夏になると夕立や雷が多くなるのはなんでなんでしょう?
夕立や雷が起る仕組みから教えていただければ幸いです。

A 回答 (3件)

夏は太平洋高気圧が張り出してきます。


この日本付近を覆う太平洋高気圧の周辺(西の縁)では大気の状態が不安定で、下層と上層の大気の逆転現象がしばしば起こります。
このとき急激な上昇気流が発生し、積乱雲が形成されます。
このときの空気の摩擦により静電気が発生して雷が起こります。
同時に積乱雲内の雨滴が大きく成長し重力に逆らえなくなって落ちてきます。
これが、雷と夕立の出来る仕組みですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雷と夕立が夏に多いわけがわかりました。
ありがとうございます。
気圧が関係してるのですか・・・

お礼日時:2001/06/25 23:28

雷については下記URLが詳しいです。


ところで雲と雲の放電でも音がしませんでしたっけ?

参考URL:http://nkiso.u-tokai.ac.jp/phys/matsuura/lecture …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速いってみました。
なるほど・・・
これで雷のほうの仕組みはばっちりです。
やっぱり雲と雲でも音がするんですか?うーん

お礼日時:2001/06/25 23:39

 雲は水でできているのは分かりますね。

海水が温度上昇によって蒸発し、上昇気流が発生します。この上空では低気圧ができ、周りのものを吸い込む力が働きます。すると雲が固まって群れを作ってしまいます。吸い込む力が働けば当然どこかに逆の力が働くはずです。それが高気圧です。高気圧の周辺は雲があまりなく、晴天が続きます。夏は暑いので水がすぐ蒸発するのはわかりますね。蒸発する水が多いほど激しい雨が降ります。雲はさらに上昇して冷却されることで液体の水になり、重力の関係で雨として降ってきます。このとき、大気中の二酸化炭素が水に溶け込むので雨は若干酸性です。えー、話はそれましたが、こういう理由で夏になると夕立のような激しい雨が多くなるのです。
 雷は雲の中にマイナスイオンがたまり逃げ道を失った膨大な数の電子がプラスを持った地上に落ちてくるわけです。雲の中にはプラスイオンをためることもあり、マイナスイオンを持ったの雲が近づくと雲同士で放電が起こります。これがいわゆる稲光という奴です。あれにはゴロゴロという音はしませんね。音は地面に落ちたときに発生するのですから。これを利用すれば音が空気中を伝わる早さが約340m/秒(これはあくまでもおおよその値で実際には若干違ってきます)ですから光ったあと音がするまでの時間をかけると落雷場所までの距離がわかるというわけです。長々と話しましたが分かりましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に解説してくださってありがとうございます。
でも、「夕立」ってからには夕方に降るんですよね?
そこんとこも教えていただけたらもっとよかったです。
稲光って音がしないんですね(感心)。

お礼日時:2001/06/25 23:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雷で音がどのような仕組みで発生するのか

上記タイトルの件、中学生から質問されました。
「電子、空気の分子、振動、放電」 あたりの言葉は説明に使うことができます。どのように答えればよいでしょうか。

Aベストアンサー

参考になる「かも」しれません。

http://kids.gakken.co.jp/110ban/text/pict/1409.html

Qみなさんの目にとまって頂けたら幸いです。 私は今年、高校2年生に進級しました。 “医療福祉科”とい

みなさんの目にとまって頂けたら幸いです。

私は今年、高校2年生に進級しました。
“医療福祉科”という、3年間で13週間の実習と校内での福祉科目を勉強し、介護福祉士国家試験の受験資格を頂けるという学科に所属しています。

なぜここに入るか、少しだけお話しますと、家族の誰かが福祉に関係があったわけではありません。ただ純粋に“私が曽祖母(ひぃおばあちゃん)のお風呂を祖母の代わりに入れてあげたい”という想いで入学を決意しました。

ですが、両親からも母方の両親も父方の両親からも否定され、先生からも“すぐ嫌になる。辞めておけ”と言われ私に同意してくれる人は誰1人いませんでした。
私がここに入るキッカケとなった曾祖母でさえ“優花ちゃんにはそんな汚い仕事してほしくない”と言われました。
しかし、私は反対を押し退けて医療福祉科に入学しました。入って福祉のことを学び、やはり私の道は間違っていない。と確信を持ちました。

しかし、最近のニュースで老人ホームで介護福祉士が3人の利用者様をベランダから転落死させた。というのを聞いたことがありますでしょうか?
私は最初、なんの知識もなく入って嫌になったのかなと思いました。でもそれは違っていて、その転落死させた方は救急救命士の資格を持っていたのです。(救急救命士とは合格するのがとても困難で命を救う大切なお仕事です)
なのに、夜間がきついから…という理由で人を殺めてしまいました。しょうがないとは絶対なりません。ですが、こういうきつい職業というのは確かです。しかし、それだけの理由で人を簡単に殺めて逮捕され…本当にそれだけでいいのでしょうか?

どうか皆さんの意見を聞かせてください。

みなさんの目にとまって頂けたら幸いです。

私は今年、高校2年生に進級しました。
“医療福祉科”という、3年間で13週間の実習と校内での福祉科目を勉強し、介護福祉士国家試験の受験資格を頂けるという学科に所属しています。

なぜここに入るか、少しだけお話しますと、家族の誰かが福祉に関係があったわけではありません。ただ純粋に“私が曽祖母(ひぃおばあちゃん)のお風呂を祖母の代わりに入れてあげたい”という想いで入学を決意しました。

ですが、両親からも母方の両親も父方の両親からも否定され、先生から...続きを読む

Aベストアンサー

特別養護老人ホームで仕事をしているものです。介護の仕事に興味を持って頂き有りがたいです。
介護の仕事は3Kと言われ、汚い仕事、きつい仕事、給料が少い仕事です。その事で家族は心配されているのではないですかね?私も不規則な仕事をしているので家族には迷惑をかけています。

事件の事ですが、自分のえがいていた介護施設と、実際に仕事をしてみてギャップ、ストレスを感じるはずです。
また、認知症で対応が難しい方も多く居られたと感じます。自分でストレス発散方法がないと虐待に発展すると思いますよ。3Kの解消する事も大切です。
まずは、己を知り、介護に適した人材なのか考える。就職時に適した人材か見きわめる面接官の力量もあると思います。

Q倫理について。 28、29、30の答えが分かる方教えていただけたら幸いです(^o^)

倫理について。
28、29、30の答えが分かる方教えていただけたら幸いです(^o^)

Aベストアンサー

28 まず比叡山で学んだ僧の中から新しい仏教の道を歩んだのは最澄ですから、平安時代のことです。また、その後朝廷が北(京都)と南(奈良吉野)に分かれたのだから南北朝時代のことかと。

29 織田信長、豊臣秀吉の時代となれば安土桃山時代。徳川将軍の時代であれば江戸時代。

30 文明開化後は天皇ごとに元号が変わるとあるので、順に明治時代、大正時代、昭和時代、平成時代となるかと。(ただし、歴史的に言えば明治、大正、昭和戦前までを近代、昭和戦後および平成を現代と呼びますね。)

Q8月になると夕立が多くなる理由

最近,ものすごい夕立が目立ちます。

いたましい犠牲者も出ているようです。

今日,私が窓を開けて,別室で昼寝していると,夕立で雨が振り込んで,テレビに振りかかり,映らなくなってしまいました。

例年同じだと思いますが,梅雨明けからしばらくは夕立はあまりないのに,8月になったあたりから夕立が目立つのはなぜですか?
教えてください。

Aベストアンサー

太平洋高気圧の一部である小笠原高気圧は上層では乾燥していますが下層では高温多湿となっています。日本の夏はこの小笠原高気圧の勢力下となります。
この小笠原高気圧にすっぽり包まれると空気の流れは極端に弱くなり、強い日射と相俟って局地的に気温が上昇します。
付近に山があると、熱せられた高温多湿の空気は吸い寄せられたように山の斜面に沿って上昇していきます。

湿度の多い空気は上昇するとき温度が下がりにくいため周囲の空気より高温となり、ますます上昇気流が強くなってきます。その空気は、上昇による気温の低下で湿度が増加していき、ついには飽和状態になり雲となります。

雲(水滴)となるとき凝固熱を発し周囲の空気の温度を上昇させます。これにより更に上昇気流は強くなり、積乱雲(入道雲)にまで発達していきます。
積乱雲の中では、強い上昇気流とこれに乗せられた水滴や氷粒が大きくなり重くなって下降する下降気流との間に発生する水滴、氷粒の摩擦で静電気が発生し、雷となります。大きくなった水滴や氷粒は地上にまで達します。大粒の雨、時には霰、雹なども降ってきます。

この積乱雲が弱い気流に乗って移動したのが夕立です。

9月に入り、小笠原高気圧の衰弱に伴い、気温が低下し、地域的な積乱雲の発生も弱まってきます。
偏西風も南下し、移動性の気候に変わります。

太平洋高気圧の一部である小笠原高気圧は上層では乾燥していますが下層では高温多湿となっています。日本の夏はこの小笠原高気圧の勢力下となります。
この小笠原高気圧にすっぽり包まれると空気の流れは極端に弱くなり、強い日射と相俟って局地的に気温が上昇します。
付近に山があると、熱せられた高温多湿の空気は吸い寄せられたように山の斜面に沿って上昇していきます。

湿度の多い空気は上昇するとき温度が下がりにくいため周囲の空気より高温となり、ますます上昇気流が強くなってきます。その空気は...続きを読む

Q夏最後の模試でした 夏最後の河合記述模試を受けました。自己採点した結果、夏の最初に受

夏最後の模試でした








夏最後の河合記述模試を受けました。自己採点した結果、夏の最初に受けたマーク模試のひどい点数とさほど変わらずむしろ少し落ちていました。夏休み1日10時間以上は勉強をしかなり知識も増え、模試が楽しみでした。模試の途中も夏の最初と比べ英語長文では何を言っているのかわかるようになっていて少し嬉しかったんです。でも模試が終わり、自己採点したら全部30点以上のものがありませんでした..
ちなみに受験した教科は、英語と現代文と生物基礎・生物です。生物基礎は50点中半分は取れたのですが、それ以外は全然ダメでした。なんでこんなに点数が伸びないのか涙が出てきそうです。
質問なのですがこの夏最後の模試は一般入試にどう影響しますか??ここから、一気に上がる事は出来ますか?

Aベストアンサー

模試だって、次第にレベルが上がります。
ここで気を抜かせないための、受験業界の「テクニック」ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報