1.アニオン交換樹脂の樹脂臭をとるには、60℃の温水で3回洗ってやれば取れるという話を聞いたのですが本当でしょうか。
  採水量に影響はないでしょうか。
2.OH型の樹脂は、アルカリ性が強いので樹脂自身がこのアルカリ性に耐えることが出来ず分解して、メタノールとかアミンといった生物に好ましくない物質を発生させる。と書かれている文献があったのですが、これが樹脂臭なのでしょうか。
3.他に樹脂臭を取り除く方法があるせしょうか。

  こまっています。
  よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あまり化学、お得意では無いようでゴメンね。


2Nは規定度で、塩酸の場合35%溶液なので209gを
1リットルの純水(蒸留水)に溶かして下さい。
2NーNaOHの場合、 40g×2=80gを1リットルの水に溶かして下さい。

IPAはイソプロピルアルコールです。
イオン交換樹脂の処理が判らなければ、購入先に聞いてから 処理して下さい。
間違った処理をすると、樹脂が壊れます。

私もあまり詳しくないので お許しを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/30 08:09

勘違いしてたらゴメンね。


OH型と言うことは、陰イオンと考えますので、
新品なら 2NーHClとIPAを入れて撹拌して、
色が出なくなるまで、何度も洗ってから、純水(蒸留水)でPH7になるまで 何度も洗いませんか?
(ココまでの処理で、臭いは消えているとは思います)

その後で、カラムに詰めて、2NーNaOHを樹脂量くらい通し、純水で洗いPH-7まで戻して、IPAを通しては如何??

私が使っているタイプは、上記の様に処理してます。
樹脂によっては、純水系で処理する物も有るかも知れませんね。?

上記の様に処理しても、年月が経つとアミン臭がしてくるのは 仕方が無いのでしょうか? 

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
勉強不足で、2N-HClの2Nの意味とIPAが何をさすのかわかりません。
それについても教えて頂けるとありがたいです。
上記からすると、アミン臭=樹脂臭でよいのですね?

補足日時:2004/09/01 21:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオン交換樹脂の洗浄について

今レポートを作成しているのですが、
イオン交換についてのレポートを作成しています。

ナトリウムイオンのみ、カルシウムイオンのみ、ナトリウムイオンと
カルシウムイオンを、イオン交換樹脂に流し、吸着させて、
水素イオンと交換するのを確かめる実験です。

それで、ナトリウムイオンとのイオン交換が終了したら、
樹脂を塩酸とイオン交換水で洗浄します。
カルシウムイオンのイオン交換が終了しても、
樹脂を塩酸とイオン交換水で洗浄します。

この洗浄にはなんの意味があるのでしょうか?
しかもどうしてイオン交換水だけでは駄目なのでしょうか?

できれば早くの回答お願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に#1のお答えにありますので補足だけ。
陽イオン交換樹脂は樹脂上に酸が固定された(例えばスルホン酸型)状態になっています。
これをまず塩酸で洗って酸上に着いているかも知れない水素以外の陽イオンを外します。次にイオン交換水で洗って塩酸を洗い出します。
これで使用できます。
次に御質問者がなさったように陽イオンを含む水溶液を流します。するとイオン交換樹脂上の水素イオンが陽イオンに交換されます(だからイオン交換樹脂と呼ばれます)。
陽イオンを洗い出すときには純塩酸を流します。
この塩酸のpHによりイオン交感クロマトグラフをおこなう事ができます。
つまりイオン交換樹脂上の酸と水相の酸の酸性度の違いにより「平衡」でどのイオンがどちらに行くか決まります。ですので、次に使う前にはかなり濃度の濃い塩酸を充分流して金属陽イオンなどを外さなくてはならないわけです。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QRO水の確認方法(TDSと導電率)

どちらのカテで質問するのが適切かわからず、
こちらが専門的ご意見を頂けるかと思い質問させていただきます。
カテ違いでは?と思われたらご指導ください。


今回自宅にウォーターサーバーを置くことにしました。
水はRO水でミネラル等の添加処置なしのものです。
(工場長ともお話させていただきました)
RO膜通過後は水は真空パックになり、サーバー内も真空状態だそうです。
コックから出るまでは空気に接触はないとのことです。
(8か月の息子がいるので当面はRO水で添加処置なしのものか、
天然水で成分が少ないものと思い探した結果こちらを選びました)

ですがウォーターサーバーをせっかく置いても、
本体自体が汚れて水の状態が(しようとともに徐々に)悪くなっている場合がよくあるという話を聞きます。
今回設置するサーバーはサーバー内をRO水しか通らず真空になります。
よほど雑菌の繁殖の心配はないのかもしれませんが、
せっかく設置するのでいつまでも安全な水を飲みたいです。
本体はこちらが申し出をしない限りは交換等の定期的なメンテナンスはありません。

そこで、自宅で計測できる方法があるところまでは調べたのですが、
途中から理解できず、迫った情報に巡り合えず困っています。


よくRO水の確認方法としてご自宅で行われているのはTDSメーターでの測定のようです。
TDS=不純物総溶解度 単位ppm
だと理解しています。

ウォーターサーバーのメーカーなどでは導電率を重視しているように思います。
(こちらしか検査していない?公表されていないような印象です)
導電率=電気導電率 電気伝導のしやすさ 単位s/mなど
と理解しています。

よくTDS=導電率などと記載してあるブログなども見かけます。



検査方法としてはどちらが適しているのでしょうか?

水は電気を通す(伝える)ものかと思っていたのですが、
導電率が低い方がいいというような記載がよくされているのはどうしてでしょうか。

検査方法に対するRO水としての基準値はいくつでしょうか?

よろしくお願いします。
合わせて、もしこのあたりを記載してあるHP・書籍等ご存知でしたら教えてください。

どちらのカテで質問するのが適切かわからず、
こちらが専門的ご意見を頂けるかと思い質問させていただきます。
カテ違いでは?と思われたらご指導ください。


今回自宅にウォーターサーバーを置くことにしました。
水はRO水でミネラル等の添加処置なしのものです。
(工場長ともお話させていただきました)
RO膜通過後は水は真空パックになり、サーバー内も真空状態だそうです。
コックから出るまでは空気に接触はないとのことです。
(8か月の息子がいるので当面はRO水で添加処置なしのものか、
天然水で...続きを読む

Aベストアンサー

詳しくないですが....

まず, 「純粋な水」は意外と電気を通しません. 身近に存在する「水」が「電気を通す」ように感じるのは, 実際には水に溶けている不純物 (イオン) のせいです.

んでですが, 英語の wikipedia では TDS の測定方法として
・一定量の水をとってきて, 水を完全に蒸発させたあとで残留物の量を調べる
・電気伝導率を調べる
の 2通りを挙げています. もちろん本来の「TDS」の意味では前者の方法が正しいわけですが, 本当にやろうとすると面倒くさいので後者のように電気伝導率から TDS を推定するということもあるようです. 「ウォーターサーバーのメーカーなどでは導電率を重視しているように思います」とか「よくTDS=導電率などと記載してあるブログなども見かけます」とかはそういうことなんじゃないでしょうか.

たぶん「TDSメーターでの測定」も同じことだと思います.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報