8月はお盆休みがあります。
でも東京のお盆は1ヶ月早いんですよね。
7月のいつなんですか?
それとお盆って毎年日にちが変わるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

tibitanさん こんにちは



東京のお盆は毎年7月13日~16日です(URL参考)
13日の夕方迎え火を16日の朝送り火を焚きますが
最近では殆ど見なくなりました

そもそもお盆の由来は、お釈迦さまの弟子の一人、目連が餓鬼道に落ちた母親を救うために、お坊さんたちの修行が終わる7月の15日に、たくさんの食べ物をお供えしてお経をあげて供養して救ったという「盂蘭盆経」に由来します。もともとは旧暦で行われていたこの行事も、新暦が導入されて現在の7月に行われるようになりました。しかし、農村部では新暦の7月では農作業が終わっていないのと梅雨の時期に当たるため、旧暦のままや一ヶ月遅れで行うようになりました。その結果、都市部は7月、地方は8月というようになりました。

参考URL:http://www.nijo.co.jp/linkpage/b_july.htm
    • good
    • 14
この回答へのお礼

>13日の夕方迎え火を16日の朝送り火を焚きますが

そういえば小さい時やった記憶があります。
詳しいお答えをありがとうございます。

お礼日時:2001/06/28 12:03

 厳密にはsesameさんのおっしゃるような日程です。


ですが、実際に一般化されているのは、
7月、8月とも、それぞれ
13~15日とされています。
    • good
    • 14

旧盆(本来の盆)は陰暦の7月15日です。


新盆は太陽暦の7月15日です。
旧盆の日にちが年によって変わるように見えるのは、陰暦と太陽暦の関係が年によって変わるからです。
(陰暦は新月をもって月の始めとするため)
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今月がお盆月です。そこでお聞きします。今年は何月何日までに亡くなった方が入盆ですか?

  何月何日以降亡くなった方は来年廻しですか?

 冥土の準備も有ると思い

お聞きします。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 通常は、四十九日(忌中)の間にお盆の期間になった場合は、次の年が初盆になるという感じでよいかと思います。
 忌中を短くする習慣のある地域や、四十九日の数え方、各家の対応、お寺さんの指導等により異なる場合も十分考えられますので、気になるようであればお世話になっているお寺さんにお尋ねするのがいちばん良いです。

 6月27日・28日あたりがご命日の方は、四十九日が8月14日・15日あたりになるはずで、一応の目安にはなるだろうと思います。
(「お盆」というのがいつからいつまでを指すのかも、地域等でかなり異なりますので、一応の目安ということで。)では。

Q今年のお盆に父の初盆と一周忌(昨年9月に亡くなりました)を兼ねた法要を

今年のお盆に父の初盆と一周忌(昨年9月に亡くなりました)を兼ねた法要を行いました。
その際、私の義母と義理の伯父よりご仏前を頂いていたのですが、お返しをしておりません。
(お礼の電話は喪主(既に母も他界しておりますので、私の姉)よりしています)

今更なのですが、お返しをすべきでしょうか?
今からだと、かなり遅いお返しになり、失礼に当たるのでしょうか?

お返しをするとすれば、遅くなったお詫びの手紙を品物に添えるべきでしょうか?

無知ですみませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お盆ですと7月か8月でしょうから、今になってと言うのは些か時期を逸していると思いますし、お礼の電話はされていますので失礼にはなっていません。来月になれば歳暮として適当な物を贈られたら如何ですか。お世話になっている事、法要の時の感謝の言葉を書いた簡単な手紙を添えれば良いでしょう。

Qお盆の御供えのお返し

2年前に母が亡くなりました。(母一人、子一人でした)
先日のお盆に叔母と義両親から御供をいただきました。
去年は初盆でしたので叔母などに教えてもらい、あらかじめお返しの粗供養を用意していたのですが、
今回は2回目のお盆だし…となにも用意していませんでした。

お返しはどのようにしたら良いのでしょう?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

初盆・新盆の御供えは、金額的にも相当なものかと思いますが、2年目以降は、ちょっとしたものではないでしょうか。2~3千円のお菓子とか、高くても数千円の飲み物などと想像します。
三回忌や七回忌などの法事に比べれば、軽く考えるものです。
丁重にお礼を述べるだけでよいと思います。

というのも、冠婚葬祭はギブアンドテークが原則です。
いずれ先方で同じようなことがあったとき、同じ程度の御供えをし、お返しをもらわない覚悟であればよいのです。
親戚づきあいは四角四面に考えるのでなく、角を落としてお互い様という考えも必要です。

ただ、現金で 1万円以上とか、品物も現金に換算すると 1万円以上になるとかでしたら、3分の 1から半額程度を、商品券やギフト品でお返しした方がよいかとも思います。そのとき、
「来年以降はお気遣いなく」
の一言を添えておくとよいでしょう。

Qお盆のお供え物の「のし紙」

お盆のお供え物の「のし紙」にはなんと書けばよいのですか?

Aベストアンサー

「御供」でよろしいかよ思います。

参考URL:http://www.tama.or.jp/~oguro/data/noshi.html

Q毎年きまったお歳暮を

毎年お中元お歳暮の季節になると、何を贈ろうかと決めかね、贈るのが遅くなってしまいます。
毎年同じものを贈れば、考える必要もないし、もらうほうも当てにできていいとも聞きます。
そこで、毎年贈って喜ばれそうなもので、送り先によって値段の幅も変えられそうなものがあったら、教えてください。
我が家の場合、お歳暮といっても、実家や兄弟などごく親しい人に限られているので7~8軒と言うところです。

Aベストアンサー

<個性的なもので、しかも毎年定番で贈っているよ
と言うようなものがあれば・・・ですか
 そうですね、その地方の名物があればいいんでしょうが・・・。
 例えば我が家では「ほろほろ鳥」を贈ってます。
ちょうどクリスマスも近いので喜ばれています。
 特産の魚介類・ラーメン・うどん・笹蒲鉾・肉・果物等々、食べ物は嬉しいですね。
 因みに我が家は子供が四人なので、やっぱり食べ物や洗剤がありがたいですね (^_^;)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報