在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

こんにちは。
お世話になった先生対し、
「先生のご指導の〇〇で、うまくいきました」
みたいな事をいう時に定番の表現がありましたよね?
なんでしたっけ。。。?

賜物?だったかな

教えてください!!

A 回答 (4件)

まさかですが、「お陰様で」とか…?

    • good
    • 0

薫陶

    • good
    • 1

「ご指導ご鞭撻(ごしどうごべんたつ)」かな

    • good
    • 1

「先生のご指導のおかげで、うまくいきました」か、


「うまくいったのは、先生のご指導の賜物です」でしょうね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「おかげさまで」は正しい日本語ですか?

目上の人に感謝状を出すときに、

「おかげさまで、無事・・・しました。」と書くのは目上の人に対して失礼なのでしょうか?

「おかげさまで」は「陰」という字が入るので目上の人に対しては遣わないのでは?と上司から指摘を受けたのですが、個人的には問題ないと思うのですが。

Aベストアンサー

おかげさまは、他人から受ける利益や恩恵を意味する「お陰(おかげ)」に、「様(さま)」をつけて丁寧にした言葉です。 古くから「陰」は、神仏などの偉大なものの陰で、その庇護(ひご)を受ける意味として使われていますので、目上の人に対しても失礼なことはありません。 

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q担任の先生への手紙の文頭について

明日、小学生の子供の担任の先生に 諸連絡の為 手紙(連絡帳に)を書くことになりました。
先生への手紙の文頭はいつもは、『いつもお世話になっております。』
なのですが 先日、始業式を終え進級に当たり、担任が変わりました。
先生は数年当校に勤務していますが、私とは面識がありません。

着任2日目の先生に『いつも~』と書くのはおかしい気がします。

『初めまして。これから1年よろしくお願いいたします。
 ~の件ですが・・・・・・・』

も 『初めまして』というのも おかしい気がします。

用件のみ書いても良いのですが、1年生のときから担任の先生への諸連絡専用の連絡帳があり、進級しても継続して使用しているので、その先生にだけ 用件のみを書くのも失礼な気がします。

どんな文頭だと 良いと思いますか?

ご教授くださいm(__)m

Aベストアンサー

元教員・現役予備校講師です

連絡帳ですか・・・
小生は小学校教育は無縁なのですが、知己がいますので、そういう話を見聞したことがありますが

「初めまして お世話になっております」がいいでしょう。あんまり馴染みのない文面ではありますがw
「一年間よろしくお願いします」は、文末が望ましいです。

どうせ、教師は文頭挨拶は業務として重視しない・・・(うぐぐ、やめろ)
したがって、諸連絡の後に、「一年間よろしくお願いします」をお薦めします



「初めまして」は、質問者と新担任の関係の挨拶。
『お世話になっています』は、質問者のご子息を代弁する形状の新担任への挨拶・・・ということになります。

「いつも」が割愛されただけですが、矛盾するようで意味としては大きな齟齬・無礼はない・・と思いますが如何でしょうか?

なお、新担任はおそらく去年次にご子息の学年を担当されたスライド型の担任でしょうから、まったく無縁ではないので、『お世話になっています』でも悪意・違和感を感じることはないでしょう
もっとも、新担任がスライドしてきた担任ではない場合は、配慮が必要かもしれません。

年次最初の連絡帳のようですから失礼のないような文面を思慮されているのでしょうが、
よほどの余裕がある・文字通り『こだわり』をもっている教師でもない限りは、業務連絡しか気にしないもの・・・らしいです


以上・・・なお、小生の主観が相当入っていますことは寛恕してくださいな

元教員・現役予備校講師です

連絡帳ですか・・・
小生は小学校教育は無縁なのですが、知己がいますので、そういう話を見聞したことがありますが

「初めまして お世話になっております」がいいでしょう。あんまり馴染みのない文面ではありますがw
「一年間よろしくお願いします」は、文末が望ましいです。

どうせ、教師は文頭挨拶は業務として重視しない・・・(うぐぐ、やめろ)
したがって、諸連絡の後に、「一年間よろしくお願いします」をお薦めします



「初めまして」は、質問者と新担任の関係の挨拶。
...続きを読む

Qお世話になった先生へのお礼状の書き方

高校時代にお世話になった先生へお中元を渡すことになったのですが
お礼状をどのように書けばいいのかわかりません、

一応社会人ですのでまじめに書こうと思いますのでよろしくお願いいたします。

内容としまして以下のような内容を書きたいです。

・仕事は順調に楽しくやっているとの内容

・高校時代が懐かしいとの内容

・先生は元気にされているかの内容

・いつか一緒にお酒を飲みに行きたいとの内容

以上の内容でまとめて書き方をお願いいたします

あとお中元というのは一般に7月の18日に届く方がいいのですか?

または、前後何日かぐらいに届いてもいいのですか?

色々と質問すみませんが回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

素敵なアイディアですね!

私は社会人2年目です。先日お世話になった方々にお中元を出しました。
不精ながら参考になればと思いお答えいたします。

まず、お中元は極端に遅くなければ、なにも18日ぴったりに届かなくても大丈夫です。
特にその前後は集中しますから、配送に遅れが出る場合も考えられます。

■文章について
本当はご自身の言葉で、どんな言葉でもいいので(まあ最低限の敬語等は必要ですが)綴るのがいいと思います。
ちなみに私なら以下のように綴ります。

拝啓 ○○ ○○先生

貴方のご指導の下、3年間大変お世話になりました○○ ○○です。
思い返せばいつもいつも先生に~~~~~(と思い出を書く)

今年は例年に比べ厳しい暑さになりそうです。お体は大丈夫ですか?(最近の話題を入れる。)
詰まらないものですが、この夏、はじめての社会人としてお世話になった方へ
お中元をお送りしたいと考え、恩師である○○先生にも勝手ながらお贈りしました。
お送りしたものは先生の大好きな○○です!これで暑い夏も乗り切れると思います!

末筆ながら、先生の今後の発展と健康をお祈り致しております。
最近、おいしい和食のお店を見つけたので、是非、先生のご都合さえよろしければ、
一緒にご飯に行きましょう。

敬具 ○○ ○○


少しビジネス文書っぽくなってしまいましたが、こんなのをアレンジして、ご活用ください。

よい返事が来るといいですね!

素敵なアイディアですね!

私は社会人2年目です。先日お世話になった方々にお中元を出しました。
不精ながら参考になればと思いお答えいたします。

まず、お中元は極端に遅くなければ、なにも18日ぴったりに届かなくても大丈夫です。
特にその前後は集中しますから、配送に遅れが出る場合も考えられます。

■文章について
本当はご自身の言葉で、どんな言葉でもいいので(まあ最低限の敬語等は必要ですが)綴るのがいいと思います。
ちなみに私なら以下のように綴ります。

拝啓 ○○ ○○先生

貴方のご指導の下...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ビジネスの場において
自分が相手に相談したい時に
「ご相談なのですが、、、」

「相談なのですか、、、」
とどちらが敬語として正しいですか?

相手から相談された場合なら
「ご相談いただきありがとうございます。」などと言うので
自分が相手にした時に
「ご相談」だと自分の動作を丁寧にしてる気がするので
なんとなく不自然な感じがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談する人が相手なら、ご相談お受けいたします。

自分が相談するなら、相談させていただいてもよろしいでしょうか。

自分のする行為には御をつけないでOKだと思います。

Q「精一杯がんばります」を言い換えると?

クライアントから、かなり難しい案件を任されました。
しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。

そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。

ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。
「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。
「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。

そこで、質問です。
謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。
皆様のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

「○○様(貴社?)のご期待に添えますよう、社員一同全力をもって取り組んでまいりたいと考えております。」

というかんじではいかがでしょうか?

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング