ちょっと変わったマニアな作品が集結

アセトンは水素結合しますか?意見が分かれて結論が出なかったので。僕的にはCO間にそれほど電気的偏りがあるとは思えませんが。判断の目安とかあるでしょうか?

なぜこのような話が出たかというと、炭素数3のアルコール、ケトン、カルボン酸、飽和炭化水素の沸点の差の問題を解いていまして、プロピオン酸は二量体になれて、水素結合2つできるし、プロパノ?ルも水素結合できる。プロパンは極性ないから一番低い。ここまできて、アセトンは?ってことになって、極性があるからプロパンよりは高いけど、プロパノ?ルとは?の説明がうまく出来ませんでした。分子量でかいからって一応答えたんだけど(水素結合するんじゃない?ってことになったから)
どうなんでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 まず,水素結合とは何かをハッキリさせましょう。



 「理化学辞典 第5版」(岩波)によると,『水素原子より電気的に陰性な原子 X と Y(窒素,酸素,リン,硫黄,ハロゲンなど)が水素原子を介して弱く結びつく結合 X-H…Y』をいうそうです。

 ここで Y に関しては,上記のヘテロ原子に限らず,不飽和結合やベンゼン環の場合も含まれます(高校レベルでは気にしなくて良いです)。しかし,X に関しては,上記に示したようなヘテロ原子です。

 お書きのアセトンの場合,エノール化すれば C-OH が生じますが,エノール体が問題になるほど存在しないのは #3 さんがお書きの通りです。従って,『アセトン分子同士は水素結合しない』と言っていいと思います。

> プロピオン酸は二量体になれて、水素結合2つできるし、
> プロパノ?ルも水素結合できる。プロパンは極性ないから
> 一番低い。ここまできて、アセトンは?

 プロピオン酸(CH3CH2COOH),プロパノール(CH3CH2CH2OH),プロパン(CH3CH2CH3)と比べるのであれば,アセトン(CH3COCH3)じゃなくてプロパナール(CH3CH2CHO)だと思います。

 これらの沸点は,プロパン(bp. -42.1℃),プロパナール(bp. 48.0℃),プロパノール(bp. 97.2),プロピオン酸(bp. 141.2℃)の順です。これは,ロンドンの分散力による相互作用しか存在しないプロパンに対して他のものでは双極子-双極子相互作用が存在する事,プロパノールやプロピオン酸では水素結合が存在する事,プロピオン酸は水素結合によって2量体になる(見掛けの分子量が倍になる)事で説明可能です。

 アセトンと比べるのであれば,プロパン(bp. -42.1℃),アセトン(bp. 56.1℃),2-プロパノール(bp. 82.2℃)でしょう。この場合も,上記と同じ理由で説明可能です。

 いかがでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
プロピオンアルデヒドではなくアセトンです。
水素結合はしないんですね。#2のかたの言ってる結合はまた別の結合(定義によっては水素結合に含まれる可能性のある)ということですか。
プロパンではロンドンの分散力のみ、つまり極性なし。あとのプロピオン酸、プロパナール、プロパノール、アセトンは双極子モーメントによる力、プロピオン酸、プロパノールにはさらに水素結合。プロピオン酸は二量体になれる。
ここで、疑問に思ったんですが、たとえば、プロパナールとアセトンの違いを言う時は、どちらか一方だけに働く力ではなく、単に力の強弱でしか説明できないんですか?
あと1?プロパノールと2?プロパノールの沸点って一緒ですか?エチルメチルエーテルなんかが入ってくるとどういう説明すればいいのでしょうか?
質問ばっかですいません

補足日時:2003/02/24 17:19
    • good
    • 0

>ケトン基のOとメチル基のHでですか?



すでに他の方が書いていますが、
アセトン同士の結合の場合は
水素結合とは呼ばれませんが、
ケトン基のOとメチル基のHの間の力は
電子の偏りによって生じる同じ性質の力です。
力の大きさが違うだけです。
    • good
    • 0

rei00さんの回答を読んで、前回の回答を訂正させていただきます。


水素結合に関して厳密性を欠いていたようですね。
アセトン同士では水素結合はしないようですね。
ただし、アセトンとアルコールなどの組み合わせでは水素結合は生じます。
osieteguuさんが回答されているケトンの水素結合とは、ケトン同士と言うよりもケトンと他の化合物との間の水素結合と考えればよいでしょう。

水素結合に関してはrei00さんがお書きの通りだと思いますが、C-H結合でも例外的に水素結合が生じる場合があるそうですので、紹介します。
Allerhand,Schleyer, J.Am.Chem.Soc.,88,3221(1962)によるとC-H結合でも水素結合が生じるか、つまりX-H結合のXがヘテロ原子ではなく炭素原子でも水素結合が生じるか?を精力的に調べ、わずか3種類のC-Hのみが弱い水素結合を作るのに十分なだけの酸度を持っていることを見いだしたようです。
その3種類とは
1)末端アセチレンの≡C-H
2)クロロホルムその他ハロゲン化アルカン類
3)HCN
だそうです。
composerさんを混乱させてしまったようですね。
ただ、composerさんが別のところで質問していたアルカンの電子供与性のメカニズムなどに関しても超共役と言う概念は便利なので、超共役と言う事に関してはそのままにしておきます。
    • good
    • 0

rei00 です。



> プロパナールとアセトンの違いを言う時は、どちらか
> 一方だけに働く力ではなく、単に力の強弱でしか説明
> できないんですか?

 そうです。どちらの場合も働いている力は同じです。後は,個々の力の大きさの差をトータルして決まってきます。

 お書きのプロパナールとアセトンの場合であれば,双極子モーメントはプロパナール 2.54 D に対してアセトン 2.69 D とアセトンの方が大きく,双極子-双極子相互作用も大きく,沸点が高くなると考えられます。

 実際,プロパナールの bp. 48.0℃ < アセトンの bp. 56.1℃ となっています。

> あと1?プロパノールと2?プロパノールの沸点って
> 一緒ですか?

 先の回答に書いた様に,1-プロパノールの沸点は 97.2℃で,2-プロパノールの沸点 82.2℃とは異なります。

 なお,先の回答でプロパノールと書いたものは1-プロパノールです。位置番号が1だけの場合,1は省略可能ですので単に「プロパノール」と書きましたが,混乱させたようですね。スミマセン。

> エチルメチルエーテルなんかが入ってくると
> どういう説明すればいいのでしょうか?

 考える事は同じです。分子量,分散力,双極子-双極子相互作用,水素結合,電荷相互作用の差をトータルして考えます。

 ただし,タイプが異なり過ぎると(例えば,エチルメチルエーテルとアセトン),あまりキチンとした結果は得られないと思います。沸点が解っていて,その差をどう説明するかなら可能かもしれませんが,2つの化合物のどちらが沸点が高いかを予測するのは困難でしょう。
    • good
    • 0

composerさんが問題にしているのはアセトン同士の水素結合ですね。


存在すると思いますよ。
結果的には、メチル基の水素と酸素との間で生じると思います。

アセトンは、ケトーエノール互変異性するので、エノール型ならば水酸基が存在し、説明は簡単ですが、エノール型の存在割合は1.5×10ー4と非常に少なく、水素結合の主原因をエノールに求めるべきではないでしょうね。
もしろ、エノールを生じさせるC-H結合の特殊性に着目した方が良いのではないでしょか。

超共役という概念をご存じですか?
C-H結合自体はσ結合ですが、他の結合とは異なり、π電子系とあたかもπ結合のように共役するという考え方です。
それ故、エノール型が生じますし、カルボニル基の隣の炭素に結合する水素原子は、δ+性が増加します。

超共役という概念が正しいとすると、π電子系に対して、隣の炭素に存在する水素原子の数が多いほど効果が大きくなり、π電子系に対して電子を押し出す効果がσ結合系では(CH3)3C->(CH3)2HC->(CH3)H2C->CH3-であるのに、π結合系に隣接した場合は(CH3)3C-<(CH3)2HC-<(CH3)H2C-<CH3-となってしまうことも説明できます。

付加や脱離反応における異性体の生成割合を説明するのに大切な考え方です。
    • good
    • 1

ケトンはアルコールより弱いですが、水素結合します。



参考URL:http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v2n1/katosato …

この回答への補足

ケトン基のOとメチル基のHでですか?

補足日時:2003/02/23 16:15
    • good
    • 0

 水素結合しないと思います。


 メチル基は水素結合に関係しないので、他にはProtonの供給元が有りません。
 電気陰性度の高い原子が水素原子の電子雲を引っ張ってProtonを剥き出しにするから水素結合に与かれるので、分子内に-OHとか-SHとか=NHが必要です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変旋光について

糖の変旋光について教えてください!!
ラクトース、マルトース、セロビオース、トレハロースそれぞれの水溶液の中で旋光性が変化する(変旋光)のはどれですか?
色々な文献を調べているのですが分からないので、知っている方がいたら教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

rei00 です。

 ayubatake さんの勉強のためにヒントだけと思ったのですが,hikaru_mac さんの回答がありましたので,補足しておきます。

 まづ「旋光性」の意味はご存知でしょうか。化合物が偏光面を右又は左に回転する現象です(hikaru_mac さんの説明は,この「旋光性」の説明です)。この性質を示す化合物を「光学活性化合物」といいます。

 問題の「変旋光」とは,『旋光性をもつ純粋な物質を溶かして溶液にしたとき,何らかの互変異性化をおこして,その比旋光度が経時的に変化すること』(「理化学辞典 第5版」岩波)です。

 具体的にグルコ-スで説明してみましょう。グルコ-スは結晶状態にはα-グルコ-スとβ-グルコ-スの2種類があります。たとえば,α-グルコースの結晶を水に溶かした時,初めは,比旋光度+111°を示しますが,放置すると+52.5°で平衡値(終極値)に達します。一方,β-グルコースの結晶を水に溶かした時は,初め比旋光度+19.2°を示しますが,やがてα-グルコ-スの時と同じ+52.5°で平衡値(終極値)に達します。

 この現象は,水溶液中でα-グルコースとβ-グルコ-スが開環したアルデヒド構造を仲立ちとして平衡を保っているために起こります(「新・化学ノ-ト」↓の「4.有機化学関係 3.糖類 」を参照下さい)。つまり,この平衡が起こるには,開環したアルデヒド構造をとる必要があります。開環したアルデヒド構造をとるには,アノマ-位(糖の1位,開環構造でアルデヒドになる位置)がフリ-(別の糖などが付かない OH の状態)で存在している必要があります。

 後は,教科書あるいは下のペ-ジなどで各二糖の構造をご覧になればわかると思います。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/ch_conten.htm

rei00 です。

 ayubatake さんの勉強のためにヒントだけと思ったのですが,hikaru_mac さんの回答がありましたので,補足しておきます。

 まづ「旋光性」の意味はご存知でしょうか。化合物が偏光面を右又は左に回転する現象です(hikaru_mac さんの説明は,この「旋光性」の説明です)。この性質を示す化合物を「光学活性化合物」といいます。

 問題の「変旋光」とは,『旋光性をもつ純粋な物質を溶かして溶液にしたとき,何らかの互変異性化をおこして,その比旋光度が経時的に変化すること』(「理...続きを読む

Q静電相互作用

アセトンとクロロホルムの静電相互作用はアセトンの方が大きいということについて、質問です。

静電相互作用は電荷を有するイオン間に働く力と理解しており、分極が大きいと静電相互作用も大きいと考えています。

そこでアセトンとクロロホルムについて考えると、アセトンはカルボニルで分極しており、クロロホルムはC-Clで分極していると思います。

この2つではC-Clの方が分極が大きいと思うのですが、アセトンとクロロホルムとしてみた時にアセトンの方が静電相互作用が大きくなるのはクロロホルムにはC-Clが3つあり、偏りが分散してしまっているからでしょうか?
ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>Clが3つあり、偏りが分散
四塩化炭素と比較して考えると四塩化炭素は「無極性」ですから、四塩化炭素の三つのC-Clは残りのC-Clと向きが逆で大きさの等しい分極を与えると考えられます。
おなじくクロロホルムを正四面体構造と仮定すると、C-Cl三つは四塩化炭素と同じなので、これが一つ分のC-Clと等価です。これと同じ線上で逆向きにC-Hが存在しますから。一つ分のC-Clの効果だけが現われる事になります。

Q静電的相互作用

静電的相互作用ってなんですか?イオン結合みたいなものなんでしょうか。なんか先生が言ったこともあいまいで、質問しました。

Aベストアンサー

違います。
静電相互作用は
・イオンーイオン
・イオンー双極子
・双極子ー双極子
・ファンデル・ワールス力
をひっくるめたものです(何か忘れている気がするんですが)、そもそも引力しか考えてませんが広義には斥力も含まれます。

まとめるとある電荷分布を持った分子同士の相互作用(電磁気力) といったところでしょうか?

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q双極子モーメントの問題について

クロロホルムの双極子モーメントをもとめたいのですが、電気陰性度の差を考えるところまでは分かりました。クロロホルムは正四面体の形をとると思うのですが、そこからベクトルの計算が出来ません・・・。
結合角はすべて110度で計算しています。どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

クロロホルムの双極子は各結合の双極子の合成と考えますと、
1本の C-H と3本の C-Cl ですが、3本の C-Cl はベクトル合成すると
対称性から C-H と同一軸上になります。この軸上成分だけを向きに注意して
合成すれば求まります。H-C-Cl の角度θ として C-Cl の C-H 軸成分は
δ[C-Cl] * cos θ の3本分です。これに δ[C-H] を合成です。

Q直鎖状・環状エーテルと極性の関係

 ジエチルエーテルは、有機物を抽出するときなど、水と混ざらない有機溶媒の代表のように使われます。一方、同じエーテルでも、環状のテトラヒドロフラン(THF)やジオキサン(1,4-ジオキサン)は、任意の組成で水と混ざります。どちらも同じエーテルなので、直鎖状と環状の違いに起因するはずですが、一般的に、環状になると極性が高くなる、という経験則は成り立つのでしょうか? そうであるとすると、なぜそうなるのでしょうか? また、他にもこのような例があれば、教えてください。

Aベストアンサー

極性が曖昧であると言うのは、つまり、誘電率も極性の目安になりますし、分子における個々の結合の電荷の片寄りもまた極性の目安になります。
また、双極子モーメントもまた極性の定量的な目安の一つと言えると思います。しかし、個々の結合に電荷の片寄りがあっても、分子の対称性のために双極子モーメントが0になる場合もあるなど、分子の形状も問題になります。
そんなこんなで、厳密で定量的で、かつ汎用的な尺度となりうるような「極性」というものを議論するんは難しいと思います。

ヘキサンとシクロヘキサンでは、極性は同程度のはずです。どちらかと言えばシクロヘキサンの方が極性が小さかったように思いますが、これは確かではありません。
つまり、THFの場合には、電荷が大きく片寄っているC-O結合があるために、酸素原子上に負電荷が存在します。そのことが極性の原因になっています。それに対して、ヘキサンやシクロヘキサンには大きな極性を有する結合はありませんので、そもそも極性の原因になる部分が存在せず、環状になったからといって極性が大きくなることはないということです。
ヘキサンとトルエンの場合であれば、ベンゼン環の部分で、そのπ電子のために電子密度が高くなることが極性の原因になっていると考えられます。
DMSO、メタノールの場合には分子内の結合の電荷の片寄りが極性の原因になっています。一般に、結合の電荷の片寄りは、結合原子間の電気陰性度の差が目安になります。つまり、電気陰性度の差の大きい原子間の結合が多いほど分子の極性が大きくなるといえるでしょう。

極性が曖昧であると言うのは、つまり、誘電率も極性の目安になりますし、分子における個々の結合の電荷の片寄りもまた極性の目安になります。
また、双極子モーメントもまた極性の定量的な目安の一つと言えると思います。しかし、個々の結合に電荷の片寄りがあっても、分子の対称性のために双極子モーメントが0になる場合もあるなど、分子の形状も問題になります。
そんなこんなで、厳密で定量的で、かつ汎用的な尺度となりうるような「極性」というものを議論するんは難しいと思います。

ヘキサンとシクロ...続きを読む

Q水・メタノール・アセトンの沸点

今、水・メタノール・アセトンの分子量と沸点の関係を調べています。水の沸点=100℃、メタノールの沸点=64.65℃、アセトンの沸点=56℃というのがわかりました。また、水はこの中で一番分子量が小さいのに沸点が一番大きいのは、水素結合を形成しているため、この結合をきるのに多量のエネルギーが必要であるから沸点が一番大きい。アセトンは水素結合を形成しないため、この中で一番沸点が低い。メタノールは水素結合を形成しているが、水のほうが強く結合しているため、水より沸点が小さいということがわかりました。ここで質問です。なぜ、メタノールよりも水のほうが強く結合しているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3さんがお書きの通りですが,少し蛇足を。

 こちらのサイトの「1.1.2 クラスター」に水分子の水素結合の様子があります。これで分かる様に,水分子は2つのH原子を使って水素結合を作りますので,網目構造をとる事が可能です。

 ・http://www.con-pro.net/readings/water/
  水の話

 一方,メタノールには水素結合可能なH原子(-OHのH)は1つしかありませんから,枝分かれが可能なものの,水素結合の結果は直線的な構造しかとれません。

 網目構造と直線的構造と比べれば網目構造の方が強固ですので,水の方が強い結合をしている事になり,沸点が高くなります。

 このサイトの検索で見付かった下記の類似質問も参考になるかもしれません。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=280158
  QNo.280158 HF、H2O、NH3の沸点の違いはなぜ?

参考URL:http://www.con-pro.net/readings/water/, http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=280158

#3さんがお書きの通りですが,少し蛇足を。

 こちらのサイトの「1.1.2 クラスター」に水分子の水素結合の様子があります。これで分かる様に,水分子は2つのH原子を使って水素結合を作りますので,網目構造をとる事が可能です。

 ・http://www.con-pro.net/readings/water/
  水の話

 一方,メタノールには水素結合可能なH原子(-OHのH)は1つしかありませんから,枝分かれが可能なものの,水素結合の結果は直線的な構造しかとれません。

 網目構造と直線的構造と比べれば網目構造の方が...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q蛍光スペクトル

蛍光スペクトルと励起スペクトルについて教えてください

励起光の波長を変化させて蛍光の波長を固定して測定したものが励起スペクトルで、励起光を固定して蛍光の波長を測定したものが蛍光スペクトルだというのはわかるのですが、2つがどういうものかということがよくわかりません。

教科書のスペクトルと見ると、横軸は波数で蛍光の波長だと、わかるのですが、励起光の波長はどこに表されているのでしょうか?

またどうして励起スペクトルと蛍光スペクトルが鏡像関係にあるのかもわかりません。

あまり難しい言葉や数式は使わずわかりやすく回答してもらえれば幸いです。

Aベストアンサー

#1さんの説明の通りですが、いくらか、図などがあった方がわかりやすいかもしれませんので、参考URLにgoogleで出て来たページを紹介します。ページ中程にあるJablonski Diagramの左側が蛍光について示した物です。以下、おそらく溶液の蛍光についての質問であると予想して、述べます。

さて、蛍光の過程について述べますと、蛍光とは図にある青の矢印に対応する励起光を分子が吸収します。その後、図では黒色の矢印で示された光を発しない緩和過程(溶媒などに熱エネルギー等の形でエネルギーを渡し、エネルギーの低い状態へ移動する)を経て励起状態振動基底状態へ移動します。そして、図では緑の矢印で示されている蛍光が発光します。

質問者様のおっしゃる励起スペクトルはこの青色の矢印の波長を変えながら緑色の矢印すべてひっくるめた蛍光全体の強度を測ります。このとき、電子励起状態の振動基底状態や振動励起状態(図では太い横線が各電子状態の振動基底状態を示し、その上の細い横線がその電子状態の振動励起状態を示しています。)へ励起されますので、励起光の波長は電子励起状態の各振動状態のエネルギーに対応したものとなります。溶液などでは、振動励起状態へ励起してもすぐにその電子状態の振動基底状態へ緩和されますので、緑の矢印全体の強度というのは、励起された分子の数に比例します。つまり、励起スペクトルは分子の吸収スペクトルに比例したようなスペクトルが得られるわけです。(もちろん、いろいろ例外はありますが)

さて一方、質問者様のおっしゃる蛍光スペクトルは緑色の矢印をさらに分光器などで分散させて矢印一本一本を別々の波長として観測するスペクトルです。つまり、波長は電子励起状態の振動基底状態から電子基底状態の振動励起状態のエネルギーに対応したものとなります。

蛍光スペクトルにおいて、励起光の波長がわからないと言うことですが、溶液などでは励起分子はすぐに電子励起振動基底状態へ緩和しますので、励起光の波長を変えて励起する分子の振動状態を変えても、蛍光スペクトルはすべて電子励起振動基底状態からのもので、波長とその強度比は変わりません(励起スペクトルのように全体の強度はかわりますが)。このような場合、励起光の波長を書かないことが多いです。

図でもわかるように、励起光の波長と蛍光発光の波長はは電子励起振動基底状態のエネルギーをはさんで、励起光は電子励起状態の振動エネルギーだけ高いエネルギー(短い波長)になり蛍光は電子基底状態の振動エネルギーだけ引いエネルギー(長い波長)になり、それぞれの振動エネルギー構造が似ていれば、鏡像のような形になることがわかります。

以上、「励起光が書いていない」ということから類推して、すべて溶液の蛍光測定と仮定してお答えしました。気体や分子線を使ったLIFではちょっと話がかわってきますので、その点はご留意ください。

参考URL:http://www.jp.jobinyvon.horiba.com/product_j/spex/principle/index.htm#01

#1さんの説明の通りですが、いくらか、図などがあった方がわかりやすいかもしれませんので、参考URLにgoogleで出て来たページを紹介します。ページ中程にあるJablonski Diagramの左側が蛍光について示した物です。以下、おそらく溶液の蛍光についての質問であると予想して、述べます。

さて、蛍光の過程について述べますと、蛍光とは図にある青の矢印に対応する励起光を分子が吸収します。その後、図では黒色の矢印で示された光を発しない緩和過程(溶媒などに熱エネルギー等の形でエネルギーを渡し、エネルギ...続きを読む

Qグルコースのアセチル化について

グルコースと無水酢酸が反応してペンタアセチルβ‐D‐グルコースが生成しますが、その反応機構を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

> ペンタアセチル-β-Dグルコースとペンタアセチル-
> α-Dグルコースの合成法が違うのですがその理由が
> わかりません。

 これは,通常の方法(例えば,無水酢酸・ピリジンによるアセチル化)ではβ-グルコシドが出来てしまうためです。そのため,α-グルコシドを作るにはそれ用の方法を用いるわけです。


> また、反応機構を詳しく書かないといけないのですが・・。

 これはご質問の無水酢酸によるアセチル化の反応機構ですね。有機化学の教科書はご覧になりましたか?アルコ-ルのエステル化の項に載っているはずです。

 もしかして,「グルコ-スの無水酢酸によるアセチル化」そのものをお探しでしょうか。これは載ってないと思いますが,アルコ-ルのアセチル化が載っているはずです。反応機構は同じです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング