被害者請求をして調査会社から調査が終わったが交通費が不明な点があったのでそこだけまた送る書類に書いて郵送してくれと言われ、先日、郵送しました。
どのくらいでお金が振り込まれますか?
2週間くらいかかるの?と調査会社の担当者に聞いたところそんなにかかりませんよと言われました。
一週間くらいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初めまして。


賠償金(示談金)の振込は、各保険会社によって(担当者の技量(笑))によって違うと思いますが、私の場合は、示談の書類を提出してから(実際相手側の保険会社に出向きました)二日後に振り込まれました。

私の場合はその前に、対応に腹が起ったので相手保険会社のお客様センターに電話⇒担当の上司から電話、示談の対応をしてもらいました。だから二日という早さだったのかもしれません。

いずれにせよ、期間を区切って話をこちらからしなければならないことを勉強した次第です。

事故はもうこりごりです。疲れました。
日々の安全運転に努めたいとつくづく思います。

納得して示談書にサインすることは大前提です^^。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損害保険会社の担当者の対応の不味さを損保ADRに相談しました。 保険会社からその担当者の上席の人間か

損害保険会社の担当者の対応の不味さを損保ADRに相談しました。
保険会社からその担当者の上席の人間から非を認め謝罪を受けました。
許す気になかなかなれないのですが、その上席の方はADRの次のステップ(紛争解決)にいかないように穏便に済ませてもらえないかと言われたのですが、そんなに保険会社にしてみたら、まずいのでしょうか?

Aベストアンサー

>その上席の方はADRの次のステップ(紛争解決)にいかないように穏便に済ませてもらえないかと言われたのですが、そん なに保険会社にしてみたら、まずいのでしょうか?
かなりまずいと言えます、次のステップに移行すると「金融庁」への報告義務が発生しますので、今後の損保保険活動での色々な面で制約が出来たり、苦情件数が多い場合は「営業所単位での有期の業務停止命令」がでたりすることもあります。
よく、生命保険会社でのトラブルで、営業停止が命令されることがあります。

Q物損・調査会社の調査を断って良いでしょうか?

物損事故の被害者です。(当方過失なしを主張)
相手保険会社から、第三者の調査会社で調査したいとの依頼があり
承諾しました。
(過失割合でお互いの主張に開きがある)

保険会社へ調査会社に依頼する理由を聞いたところ、双方の意見が食い違うからとのことでした。
そんなに食い違いあったっけ?と思いながら、
食い違う点を教えて欲しいといったところ、面倒臭そうに
「先日話しましたけど」との回答。それをもう一度確認したいというと、渋々話しましたが、殆どがすでに解決されている内容でした。
食い違うのは一点だけで、それも警察へ相手が話している内容なので、
わざわざこちらを調査しなくても警察ですぐに確認できる内容でした。

解決している内容について、先日それは話しましたよね?というと明ら
かにムッとした態度で後は調査会社から連絡がありますからとのこと。
また時間はどのくらいかかりますか?と聞くと、1時間くらいじゃない
ですか~と投げやりというか他人事というか。

こちらとしては、むこうから調査に協力してほしいと頼まれている立場
で、今までも散々待たされている中で承諾しており、さらに休日の調査
ということで休みを拘束される形になるのに、この態度なので、調査に
ついてはもう断りたいと思っています。調査の必要性も感じていません。

これを断るこちらに不利になるのでしょうか?
我慢してでも受けるべきですか?

物損事故の被害者です。(当方過失なしを主張)
相手保険会社から、第三者の調査会社で調査したいとの依頼があり
承諾しました。
(過失割合でお互いの主張に開きがある)

保険会社へ調査会社に依頼する理由を聞いたところ、双方の意見が食い違うからとのことでした。
そんなに食い違いあったっけ?と思いながら、
食い違う点を教えて欲しいといったところ、面倒臭そうに
「先日話しましたけど」との回答。それをもう一度確認したいというと、渋々話しましたが、殆どがすでに解決されている内容でした。
...続きを読む

Aベストアンサー

ご意見拝借させていただきました、
1.事故調査は受けていただいていいと思います、ただし自分に不利な判 定がされてもなんら考慮する必要がありません
2.非常に重要です、事故にあわれて2週間以内なら直ちに整形外科で
 受診して人身事故にしましょう、まったく状況が変わってきます。
 実は物損事故での被害者は非常に不利になりますが、人身事故は各種
 証拠を警察で作成してくれますので、後が非常に有利になります。
 参考;「実況見分調書」これで過失割合が決定されます、実際の内容    は「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」通称、別冊    判例タイムズ No16を参照してください、調査会社の調査など
    これにかかれば茶番で、裁判等は全てこれで決まります。
3.追突以外は過失ゼロはない?(笑い)加害者代理の保険会社代理店の
 担当の常套句で通常想定できる安全管理から想定できない事故は過失 ゼロです(判例が多すぎて、興味があれば「判例タイムズ」を参照)

4.今回人身事故にしなかったあなたの不注意が災いして苦労されていま す。間に合うようでしたら絶対に人身事故にすべきです。
 それ以降もさまざま保険会社の嫌がらせがありますが、
 (1)人身事故にする (2)週2~3回牽引で整形外科へ(お近くの整形外  科) (3)紛争処理センター
 以上のキーワードであなたは勝利です。
 

ご意見拝借させていただきました、
1.事故調査は受けていただいていいと思います、ただし自分に不利な判 定がされてもなんら考慮する必要がありません
2.非常に重要です、事故にあわれて2週間以内なら直ちに整形外科で
 受診して人身事故にしましょう、まったく状況が変わってきます。
 実は物損事故での被害者は非常に不利になりますが、人身事故は各種
 証拠を警察で作成してくれますので、後が非常に有利になります。
 参考;「実況見分調書」これで過失割合が決定されます、実際の内容    は...続きを読む

Q損害保険会社の代理店に苦情を入れ、その保険会社の担当者から嘘をつかれました。内容は、怪我をさせられ

損害保険会社の代理店に苦情を入れ、その保険会社の担当者から嘘をつかれました。
内容は、怪我をさせられ、加害者の代理店の対応だったのですが、加害者には弁護士が代理人入っており、保険会社・代理店についてもその代理人に委任したと保険会社の担当者に言われました。
相談しただけなのに、なぜ弁護士を相乗りするのかと意味がわからず、損保ADRに相談し、その保険会社の支店長から連絡がきて、担当者の勝手な発言であり、加害者の弁護士としてしか委任してないという事で、改めて、代理店と担当者について、結果を報告するとの事でした。
また、その時に支店長から、あまり弁護士を怒らせないようにした方が得策ですと言われたのですが、これは脅しでしょうか?
振り回されしまって、頭にきているのですが、慰謝料とかを保険会社や代理店に請求可能だと思いますか?

Aベストアンサー

簡易裁判所で「民事調停」の手続き資料をもらっておきましょう。
弁護士不要で第三者機関が紛争解決します。
保険屋に対して「出廷届」が行くので「ビビる」でしょうね。

保険屋は法律問題には立ち入れません。
弁護士うんぬんの話は加害者が特約で雇っているかどうかの問題で、保険屋が口出しするのは「筋違い」です。

市役所の市民相談室に相談する手もあります。
行政の立場で親身になって解決案を考えてくれます。(無料、予約なし)
意外と空いて堅苦しい所ではありません。
場合によっては、役場内の無料弁護士を紹介してくれます。

Q民間の調査会社

交通事故にあいました。相手側が嘘の主張を繰り返すので
民間の調査会社を間にはさむことになりました。
ですが、相手側の保険会社がいつも利用している民間会社なので
どのくらい信用できるかわかりません。
また調査というのは、具体的にどのようにしてもらえるのでしょうか?
信頼できるものなんでしょうか?
保険会社の担当の方が仰るには、こちら側とあちら側の意見を聞いて
現場や車の破損状況をみたり、警察に訪ねたりして判断するということ
だそうですが、警察が民間の調査会社に協力したりするのでしょうか?
初めての事故でわからないことだらけです。
どうか教えて下さい。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

民間の調査会社は保険会社の子会社のような役割ではありません。
複数社と契約関係にありますから、あくまで第三者として事故の精査をします。
調査会社の仕事も信頼第一ですので、依頼保険会社の利益になるような仕事そすれば、当然、第三者との公平としての立場ではなくなり信用をなくすことになります。

例えば、今回の調査で仮に相手側の有利に調査を進めたとします。
すると、今度はご質問者側の保険会社がとの交渉のときに、相手側はその調査結果に基づいて交渉するわけで、その内容に偏りがあると、ご質問者側の保険会社はいい加減な調査をする会社だということで、その保険会社からの仕事がこなくなります。

そういう背景から基本的なスタンスとしては、あくまで第三者機関として事故状況を精査するという位置づけで民間の調査会社は動いています。

警察確認については、調査員の熟練度によります。
中には警察OBだったりして、かなり詳細を聴取してくる人もいますし、捜査状況は教えられないと追い返される調査員もいます。

Q自動車事故で保険会社から調査って・・・

噂ですが・・事故の休業損害補償について「3ヶ月をこえるものは調査(勤務会社に)が入る」と保険会社がたまにいってくるようですが、この調査とはどういったものでしょうか?たとえば 事故による首の捻挫に対する治療期間がおもに3ヶ月だからそれで3ヶ月を超える場合といっているのでしょうか?友達が勤務先に調査がはいるよと保険会社にいわれ、なにか恐い印象があるようです、会社に調査がはいるのはほんとうなのでしょうか?また調査とはどういう調査をするのでしょうか?

Aベストアンサー

休業の実態調査と言う事です。保険会社には強制的に調査できる権利はありませんので保険会社の損害調査員かあるいは保険会社によってはリサーチ会社などで聞き取り調査を致します。特別に問題が在りそうな案件では弁護士に依頼する事もあります。内容的には勤務実態はどうだったか、事故の治療期間の休業損害請求期間に会社は給与を支払っていないのかどうか、(実際には会社で立て替えた場合は会社に求償権が有ります)有休の扱いに付いての会社の考えは、更には会社として怪我で勤務が出来ないような状況と考えているのか。と言うような調査を致します。尚 「3ヶ月こえるものは調査がはいる」と決まっているわけでは有りません、受傷部位と休職状況を考慮して保険会社の損害調査員が判断致します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報