ハイローオーストラリアを利用されている方教えて下さいm(_ _)m

一日に何回も出金依頼することは可能なのでしょうか?

まだ口座開設しておらずお願い致しますm(_ _)m

質問者からの補足コメント

  • 自分の口座に着金するのは一日一回だと思いますが、出金依頼を一日に何度も指示できるか知りたいです。儲けた利益をすぐ出金依頼したいためこのような質問をしています。

      補足日時:2017/04/07 13:20

A 回答 (1件)

一万円以上なら何度でも出来ますし、出金先の銀行も選択できます(私は二か所登録)


だけど出金依頼は毎日正午(12時)に締め切られ、午後に手続きに入りますので
出金額を増減したい場合は、正午までにキャンセルして出金額を変更すればOK。

正午以降(午後~)に出金依頼した分は、翌日の正午に締め切られますので
出金額を変更したい場合は、それまでにキャンセルをして再度依頼をすればOK。
ちなみに一日の最大出金可能額は一億円です。

また、出金申請後に出金予定の金額の一部を取引口座の方へ戻したい場合は
やはり出金をキャンセルをして、金額を訂正して再度出金依頼をすればOK。
(キャンセルをした金額は自動的に取引口座の方へ移されますので
全額を取引口座に戻す場合は、出金依頼をキャンセルするだけでOK)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

完璧に分かりました!!!的確なご回答ありがとうございますm(_ _)m
キャンセルして何度でも出金指示できるわけですね!

お礼日時:2017/04/07 20:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXで破産、、マジ・・・?

2ヶ月前よりFXを始めてみたはいいものの、
なかなかうまくいかずにあれよあれよといつも私の思惑と逆の動きをして、
あっという間に追証になってしまいました。。
どうやったらFXで勝てたりするのでしょうか?
主婦でも勝っている人がいるみたいでほんと不思議です。

お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FXデイトレしている主婦です。

最初はいろいろやって負けが込んじゃいますよね。
それは仕方ないと思います。

とりあえず追証は解消して再出発しましょう。

まずは、自分なりのルールを決めてやっていますか?
その日の気分で取引しているといつかドカンとやられてしまいます。

応援しています。

Q株価予測は人工知能でなぜできないのでしょうか?

人工知能が話題になっていますが、人工知能による株価や先物の予測はおこなわれていないようです。
株価のバックデータから天底のデータを拾い出せば、教師あり機械学習ができないかと素人考えでは思うのですがinternetで探してもそれらしきものはありません。
株価のバックデータから天(極大値)底(極小値)は幾通りもの場合を拾い出すことはできますから、たくさんの異なったサンプルを作ることができますが、これらをAIで処理して必勝法を作ることはできないでしょうか。それとも必勝法は一般に知られると効果がなくなると言われていますから、公開されないだけでしょうか。

Aベストアンサー

人工知能が活躍できないジャンルではないかと思います。


AIが期待されるのは、

「100%的中に近いテーブル索引表(辞書)が存在するはずだが、

 この辞書を作成するのが困難(面倒くさい、把握し辛い)」

というジャンルです。


更に、学習可能と言う条件には幾つか厳しい制約があります。


学習関連の学問はかなり古くからあり、

数学的に「やってみる価値はある。やっても無駄。」を判断するための方法論が

最初に定義され、一つのジャンルになっています。



基礎理論では、相関と無相関と言う概念が重要になります。

これはどんな学習理論であっても、通用する話です。



例えばホワイトノイズについて、

「ある時間における瞬間音量」

は予測できません。

ホワイトノイズは前の値と次の値に関連性が無く、見境無く適当に値を出す性質があります。

こういうのは学習できませんよね。

経験が意味を成しません。


しかし、

一見してランダムに見えるものでも、予想ができるものがあるんです。

学習はそうしたモノに対して出来るのであり、本当に自己相関や相互相関がないものには、

通用がしないんですね。


株価の変動がこれに該当していたら、無駄と成ります。



また、学習が可能とするためには、

「一定の時間性質が変わらないもの」

と言う条件があります。

例えば、ある時間帯はある特徴があっても、

しばらくすると別の特徴に劇的に変化するものがあります。

こういうものを学習させますと、それまでの学習結果が悪影響を与えます。

「あれ、おかしいな。あれ、おかしいな。」

と機械の方が意固地に頑張ってしまいます。

0から学習させたほうが早く答えに追従すると言う結果になるんですね。

株価の変動にこうした性質(ある時期から性質が激変する)があった場合、

的中率が高いソフトほど、あるとき突然、狂った予想をし続ける事になります。

つまり破滅が運命付けられていると成りますね。



そのため、

学習が可能な対象は「緩やかに性質が変化するもの」とされています。

この緩やかと言うのは、必要な学習回数に対して評価されます。

10回経験すればパラメータが収束する場合、100回くらいで僅かに変わる対象は、

緩やかと言えます。

(ただし、大体において満足いくほどの学習をさせるならば、

 10回では不足であり、1000回くらいのチャンスは与えないと無理でしょう。)

冒頭述べました、100%に近い的中辞書が存在するものならば、

緩やかどころじゃありませんから、必ず適用できます。

例えば、「この写真は何?」「猫です。」

こういうものですね。

しかし誰かが悪戯して、犬と言い続ければ、これを学習してしまい、

このAIは意固地に犬と言い続けます。

この場合は、学習済みのパラメータを消去して、最初からやり直します。




総じて言えるのは、

AIのほうが人間より融通がききません。



さて、株価に対しての質問ですから、

実際に作ったら、どうなるか? 少し想像してみましょう。


例えば、ある時の株価が右斜めに上昇しているとしましょう。

すると、次の株価は上がるとAIは答えを出すでしょう。

次に実際は下がったとします、

ですが、「んーでも、しばらくは上がる」と言い続けるでしょう。

途中から、反省したように「下がり続ける」と言い始めます。

あるとき、突然閃いたと言わんばかりに、

「わかったこれはサイン曲線だよ。なので次はあがる。

 そしてしばらくしたら次は下がるよ。」

といい始めます。

この場合は、

このとき多分、たまたま、サイン曲線に似た性質があっただけです。




問題なのは、本当のAIは今の様に言葉にしてくれません。

「おいおい。いったいどんなパラメータがセットされたんだ。

 ちょっと不安になってきた。

 このまま上達していくのか心配になってきたよ。

 学習進んでるの?

 答えてよAIだろ?

 よし、BOTのAIをつなげてみよう。

 『それは猫です。確率85%』

 ああ、心が折れそう。」


さてどう思いますか?

私は、

「凄い。固定的なプログラムでは、出来ないことをしている!

 だけど、君に任せるくらいなら、自分でやったほうが良さそうだ。」

と思います。

自分でやったほうが上手く行くということではありません。

どうせ失敗するならば自分でやったほうが納得がいくという事です。

「それって、単にグラフの線を延ばしただけじゃないの?」

とか疑いながら投資をするのは精神衛生上良くないんではないでしょうか。



AIが活躍できる部分は、

人間が「師に習い、コツをつかめる」そういうジャンルでしょう。

勿論、現在・過去でジャンルと確立しておらずとも、

未来で確立するものも対象です。



AIは「暗黙知を積み重ねたベテラン」と言う概念を機械化したり、

(標準化したりアルゴリズムに置き換える作業をショートカットして機械化する)

数が多すぎて人が把握できなかったため、誰もがやろうとしなかった新しい分野に

対して期待されています。


複雑な手順や場合わけがある作業は、上手に学習が進みません。

この部分を人間が先に把握して、

前処理として別のプログラムで加工する必要が出てきます。

実際はこの部分を作った人のほうが凄いわけです。


ですので、

データテーブルを索引して(辞書を引くような感じ)答えを出すようなものに向いています。

この辞書を作るのが面倒なとき、AIが活躍すると言うわけです。

最後、値が収束すると、変化のしない固定的な辞書ができあがります。

しかし、それが答えであるならば、この辞書を売るほうが良いと分かります。



アカシックレコードと言う言葉を聞いたことがありますか?

学習を積み重ね未来を予想する力と、アカシックレコードどちらが便利でしょうか?

面白いことに、こうした議論は学会などでされています。

最終的には、学習方式はアカシックレコードには勝てない(あたりまえですが)と

証明されています。


例えば、電機メーカーがAIを使った室温制御を装置を作ろうとしたとします。

最初は学習がされていませんので、使い物になりません。

そこで、色んなケースで学習をさせていきます。

「そろそろ出荷したいなあ・・・。

 まあ、もう少しやるか。

 『だめ。暑い。それだと寒すぎ。』

 俺がやったほうがいいわ。」

こんな感じでしょう。

そして、最後、

「xx君、AIの学習は進んだかね。そろそろ出荷したいんだが。」

「はい、大体、良い感じです。」

「じゃあ、その優秀なAIを装置化して製造に回して欲しい。」

「いや、もう学習部分はいりません。このパラメータをロム化して、

 うちの製品に組み込めばいいですよ。」

「いやいや、xx君。それではAIじゃないじゃないか?」

「ですよねえ。学習の段階で新しい入力パラメータが必要なことが

 分ったんです。なんと言うかそっちのセンサー部分が大事でしたね。」

となります。



パラメータが収束してしまいますと、学習部分は必要ありません。

AIがすごいのは、学習回路と索引回路が同一であるところです。

それがある種のアーキテクチャ・マニアにとっては美しく感じられたという

事であって、経済効果があるという事にはなりません。


昔、敵のモンスターを討伐すると、敵を仲間に出来ると言うゲームがありました。

そのためには、レベルを独自に上げて、圧倒しないといけないんですね。

そして、実際、仲間になっても次のステージでは役に立ちません。

「俺が弱かったとき、あんなに強かったのに・・・どういうこと?」

と思った事があります。

(ああ、いま書いてて馬鹿みたいだと思いましたが)

これと同じでして、

AIを強化するためには、如何にしてAIを利口にするか考えないといけません。

そうしませんと、効率が上がらないんですね。

その過程で、対象となる分野の専門知識が必要になります。

言語を解するAIを作るためには、どうしても言語のプロにならないといけない。

「よしよしその調子。ああ、ダメだな。次はあの理論を入れてソースを加工し、

 俺が予想するこのパラメータに如何に早く近づくか試してみるか。

 あれぇ?」

となります。

ですので、

人に習ったり、頼んだりするのが恥ずかしいと感じる人にとって、

ある種のコミュニケーションとして期待されているのかもしれません。

「ほら、どうせ俺に頼めないんだろ。まあ、AIに学習させて置いたから。

 勘違いするなよ。お前のためじゃないからな。俺はただ・・・」

「うわあ、AIってスゲー。へへん。AIがあれば、人間なんか要らないぜ。」

と言う感じですかね。



一つ示唆があるとしたら、

SFとしては、ロマンがある・・・しかし、現実としては、

「AIを売ろうとする技術者を警戒しろ!

 アカシックレコード(学習済み結果)を与えようとする技術者を信用しろ!」

でしょうね。

AIの学習キットを与える人は前者でしょう。

自動将棋のサービスを提供する人は後者でしょう。



ご質問の答えになるかわかりませんが、

私としては美しい技術だと思いますが、

実際のところは、「そんなに良い物じゃない」と、大筋で汲み取ってください。


以上、ご参考になれば。

人工知能が活躍できないジャンルではないかと思います。


AIが期待されるのは、

「100%的中に近いテーブル索引表(辞書)が存在するはずだが、

 この辞書を作成するのが困難(面倒くさい、把握し辛い)」

というジャンルです。


更に、学習可能と言う条件には幾つか厳しい制約があります。


学習関連の学問はかなり古くからあり、

数学的に「やってみる価値はある。やっても無駄。」を判断するための方法論が

最初に定義され、一つのジャンルになっています。



基礎理論では、相関と無相関と言う概...続きを読む

QFXで自殺することってあるのでしょうか?

FX初心者です。
FXで損をした場合、自己破産してしまえば返さなくて良いのでは?
と思うのですが、間違っていますでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

合っていますよ。

自己破産の免責不許可事由というのがあり、
ギャンブルなどは外されているのですが、
裁判官の判断で大体が適用可能になっています。

なので、FXで自己破産も可能です。

Q某、電気メーカーの株ですが、もし、上場廃止になったら、紙切れですか?

某、電気メーカーの株ですが、もし、上場廃止になったら、紙切れですか?

Aベストアンサー

紙切れ→価値の無いもの

いいえ、会社は倒産した訳ではありませんので、株券としてはこれからも有効です。
再上場するまで持っていたらどうでしょうか?

QFX、投資 FXや投資は自分の資金内で行えば仮に 負けたとしても借金になることはありませんよね?

FX、投資

FXや投資は自分の資金内で行えば仮に
負けたとしても借金になることはありませんよね?

Aベストアンサー

海外口座で、ゼロカットを採用してるとこはそうなります。
日本の場合は、国が企業保護のためにレバレッジと追証ルールを決めてるので可能性は低いが、マイナスになることはあります。例えば、スイスフランショックなんかがわかりやすい例です。このように、滑る場合もあるし、休日で、窓開けでロスカットを割り込むこともあるし、ネット環境や企業のシステムのトラブルでタイミングがずれてしまうリスクもあるし色々。それが分からない人はレバレッジ取り引きはしない方がいいですよ。

Q「織り込み済み」ということについて

こんにちは。FX初心者です。
今朝、フランスの大統領選挙でマクロン氏が勝ち、先週はアメリカの雇用統計の結果が良く6月の利上げは確実ということもあって、ドル高に向かうと思っていたのですが、どうやらその気配はありません。
ヒントを求めてテレビをつけてみると、ニュースキャスターが「現在の為替相場はすでに(マクロン氏勝利あるいは米利上げの)織り込み済みです。」と言い切っています。
織り込み済みとは、すでにそのことが予想されていて、(この場合)もうこれ以上ドル高にはならないということだと思いますが、一体何を根拠にそう断定出来るのでしょうか?前回の米利上げ前もそうでした。
そもそも、これだけドル高の条件がそろっていながら、円高に向かう(かもしれない)理由がさっぱり分かりません。
どなたかご教授下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ニュースキャスターが「現在の為替相場は
>すでに(マクロン氏勝利あるいは米利上げ
>の)織り込み済みです。」と言い切ってい
>ます。

誤解です。もし言っているとしたら、
バカにしてやりましょう。
そもそも普通のニュースで流す経済
動向にまともなものはありません。
特に夜のゴールデンタイムのニュースは、
どんな経済オンチがやっているんだ
と呆れてしまいます。

事実さえ伝えられない経済オンチの
スタッフ(記者?編集者?)がいるテレビ局が
あります。
ですから、ド素人のキャスターの余計な
発言は端から信じてはだめです。
固有名詞は出しませんが…

事実、現状でどういう変化があるか?
とても単純です。
★ユーロドル、ユーロ円は年初来高値を
超えてきました。
これのどこが折込済なんですか?

まずそれが、大いなる間違いです。

そもそも世界経済の2大通貨は
ドルとユーロです。
この意味が分かりますか?
★ユーロが上がればドルは下がるんです。
はっきり言えば円なんて『その他通貨』に
過ぎません。

これにより『ドル高に向かう』なんて
要素はなかったのです。逆です。
年初来のドル安となったということです!
ここを事実として理解して下さい。

添付 ユーロドルチャート参照

これが普通のニュース番組の実態です。
偏った視点でしか見えていない番組
スタッフが事実を捻じ曲げて伝えている
良い例です。

まともな経済ニュース番組の経済、金融の
専門家の解説をよく聞いて理解すること
をお薦めします。
あれ?逆のこと言ってるとか気づくことが
多くなれば、しめたものです。

>もうこれ以上ドル高にはならない
>ということだと思いますが
全然違います。
もうこれ以上はドル安にはならない
のでは?というのが現状の多くの
エコノミストの見解です。

このあたりでやっと円の話をしましょう。
こうして、フランス大統領選のイベント
が終わり、世界経済のリスクが払拭され
たのです。
そのために円安が進んだのです。
円安が進んだためにドル円も2ヶ月ぶり
の高値となりました。
ドル安、円安が進んだためにユーロ円は
1年来の高値になりました。

ここからが、いろいろな人がいろいろな
予想を言います。

私見では、現状のドル安にトランプはある
程度満足すると思います。
しかし、円安には貿易赤字を盾に、米国
として、都度文句を言ってくるでしょう。
そのあたりがどれだけ『威力』となるか
それがトランプの今後の実績次第か?
とみます。

いかがでしょう?

>ニュースキャスターが「現在の為替相場は
>すでに(マクロン氏勝利あるいは米利上げ
>の)織り込み済みです。」と言い切ってい
>ます。

誤解です。もし言っているとしたら、
バカにしてやりましょう。
そもそも普通のニュースで流す経済
動向にまともなものはありません。
特に夜のゴールデンタイムのニュースは、
どんな経済オンチがやっているんだ
と呆れてしまいます。

事実さえ伝えられない経済オンチの
スタッフ(記者?編集者?)がいるテレビ局が
あります。
ですから、ド素人のキャスターの余計な
発言...続きを読む

QFX FX のデモトレードをやっているんですけど3週間ぐらいで50万円の利益が出ました。そもそもデモ

FX
FX のデモトレードをやっているんですけど3週間ぐらいで50万円の利益が出ました。そもそもデモトレードのチャートは現実と同じなんですか?
また、デモトレードはみんな利益が出るように作られているんですか?
なんでこんなに簡単に利益が出たのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に勝てるということは、負けるときも簡単に負けます。
だから、根拠なしに買ってれば取引が多くなれば手数料分ずつ損していく可能性が高くなります。

実際には、大きく負ければロスカットでおしまいですけどねー。

QFXトレード用パソコン

普段ノートPC3台を並べてFXをしています。

デスクトップで6画面でトレードしたいのですが、おすすめのPCを教えてくださいm(__)m
パソコンでやる事
①FX ②エクセル ③動画見る

主にする事は上記3点なのでそれがスムーズにできれば問題ありません。
予算20万円くらいでありますでしょうか?
回答をよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

iBookG4とか。

Qファンドは老後資金には向かない?

ファンドは長く持つものだと言いますが、もし2年後に最高に値上がりし、その後10年は下がり続けたら、使いたくても使えない財産ということになりますね。
老後資金は10年も20年も使えないと困るので、老後資金にファンドは不向きなのでしょうか?

Aベストアンサー

ファンドの性質にもよるので一概に言えませんが。
一般的には老後資金は無くなったら困るので安全運用になりますが、例えば後20年あればマイナスが出ても修正する時間的猶予があるので少しリスクを取ってその分利回りを期待する運用をし、徐々に安定な債権や国債の比率を増やして行くのが良いとされます。

まあ、当然塩漬けできる期間の猶予もありますが、定年前なら収入があるので最悪困ることはないですからね。

逆に言えば、年金と定年後のバイトで十分やっていける見通しがあるなら、家族のための蓄えも必要ないので万一の時はリスクはないなら自由に使えばいいとも言えるでしょうけどね。下がったと言っても、よっぽどのリスク投資じゃなければ今日明日で半分になるわけでもないないでしょうから、マイナスのロスカット基準をしっかり決めて分散すればまあやれないこともないですけどね。そもそも長期保持したって返ってくるかわかりませんしな。

Q米利上げにもかかわらずなぜドルは安くなったの?

こんにちは。FX初心者です。
3月15日は予想通りアメリカ政策金利の利上げが発表され、いつものようにドル高になると思っていたのですが、今回、ドルは安くなってしまいました。なぜそうなったのでしょうか?さっぱり分かりません。どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去においても、ドル利上げでは、ドル円は下降気味でした。
その理由としては、
利上げ実施は突然ではなく事前情報があり既に市場は対応済み、
短期投資家は利上げより今後来る為替変動を見ている(買いではなく売り時)、
などが言われています。

ドル利上げとはいっても、ドル買いが無ければドル為替は上昇しません。
また、利息が1%になっても、ドル円の動きに比べれば小さいものです。
利上げは長期投資家には好材料ですが、短期投資家には興味はないでしょう。

ところで、貴方は売り?買い? どのタイミングを狙っていましたか?
下がったので買い時を得て良かったのではないですか?
長期投資家のドル買いが進んで、今後は徐々にドル円は上昇するはずです。
しかし、トランプの無謀政策の相次ぐ発表で打ち消されるかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報