1. 質問者としては 非連続の見方(想定)に立っているけれど そのように
《神と人との間には絶対のへだたりがある》としつつも そのあとでは 絶対な
る神の側から 相対なる人間に向けて 何らかのハタラキカケがあると見得る。
――と捉えている。

2. 具体的には ヒラメキがある。あるいは ヤマシサ反応(良心)がはたら
く。

3. 連続説は けっきょく この《神とわれとのタテの関係――これが 信仰
である――》において ハタラキカケがあると想定する限りで 《仮りに》その
間柄が 連続していると見ている。
――それほどおどろくべき見方にはならないと考えられる。


4. 非連続説では 神を 非経験の場と想定し これを人間の認識をめぐって
は 《知り得るか知り得ないかが知り得ないナゾ》と捉える。《非知》とよぶ。

5. 連続説では そこから一歩踏み込んで 神からのハタラキカケについてそ
れは 《原因と結果の関係つまりは 摂理のチカラ関係 あるいはつまり 人間
に向けてあたえる生命力といった意味での推進力》として そのような《概念》
をふくむ認識としても 《仮りに》捉える。
――ことになるのではないか。

6. そのとき神は――非連続説での非知に対して――言わば《仮構知・虚構知・
仮想知》と呼べるかも知れない。或る種の因果関係としての《認識が入り込む》
ところが 特徴である。



7. ところで ここで 次の聖書のくだりを見て欲しい。
▲(ヨハネによる福音 1:13) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1:13   οἳ  οὐκ  ἐξ  αἱμάτων  οὐδὲ  ἐκ  θελήματος  σαρκὸς  οὐδὲ
ἐκ  θελήματος  ἀνδρὸς  ἀλλ᾽  ἐκ  θεοῦ  ἐγεννήθησαν
https://www.blueletterbible.org/kjv/jhn/1/1/t_co …

1:13 Which  were born,  not of blood,  nor of the will of the flesh,
nor of the will of man, but of God.

1:13 それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、
ただ神によって生れたのである。
http://bible.salterrae.net/kougo/html/john.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8. すなわち――神とわれとのタテの関係において そこに観想をめぐらせ忖度
して〔仮りに〕得た表象内容は―― こうだと言う。: 

 《われがいま・ここにあるのは 
 血筋――コイトス――による〔のみな〕のではなく
 肉の意志によるのではなく
 人間の意志によるのでもなく
 神の心による》

9. このとき もしこのヨハネの聖句に関する限りで その《神-われ関係》は
上に述べた連続説と非連続説とのどちらにもとづいたほうが 分かりやすいか?
――これを問いたいと考えます。どうでしょう?

10. 質問者は 連続説によって 直接の摂理関係ないし生命付与の関係を想定
するよりは どちらかと言うと 間接的な――あるいは 非知なるナゾとしての・
したがって 非思考における――カカハリを想定するほうが 無根拠なる根拠とし
て ふつうに自然であると感じますが どうでしょう?

A 回答 (1件)

どうして、哲学カテゴリで質問するの?どうして、宗教学カテゴリで質問しないの?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

すでに問われて二回ほど答えましたが 次のごとくです。

哲学の立場またはわたしの方針は 神・信仰そしてなかんづく宗教について
は すべてその定説や常識を一たんリセットした上で あらためて理論づけ
をしたい。それゆえです。

宗教カテでは そこまでの問い求めがおこなわれがたい。と捉えるという意
味になります。

お礼日時:2017/05/21 23:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報