仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

まったくの投資信託ど素人です。
最近になり投資信託に興味を持ち、まずは、大和・野村・日興等の比較的入りやすそうに見えた所から資料を送って頂きました。
知識が無いので・・・と言い訳して、皆様に教えて頂くというのは失礼と思うのですが、本当に知識はありません。
それでも、一言でもお教え頂けたらうれしいです。

各証券会社から送られた資料を見てみて、手数料や税金、その他にかかる費用が多く、例えば10万円弱程度の投資では、よっぽどのことが無い限り、儲けはほとんどないように感じました。
皆様教えて下さい、実際のところ予算10万円弱程度で、儲けとはどのくらいの期待ができるのでしょうか?金額と期間の具体例が知りたいです。
もちろん、商品にもよるし、証券会社の担当、投資先、運・・・等で異なるのは100も承知です。自己責任であるし、捨てる覚悟とまではいかなくても、リスクあってのものとも承知しているつもりです。
それでも、多くの人が一生懸命勉強してまで利用している魅力とは何なのだろうと興味があります。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

> 投資信託の醍醐味とは何なのでしょう・・・。



その商品にもよるでしょうけど、投資信託に醍醐味なんて無いです。
儲けや醍醐味を感じたいなら、小型株でも買ったほうが良いです。

実体験が聞きたいとのことですので書きますと、
グローバルソブリンオープンというファンドがあります。
有名なので恐らく聞いたことがあるでしょう。
一万口あたり40円の分配金が毎月出ています。
現在の基準価格で7800円くらいですので、信託報酬を差し引いても円の銀行預金とは比べ物になりません。

インデックス形のファンドも持っていますが、こちらは買ったときの値段が高かったこともあり、マイナスですね。

あと、アメリカの不動産に投資するリートも持っていますけど、こっちは円が高い時に買ったことと、やはり毎月決算で分配金を再投資するので、複利で増えていっています。

株は素人の浅はかさで適当に買ったので、一番損しています。
上がると思ったんだけどな・・・
宝くじのつもりで買ったので、別にいいですけど。

経済に疎い人が預金より高い金利を求めると、投資信託になるということじゃないですかね。
    • good
    • 43
この回答へのお礼

>儲けや醍醐味を感じたいなら、小型株でも買ったほうが良いです。
なるほど。小型株ですか。

元金が小額で、流れを読めるようになるには時間がかかると思い、株はさらに無理かなぁと思っていました。

ダイワのTRADING DERBY(バーチャル株取引??)を利用させてもらっているのですが、1千万~なので実際には無理として、小型株というのは良いですね。

私の場合、宝くじというよりどぶになりそうですが、醍醐味を味わい、痛い目をみるにはいい勉強になるかもしれません。

いろいろ教えて下さりありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2004/08/04 10:55

資産運用は独立系のFP(証券仲介業務をしている)に個別に相談された方が良いでしょう。

投資信託は投機ではありませんので上手に運用しましょう。
    • good
    • 0

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

初めての方で、投資信託で儲けようとするのは簡単なことではありません。


投資信託は、株式や各種投資商品をプロの運営会社が扱ったものを個人などが購入する仕組みでして、運営会社にその運営費用を支払う必要があります。
儲けるという言葉においても、その儲けの金額が様々ですが、10万円程の少額の費用では、大きな利益を出すことはさらに難しいと思います。
また、利益が出る投資信託もあればそうではないものもあります。そして、利益のレベルが大きな投資信託は多くはありません。
投資信託が初めての方では、まずは投資信託の仕組みを知り、また投資信託以外の投資先についても情報を得て、リスクと利益を比較して、何がご自身の目標にあっているのかを調べることが大切です。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_大長伸吉

職業:不動産投資アドバイザー

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します

詳しくはこちら

専門家

あくまで私の経験と考え方を述べます


かってバブル絶頂期頃に ある証券会社で投資信託をしていました、当時銀行の1年定期預金の利息は5%でした、投資信託は原則として4年間据え置きでした、途中解約の場合は利息は普通預金の扱いとなり、其の上解約手数料も取られました、
結果4年後手にした金額は銀行の定期を下回っていました、
想像するに、仮に10万円で株或いは債権に運用して
それが15万円に値上がりすると、其の差5万円が運用益になります、しかし、その5万円が配当金に成るのではありません、
其の中から、人件費、税金、通信光熱費、配当金諸々が引き落とされ、残った僅かな金額が投資家に配当金として支払れんです、
パンフレットにはメリットが大きな文字が書かれていますが、元本保証無し等のデメリットは虫眼鏡が入る位の小さな文字で書かれています、
もし、投資をお考えでしたら儲けを期待せずに、捨てるつもりで如何でしょう、
私とは逆に儲けましたよ、いう方もいらっしゃると思います、他の方の経験談も期待します。
    • good
    • 35
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>其の中から、人件費、税金、通信光熱費、配当金諸々が
引き落とされ、残った僅かな金額が投資家に配当金として支払れんです

送られた資料を見ていて、まずそこに気づきました。
「ということは、相当儲けが出ないと銀行預金と変わらない、むしろ不便なだけだ」と思い、経験談を聞いてみようと思った次第です。
実体験のお話、参考になりました。

お礼日時:2004/08/03 19:37

株よりは安定していて、銀行預金よりは利率が良い、程度に考えています。


10万円を資金にして儲けを考えるなら、他の運用がいいかもしれませんね。
    • good
    • 35
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>銀行預金よりは利率が良い
と良く聞いたので興味を持ちました。
10万程度で設けたいならば、デパートの積み立てカードみたいなものの方がよっぽど利率が良いですよね。
投資信託の醍醐味とは何なのでしょう・・・。

お礼日時:2004/08/03 19:31

こんにちは。


残念ですが、文面を見る限り、金融詐欺の餌食になる典型のようにお見受けします。
まずは、参考URLを熟読ください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1174/index …
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>残念ですが、文面を見る限り、金融詐欺の餌食になる典型のようにお見受けします。
そう見られたのは非常に残念です。
決してここの情報だけを鵜呑みにして行動を起こす人間ではないつもりです。
皆様のホンネというか、楽しんでいるのかなという部分が聞きたかっただけなので、このような質問をしてしまいましたが、このようなご忠告を頂くととてもつらいです。

お礼日時:2004/08/03 19:27

一応AFP所持の金融機関勤務ですので簡単なお答えを


基本的には短期間ですとあまり儲かりません
(中にはお化けみたいなファンドもありますがハイリターンの実績があればハイリスクの可能性大ですので
ご注意を)
やはり5年、10年単位で考えられたほうがよろしいかと思います。
あとやはり初心者であれば証券会社一押しの商品を選ぶのが無難かと思います。(個人的にはさわかみ投信お勧めです)
最後にアドバイスをしておきますと貯蓄における投資信託の割合は6:3:1で6が流用性が高い商品(定額貯金等)3が元本保障ありのファンドや国債1がハイリスクの金融商品や株式
このような割合でやってみたらどうでしょうか?

すいません簡単なことしかかけなくて
    • good
    • 31
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まさに知りたいことを教えて頂きました。
5年、10年単位ですか・・・。考えていたよりも大きなスパンのものなのですね。
「6:3:1」これはとても分かりやすかったです。これから、この数値をベースにして挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2004/08/03 18:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投資信託をしている人のうち儲かっている人の割合は?

投資信託している人のうち、儲かっている人と損をしている人の割合はどれぐらいでしょうか?
3:7という感じで教えて下さい。

儲かっている人は国債とかよりも儲かっているのでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

話に聞くところでは、儲かってるヒトは1~2割くらいじゃないでしょうか。

わたしは、2~3銘柄を除いて、ぼちぼち~+30%くらいまででしょうか。
ハイイールド社債系はいまのところ、結構プラスですが、欧米リートにはかないません。ただ、そろそろ頭打ちかなと引上げも検討していますが。

Q投資信託で大損をしてしまいました・・。このまま持ち続けるほうがいいでしょうか?

7月の上旬に、三菱UFJ投信の世界好利回り短期債券ファンドを350万円購入しました。毎月分配型で、7月に12000円、8月に15000円ほど分配金が出ましたが、8月中旬の暴落で、今現在損益が40万円にもなってしまいました。非常に勉強不足でお恥ずかしい限りですが、こんなにも危険な商品と思わず購入をしてしまいました。今すぐ必要なお金ではないのですが、300万を切ったら解約をすべきでしょうか・・・?長く持てば持つほどリスクは軽減されると聞いたのですが、いかがでしょうか?今現在の状況では、このままずるずる下がっていったらどうしようという不安が大きく。どなたか今後の情勢も含めアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
私も下がっているものを持ってますが一部解約してます。

>半分解約って、たとえば250万円分解約とかって言う感じでしょうか?

それでもいいですが350万投資して現状310万だとすると
・機械的に155万円解約する。
・個人向け国債100万円と合わせて1:1になるように解約する。
 105万円解約すると国債、ファンドとも205万円になります。
とかが考えられますけど。
他の人が言ってますがsammy14さんがどこまで我慢できるかは結構重要です。

他の金融資産全体で考えるというのもあります。
例えば分かりやすい例として定期預金等の元本確保のものを550万円持っていたとすると
定期:550、国債:100、ファンド:350
で全体で1000万円とするとファンドは35%でそんなに無茶をしていないとも考えられます。
40万円損しても全体からすると4%な訳です。
それなら我慢して続けるというのもあります。(逆にさっさと全額解約するという手もあります)

ある程度先が読めるのなら特定資産に傾斜するのもいいですが分からないなら機械的に投資資産の割合を下げた方がいいと思います。

#3です。
私も下がっているものを持ってますが一部解約してます。

>半分解約って、たとえば250万円分解約とかって言う感じでしょうか?

それでもいいですが350万投資して現状310万だとすると
・機械的に155万円解約する。
・個人向け国債100万円と合わせて1:1になるように解約する。
 105万円解約すると国債、ファンドとも205万円になります。
とかが考えられますけど。
他の人が言ってますがsammy14さんがどこまで我慢できるかは結構重要です。

他の金融資産全体で考え...続きを読む

Q株で儲かっている人ってどのくらいいるの?

最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう?

ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。


ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。


だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。

また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

Aベストアンサー

デイトレを煽るような本がたくさん出ていますが、それは確かに証券会社の宣伝活動と結びついていると思います。デイトレで儲かるのはよほどの才能がある人だけかなーって思います。

でも、優良会社が何らかの理由で安くなっている時に買ってしばらく辛抱して持っていれば儲かります。スズキショックの時のスズキを拾って1年半くらい持ってましたが、中級の新車1台分くらい儲かりました。
反日デモの時、拾った銘柄もいい儲けになりました。

株投資歴3年目のど素人です。一応、ファンダメンタルとテクニカルは
見ています。

Q100万預けて毎月8900円入ってくる(投資信託)

母が銀行に薦められて投資信託を始めたそうなのですが、100万預けて毎月8900円前後が振り込まれてくるようですごいすごいと驚いています。でも本当はもっとよく考えて選んだらさらにたくさんもらえることもあるんじゃないだろうかと不安になっているみたいなのですが、私自身は一切投資信託に関する知識がありませんので詳しい方は教えて頂けると助かります。また、参考となる比較サイトか何かがありましたら、そちらの紹介もして頂けるとなお嬉しいです。

Aベストアンサー

例えばグローバルソブリンオープン(毎月決算)では、ここのところ毎月40円の分配金が支払われています。
いま100万円投資すると基準価格が7,562円(4月14日)なので130口ぐらい買えます。そうするとこれからも40円の分配が続くとすると毎月5280円(税引き前)の分配を受けられることになります。
「100万円の投資で毎月8900円に相当する分配金を支払った実績のある投資信託」をすすめられたのだろうと思いますが、きっとそういう銘柄があったのでしょう。おそらく高利回りの先進国や新興国債券などに投資するファンドかと思われます。
銘柄名を聞いて調べてみる必要がありますね。
分配金だけでなく基準価格の推移なども確認しておきましょう。
それから、分配の継続性を判断する必要もありそうです。

このようなサイトがあります。
http://money.quick.co.jp/fund/gaisaipr/ratio/0802.html

Q株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。
個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか?

2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。
当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。

冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。
ご意見いただければ有難いです。

Aベストアンサー

株式投資はリスクがあるので、年間の利益率が15~20%ぐらい
あれば好成績かと思います。
10%以下の目標ではリスクに見合うリターンとは
言えないと思っています。

投資信託をやめたのは良い選択ですが、2000万円の資金を
全て使って株投資するのは危険性が高いです。
しばらくは少ない資金で投資し、自分の投資スタイルを確立してから
本格的に始めた方が良い気がします。

国内の一流株の分散投資は良い考えですが、それでもタイミングを
間違うと利益が出ません。
そのタイミングをつかむ為にも、小額がら投資を始める事をお勧めします。

Q投資信託って実際のところ・・・

貯蓄の運用を考えている者です。
現在ネット定期の口座をいくつか持っていますが、通常の定期預金よりは一桁も利率が良いとはいえ(税込0.3~0.50%ぐらい)、今のご時世どちらにしても低金利なのには変わりなく、そうたいして「増える」と実感できるものではありません。

そこで投資信託はどうかと、今いろいろ調べています。
しかし先日、FPの知り合いに相談したところ、投資信託はおすすめできないとのことでした。
信託会社や証券会社が手数料をたくさん取ってしまうので、実際のリターンはそう期待できるものではなく、元本保証も無いし、ファンドマネージャーの能力によって大きな差が出るというリスクもある、あれは銀行や証券会社が手数料を稼ぐために、上手いセールストークで誘っているだけ、というアドバイス?をもらいました・・・

しかしそうはいっても、個人が素人の選択眼で株や債券を買うよりは、多少のコストを支払ってもプロの運用に任せるほうが、リターンは少なくても確実なような気がするのですが・・・、実際どんなものなのでしょうか?
元本保証が無いのはどんな運用も同じでしょうし、外為やFXなども素人が下手にかじると痛い目をみそうで怖いです。

周りに投信をやっている人がいないので生の声が聞けないんですが、実際、投資信託って「増えてる」実感ありますか?
とても漠然とした質問で申し訳ないんですが、「最近では○○型の商品なら年利にして何%(0.何%)ぐらいが相場」等の情報をいただけるとありがたいです。
また、期待していたのに元本割れで損をした、定期預金よりもリターンが少なかった、そういうケースって実際あるものですか?

ちなみに投信の運用を考えているのは100万円です。ひとつに大金を賭けるのは恐いですから・・・
もしよろしければ、他にも比較的ローリスクな運用商品もご紹介いただけるとありがたいです。

いろいろお聞きして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。

貯蓄の運用を考えている者です。
現在ネット定期の口座をいくつか持っていますが、通常の定期預金よりは一桁も利率が良いとはいえ(税込0.3~0.50%ぐらい)、今のご時世どちらにしても低金利なのには変わりなく、そうたいして「増える」と実感できるものではありません。

そこで投資信託はどうかと、今いろいろ調べています。
しかし先日、FPの知り合いに相談したところ、投資信託はおすすめできないとのことでした。
信託会社や証券会社が手数料をたくさん取ってしまうので、実際のリターンはそう期待できるもの...続きを読む

Aベストアンサー

私も投資信託や外債(豪ドル債券)など運用しています。
投資信託は、リスクがあるので元本割れも覚悟しなくてはなりません。
ただ低金利の時代なので定期預金に預けても利息は期待できないので、投資信託での運用も考えても良いと思います。

これまで回答にあるように投資信託には、色んなタイプがありハイリスク・ハイリターンのもやローリスクのものもあります。

投資信託の種類によって、外国為替によって基準価格も変動しています。
民主党政権から自民党安部政権になって金融緩和政策などの期待感から円安方向になり(為替ヘッジなし)基準価格も上昇しているものもあります。

投資信託を選ぶ際に基準価格の推移や分配金の金額なども考慮されたら良いかと思います。

今後も円安が長期的に進むというお考えなら外国為替の影響を受けるものも面白いと思います。

私も先日米ドル78円台時、ブラジルレアル38円台(通過選択シリーズ)の時に投資信託を購入しました。
先の事は解りませんが、私は益々円安が進むと考えています。

円安が進む事で基準価格が上昇する事を期待して購入しました。
(分配金での利益だけでなく基準価格が上昇すれば様子をみて売ろうかと思っています)


豪ドル債券に付いては利息7%台のもの(4年程前)もありますが現在でも3%以上では~
為替がどう動くか解りませんが長期で利子を稼ぐ方法もあるかもしれません。

NO1の方の回答にもあるように大手銀行で定期(3ヶ月4%など)と投資信託を50%づつというプランがあるのでそれも利用する方法も良いですね。

私も投資信託や外債(豪ドル債券)など運用しています。
投資信託は、リスクがあるので元本割れも覚悟しなくてはなりません。
ただ低金利の時代なので定期預金に預けても利息は期待できないので、投資信託での運用も考えても良いと思います。

これまで回答にあるように投資信託には、色んなタイプがありハイリスク・ハイリターンのもやローリスクのものもあります。

投資信託の種類によって、外国為替によって基準価格も変動しています。
民主党政権から自民党安部政権になって金融緩和政策などの期待感から円安...続きを読む

Q分配金だけで生活したいのですが・・・

現在、金融資産を2800万円ほど保有するサラリーマンです。持ち家で一人暮らしなので生活するのに毎年180万円ほどあれば余裕です。投資信託は昨年初めて購入して現在は6種類の投資信託を保有しています。300万円が半年で評価額340万円ほどになりました。理想の話ですが2000万円ほど投資信託を購入して利回りが10%ぐらい出れば分配金だけで生活できるのではと考えます。お勧めのファンドありますか?野村のマイストーリーBコースやハイインカムストックファンドはどう思いますか?
それとももう何年か資産をためて4000万円で利回り5%ならグローバルソブリンとかありますがもう少し積極運用したいです。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

事実上無理です。
特に為替リスクについて甘く考えがちなのですが、そんなに簡単にはいきません。
確かにここ10年の実績では毎月分配型外債ファンドは為替レートが円安傾向が続いたので、分配金利回りの割には基準価額はそれほど下落はしていません。
しかし、この10年はむしろ例外に近くて、こんな状態がこれから10年、20年も続くとは思えません。

年5%程度の運用ならば世界中の株式インデックスファンドを持てば長期的には十分可能だと思いますが、債券ファンドではまず無理です。
日本のインフレ率が5%程度まで上がってくれば年10%以上の運用は十分可能な数字にはなってきますが、現時点での日本のインフレ率は1%を切っていますから仮にも年5%程度の運用利回りでもかなり良い事になります。
為替レートも外国のインフレ率は日本のインフレ率よりもかなり高いので、外国の方が高金利ですが、長期的に見れば為替レートが円高に動きやすくなるのです。
だから、昔は1$=360円だった円相場が現時点では1$=120円まで円高が進んだと考えられます。
つまり、外国の高金利は長期的に見れば為替レートが円高に動く事で簡単には年利回り5%なんて数字にはならなくなると思います。
ただ、信用リスクを取って米国ハイイールド債(ジャンク債)に投資するファンドならば日本の長期金利1.665%を少し上回るかも知れません。
REITインデックス、株式インデックスならば更にこれを上回ると思います。
高金利通貨に対する長期投資が何故、合理的では無いのかを説明したのが参考URLのQ&Aです。

それから、分配金で生活をするには見た目の分配金利回りを無視するべきだと思います。
例えば、仮に配当利回り1%台の株式だけど、長期的な成長が見込めてそれに伴って増配が期待できるのならば、その株式を10年でも20年でも持ち続ける方法があるのです。
実際にこれだけで、20年以上持ち続けて、その当時(買った当時)の株価で現在の配当金で利回りを求めると10%以上なんて銘柄も存在します。
それは皆さんが良く知っている企業です。

それから、見た目の分配金利回りが高くても、信託報酬の支払いや期待収益率以上の分配によって長期的には元本を削って基準価額を大きく下げるファンドもこれから10年以上も経てばかなり出てくると思います(この説明には長期的に日本のインフレ率が低く、外国のインフレ率が高いと言う前提は必要でしょう)。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2440026.html

事実上無理です。
特に為替リスクについて甘く考えがちなのですが、そんなに簡単にはいきません。
確かにここ10年の実績では毎月分配型外債ファンドは為替レートが円安傾向が続いたので、分配金利回りの割には基準価額はそれほど下落はしていません。
しかし、この10年はむしろ例外に近くて、こんな状態がこれから10年、20年も続くとは思えません。

年5%程度の運用ならば世界中の株式インデックスファンドを持てば長期的には十分可能だと思いますが、債券ファンドではまず無理です。
日本のイン...続きを読む

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q投資信託:月1万円積み立てだと大体いくらぐらいの利益があるのですか?

月々1万円積み立てなどの投資信託の宣伝をたまに見るのですが、いくらぐらいの
利益が期待できるのでしょうか?教えてくださいよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

投資信託そのものの利益は、年に10%弱程度期待できるものも少なくありません。
ただし、これには売買に対する手数料が含まれていません
なので、毎月積み立てだと、先の回答者さまが仰るようなパーセンテージでも不思議ではないですね。

そのかわり、投資信託というのは株と同様に値段そのものが上下しますから、毎月買っていると、値段の上下による変動を抑える事ができます。
また、これは投資信託に限りませんが、毎月積立という方法は、本人の負担感が低くなります。結果、長く続けられるので、実際の利益以上に、効果が上げやすくなりますね。

投資信託の利益は、対象によって違いますから、「投資信託では●%の利益が上がります」という表現は無理だと思います。
極論を言えば、利益とは無関係に、ゼロになるものもありますし、価格が上がって倍になるものもあります。
投資信託の利益は「配当」と呼ばれますが、これも多い場合も少ない場合もあります。「特別配当」という身喰いになってしまうものもあります。

一例で言うなら、私の場合は、とあるメジャーな毎月配当の投資信託を持っています。
毎月配当タイプ自体が、ある程度詳しい方なら、あまり勧めるものではありませんけれど、毎月購入のイメージがわきやすいと思いますので、参考に上げさせていただきます。

まず、一定額をまとまって購入しました。毎月積み立てではなく、スポット購入となりますね。
最初の1年目は配当を現金で受け取りました。購入額の1割程度の利益が上がりました。
2年目からは配当を追加購入に切り替えました。毎月積み立てと同じような感じになります。2年間で2割弱程度増えました。
ただし、この場合は利益は確定していません。明日にでも、この投資信託が破たんすればゼロです。
また、配当の率は変動するものですから、どちらの受け取り方にせよ、ある1年で1割だったから、次の1年も1割となるものではありません。

ご質問からは逸れてしまいますが、個人的には、投資信託の毎月積み立てというのは、あまり、上手い方法には感じません。
毎月、「貯蓄」で積み立てて、50万とか100万とか、少なくとも10万単位で貯まってから、「これが良さそう」と見込んだ投資信託を、しばらく観察して安めになっていると思った時期に購入して、少なくとも数年単位でキープするのが、投資信託で利益を上げやすい方法だと思います。

投資信託そのものの利益は、年に10%弱程度期待できるものも少なくありません。
ただし、これには売買に対する手数料が含まれていません
なので、毎月積み立てだと、先の回答者さまが仰るようなパーセンテージでも不思議ではないですね。

そのかわり、投資信託というのは株と同様に値段そのものが上下しますから、毎月買っていると、値段の上下による変動を抑える事ができます。
また、これは投資信託に限りませんが、毎月積立という方法は、本人の負担感が低くなります。結果、長く続けられるので、実際の利益...続きを読む

Q元本保証の投資信託ってあります?

元本保証の投資信託、もしくはそれに類似した投資信託ってありますか?

ローリスク・ミドルリターン、、出来ればノーリスク・ミドルリターンの投資信託があればと思うのですが、こんな虫のいい話ないですか?

(10年置けるというのであれば、元本保証タイプの変額年金でもいいかもしれませんが、5年以内くらいが希望です)

Aベストアンサー

元本保証では無いけど、元本確保型であれば、理論上、作れます。

どうしても、元本保証にこだわるのなら、自分で作るのも一策です。
例えば、新銀行東京の5年で年1%の定期預金もあります。
これを用いれば、税引き4%分を積極運用できます。
ですから、100万円あれば、96.16万円をこの定期で運用し、残りを投資信託に回せば、5年後の元本確保型の運用が可能です。
但し、新銀行東京の5年で年1%の定期は期間限定で、中途解約ができません。
又、積極運用できる部分は3.84万円しか有りませんので、倍に増えても単利で年1.536%しかなりません。
ですから、そこまで虫の良い話に期待するのは無理でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング