「乙の責めに帰すべき事由により工期内に工事を成功できない時は、乙は申に対し、損害金を請求することができる」どういう意味なんでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

乙の責めに帰すべき事由により


  ↑
故意過失、及び信義則上これと同視できる
場合、ということです。



工期内に工事を成功できない時は、乙は申に対し、
損害金を請求することができる
  ↑
甲は乙に、じゃないですか。

甲と乙の間には、請負などの契約があった
のでしょう。

乙の責めに帰すべき自由により、期間内に
契約ができなければ、債務不履行として
損害賠償責任を負う、ということです。
    • good
    • 0

そんな契約文章は そもそも存在しない。


普通は 「・・・甲(発注者)は乙に対し・・・」 だけど
    • good
    • 2

>乙の責めに帰すべき事由により工期内に工事を成功できない時


 乙の故意や過失などにより工事が完了しなかった場合

>乙は申に対し、損害金を請求することができる
 乙が受けた損害を甲に請求するって、乙と甲を打ち間違えているでしょ。
 乙の責任で工事が遅れたのに、自分の損害を甲に請求して清算されるなら
 放ったらかしにすればするほど乙が儲かることになる。

 申?
 日本人じゃないの?

もしも質問者さんが甲(発注者)の立場にいるなら
騙されていますよ。
    • good
    • 1

「乙の責めに帰すべき事由により工期内に工事を成功できない時は、乙は申に対し、損害金を請求することができる」


 乙と甲が入れ替わってない?
 乙の責任で工事が終わらないのに、乙が甲に損害賠償を請求ってあり得ない。
    • good
    • 1

矛盾してる。


乙の責任で工期に間に合わない時は、乙が申に損害金を請求できる。

逆だよ。申は乙に対し、損害金を請求することができる。
    • good
    • 1

甲を発注者、乙を受注者とした場合、「乙の責めに帰すべき事由」とは、「乙の責任になる理由」です。



たとえば、職人が辞めてしまって、工期内に工事を成功できない時、ということですね。

この場合、「甲は乙に対し損害金を請求することができる」ではないかと。

甲は何ら自分は悪くなく、乙の事情で工事が終わらなかったら、甲は乙に「損害賠償しろ」って言えるでしょ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q責めに帰すべき事由とは

法律用語で「責めに帰すべき事由とは」どういう意味なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ、一般に帰責事由と呼ばれてます。
債務不履行や危険負担に使われてますね。
債務者の故意・過失、または信義則上これと同視される事由をいうと有力とされてる説では解されてますね。
というか、そのままの意味ですよ。
例を挙げましょう。(危険負担のお話です)
AさんはオークションでBさんが出品している本を買いました。
Bさんは配送したのですが、商品は配達事故に遭ってしまい、
Aさんの元に届きませんでした。
この場合、Bさんは悪くない(帰責事由がない)のでAさんはお金も支払ってしかも商品は届かない。ああ無常。

Q相続について 相続すべき? それとも放棄すべき?

相続について教えてください。

財産:1000万(現金、不動産、有価証券含む)
を相続しようと思うのですが、この他に連帯保証人となっていることがわかりました。

実際にはまだ連帯保証した先が優良なので、借金は発生していませんが、
もし破産すると、多分2500万~3000万位の借金がかかってくると思われます。
(連帯保証した先は順調に返済が進んでいるとの事)

この場合、財産1000万を相続すべきでしょうか?
それとも連帯保証した先が破産することを恐れ、放棄すべきでしょうか?
一緒に暮らしていることもあり、全て放棄するとなると不動産関係で困まりますが、それでも2500万~3000万の借金よりマシと考え、放棄すべきでしょうか?

どうしたら良いか、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 まず、連帯保証債務の内容について、しっかり把握することが大切です。相続放棄は3ヶ月以内が原則ですから(※家裁に申し出て認められれば期間を延長することも可能)、早急に調査することが必要だと思います。

 連帯保証債務については、原則として相続しますが、相続しなくてもよい連帯保証債務があります。根保証というもので、「責任の限度額ならびに保証期間の定めのない根保証について相続を否定した」最高裁の判決があります。この最高裁の判決(昭和37年11月9日)については、最高裁HPから下記、参考URLに貼っておきます。
 
 質問者さんの連帯保証債務の内容がわからないので、相続しなくてもよい連帯債務もあるというアドバイスにとどめ、詳細は地元の弁護士に法律相談をして下さい。

 ご相談先として、東京の場合には弁護士会が運営している「法律相談センター」があります(下記、参考URL参照)。「有料相談」の相談料は、原則として30分以内5,250円(消費税込)で15分毎に延長料金2,625円(消費税込)を基本としているそうです。
http://www.horitsu-sodan.jp/
 お住まいの都道府県の弁護士会にも同様の窓口があると思いますので、「法律相談センター」HPなどもご参考にされて、探してみて下さい。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/9ADF29D69F91FA4649256A8500316180?OPENDOCUMENT

 まず、連帯保証債務の内容について、しっかり把握することが大切です。相続放棄は3ヶ月以内が原則ですから(※家裁に申し出て認められれば期間を延長することも可能)、早急に調査することが必要だと思います。

 連帯保証債務については、原則として相続しますが、相続しなくてもよい連帯保証債務があります。根保証というもので、「責任の限度額ならびに保証期間の定めのない根保証について相続を否定した」最高裁の判決があります。この最高裁の判決(昭和37年11月9日)については、最高裁HPから下記、...続きを読む

Q通常損害・特別損害と積極損害・消極損害

債務不履行による損害賠償が通常損害・特別損害に分類しているの比して、不法行為による損害賠償が積極損害・消極損害に分類しているのは、債務不履行の場合には契約関係が前提にあり、自分の不履行について相手方の事情による損害の程度を予見出来るのために予見を判断の基準にしているのに対して、不法行為の場合には予見性で判断することが適当でないからと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

全然違います。

通常損害、特別損害という分類は民法416条に基づく“損害の範囲”の問題ですが、これは不法行為にも類推適用されるというのが判例通説なのですからこの分類は不法行為にも当てはまります。
一方、積極損害、消極損害というのは、賠償額の算定に当たって算入すべき損害の“種類”の問題です。ですから当然、債務不履行でも不法行為でも問題になり得ます。

内田先生の民法IIの債務不履行とIIIの不法行為の効果のところを読んでみれば解ります。どちらにも、通常損害、特別損害の話と積極損害、消極損害の話両方が書いてあります。つまり、損害の範囲と種類はそれぞれ別個の概念であり、債務不履行であろうと不法行為であろうと、いずれも理論的に同じように問題になります。

ちなみに履行利益、信頼利益はまた別の問題。これはどちらかと言えば、賠償の範囲の問題。これも書いてあります。

Q帰責事由不必要の理由?

強制履行には債務者の帰責事由が必要である。

この文章、誤りであることは分かるのですが、帰責事由が必要でない理由または法律的根拠ってあるのでしょうか?債務名義のみが必要である、は理由に成り得るんでしょうか?

Aベストアンサー

 債権とは,特定の者が他の特定の者に対して一定の行為を請求することを内容とする権利です。
 強制履行は,債務の履行の実現そのものです。すなわち,債権自体の効力として認められるのですから,債務者の帰責事由は不要です。たとえば,売買契約(民法555条)において,売主の財産権移転債務や買主の代金支払債務は,売買契約成立により当然に発生する債務であり,その履行を請求するのに相手方の帰責性が不要なことは明らかですよね。

 これに対して,損害賠償請求(415条)や契約解除(541条)は,債務の履行の実現そのものではなく,履行しないことが違法でないと認められません。

Q「帰責事由によらず」とは

「帰責事由によらず」とは、

(1)帰責事由とならない場合(つまり責任を取る必要が無し)
(2)帰責事由の有無に関係なく(責任を取るべきであろうが無かろうが)

のどちらを指すのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶんですが、・・・普通は、
(1)帰責事由とならない場合(つまり責任を取る必要が無し)
の使い方だと思います。

(2)帰責事由の有無に関係なく(責任を取るべきであろうが無かろうが)
の場合は文例のように「有無によらず」とか「有無を問わず」という
ように言いまわすのでは?
また、(2)のケースは特殊事情であまり一般的ではないと思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報