調べても出てこないので、この意味を教えて下さい。憲法で出てきました。

固有の意味の憲法とは違うのでしょうか?

A 回答 (2件)

これは三権分離において、司法の範囲をどう


考えるか、という問題です。

具体的争訟において法を適用して解決する国家の作用を
固有の意味の司法という場合があります。

だから、法が憲法に違反しているか、という
抽象的な裁定は、つまり憲法裁判のようなモノは
固有の司法には含まれないことに
なります。

また、裁判官に懲戒を課すことは、本来は行政だから
固有の意味における司法には含まれない
などとした言い方をする場合があります。
    • good
    • 0

無固形か?有固形か?の司法権作用ではないのでしょうか??

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇に人権を与えない憲法は、憲法自体が憲法違反というパラドックスになってませんか?

天皇に人権を与えない憲法は、憲法自体が憲法違反というパラドックスになってませんか?

Aベストアンサー

天皇陛下は、日本国の象徴でありますが、一方で、現人神ではなく人間でもあるのですから、公務から引退出来るようになるのは、当然の事思います。

人間は誰でも、後期高齢者と言われる年代になっても、公的な仕事を若い時と同じようにするのは、肉体的にも、精神的にも、無理があるでしょう。

昭和天皇の時も、晩年は、ご公務の活動をされているときのお姿を見るにつけ、御労しい感じがしていました。

象徴の退位が、法律上問題があるのなら、早急に、法改正すべきだと思います。

Q憲法改正の勅令について 大日本帝国憲法では、憲法改正は「勅令を以って議案を帝国議会の議に付すべし」と

憲法改正の勅令について
大日本帝国憲法では、憲法改正は「勅令を以って議案を帝国議会の議に付すべし」となっていますが、現憲法になるとき、この勅令が発せられたのでしょうか? 発せられたのであればどんな文面だったのでしょうか?

Aベストアンサー

今の憲法が、明治憲法の改正という建前で
成立したことを知らない人が多いようですね。

勿論、勅令は発せられました。

以下、wikより抜粋。

大日本帝国憲法の改正としての日本国憲法

1946年(昭和21年)に公布され、1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法は、形式的には大日本帝国憲法(明治憲法)に定められた改正手続により成立した。

具体的には、明治憲法第73条に基づき、憲法改正草案が天皇の勅命により衆議院と貴族院からなる帝国議会の議に付され、両議院のそれぞれの総員3分の2以上の出席の会議で、出席議員の3分の2以上の多数により議決がされた。この改正は、天皇の裁可を経て、公式令(明治40年勅令第6号)第3条に基づいて公布された。これは、改正の公布文に付された上諭に示されている。



朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
御名御璽
昭和二十一年十一月三日(以下略)

Q日本国憲法と合衆国憲法

日本国憲法はアメリカ人に押し付けられた憲法といわれたりしますが、アメリカ人に押し付けられたということは日本国憲法は合衆国憲法に似ていたりするのでしょうか?合衆国憲法が日本国憲法に与えた影響について教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本国憲法はアメリカの押し付けでありません。
それは全くの事実誤認です。

憲法誕生の経緯が下記の国会図書館リンク先に
詳しく載っていますので読んでください。

基本的にアメリカはガイドラインを示しただけで
それもマッカーサーとの折衝でかなり
日本の主張を理解したものになっていました。

また合衆国憲法と類似する点はほとんどありません。

参考URL:http://www.ndl.go.jp/constitution/

Q憲法九十九条と憲法改正

憲法九十九条では、天皇、摂政、国務大臣、国会議員、公務員の憲法尊重義務を規定しています。
先日、あるラジオ番組でパーソナリティが、憲法九十九条を読めば、国会議員は憲法を尊重しなければいけないのだから、憲法改正をしてはいけない、だから憲法改正はできないと発言していました。
以前、憲法改正に反対する人が同様の発言をしていました。
私は、これはおかしいと考えています。
憲法九十六条では、憲法改正の発議は国会が行い、国民に提案するとなっています。
憲法九十九条は、国会議員等は憲法に逸脱してはいけいないということであって、憲法の定めに従えば憲法改正は可能であると思うのですが、如何でしょうか。
もし、そうでなければ、九十六条と九十九条は互いに矛盾してしまいます。

憲法改正の是非ではなく、憲法上も解釈のついて回答をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

皆さんが回答なさっており、当然のことですが、「憲法の遵守義務(憲法99条)」とは、「憲法を守る事」であるわけですが、その憲法に「憲法改正」が可能な規定「憲法96条」が存在する以上、「憲法は、憲法自身の規定に従い改正する事が出来、それも憲法を遵守する事の一つである」と考えます。

なお、憲法を始め、各種法律の解釈においては、その法律等の「立法主旨に従う事」が一番大切です。「条文がこのように規定しているから、条文通りに判断するしかない」と考える事が大原則である事は確かです。しかし、その立法主旨によっては、条文通りに解釈するとその主旨に反してしまう事も間々あり、その場合には、当事者の提訴により、裁判所が判例により新解釈をしたり、解釈を変更したりする事があります。

Q近代憲法と現代憲法の相違

タイトルで近代憲法と現代憲法の相違と記しましたが 人権の内容を具体的に近代憲法と現代憲法ではどう違うのか教えていただきたいです!

お願いします!

Aベストアンサー

近代憲法と現代憲法

質問の意味がわかりません。近代憲法とは現行も含みますので
あなたの質問は「人権の内容を具体的に近代憲法と近代憲法ではどう違うのか教えていただきたいです」と言っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報