekiru.jp.': not a valid number
Jul 11 19:30:26 test named: zone dekiru.jp/IN: loading from master file dekiru.jp failed: not a valid number
Jul 11 19:30:26 test named: zone dekiru.jp/IN: not loaded due to errors.
Jul 11 19:30:26 test named: _default/dekiru.jp/IN: not a valid number


ログを見るにゾーンファイルの2行目がおかしいのだと思い以下のようにするとサービスの起動・名前解決ができます(ローカルでの確認しかしていませんが)

# cat /var/named/dekiru.jp
$TTL 3H
@ IN SOA @ test.dekiru.jp. (
2016071101 ; serial
1D ; refresh
1H ; retry
1W ; expire
3H ) ; minimum
NS test.dekiru.jp.
MX 10 test.dekiru.jp.
A 127.0.0.1
test A 192.168.1.11
www A 192.168.1.11
mail A 192.168.1.11
user1 A 192.168.1.11
user2 A 192.168.1.11

# service named restart
named を停止中: [ OK ]
named を起動中: [ OK ]

# nslookup www.dekiru.jp
Server: 192.168.1.11
Address: 192.168.1.11#53

Name: www.dekiru.jp
Address: 192.168.1.11

しかしこれだと、管理者のメールアドレスが設定されていないのですがいいのでしょうか?
ご教授の程よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

誤: @ IN SOA @ test.dekiru.jp. root.dekiru.jp. (


正: @ IN SOA test.dekiru.jp. root.dekiru.jp. (
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、余計な「@」が入ってました。
「@」を抜いてサービスをリスタートし、名前解決もできたので無事に問題解決できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/07/12 13:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QnslookupのNon-autoritative answerとは?

Windows2000上のコマンドプロンプトで
nslookup www.google.com
などとしたときに、応答の一番最初の行に
Non-autoritative answer
と表示されますが、これはどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

DNSサーバは、DNSクライアントに対して返す情報を制限することがあります。例えば・・・

OCNに属するホスト名 p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp [222.144.79.46] (1) に関してnslookupで調べると

p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp     internet address = 222.144.79.46

kanagawa.ocn.ne.jp    nameserver = ns-os041.ocn.ad.jp
kanagawa.ocn.ne.jp    nameserver = ns-tk041.ocn.ad.jp
ns-os041.ocn.ad.jp    internet address = 210.145.255.80
ns-tk041.ocn.ad.jp    internet address = 203.139.160.230

と出てきます。そこで、(1)を管理するDNSサーバのホスト名 ns-tk041.ocn.ad.jp [203.139.160.230] (2) と、

http://ocnfaq.ocn.ne.jp/EokpControl?event=ZE0002&tid=17441

にある「OCNダイヤルアップユーザ向けDNSサーバ」のホスト名 nv-td501.ocn.ad.jp [202.234.232.6] (3) に対して(1)と www.goo.ne.jp [210.150.25.37] (4) の問い合わせを行い、どういう反応を返すか調べてみると、以下のようになります。

【DNS:ns-tk041.ocn.ad.jp (2)の場合】

Default Server: ns-tk041.ocn.ad.jp
Address: 203.139.160.230

> set type=any
> p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp.
Server: ns-tk041.ocn.ad.jp
Address: 203.139.160.230

p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp     internet address = 222.144.79.46
kanagawa.ocn.ne.jp    nameserver = ns-os041.ocn.ad.jp
kanagawa.ocn.ne.jp    nameserver = ns-tk041.ocn.ad.jp
ns-os041.ocn.ad.jp    internet address = 210.145.255.80
ns-tk041.ocn.ad.jp    internet address = 203.139.160.230
> www.goo.ne.jp.
Server: ns-tk041.ocn.ad.jp
Address: 203.139.160.230

Non-authoritative answer:
www.goo.ne.jp  internet address = 210.150.25.37

goo.ne.jp     nameserver = ns2.sphere.ad.jp
goo.ne.jp     nameserver = goo201.goo.ne.jp
goo.ne.jp     nameserver = goo202.goo.ne.jp
> exit


【DNS:nv-td501.ocn.ad.jp (3)の場合】

Default Server: nv-td501.ocn.ad.jp
Address: 202.234.232.6

> set type=any
> p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp.
Server: nv-td501.ocn.ad.jp
Address: 202.234.232.6

Non-authoritative answer:
p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp     internet address = 222.144.79.46
> www.goo.ne.jp.
Server: nv-td501.ocn.ad.jp
Address: 202.234.232.6

Non-authoritative answer:
www.goo.ne.jp  internet address = 210.150.25.37
> exit

このように、「OCNが管理するホスト名(1)」が登録されているDNSサーバ(2)は全情報を返しているのに対して、OCNユーザに対して使用するよう指定されているDNSサーバ(3)はホスト名に対応するIPアドレスのみを返しています。

なぜOCNがこのような違い(制限)を導入しているのかについては分かりません。管理が楽になるのかもしれませんし、それとも他の用途になるべく使われたくないということなのかもしれません。

※以上、1つ目の疑問の回答です。

次に2つ目の疑問への回答ですが、もう一度上の2組のDNSサーバへの問い合わせの回答を見てください。(1)のホスト名はOCNに属するものですが、ユーザが(2)のDNSサーバを使用しない限り(例えば(3)のDNSサーバを使用しているような場合)、そのホスト名を引いてもNon-authoritative answerが返ります。

「使用を勧められたDNSサーバが、割り当てられたホスト名を管理している」という必要性は全くないので、このようなことは起こり得ます。

DNSサーバは、DNSクライアントに対して返す情報を制限することがあります。例えば・・・

OCNに属するホスト名 p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp [222.144.79.46] (1) に関してnslookupで調べると

p2046-ipbf210hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp     internet address = 222.144.79.46

kanagawa.ocn.ne.jp    nameserver = ns-os041.ocn.ad.jp
kanagawa.ocn.ne.jp    nameserver = ns-tk041.ocn.ad.jp
ns-os041.ocn.ad.jp    internet address = 210.145.255.80
ns-tk041.ocn.ad...続きを読む

QDNSサーバーの構築「no servers could be reached」

FEDORA3でDNSサーバー構築後にnslookupを行いましたが次のメッセージが表示されて動作しません。
「;;connection timed out; no servers could be reached」
半日ばかり問題を検討していますが解決できません(T_T)。
アドバイスをお願いします。

◆環境◆
OS:FEDORA3
実際のインターネット環境で利用するためではなく自宅内練習のためドメイン名は任意で設定しています。

<BIND設定ファイル>
zone "ABC.com" {
type master;
file "ABC.com";
};

zone "8.30.168.192.in-addr.arpa"
type master;
file "ABC.com.rev";
};

<ゾーンファイル>
@ IN SOA NEKO.ABC.com. postmaster.ABC.com. (

IN NS NEKO.ABC.com

NEKO IN A 192.168.30.9
INU IN A 192.168.30.10

ns IN CNAME NEKO

<リゾルバ>
search ABC.com
nameserver 192.168.30.9
nameserver 127.0.0.1


「/etc/rc.d/init.d/named start」では「OK」が表示されるが「/etc/rc.d/init.d/named stop」では「OK」が表示されない。

「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

読みにくい長い文を読んで頂いてありがとうございます。
自分での解決が難しそうなので是非アドバイスをお願いします(T_T)!

FEDORA3でDNSサーバー構築後にnslookupを行いましたが次のメッセージが表示されて動作しません。
「;;connection timed out; no servers could be reached」
半日ばかり問題を検討していますが解決できません(T_T)。
アドバイスをお願いします。

◆環境◆
OS:FEDORA3
実際のインターネット環境で利用するためではなく自宅内練習のためドメイン名は任意で設定しています。

<BIND設定ファイル>
zone "ABC.com" {
type master;
file "ABC.com";
};

zone "8.30.168.192.in-addr.arpa"
type mast...続きを読む

Aベストアンサー

>「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

じゃあ、起動していないんでしょうね。
# pgrep named
とやってPIDが返ってこなければプロセスすらあがっていないですよ。名前解決が出来ないとかいう以前の問題です。
named-checkconfとかnamed-checkzoneとかで設定ファイルをチェックしてみたらどうですか?
それと、RedHat系の起動スクリプトではrndcを使ってstopやらstatusを処理しているのでそのあたりの設定も必要ですよ。

#1の方がおっしゃっているようにログになにか出力されているならそれを投稿するのも手でしょう。別にあなたが分からなくても回答者は分かるかもしれませんし。

最近のディストリビューションを使用されているならselinuxの使用有無も情報として重要です。

bind-chroot絡みなら/etc/sysconfig/named内でROOTDIRが定義されているか?とかも関連するのでチェックして下さい。

>「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

じゃあ、起動していないんでしょうね。
# pgrep named
とやってPIDが返ってこなければプロセスすらあがっていないですよ。名前解決が出来ないとかいう以前の問題です。
named-checkconfとかnamed-checkzoneとかで設定ファイルをチェックしてみたらどうですか?
それと、RedHat系の起動スクリプトではrndcを使ってstopやらstatusを処理しているのでそのあたりの設定も必要ですよ。

#1の方がおっしゃって...続きを読む

QBIND エラー not found: 3(NXDOMAIN)

お世話になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2577234.html
でも質問させていただきました。
解決できないもので、再度質問させてください。
BINDのバージョンは、
bind-9.2.4-0vl1
です。

# host localhost
localhost has address 127.0.0.1
# host 127.0.0.1
1.0.0.127.in-addr.arpa domain name pointer localhost.
と、いうことでlocalhostの名前解決はできています。

ところが、
# host shuttle.rqgdomain.co.jp
Host shuttle.rqgdomain.co.jp not found: 3(NXDOMAIN)
# host 192.168.11.8
Host 8.11.168.192.in-addr.arpa not found: 3(NXDOMAIN)
と、なり名前解決できません。

ゾーン定義ファイルを何度も見直していますが原因がわかりません。
どこが間違っているのか何とか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

■■■/var/named/localhost.zone
$TTL 1D
@ IN SOA shuttle.rqgdomain.co.jp. root.rqgdomain.co.jp. (
2005021401
3H
15M
1W
1D )
IN NS shuttle.rqgdomain.co.jp.
IN A 127.0.0.1

■■■/var/named/11.168.192.in-addr.arpa
$TTL 1D
@ IN SOA shuttle.rqgdomain.co.jp. root.rqgdomain.co.jp. (
2005021401 ; Serial
3H ; Refresh
15M ; Retry
1W ; Expire
1D ) ; Minimum
IN NS shuttle.rqgdomain.co.jp.
8 IN PTR shuttle.rqgdomain.co.jp.
3 IN PTR p425.rqgdomain.co.jp.

■■■/etc/named.conf
は、文字数制限でアップできません。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2577234.html
にアップさせていただいています。

お世話になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2577234.html
でも質問させていただきました。
解決できないもので、再度質問させてください。
BINDのバージョンは、
bind-9.2.4-0vl1
です。

# host localhost
localhost has address 127.0.0.1
# host 127.0.0.1
1.0.0.127.in-addr.arpa domain name pointer localhost.
と、いうことでlocalhostの名前解決はできています。

ところが、
# host shuttle.rqgdomain.co.jp
Host shuttle.rqgdomain.co.jp not found: 3(NXDOMAIN)
# host 192.168...続きを読む

Aベストアンサー

もしかして、/etc/resolv.confが違うDNSサーバを見てるだけだったりとか。

例えば、以下のようなコマンドを試してみて、状態を確認してみては。

・psでnamedプロセスが存在しているかを確認。
・netstat -aでポートがLISTENしているかを確認。
・host -d shuttle.rqgdomain.co.jp. でデバッグ情報付きで照会してみる。
・named -d 9 -f -g でフォアグランド実行して動作ログを眺めてみる。

Qnamed.confの設定

今日まで正常に動いていたサーバが、バーチャルホスト2つ目の追加をしてからnamed.confが正常に起動してくれません。
以下の状況です。

*************************************************************
/etc/rc.d/init.d/named restart
named を停止中: [ OK ]
named を起動中:
named 設定でエラー: :
/etc/named.conf:50: unknown option 'view'
/etc/named.conf:59: unknown option 'view'
/etc/named.conf:65: '}' expected near end of file
*************************************************************

と50行、59行、65行に間違いがあると云われますが、色々、試みましたがダメでした(**)
下記にnamed.confの一部を記載します。どうかご指摘、ご教授下さい。

*******************************************************************
view localhost_resolver {
match-clients { localhost; };
match-destinations { localhost; };
recursion yes;
include "/etc/named.rfc1912.zones";
include "/etc/named.sample_A.com.zone";
include "/etc/named.sample_B.net.zone";
include "/etc/named.sample_C.com.zone";
};
view "internal" {                  #ここが50行目です
match-clients { localnets; };
match-destinations { localnets; };
recursion yes;
include "/etc/named.rfc1912.zones";
include "/etc/named.sample_A.com.zone";
include "/etc/named.sample_B.net.zone";
include "/etc/named.sample_C.com.zone";
};
view "external" {                  #ここが59行目です
match-clients { any; };
match-destinations { any; };
recursion no;
include "/etc/named.sample_A.com.zone.wan";
};
*********************************************************************

簡単な仕様ですが、
OS:centos5
BIND:9.3.4
固定IP:1つ

宜しくお願いします。

今日まで正常に動いていたサーバが、バーチャルホスト2つ目の追加をしてからnamed.confが正常に起動してくれません。
以下の状況です。

*************************************************************
/etc/rc.d/init.d/named restart
named を停止中: [ OK ]
named を起動中:
named 設定でエラー: :
/etc/named.conf:50: unknown option 'view'
/etc/named.conf:59: unknown option 'view'
/etc/named.conf:65: '}' expected near end of file
******************...続きを読む

Aベストアンサー

named.confの抜粋のようですが、提示された内容に不備はないように
思われます。こういった場合は50行目以前の";"忘れなどでもviewを
認識できなくなりますのでその前に書かれている内容をもう一度
変更前とdiffをとりながら確認されてはいかがでしょうか。

回答でなくもうしわけないですが、かっこいい設定ですね。

Qbindの設定で、逆引きのときにエラーが出ます。

bindの設定で、逆引きのときにエラーが出ます。

以下のようなエラーが出ます。

#named-checkzone xxx.jp /etc/bind/db.192.168.0
zone xxx.jp/IN: 'ns.xxx.jp' has no address records (A or AAAA)
zone xxx.jp/IN not loaded due to errors.

どうか、直し方を教えてください。
お願いします。

なお、OSはubuntu10.04LTSです。

ちなみに設定ファイルは次のようになっています。

/etc/bind/db.192.168.0内
$TTL 86400
@ IN SOA ns.xxx.jp. root.ns.xxx.jp. (
2009010401 ; Serial
8H ; Refresh 28800
4H ; Retry 14400
3D ; Expire 259200
1D ) ; Negative Cache TTL 86400
@ IN NS ns.xxx.jp. ;check domain_name
2 IN PTR ns.xxx.jp. ;check machine_name & domain_name
;
1 IN PTR defaultgateway. ;check machine_name & address
3 IN PTR nodea. ;check machine_name & address
4 IN PTR nodeb. ;check machine_name & address
5 IN PTR nodec. ;check machine_name & address

また正引き(/etc/bind/db.localnet)は次のようになっています

$TTL 86400
@ IN SOA ns.xxx.jp. root.xxx.jp. (
2009010401 ; Serial
8H ; Refresh 28800
4H ; Retry 14400
3D ; Expire 259200
1D ) ; Negative Cache TTL 86400
@ IN NS ns.xxx.jp.
@ IN A 192.168.0.1
@ IN MX 10 mail
mail IN A 192.168.0.1
www IN A 192.168.0.1
ftp IN A 192.168.0.1
ns IN A 192.168.0.1
nodea CNAME ns.xxx.jp.
;
defaultgateway IN A 192.168.0.2
nodea IN A 192.168.0.1
nodeb IN A 192.168.0.2
nodec IN A 192.168.1.3

なお、$ sudo vi /etc/bind/named.conf.local

には以下のような情報が追加されています。

// xxx.jpのゾーン情報
zone "xxx.jp" {
type master;
// example.localの正引きデ-タベースファイル名
file "/etc/bind/db.localnet";
};

// 192.168.0のゾーン情報
zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
type master;
// 192.168.0の逆引きデ-タベースファイル名
file "/etc/bind/db.192.168.0";
};


足りない情報があったら提示しますので、どうかよろしくお願いします。

bindの設定で、逆引きのときにエラーが出ます。

以下のようなエラーが出ます。

#named-checkzone xxx.jp /etc/bind/db.192.168.0
zone xxx.jp/IN: 'ns.xxx.jp' has no address records (A or AAAA)
zone xxx.jp/IN not loaded due to errors.

どうか、直し方を教えてください。
お願いします。

なお、OSはubuntu10.04LTSです。

ちなみに設定ファイルは次のようになっています。

/etc/bind/db.192.168.0内
$TTL 86400
@ IN SOA ns.xxx.jp. root.ns.xxx.jp. (
2009010401 ; Serial
8H ; Refresh 28800
4H ;...続きを読む

Aベストアンサー

逆引きのチェックの場合は、こうではないですか?
#named-checkzone 1.0.168.192.in-addr.arpa /etc/bind/db.192.168.0
x.y.z.h.in-addr.arpaではなく、db.192.168.0に登録されていないns.xxx.jpを調べるのでエラーとなっているのでしょう。

もちろん、正引きのチェックならns.xxx.jpでいいと思いますが、それだと、逆引きのファイルではなく、正引きのファイルを引数に取りますよね。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QBindで強制的にゾーン転送がしたいです。

ゾーン転送を強制的にしようとしているのですが
どうもうまくいきません。
masterとslaveの設定をして、masters句でmasterを指定しています。
notify yesとし、シリアル値を変えてmasterやslaveのサーバで
/etc/init.d/named reloadとして/var/log/messagesをながめています。
reloadでゾーン転送って行われるでしょうか?
またreloadはマスター側で実行すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

「ゾーン転送を強制的にする」の意味がわかりません。
クラックするという意味ではないと思いますが…

ログにAXFRのログがあれば転送しているのではないでしょうか。
ゾーン転送されるかはdigとかnslookupを使って調べればいいと思います。

あと、ゾーン転送がどういうタイミングで行われるかはご理解なさってるでしょうか?

Qvmware上のゲストOSにpingが通らない

vmware上のゲストOSにpingが通らない

環境
?vmwareのゲストCentOS    ip 192.168.147.128 ゲートウェイ 192.168.147.1

?vmwareのホストwindowsxp ip 192.168.0.5 ゲートウェイ192.168.0.1

?ホストと同じセグメント上にあるMacosX ip 192.168.0.6 ゲートウェイ192.168.0.1

ゲストとホスト間ではpingが通るのですが、Macのパソコンからだとpingが通りません。
macでtracerouteコマンドを使うとLANのルータ(192.168.0.1)を通り、そのあとグローバルIP?(133.*.*.*)が2つくらい表示され結局ゲストまでたどり着きませんでした。
同じネットワークでないために、デフォルトゲートウェイに送り、そのまま外に出て行ってしまったのでしょうか?
こうなってしまう場合どうすれば、pingをゲストOSに通すことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2の訂正です。
私の検証ではホストOSが192.168.0.0/24側(仮に1次側)に対してルーターの役割をしていないようです。
ゲストOSがNATの場合はホストOSが1次側からのアクセスをゲストOS側(仮に2次側)へ通過させませんのでルーティング情報を記述しても通信できません。(2次側から1次側への通信は可能)
従って、ゲストOSのネットワークアダプタはブリッジモードに設定しないと相互通信が出来ません。

QCentOS 6 の設定でエラーがよく分かりません

自宅でのDNSの設定に奮闘しています。

結局調べたのですが、よく分かりません。
とにかく今は、このエラーの意味を知りたいです。


ルート@ ~]# named-checkzone example.com /var/named/example.com.zone
/var/named/example.com.zone:3: ignoring out-of-zone data (localhost)
/var/named/example.com.zone:14: ignoring out-of-zone data (mail.localhost)
/var/named/example.com.zone:15: ignoring out-of-zone data (mail-7.localhost)
/var/named/example.com.zone:16: ignoring out-of-zone data (www.localhost)
/var/named/example.com.zone:17: ignoring out-of-zone data (ns1.localhost)
/var/named/example.com.zone:18: ignoring out-of-zone data (ns2.localhost)
/var/named/example.com.zone:21: ignoring out-of-zone data (localhost)
zone example.com/IN: has 0 SOA records
zone example.com/IN: has no NS records
zone example.com/IN: not loaded due to errors.

ルート@~]# named-checkzone example.com /var/named/example.com.rev
/var/named/example.com.rev:3: ignoring out-of-zone data (localhost)
/var/named/example.com.rev:13: ignoring out-of-zone data (2.localhost)
/var/named/example.com.rev:14: ignoring out-of-zone data (3.localhost)
/var/named/example.com.rev:15: ignoring out-of-zone data (4.localhost)
/var/named/example.com.rev:16: ignoring out-of-zone data (5.localhost)
/var/named/example.com.rev:17: ignoring out-of-zone data (6.localhost)
zone example.com/IN: has 0 SOA records
zone example.com/IN: has no NS records
zone example.com/IN: not loaded due to errors.
ルート@~]#


雑な質問ですができれば詳しく知りたいです。

自宅でのDNSの設定に奮闘しています。

結局調べたのですが、よく分かりません。
とにかく今は、このエラーの意味を知りたいです。


ルート@ ~]# named-checkzone example.com /var/named/example.com.zone
/var/named/example.com.zone:3: ignoring out-of-zone data (localhost)
/var/named/example.com.zone:14: ignoring out-of-zone data (mail.localhost)
/var/named/example.com.zone:15: ignoring out-of-zone data (mail-7.localhost)
/var/named/example.com.zone:16: ignoring out-of-zone data (www...続きを読む

Aベストアンサー

>/var/named/example.com.zone:3: ignoring out-of-zone data (localhost)
>/var/named/example.com.zone:14: ignoring out-of-zone data (mail.localhost)
>/var/named/example.com.zone:15: ignoring out-of-zone data (mail-7.localhost)

それぞれの行はどのように記述していますか?
3行目にエラーが出ているところから推測すると…SOAレコードの記述をミスしている可能性が高そうですが。

QPostfixでメールがおくれない。

こんにちは,
今Postfixでメールを送ろうと思っています。

内部へのメールと外部へのメールを送りたいのですが,

$mail user1
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としても
user1のメールメッセージには送られておらず,また,

$mail user1.goo.ne.jp
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としてもuser1.goo.ne.jpに届いていません。

おそらく,/var/log/maillogをみると,
PCNAME postfix/smtp[18514]: 065A92683C3: to=<user1@PCNAME>, relay=none, delay=10, status=deferred (Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX: Host not found, try again)

とかいてあるので,DNSサーバーとかの設定がたりないか,main.cfの設定がたりないのかと思います。

どうすればよろしいでしょうか。
初心者質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

こんにちは,
今Postfixでメールを送ろうと思っています。

内部へのメールと外部へのメールを送りたいのですが,

$mail user1
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としても
user1のメールメッセージには送られておらず,また,

$mail user1.goo.ne.jp
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としてもuser1.goo.ne.jpに届いていません。

おそらく,/var/log/maillogをみると,
PCNAME postfix/smtp[18514]: 065A92683C3: to=<user1@PCNAME>, relay=none, delay=10, status=defer...続きを読む

Aベストアンサー

>(Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX:
  Host not found, try again)

エラーメッセージのとおりですね。
Postfixが配送先のMXレコードを、DNSに問い合わせても解決しなかったようです。

メールアドレスの「@」の右側は、普通はドメイン名(###.jp)なので、
SMTPサーバ(Postfix、Sendmailなど)は
ドメイン名(###.jp)から、そのドメインのメールサーバ名(mail.###.jpなど)
を知る必要があります。(MX:MailExchangeの解決)

そのためSMTPサーバはDNSに問い合わせてMXレコードから送るべきメールサーバ名を得ます。
ちなみに、MXレコードが得られなかったら、###.jpをメールサーバ名と判断して
送信しようとします。


まずはPostfixの設定以前に、そのサーバで、ちゃんとDNSサーバが指定されて
名前解決できているか、など確認してください。

/etc/resolv.confファイルの見直し
digコマンドでDNSに問い合わせる
ルータ・FWなどでDNSへの問い合わせをが拒否されていないか?

など、うまく動かない原因はいくらでも思いつきます。

>(Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX:
  Host not found, try again)

エラーメッセージのとおりですね。
Postfixが配送先のMXレコードを、DNSに問い合わせても解決しなかったようです。

メールアドレスの「@」の右側は、普通はドメイン名(###.jp)なので、
SMTPサーバ(Postfix、Sendmailなど)は
ドメイン名(###.jp)から、そのドメインのメールサーバ名(mail.###.jpなど)
を知る必要があります。(MX:MailExchangeの解決)

そのためSMTPサー...続きを読む


人気Q&Aランキング