使役文

問 ケーキの材料が足りないので、妹()(買って 来ます。)
答→ ケーキの材料が足りないので、妹 に 買って来させます。

「に」 子供 を 買い物に行かせます。(行きます)
「を」 子供 に 荷物を持たせます。 (を 持ちます)

ヲ格がある場合は「に」、なければ「を」が入るのがルールだと聞いたのですが、
上記の問の使役文では、なぜ「に」が入るのでしょうか。

A 回答 (1件)

暗に、ケーキの材料を、というヲ格がある潜在しているからです。



妹にケーキの材料を買って来させます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「使役+もらう」、「使役+てもらう」、「使役+てほしい」のような構造で困っております……

 日本語を勉強中の中国人です。回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。

「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』では何を聞かせて欲しいのかが不明確です。」

「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのかはっきりしないのです。」

1.「聞かせて欲しい」

「聞かせて欲しい」とはどういう意味でしょうか。「使役+て欲しい」のような構造がとても苦手です。「誰が誰に」のように、対象の省略なしの完備した構造で教えていただければ非常に助かります。

2.「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのか」

「解説をお聞かせ頂きたい」、「ご意見をお聞かせいただきたい」、「感想をお聞かせいただきたい」は尊敬語でしょうか。それとも謙譲語でしょうか。

「解説」と「感想」の前は、「ご」が抜けているのでしょうか。

 敬語を使わないで、質問2の元の文はどのような文でしょうか。「解説を聞かせもらいたいのか、意見を聞かせもらいたいのか、感想を聞かせもらいたいのか」になるのでしょうか。「誰が誰に」のように、対象も補足していただければ有り難く思います。また、「使役+もらう」と「使役+てもらう」とは違う構造なのでしょうか。

 重箱の隅をつつくような質問で本当に申し訳ありません。「使役+もらう」、「使役+てもらう」、「使役+てほしい」は外国人の私にとってはとても難しいです。日本語勉強の難関です。

 また、自然な日本語の文章を書きたいと思っていますので、よろしければ質問文の添削もしていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

 日本語を勉強中の中国人です。回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。

「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』では何を聞かせて欲しいのかが不明確です。」

「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのかはっきりしないのです。」

1.「聞かせて欲しい」

「聞かせて欲しい」とはどういう意味でしょうか。「使役+て欲しい」のような構造がとても苦手です。「誰が誰に」の...続きを読む

Aベストアンサー


まず、「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』
という文は間違いとは言えないと思います。

何を聞かせて欲しいのかと言えば、この発言に関する「解説・意見・感想」などであることは明白で、この3つはこの場合全て似たような意味を持っているからです。
また、この3つのどれでも良いので聞かせて欲しいという意味であってもおかしくはありません。
通常は「お聞かせ下さい」の前に【そのことに関する事を】という語句が省略されていると判断するように思います。
その前に「意味がわからない発言」と述べているわけですから、「聞きたい内容」は自ずと決まっているということでしょう。
このように明白な事柄に関しては省略して表現することが、日本語では割合多いように思われます。

ただ、この回答者さんは、awayuki_chさんが【省略】に気付かないままこのような表現を使ったかもしれないと懸念したわけでしょう。
正式な目的語を明確にしないと意味が通じない場合も実際あるわけですから、その点を指摘されたのだろうと思います。
ですから、この回答者さんが間違っているわけでもありません。


<1.「聞かせて欲しい」>
「あなたが」「私に」「(あなたの意見を)聞かせる」「ことを(私は)望む」ということです。
「あなたが私に(自分の意見を)聞かせる」という【状況】を「(私は)欲しい」というように考えても良いでしょう。

ストレートに言えば『(あなたの意見を)聞きたい』ということになります。
では、なぜわざわざ使役表現を使うのか。
「聞きたい」動作の主体は「私」で、
「聞かせる」動作の主体は「あなた(相手)」です。
主体を「あなた」にすることで、「あなたの」「(私に)聞かせる」という【行為】が是非必要だ。
ということを強調しているわけです。
(個人的にはそのように解釈しているということですが)

<2.「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのか」>
・「聞かせる」動作の主体は回答者ですから、尊敬語と考えて良いと思います。
・「ご意見」「ご感想」は自然ですが、「ご解説」はあまり使わないような気がします。
・敬語を使わなければawayuki_chさんの例文のとおりで間違いありません。
ただし、どのような場合でも【聞かせもらいたい】という表現はありません。
『聞かせてもらいたい』です。
「awayuki_chさんが」「回答者に」『解説を聞かせてもらいたいのか、意見を聞かせてもらいたいのか、感想を聞かせてもらいたいのか』ということです。


<ご質問文の添削>
1、<回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。>
やや硬すぎる(丁寧すぎる)印象があります。
『回答文に理解できない文法がありましたのでお聞かせ下さい。』(○)
『回答文に理解できない文法がありましたので解説していただけないでしょうか。』(○)
などの方が自然でしょう。

2、<敬語を使わないで、質問2の元の文はどのような文でしょうか。>
仮定法を使うとすっきりします。
『(もしも)質問2の文を敬語を使わずに表現するとすれば、どのような文になるでしょうか。』(◎)


<復習・補足>
・私の勘違いであれば申し訳ないのですが、「使役+もらう」という形は無かったように思います。

・このような形での使役表現は本来、【主体を相手に置く】という意図があるように思います。
良く言えば「相手を立てる」。
悪く言えば「責任を避ける」。
といったところでしょうか。
ただ、あくまで本来的意図であって、ネイティブがこの表現を使う場合に殊更それを意識しているというわけではありません。

・「使役+てもらう」
「考えさせてもらう」というのは、【あなたが私に考えさせる、という状況】を【(私が)もらう】ということです。
「考えてみる(考える)」と言っても同じことです。
ただ、その場合は主体が自分自身になるので、それを回避した表現と言えるでしょう。
・「使役+てもらいたい」=「使役+てほしい」ということになりますが、「~てもらいたい」のほうが強い要望のニュアンスを含んだ表現になると思います。


まず、「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』
という文は間違いとは言えないと思います。

何を聞かせて欲しいのかと言えば、この発言に関する「解説・意見・感想」などであることは明白で、この3つはこの場合全て似たような意味を持っているからです。
また、この3つのどれでも良いので聞かせて欲しいという意味であってもおかしくはありません。
通常は「お聞かせ下さい」の前に【そのことに関する事を】という語句が省略されていると判断するように思います...続きを読む

Q使役文の形

両親は子供 を 友達とスキーに行かせました。
両親は子供 に 友達とスキーに行かせました。

以上の二つの言い方は正しいですか?違和感を覚えますか?
どうぞご指導ください。

Aベストアンサー

質問者様は外国の方なのでしょうか。
上が自然な文章だと思います。
下の文章に関しては、「~に/を・・させる」という使役の形ではあるのですが、
両親は子供「に」友達とスキー「に」行かせました。
と言う風に「に」が2回出てくるので不自然に感じます。日本語では(英語でもそうですが)同じ助詞や言い回しは避けないと不自然な文になる場合が多いです。

Q使役形の文に適応する助詞

日本語を勉強している外国人がいますが、先日その人と次のような会話をしました。
外国人:「あのビルの広さは私『を』驚かせました」はおかしくて、本来ならば「あのビルの広さは私『に』驚かせました」ではありませんか?
私:「それは違います。あのビルの広さは私『を』驚かせましたでなければおかしいですよ」
外国人:「自動詞の使役形の文なら助詞は『を』を使い、他動詞の使役形の文なら助詞は『に』を使う」と教わりました。その具体的な使用例は
1.先生は鈴木さんをそこへ座らせました。 ←「座る」は自動詞なので、使役の対象に「を」を使う
2..父は妹にピアノを習わせます。 ←「習う」は他動詞なので、使役の対象に「に」を使う
私:「……」

ここで私は次のような疑問が生じましたが、うまく説明できなくなってしまいました。
1の文ですが  先生は鈴木さん「を」そこへ座らせました=先生は鈴木さん「に」そこへ座らせました  ではないでしょうか?
また「あのビルの広さは私を驚かせました」は、どうして「私に」と書き換えることができないのでしょうか。
さすがに2の文を「父は妹をピアノを習わせます」と書き換えると違和感を覚えますが、これについてはどうでしょうか。
このあたりのことを外国人に理解してもらうためには、どのように説明すればいいのでしょうか。

「難しいことを考えず、理屈抜きで覚えてもらえばいい。赤ちゃんはみんな文法理論なしで覚えたんでしょ」という類の回答は、ご遠慮ください。

日本語を勉強している外国人がいますが、先日その人と次のような会話をしました。
外国人:「あのビルの広さは私『を』驚かせました」はおかしくて、本来ならば「あのビルの広さは私『に』驚かせました」ではありませんか?
私:「それは違います。あのビルの広さは私『を』驚かせましたでなければおかしいですよ」
外国人:「自動詞の使役形の文なら助詞は『を』を使い、他動詞の使役形の文なら助詞は『に』を使う」と教わりました。その具体的な使用例は
1.先生は鈴木さんをそこへ座らせました。 ←「座る」は自...続きを読む

Aベストアンサー

使役の助詞は日本人の我々も使い方で混乱します。次のような説明で外国人の人は納得できませんでしょうか。

◎自動詞の使役文には動作主体に「を」を使います。「に」を使うこともできます。
「を」は強制力が強く、「に」は自主性を考慮する場合が多いようです。
  社員をアメリカに出張させた。
  風邪をひいたので子供を2、3日休ませます。
  妹{に/を}1人で旅行に行かせました。
  気分が悪そうなので生徒{に/を}先に帰らせた。

◎他動詞の使役文は動作の主体に「に」使い、対象に「を」を使います。


≪先生は鈴木さん「を」そこへ座らせました=先生は鈴木さん「に」そこへ座らせました。 ではないでしょうか?≫
強制的か自主的かでどちらもあり得ます。
≪「あのビルの広さは私を驚かせました」は、どうして「私に」と書き換えることができないのでしょうか。≫
動作が生じる原因があり自主的に驚くことができないからです。風邪引きで休ませる上の例と同じです。
≪さすがに2の文を「父は妹をピアノを習わせます」と書き換えると違和感を覚えますが、これについてはどうでしょうか。≫
「習う」は他動詞なので他動詞の使役文の動作対象に「を」を使います。

使役の助詞は日本人の我々も使い方で混乱します。次のような説明で外国人の人は納得できませんでしょうか。

◎自動詞の使役文には動作主体に「を」を使います。「に」を使うこともできます。
「を」は強制力が強く、「に」は自主性を考慮する場合が多いようです。
  社員をアメリカに出張させた。
  風邪をひいたので子供を2、3日休ませます。
  妹{に/を}1人で旅行に行かせました。
  気分が悪そうなので生徒{に/を}先に帰らせた。

◎他動詞の使役文は動作の主体に「に」使い、対象に「を」を使...続きを読む

Q日本語の使役形の文についての質問です。

「サラリーマンが、電車の中でお酒の匂いをさせている」という文では、どうして「匂いをさせる」という使役形が使われるのでしょうか。

自動詞文だと「お酒の匂いがする」になると思うのですが、その場合は
「サラリーマン【から】お酒の匂いがしている」という文になると思います。

でもそれではちょっとニュアンスが違う文になってしまような気がします。

対応する他動詞がないのはわかりますが、あえて「匂いをさせる」という言い方をする
意図がよくわかりません。
どなたか説明いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「(サラリーマンから)お酒の匂いがしている」の場合、「している」という動詞の主体(動作主体)はあくまで「お酒の匂い」です。
この文では「サラリーマン」より「お酒の匂い」が着目の対象となっています。
「(サラリーマンが)お酒の匂いをさせている」と使役形にした場合でも、動作主体が「お酒の匂い」であることに変わりはありませんが、「させているのは誰か?」のように、「使役主体」が着目の対象として浮上してくる構造になります。

「匂いがしている」は自動詞なので「動作主体」より登場しませんが、他動詞化した使役形で浮上した「使役主体」の行為は意図的ですから、その意図(意志)に対して意見(苦情)を表明することが可能になります。
「犬が泳いでいる」は犬だけの描写ですが、「犬を泳がせている」のような使役形にすると、「誰が泳がしているのか?」という使役主体が必然的に浮上してくるわけで、そんなことをされては困る、といった苦情を表明したいとき(むろん、それ以外の意図でも使用可能ですが)に有効な表現になるのと同じかもしれません。

Q現代文の誤字訂正の問題で分からないものがあるので教えて下さい。 問; 次の文には, 間違えて使われ

現代文の誤字訂正の問題で分からないものがあるので教えて下さい。

問; 次の文には, 間違えて使われている漢字が1つある。誤字を単語の形で抜き出し, 正しい感じに書き直しなさい。

1 委員会の決定を本会議に謀る。

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「謀る」だと「だます」という意味になるので
「諮る」にしたほうがよいのではないでしょうか。
https://kotobank.jp/word/%E5%9B%B3%E3%82%8B%E3%83%BB%E8%AC%80%E3%82%8B%E3%83%BB%E8%AB%AE%E3%82%8B-357086


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報