ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

タイトルのまんまなんですが、この3つの違いが良く分かりません。
配位子は「化合物」で残り二つは「数」を聞いてる、位にしか…(汗)

前期試験の過去問の解説に「配位数は配位子についてでなく金属について言う」と書いてあったのですが、その意味が分かりません(ノД`)
ポルフィリンhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB% …
の配座数が4、配位数が6という理由も併せて教えてもらえないでしょうか。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「配位数」というのは、錯体の中心にある金属原子(あるいはイオン)が、錯体を作るために提供する空軌道の数のことです。


配位子は、結合(配位結合)に使用するための電子対を上述の空軌道に持ち込むことによって結合を形成し、錯体が完成します。

要するに、中心金属が錯体形成のために提供する空軌道の数が配位数で、結果的には配位子の数と同じになります。

「配座」というのは、回転が可能な結合(単結合)が回転することによって、結合の両側の立体的な位置関係が変化することを言います。したがって、本来は無数の配座が存在するはずです。
ポルフィリンの配座数が4で、配位数が6という記述は、厳密に言えば正しくないように思います。言うとするならば、「ポルフィリンにおいては、中心原子の配位数は6になり、代表的な配座が4種類ある」というのなら、言葉としては理解できます。ただし、それが科学的な事実と言えるかどうかについては判断しかねます。
    • good
    • 4

No.1 です。

No.2の回答を拝読して気がつきました。
確かに、「*座配位子」という言い方をしますね。
No.2のご回答にありますように、ポルフィリンにおいては、4個のピロール環が存在しますので、「4座配位子」ということになりますね。
「配座数」という用語の是非はともかくとして、配座数4というのは、No.2の方の解釈の方が妥当だと思います。
    • good
    • 1

「配座」あんまり使わないなー、聞いたことはあります、でも錯体よりも「有機化学」現在は「分子生物学」での「コンフォメーション」に対応して使われている例がほとんどです。

添付は星薬科大学HPから学会の予稿集「酵素中のペプチド結合の配座解析の統計学的解析」に関するヤツ:
http://polaris.hoshi.ac.jp/qsar31/kfiles/KP30.pdf
「配座」の中で明確なのは「数」ではなく「形」です。
正八面体が崩れ、上下に伸びると、平面四配位部分はエクアトリアル(シクロヘキサンみたいだ)で上下二つはアクシアル、またはアピカル。この場合は配座がテトラゴナルバイピラミダル「配座」乃至「配位」同じ事はトリゴナルバイピラミダル(平面三配位、上下に一つずつ)でもまたは四角錐でも云われますね。ここまで来ると「金属」の配位子ではなく「ヘテロアトム」の世界。リンや硫黄の化学の世界かな。ここで「配座数」とは既に分子(あるいは注目原子の廻り)の形を意味していて「配座数」=分子の形になります。平面四配位、テトラゴナル、オクタヘドラル、ピラミダル。
「配位子」確かに「化学種」を表します但し、けして安定した配位結合をしている化学種を特定している分けではないのです。「配位圏」という言葉があるように例えば金属イオンは水中で多くの水分子の酸素と相互作用しており、廻りに多数の水が層状に球を作っていますからその何処までを配位子と認めるかは???
「配位数」これが「配位子」と同じで分からない、例えば氷では酸素の配位数は4、この場合酸素に「水素が(逆)配位」してるのかな、水素の配位数は2(二つの酸素の間に挟まれてる)それとも一結合一配位?
かっちりとして「取り出せる」あるいは「寿命がある」化学種では配位数はある程度「議論の余地無く」決まりますが、短寿命の化学種ではもう???
ポリフィリンの例ですが上記のようにポルフィリンで通常ポルフィリン環の四つの窒素が非常に強固な「配位圏」を作って仕舞っているので、分子の形はテトラゴナルバイピラミダルにしかなれず、エクアトリアル配位座4、アクシアル配位座2となります。
ウィキペディアの難点は「最新の情報」でもなく「定説」でもなく「時間軸」の狂った情報が並列して乗る可能性が多い、という点。「多数の頭脳」の結論は「妥協の産物」「卓見無し」「責任の所在も無し」。全部署名記事にしたら良いのになー。
    • good
    • 0

<配位数>


中心原子がつくる配位結合の数です。たとえば、

[Co(NH3)6]Cl3
Co^3+ は6本の配位結合をつくって配位子のNH3と結合しているから、配位数は6です。

[Co(NH2-CH2-CH2-NH2)3]Cl3
配位子のエチレンジアミンは3個しかありませんが、エチレンジアミンは2つのNのそれぞれでCoに結合しています。したがって、Co^3+から見ると6本の配位結合があるので、やはり配位数は6です。

<多座配位子>
上に書いたエチレンジアミンのように、分子の2箇所以上で中心原子に結合する配位子を多座配位子といいます。これに対してアンモニアのように1箇所で結合する配位子は単座配位子といいます。
多座配位子は、作る結合の数によって2座配位子、3座配位子、…と呼ばれます。エチレンジアミンは2座配位子です。エチレンジアミン四酢酸という物質は6座配位子で、これは1分子で配位数が6の中心原子を包むことができます。ポルフィリンは4座配位子です。

ご質問の「配座数」は、たぶん、上のような多座配位子の配位座の数のことを言っているのだと思います。しかし、「配座」「配座数」という語は別の意味があり(No.1様ご説明のもの)、「配位座の数」という意味で使うのは適当でないと思います。では何と呼ぶかですが、やはり「配位座の数」というしかないのでしょうか。
(参考)
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/ES_KHS_NT2_06.h …

参考URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/ES_KHS_NT2_06.h …
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違いを教えて下さい。

単座配位子と多座配位子とキレート配位子の違いがよくわかりません。配位子の数が違うと本に書いてあったのですが配位子ってどの部分を指すのかもよくわからないです。

Aベストアンサー

たとえば、銅(II)イオンの場合、4個のアンモニア分子と結合して
[Cu(NH3)4]^2+
という式で表される錯体ができます。この結合は、N原子が、非共有電子対をCuに与えて生じる配位結合です。

このとき、Cuを中心原子、NH3を配位子といいます。

NH3は、N原子がCuと結合しています。このように、配位子の中の1つの原子だけが中心原子との配位結合をつくる場合、単座配位子といいます。

エチレンジアミン H2N-CH2-CH2-NH2 は、分子内にある2つのNが両方とも中心原子との配位結合をつくることができます。このような配位子を二座配位子といいます。一般に、二座以上の配位子を多座配位子といいます。

エチレンジアミンが配位結合すると、中心原子を含めて5個の原子でできた環状構造ができます。これをキレート環といい、キレート環を有する化合物をキレートといいます。したがって、キレート配位子はキレートをつくる配位子ということで、多座配位子と同意語です。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q配位数(高校化学)

今まで、自分はどうしても配位数の意味がイメージできなかったので、体心立方格子は8面心立方格子、六方最密構造は12と覚えていました。

しかし、イオン結晶の単位格子の
陽イオンに隣接する陰イオンの数と、陰イオンに隣接する陽イオンの数を求める問題でつまってしまいました。


解説で、絵まで描いてましたが、全然イメージできず,,。



ちなみにその単位格子は体心立方格子で真ん中の球は
陽イオン、1/8×8で立方体の角にある球は
陰イオンでした

それぞれの配位数は8ずつで

なんだ、同じか!!?っと思ったのですが、
そもそも、覚えているだけでは応用問題には対応できないですかね??どうもイメージできないんですが、どなたか、うまくイメージする方法を教えてください
よろしくお願いします。m(><)m

Aベストアンサー

結晶格子を考えるときに、単体の場合と、イオン結晶の場合を区別する必要があります。
つまり、単体であれば、ただ単に球が並んでいると考えてよいでしょうが、塩の場合には、陽イオンと陰イオンの比率が1:1とは限りませんし、仮に、1:1であったとしても、陽イオンと陰イオンのイオン半径が異なりますので、その結果、1:1であっても、複数の結晶構造が可能になります。

ご質問のような結晶構造になるものとしては、CsClがあり、それは8配位になりますが、NaClは異なった結晶構造になり(教科書に図があると思います)、それは6配位です。

ちなみに、陽イオンと陰イオンがいずれも1価で8配位の場合というのは、陰イオンに対して陽イオンが8配位であるだけではなく、陽イオンに対しては陰イオンが8配位になっているはずです。そのため、8:8配位という言い方をします。

>ちなみにその単位格子は体心立方格子で真ん中の球は陽イオン、1/8×8で立方体の角にある球は陰イオンでした
この例では、陽イオンと陰イオンの比率が1:1なので、真ん中に陰イオンをもってきても同じ形になるはずです。

ところで、ご質問に対する回答としては、「高校レベルであれば、図を見ながら、それが何配位になるかを読みとれれば十分」だと思います。それができているようですので、特に問題はないと思います。

結晶格子を考えるときに、単体の場合と、イオン結晶の場合を区別する必要があります。
つまり、単体であれば、ただ単に球が並んでいると考えてよいでしょうが、塩の場合には、陽イオンと陰イオンの比率が1:1とは限りませんし、仮に、1:1であったとしても、陽イオンと陰イオンのイオン半径が異なりますので、その結果、1:1であっても、複数の結晶構造が可能になります。

ご質問のような結晶構造になるものとしては、CsClがあり、それは8配位になりますが、NaClは異なった結晶構造になり(教科書に図があると...続きを読む

Qヤーンテラー効果について

ヤーンテラー効果について勉強したのですがよく分かりません。もし分かりやすく説明してくれる方がいればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Jahn-Teller効果ですか.むずかしいですよね~.ということで,「わかりやすく,イメージをつかむ」というのをモットーに(!?),ここではJahn-Teller効果の一例である「正方晶ひずみ」のお話をします.


正方晶ひずみをチョー簡単に言ってしまえば,
「Cu錯体がなぜ正方形配位型なのか」
を説明したものなのです.

じゃあ,なんでそうなるのっ?(古っ!)って思いますよね.そこで,結晶場理論をもとにこれを説明します.


そもそも,d錯体って,八面体配位であるか,四面体配位ですよね(ただ,四面体配位は例が少ないので省略します).例えば,Fe錯体なんかはたいてい八面体配位(配位子が6個)って教わりましたね.しかし,Cu錯体やPt錯体などはなぜか正方形の配位をとります.本来であれば,八面体配位をとったほうがよさそうな感じがしますよね.だって,FeとCuって電子が3つしか違わないから.

ここで,Jahn-Teller効果にもとづく正方晶ひずみという効果が生じてきます.これって何かというと,z軸方向の配位距離(金属と配位子との距離)が伸び,xy方向の配位距離が縮まるのです.つまり,八面体を横からグシャッとつぶして縦にビヨーンと引っ張った感じになります.

このような傾向は,d軌道の電子が多いほど起こりやすくなります.
こうやって,もしもz軸方向の配位距離が無限に伸びてしまったら?そう,z軸方向の配位子はどっかに飛んでいってしまい,結果として正方形状に並んだ4つの配位子だけが残ります.

つまり,「Cu錯体が正方形配位であるのは,八面体がひずんでz軸方向の配位子がなくなったからである」といえましょう.


しかし,「なんでd軌道の電子が増えるとz軸方向に伸びるの?」と思われますよね.これは電子軌道理論で説明できます.
八面体のときは,d軌道は3:2に分裂してますよね.低エネルギーで縮退している3軌道はdxy,dyz,dzxで,高エネルギーのそれはd(xx-yy),dzzです.さて,d軌道の電子が増えると,実は二重および三重に縮退していた軌道が分裂して,2:1:1:1とこま切れになってしまいます.具体的には,z因子を含む軌道(dyz,dzx,dzz)の3つのエネルギーが低下します.(なんでそうなるのかについてはムズカシイので省略させてください)


う~ん,なにやらムズカシイお話になってしまいましたね.
でも,「d軌道の縮退が変化する=配位の形も変化する」ということはなんとなく予想できますよね.これを理論的に説明したのがJahn-Teller効果です.


こんな稚拙な説明でわかっていただけたでしょうか.
もし,「この文章のここがよくわからない」などがありましたら,補足をお願いいたします.また,これ以上の内容についてはShriver(シュライバー)著『無機化学』p.354あたりに書いてあるので,そちらをご覧ください.

Jahn-Teller効果ですか.むずかしいですよね~.ということで,「わかりやすく,イメージをつかむ」というのをモットーに(!?),ここではJahn-Teller効果の一例である「正方晶ひずみ」のお話をします.


正方晶ひずみをチョー簡単に言ってしまえば,
「Cu錯体がなぜ正方形配位型なのか」
を説明したものなのです.

じゃあ,なんでそうなるのっ?(古っ!)って思いますよね.そこで,結晶場理論をもとにこれを説明します.


そもそも,d錯体って,八面体配位であるか,四面体配位ですよね(ただ,四...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Qアキラルとは。

アキラルというものが解りません。辞書によると
キラルというのは像と鏡像が重なり合わないもので、
アキラルは像と鏡像が重なり合うらしいのですが、
(像と鏡像が)重なり合うと云う事は、おんなじ物質
というのと違うのでしょうか。

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら回答
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> アキラルというものが解りません。

 簡単に言えば,「キラルでないもの」をアキラルといいます。


> アキラルは像と鏡像が重なり合うらしいのですが、
> (像と鏡像が)重なり合うと云う事は、おんなじ物質
> というのと違うのでしょうか。

 はい,同じ物質です。よく使われる例に手袋があります。右手用(あるいは左手用)の手袋を鏡に写すと,左手用(右手用)になり,元の右手用(左手用)とは異なります。この様な場合を「キラル」と言います。

 一方,靴下の場合,右足(左足)用とも形が同じですので,右(左)足用の靴下を鏡に写しても同じ右(左)足用になります。この様に,鏡に写しても元と同じになる場合を「アキラル」と言います。

 「キラル」,「アキラル」と言う言葉は出てきませんが,下の過去質問「QNo.337088 光学不活性・・・」の ANo.#3 の回答とそこで紹介されている過去質問が参考になると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=337088

Q錯体生成における安定度定数

レポートの課題で「錯体生成における安定度定数とはどういうものか?」というのがあり、いろいろ調べていて二つの有力な説明を見つけました。

『キレートの安定度定数とは金属キレートのできやすさを表すもので、金属イオンとキレート化合物から金属キレートができる程度を表す指標である。
例えば、マグネシウムとEDTA(通常、Yと表現する)の場合は、
 Mg2+ + Y4- ←→ MgY2-
 K=[MgY2-]/[Mg2+][Y4-]
 このKが、安定度定数である。』

というのと、


『分析化学の世界ではM + n X = MXnという反応の平衡を考えるときに、1段ごとの錯生成( MXi + X = MXi+1)を考え、その錯生成定数Ki=[MXi+1]/{[MXi] [X]}を定義します。
このとき安定度定数βnはすべての錯生成定数の積、βn = K1*K2...Knで定義されていて、この値が大きいほど錯体を作る方に平衡が傾いていることを表します。』

という二つです。
一つ目の説明はわかるのですが、二つ目の説明は「分析化学の世界では…」と述べられている点で課題に即しているのか不安があり、二つの式(M + n X = MXnとMXi + X = MXi+1)が用いられている点に理解できません。この二つの式がどうつながっているのかがわかりません。
どなたかわかる方、詳しく教えてください。

レポートの課題で「錯体生成における安定度定数とはどういうものか?」というのがあり、いろいろ調べていて二つの有力な説明を見つけました。

『キレートの安定度定数とは金属キレートのできやすさを表すもので、金属イオンとキレート化合物から金属キレートができる程度を表す指標である。
例えば、マグネシウムとEDTA(通常、Yと表現する)の場合は、
 Mg2+ + Y4- ←→ MgY2-
 K=[MgY2-]/[Mg2+][Y4-]
 このKが、安定度定数である。』

というのと、


『分析化学の世界ではM +...続きを読む

Aベストアンサー

通常錯化剤を過剰に用いるので、と言うかキレート滴定での終点直後で指示薬が変色する領域では錯化剤が目的金属に対し「過剰」に存在するので、初めの方の説明で構いません。

後の方の説明は科学的にはより「厳密」であり、例えば中間的な錯体に「異性体」がある場合など、こちらの説明の方を利用しなければなりません。
ただし、お分かりのように、錯化剤過剰条件ではどちらの定義でも同じ結果が得られますので、あまり気にする必要はありません。
レポートなら両者書いて、さらに例を挙げて説明すれば120点。
期末考査の点がかさ上げされるかも知れません。^o^

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。


人気Q&Aランキング