今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

c2h2の電子式と構造式について。
答えは上記なのですが、どうして単結合ではないのですか?一応共有出来てるとは思うのですが、間違っている理由を教えてください!お願いします…

「c2h2の電子式と構造式について。 答え」の質問画像

A 回答 (3件)

なぜ、CやHを小文字で書くのかね。

そういういい加減な人をみるとイラッとします。
高校レベルで語るなら、Cが希ガスの電子配置になっていないからダメです。あなたが書いたものではCのまわりに形式的に6個しか電子がないのでダメということです。
    • good
    • 1

この組成式で炭素・炭素間が単結合や二重結合では安定に存在出来ません。

    • good
    • 0

炭素は原子番号が6で最外殻に電子を4個もっています。


2s軌道に2個、2p軌道に2個なのですが、軌道のエネルギー的な事情によって等価な4つの混成軌道を作って、結合に関与できる電子の数が4個になります。
このため、炭素原子は4つの共有結合の腕がある、とよく表現されます。

アセチレンC2H2ですが、2つの炭素がそれぞれ1つの水素原子と共有結合するのですが、
水素は電子を1個しか持っていないので、炭素は1個の電子を出し水素原子の電子1個と共有結合します。
この時、炭素原子の結合に関与する電子はそれぞれ3個づつ余ることになります。
2つの炭素原子でそれぞれ3個の電子が余るので、その3個の電子(2つの炭素原子で計6個の電子)でお互い電子を共有(電子1-1のペアを作って)して三重結合ができます。

上手い表現ではないのですが、
炭素は4個の結合に関与する電子を持っていて、その結合に関与できる電子が余ることが、炭素原子の不安定さを大きくするので、アセチレンは三重結合になってしまう。
と、覚えておくのが良いと思います。

中高では習わないと思うのですが、
三重結合している3つの結合が、3つとも等価の結合か? というと違っていて、一つはσ結合という強い結合ですが残りの2つはπ結合という弱い結合です。

どうしてそうなるのかというのを根本的に説明すると、
量子力学や量子化学という難しい理論や高等数学を駆使することになり、これは大学の化学系学部の専門過程で習う領域になってしまいます。
大学でも有機化学の専門の領域になりますね。

これは現象としてそうなんだ、と覚えるのが良いと思います。
    • good
    • 10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学について質問です。 不揮発性とは、沸点が高いということで合ってますか?

化学について質問です。

不揮発性とは、沸点が高いということで合ってますか?

Aベストアンサー

常温常圧で揮発しないという意味です。
沸点は関係ありません。

Q光合成を化学反応式で表してください。 中学生です。 至急教えてください。 よろしくお願いします。

光合成を化学反応式で表してください。
中学生です。
至急教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

でんぷんの化学式 (C6H10O5)n

n(6CO₂+5H₂O)→(C₆H10O₅)n+nO₂

正確には少し違うが中学生じゃこんなものかな。

Q水に砂糖を混ぜたら二酸化炭素が発生するんですか? ブラウンシュガーにウォーターを入れたら二酸化炭素が

水に砂糖を混ぜたら二酸化炭素が発生するんですか?


ブラウンシュガーにウォーターを入れたら二酸化炭素が発生する?

ブラウンシュガーって黒砂糖のことですか?

なぜ白砂糖だとダメなの?

Aベストアンサー

いずれも、投入直後には発生しない
開放容器に入れて、適温を保ち、数日以上放置すれば
出てくる可能性はある

ブラウンシュガー=黒砂糖ではない

商品名の場合と総称の場合とがあり、単に「ブラウンシュガ」と言われた場合にどちらを示すのか判然としない
精製途中の糖類の事も言うし
単に着色した白糖の場合もある

Qアンモニウム塩について質問します 画像のように、アンモニウム塩から出てくる気体が色々あるのはどういう

アンモニウム塩について質問します

画像のように、アンモニウム塩から出てくる気体が色々あるのはどういう規則性に基づいているのでしょうか?
単純に暗記するべきことでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

その3つの反応ともけっこうマニアックだから覚える必要なんてありません。
まあ、なんかあったよなぁ、くらいの認識で。
こんなものより、アンモニアは弱塩基だから、アンモニウム塩に強塩基を作用させたら弱塩基の遊離が起こるよねってことを押さえておくほうが大事。

Q高校化学基礎の問題です。 CaO、NaCl、C、Naの化学式は分子式ではない と書いてあるのですが、

高校化学基礎の問題です。

CaO、NaCl、C、Naの化学式は分子式ではない

と書いてあるのですが、、

解説よろしくお願いします(p_-)

Aベストアンサー

CaO、NaCl、C、Naで表される分子はないので、それらは分子式ではないということです。
何が分子になり、何が分子にならないかの判断ができなければ理解できないかもしれません。

Q高校生です。 化学の質問です。 硫酸は何結合ですか? . . : O : . . . . . . H

高校生です。
化学の質問です。

硫酸は何結合ですか?
. .
: O :
. . . . . .
H : O : S : O : H
. . . . . .
: O :
. .

であるのはわかるのですが、
共有結合であるとすると、受け取るのみのOごできると思うのですが、
それはありなのですか?

Aベストアンサー

H2SO4 硫黄を中心として二重結合でOが二つと、単結合でOが二つそのOに水素が結合しています。
 O
 ‖
O=S-O-H
 |
 O-H

何結合かと言われると、SO4の部分は共有結合です。
2つのHとOの結合も、水溶液ではイオンになり強酸性を示しますが共有結合です。

Qガソリンは気化しやすいのはなぜですか?

ガソリンスタンドにいくと、ガソリンの匂いがします。
ガソリンは構造的に、他の液体と比べると、(例えば水)なぜ気化しやすいのですか?

Aベストアンサー

まず”水”という物質は特殊な物質であること。
水は、H2Oという水素2個と酸素1個の3つの原子で出来ています。
そして、その構造は H-O-H というように結合しています。左で示したような直線構造ではなく酸素を中心に104.5°の角度で折れ曲がっています。
”^” のような、酸素を頂点とした分子の形になっています。

水H2Oの、酸素という元素は”電気陰性度”(電子を引きつけやすい)という性質を持っています。
結合している2つの水素から負電荷の電子を吸い寄せて酸素の部分だけ負の電荷を持つようになっています。
一方、2つの水素は負電荷の電子が酸素の方へと引き付けられているので正の電荷を持つようになります。
一つの水分子の中で正の電荷を持つ部分と負の電荷を持つ部分が出来ることになり、これを”分極している”と言ったり、このような分子を”極性分子”と言ったりします。

水のような極性分子は、負の電荷を持つ酸素原子の部分に、他の水分子の正の電荷の水素原子を吸い寄せる性質をもち、これを水素結合と言います。
この水素結合が固体や液体の時に、他の極性を持たない同じような質量の物質分子よりも、融点が高くなる、沸点が高くなるという性質を与えることになります。
一つの分子の中で正負の電荷の隔たりが出来ることにより、水分子同士の結合力が増すわけですね。

ガソリンはナフサでできていて主成分は ヘキサンC6H14(ガソリンの成分はヘキサンだけではないですが…) という炭化水素で、分子量が86で、水の分子量18と比較するとかなり大きいです。
しかし、このヘキサンは分子の中で電荷の隔たりがなく分極していないです。このような分子を無極性分子と言います。
当然、無極性分子ですから水のような水素結合はしません。融点-95°、沸点69°と水よりも分子量が何倍も大きい(分子が重い)にも関わらず溶けやすく揮発しやすい性質になっています。

水(分子量18)と近い分子量16のメタンCH4(無極性分子でヘキサンと同じ炭化水素系の物質)の融点182.5℃、沸点-161.6℃と非常に低い融点と沸点を持っていて、水の水素結合の力が少し実感できると思います。
ヘキサンの沸点は69℃ですが、揮発自体はもっと低い温度で起こっていて、これは水も同様に起こるのですが、沸点が低い分起こりやすいと考えて良いです。

質問の回答としては、ガソリンが揮発しやすいというのではなく、水が水素結合という分子間の結合力が強い物質であるため、揮発(水なら蒸発ですかね)しにくい物質である、となると思います。

まず”水”という物質は特殊な物質であること。
水は、H2Oという水素2個と酸素1個の3つの原子で出来ています。
そして、その構造は H-O-H というように結合しています。左で示したような直線構造ではなく酸素を中心に104.5°の角度で折れ曲がっています。
”^” のような、酸素を頂点とした分子の形になっています。

水H2Oの、酸素という元素は”電気陰性度”(電子を引きつけやすい)という性質を持っています。
結合している2つの水素から負電荷の電子を吸い寄せて酸素の部分だけ負の電荷を持つようになっています。
...続きを読む

Q有機化学の構造決定の問題で 還元性をもつジカルボン酸という表現が出てき、解説にはシュウ酸と予想できる

有機化学の構造決定の問題で
還元性をもつジカルボン酸という表現が出てき、解説にはシュウ酸と予想できると書いてあるのですが、基本的に大学受験の化学では、還元性のある2価カルボン酸はシュウ酸と考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>還元性のある2価カルボン酸はシュウ酸と考えて良いのでしょうか?
正解。還元性のあるジカルボン酸と来たらシュウ酸しかない、と言える程確か。

Q水素結合について

現在化学基礎を勉強している者ですが、水素結合が一体どんな原理なのかわかりません。
水素の電気陰性度と、15,16,17族の原子の電気陰性度の開きが大きいので、極性が他の分子より大きくなり、一般の極性分子より大きい分子間力が働く、というのは知っているのですが、水素以上に電気陰性度が低い非金属原子なんか調べたら結構いっぱいあるので、なんで、水素だけこんなことになっているのかわかりません。
また、この水素結合は、極性分子間に働くファンデルワールス力の一種と考えてもいいのでしょうか。もしそうなら、静電気的な力(クーロン力)ということなのでしょうか。
長くなってしまいましたが、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

水素結合に関しては、電気陰性度の問題だけではなく、原子やイオンの大きさも重要です。
水素結合を作る水素は、電気陰性度の大きい原子と結合しているために、電荷が偏り、H+に近い状態になっています。
で、そのH+が他の陽イオンと決定的に異なるのがその大きさです。たとえばLi+であればK殻の電子がありますので、Li原子と大きさはさほど違いません。しかし、H+では電子殻がないために、原子核(陽子)のみとなり、他のイオンに比べてはるかに小さいです。概ね数万分の1程度になります。したがって、非常に狭い範囲に正電荷があることになり、それが重要なんです。
水素結合の相手に関しても、同様に狭い範囲に負電荷(電子)が存在する必要があるので、その相手になるのは、N,O,Fといった比較的小さくて電気陰性度の大きいい原子に限定されます。Clなどはそこそこ電気陰性度が大きいですけど、原子のサイズが大きいために、強い水素結合を作れないということになります。

QNaOHをガラス瓶で保存してはいけない理由について

NaOHをガラス瓶で保存してはいけない理由について調べたところ、主に次の二つの理由が見つかりました。
1 NaOHがガラス瓶を腐食して、ケイ酸ナトリウムがビンと蓋の間に生成し、蓋が取れなくなるため。
2 NaOHがビンと蓋の間から侵入した二酸化炭素と反応し、炭酸ナトリウムがビンと蓋の間に生成し、蓋が取れなくなるため。

僕は1が正しいと思っています。ここで質問なのですが、2の反応はガラス瓶が関与していないので、ガラス瓶ではなくプラスチックの容器を利用しても、起こると思うので、ガラス瓶を使ってはいけない理由になっていないと思うのですが、どう思いますか?
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

試験の解答の話であれば、一部だけを取り出したのでは誤解の元です。前の回答でも書いたように、水溶液と固体では違いますし、どの程度の期間、どのような目的で保管するかにもよる話であり、あなたのように、問題の一部だけを切り取ったのではそういった重要な情報が入ってきません。
また、駿台の解答にしても「プラスチック」と書いてある時点で好ましくないです。NaOHの保管に向いていないプラスチックはいくつもあります。
それと大学入試であれば、1の知識まで求められることはないと思います。高校では習わないからです。その一方で、ガラス『栓』がガラス『瓶』の口に固着するからダメであるというのは、中学校か、もしかすると小学校でも習うようなことかもしれません。なので、大学入試で答えるのであれば2で答えるのが適当だと思います。1を答えること自体は悪くないですか、2を答えなければ正解にはなりません。入試で求められているのは1ではなく2ですから。
それと、「プラスチックの容器に保存すべきである。」ではなく、#3にもありますし、#1でも書きましたように「ガラス瓶+ゴム栓はOKです」という認識での解答が求められていると思います。現に、あなたの高校の理科室の水酸化ナトリウム水溶液の容器も、ガラス瓶+ゴム栓になっているはずです。駿台の解答にしても「「Na2CO3が固着して栓が外れなくなるため」までは良いのですが、それ以下が適切とは思えません。

いずれにせよ、大学入試は基本的に高校までに習うことから出題されますし、習わない知識を求められることはありません。なので、実際のところを確認したいのであれば水酸化ナトリウムを使う実験とかの記述とか図とかを調べればわかりそうなものです。受験生が高校で習わないことにまで気を回すのは無駄が多いです。教科書は受験におけるルールブックですので、必要なことは全て書いてありますし、それに従うのは当然のことです。

それと、固体の水酸化ナトリウムであれば話が違ってきます。上で述べたのは水溶液の話です。固体はポリエチレンかポリプロピレンの瓶に入った状態で市販されることが多く、その瓶で保管します。

佐賀県教育センターの教育機関向けの資料でも、「水酸化ナトリウム水溶液などの強アルカリ性溶液をガラス製 の瓶に保管する場合は,ガラス栓ではなくゴム栓をする。(ガラ ス栓が取れなくなることがある)」と書いてあります。つまり、ガラス瓶に保管しても良いということなので1ではダメで、2が正しいということです。これが大学受験における『ルールブック』に書いてあることです。ただし、1に関してはガラス瓶がダメなのではなく、ガラス栓がダメなんですけどね。
http://www.saga-ed.jp/kenkyu/kenkyu_kiyo/image/05yakuhin.pdf

試験の解答の話であれば、一部だけを取り出したのでは誤解の元です。前の回答でも書いたように、水溶液と固体では違いますし、どの程度の期間、どのような目的で保管するかにもよる話であり、あなたのように、問題の一部だけを切り取ったのではそういった重要な情報が入ってきません。
また、駿台の解答にしても「プラスチック」と書いてある時点で好ましくないです。NaOHの保管に向いていないプラスチックはいくつもあります。
それと大学入試であれば、1の知識まで求められることはないと思います。高校では習...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング