- La fondation d'entreprise, ça part d'une idée simple, l'idée qu'il y a dans les entreprises un immense réservoir de compétences et de bonnes volontés, qu'il y a dehors de grands besoins qui ne sont pas couverts et qu'il suffisait donc, il suffit donc d'adapter les uns aux autres, d'autant plus que les fondations d'entreprise, c'est bénéfice pour tout le monde. Pour les bénéficiaires, évidemment, déshérités du Nord ou du Sud, associations oeuvrant au développement économique, au soutien scolaire, à l'accompagnement des malades... tout bénéfice aussi pour les salariés qui donnent un sens à leur vie et ont l'occasion de participer à une mission de solidarité internationale, tout bénéfice enfin pour l'entreprise qui soigne son image à l'extérieur et qui renforce son lien avec ses salaries, des salariés qui n'en sont en général que plus motivés par l'expérience.
- On en parle avec nos invités. Constance Nora, bonjour.
- Bonjour.
- Vous êtes Déléguée Générale de la Fondation au Club Med. Alors au Club Med., 12% des salariés s'intéressent à ces initiatives humanitaires qui prennent plusieurs formes.
- 12%, c'est un chiffre énorme, ça représente 3100 bénévoles dans le monde, alors parlons maintenant de...
- Ce sont les G.O. donc, hein ?
- Ce sont les G.O. à travers le monde.
- Est-ce que c'est né d'une forme de culpabilité, d'être dans les plus beaux pays du monde, sur les plus belles plages du monde confronté quand même à la misère du quotidien ?
- C'est pas né d'une culpabilité, c'est né d'une attention et d'un regard sur son environnement. On peut pas être jeune à l'heure actuelle - et beaucoup de jeunes sont de plus en plus soucieux de cee qui se passe dans le monde sans avoir dans ces pays une vision de ce que peut être la population avoisinante et l'envie de s'y impliquer. Je vous donne un exemple: en Afrique, effectivement, nous faisons deux programmes, ce sont des programmes éducatifs et d'insertion par le sport.

フランス語の和訳をお願いします。

A 回答 (1件)

(ご参考に)意訳を含む ➡ 会社の基盤は、会社には技術と親善の巨大な貯水池があって、それを取巻く社会には、それをカバーしていない十分なニーズがあるという単純な考えから始まります。

企業の基盤として、すべての人にメリットがあります。受益者にとってはもちろん、北朝鮮や南部から嫌われた受益者のために、経済発展のために働く団体、教師養成、病気のための支援...人生に意味を与え、国際連帯の機会を持つ従業員のためのすべての利益そのイメージを海外で扱い、従業員とのつながりを強化する会社のメリットは、経験によってよりモチベーションが高まります。
- 私達はゲストと話します。コンスタンスノラ、おはようございます。
- こんにちは。
- あなたは、クラブメッドへの財団の総責任者です。クラブメッドでは、従業員の12%がさまざまな形で取り組んでいるこれらの人道的イニシアチブに携わっています。
- 12%、それは巨大な数字です。それは世界の3,100のボランティアなので、話しましょう...
- これはG.Oです。そうですか?
- これは世界中のG.O.です。
- それは、世界で最も美しい国々、日常生活の悲惨さに直面している世界で最も美しいビーチで、罪悪感から、生まれましたか?
- それは罪悪感から生まれたものではなく、その環境に注意を払って、生まれたものです。若者は現時点では若さを発揮していくことはできません。多くの若者は、これらの国に近隣の人口が何であるかについてのビジョンや関与する羨望を持たずに、世界の状況についてますます心配しています。例を挙げるならば、アフリカでは、2つのプログラム、つまり、教育プログラム、スポーツによる統合があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語和訳依頼

Frédéric Mistral:
Né en 1830 dans une petite ville provençale, apparenté aux plus anciennes familles de Provence, Frédéric Mistral étudie le droit à Aix-en-Provence, s'intéresse à l'histoire de sa région et surtout de sa langue. il devient le porte-parole de la langue provencale et fonde avec cinq autres poètes "Felibrige", un mouvement pour promouvoir la langue d'oc.
il est l'auteur de "Lou Tresor dou Felibrige", le dictionnaire le plus riche de la langue occitane.
Son oeuvre capitale reste "Mireille (1859)" dont Charles Gounot fait un opéra en 1863.
il reçoit le prix Nobel de litterature en 1904 et consacre la somme à la création du "museon arlaton" de la ville.
Mort en 1914 dans sa ville natale, Mistral a sa statue sur la Grand-Place d'Arles.

フランス語の和訳をお願いします。

Frédéric Mistral:
Né en 1830 dans une petite ville provençale, apparenté aux plus anciennes familles de Provence, Frédéric Mistral étudie le droit à Aix-en-Provence, s'intéresse à l'histoire de sa région et surtout de sa langue. il devient le porte-parole de la langue provencale et fonde avec cinq autres poètes "Felibrige", un mouvement pour promouvoir la langue d'oc.
il est l'auteur de "Lou Tresor dou Felibrige", le dictionnaire le plus riche de la langue occitane.
So...続きを読む

Aベストアンサー

フレデリック・ミストラル
1830年、プロヴァンスの小さな街に生まれる。プロヴァンスでも最も古い家系に連なる家である。
フレデリック・ミストラルはエクサンプロヴァンスで法律を学び、故郷歴史と特に言葉の歴史に興味を抱いた。
彼はプロヴァンス語のスポークスマンとなり、他の五人の詩人とともに、オック語の推進運動である「フェリブリージュ」を設立する。

彼はオック語最大の辞書である『フェブリージュ宝典』の筆者である。
彼の代表作は今も「ミレイユ」(1859年)であり、1863年にはシャルル・グノーによってオペラになっている。
1904年ノーベル文学賞を受賞し、その賞金で、(アルルの)街のアルラタン博物館を創設した。

1914年に生まれ故郷で死去。アルルの中央広場には彼の像が建っている。

Qフランス語和訳依頼

Les élections présidentielles précédant les législatives en France, on pense avoir écarté le risque d'une cohabitation de tendances antagonistes.

フランス語の和訳をお願いします。

Aベストアンサー

Les élections présidentielles précédant les législatives en France,
(分詞構文)
大統領選挙は、フランスでは国民議会選挙に先立つので、

on pense avoir écarté le risque
psenser avoir 過去分詞「~したと確信している、信じている」
危険を回避したと(人は)確信している

cohabitation de tendances antagonistes
敵対する勢力の共存
大統領と内閣が対立する政党から選ばれている状態


「フランスでは、国民議会選挙は大統領選挙の後なので、大統領を支持する政党が少数与党になるリスクを回避したのだろう」

Q外国語学習、文字は後回し?

英語の学習でも日本人は 音よりも文字を優先させる傾向がありますよね。
英語の教師の発音下手も このサイトで時々指摘されております。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2090368.html

そして、CDが安価で身近になった今でも 中学や高校の英語の教科書には CDが付いていないことが多いです。
ですから、多くの生徒は 生の英語を 英語の学習ではなく、洋楽を聴いたり洋画を観て接する方が多いかもしれません。

また、ある程度 英語ができる人でも、活字になっていれば スラスラ読めても、リスニングが苦手だと言う人も少なくないかと思います。

しかし、そういった文字に偏った学習でも 次に学ぶ学習がドイツ語やスペイン語なら、英語の学習経験が大いに活かさるかと思います。ドイツ語やスペイン語は発音も英語より易しいので、文字を先行して学習しても 発音を習得するのも さほど困難ではないかと思います。

ところが、問題は中国語とタイ語です。
中国語の場合、漢字を使っているので 日本人には親しみやすいように思えます。しかし、それが 落とし穴で 英語以上にリーディングとリスニングのギャップが広がってしまい、結局 中途半端に終わる人も少なくないように思えます。
日本人の場合、なまじ漢字の知識があるだけに、発音が疎かになる傾向があるようです。
http://fis.takushoku-u.ac.jp/worldnow/22/1-2.html

一方で、タイ語だと 最初にあの文字が立ちはだかります。

そこで思ったんですが、中国語もタイ語も 文字は後回しで 耳から覚えて行った方が効果的なのではないでしょうか?
そうすれば、中国語なら 例えば ”少”という漢字が shaoなのかxiaoなのか悩むこともないし、四声もきちんと覚えているはずです。
そして、タイ語だって 文字は脇に置いといて 最初は耳で覚えれば、ラテンアルファベットを使っている インドネシア語などと比べても そんなにハードルは高くはないと思います。
特に タイ語だと กもขも コーカイなので、文字から覚えようとしたら 最初から混乱するでしょう。

そこで、語学の得意な方に質問ですが、外国語はどのように覚えるのがベストでしょうか?

英語の学習でも日本人は 音よりも文字を優先させる傾向がありますよね。
英語の教師の発音下手も このサイトで時々指摘されております。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2090368.html

そして、CDが安価で身近になった今でも 中学や高校の英語の教科書には CDが付いていないことが多いです。
ですから、多くの生徒は 生の英語を 英語の学習ではなく、洋楽を聴いたり洋画を観て接する方が多いかもしれません。

また、ある程度 英語ができる人でも、活字になっていれば スラスラ読めても、リスニングが苦手だ...続きを読む

Aベストアンサー

質問主さん、あなたと私の考え方や実際にやっていることは、結構
似ている気がします。

僕も音を聴き、音素として聴き分け、そのうえで単語と分をを聴き
取ることが、学習の最初のうちは、文章を読むことや書くことより
重要だと考えています。

だからこそ、音素を何らかの形で記すことは重要だと思うのです。
例えば、中国語を聴いて、それを自分なりにピンインで記し、正し
いピンイン表記と突き合わせれば、学習者はどの音が聴けていない
のか、どの音を音素として聴き分けられていないのか、自覚できま
す。英語では発音記号で同じことができます。こういうことをきっ
ちりやるべき段階で、音や音素にうまく対応していない漢字や、数
百年も改善されず、かなり乖離している英語の綴りを覚えるのは、
何かと有害だと思います。個別言語で文法や語彙の知識が増えると、
脳はかえって聞き取りに集中できなくなることもあるからです。

Qラトビア語は何語に似ていますか? ロシア語とかですか??

ラトビア語は何語に似ていますか?
ロシア語とかですか??

Aベストアンサー

米国在住です。

偶然にも、週末にラトビア出身の女の子と話す機会があり、言語について話したので、彼女の意見をお知らせします。

私もやはり、ロシア語か、北欧の言葉に似ているのではないか、と考えていましたが、彼女の言うには、スラブ系の言葉、チェコ・スロバキア・ポーランドの言語に近くて、それに、ドイツ語が少し混ざった感じ、というふうに表現していました。

ロシア語は学校で必修だったし、ドイツ語・フランス語も学習する機会があり、彼女は、高校から米国に留学してきたので、計五か国語話せることになります。英語もお上手です。

Q動詞の未来形がある自然言語はありますか?

英語やドイツ語など、動詞の時制は現在形と過去形と完了形の三種類で、未来形はありません。
未来形が無いので助動詞+現在系で未来を表すようにしています。

はたして、動詞の活用本体で未来形をもっている自然言語があるのかに興味をお持ちました。
動詞の活用で未来形をもつ言語があれば、その言語名をご教授ください

自然言語の時制にお詳しい方よりアドバイスを頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

動詞の未来形の成立は複雑で、単に動詞の活用があるかないか、
という説明では済まないようです。
セム語族や多くの古期印欧語は、動詞の活用は複雑でも、
未来を表す特別な活用がないそうです。
古ゲルマン諸語も同様で、ドイツ語に未来形がないのもその流れでしょう。
その原因としては、未来の表現はしばしば「意志」、「願望」、「推量」、「義務」
などの法の表示が転じて発生していく傾向が多くの言語で見られるということが挙げられています。
そのため、純粋に活用のみで未来を表す形があまりないというのは、
多くの言語に共通する傾向のようです。

すべての印欧語の元となった印欧祖語でも、未来を表すには接続法を使っていたようですが、
s-未来形といって、s字を含む活用による未来、接続法、願望の表現があったという研究があります。
ゲルマン語族では、この-s-で形成される未来自称の語幹は失われています。
古典ラテン語には未来形の活用がありますが、これも比較言語学の研究によって、
もとは接続法であったものに未来の意味が生じたのち、ほかの意味が失われたことが明らかにされています。
そして、ラテン語の未来形は、ローマ帝政時代末期には使われなくなり、
俗ラテン語では英語のhave、ドイツ語のhabenに相当するhabeoで未来を表現します。
よく引用されるアウグスティヌスの例があります。

petant aut non petant venire habet
(英)whether they ask or do not ask, it will come
(独)ob sie bitten oder nicht bitten, es wird kommen

「venire(来る)」ことを「habet(持つ)」という形で、
これは、「義務」を表現する英語のhave toやドイツ語のhaben zuとつながります。
フランス語やイタリア語に未来形の活用があると言っても、
実はこれらも、上の形に見られる二つの動詞が融合したもので、
活用というよりも接尾辞のようなものです。
「私はこれから~する」を意味するフランス語の単純過去、je feraiは、
俗ラテン語のfacere habeoからきたものです。
「する(do)」に当たるフランス語の動詞はfaireで、「持つ(have)」に当たるのはavoirですが、
avoirの一人称単数の活用はaiで、faire + ai → feraiということになります。
二つの動詞の複合されたもので、活用とは違いますね。
イタリア語の未来形も同じで、フランス語のavoirと同じavereが結合された形です。

fare(する)の未来形 一人称
(io) farò = fare + (io) ho (avere)

ロシア語で未来形があるのは、be動詞に当たるбытьだけで、
その他の動詞の未来形は、бытьの未来形+不定詞で表します。
ペルシャ語でも、「欲する」を意味するhohanという動詞を未来形助動詞として使います。

時制というのはもともと抽象的なものなので、未来形も過去形も、
いろいろな表現と変遷があるようです。
ドイツ語やフランス語には過去形がありますが、
過去形はどちらかというと文章語で、口語では現在完了形を使う方が多くなっています。

動詞の未来形の成立は複雑で、単に動詞の活用があるかないか、
という説明では済まないようです。
セム語族や多くの古期印欧語は、動詞の活用は複雑でも、
未来を表す特別な活用がないそうです。
古ゲルマン諸語も同様で、ドイツ語に未来形がないのもその流れでしょう。
その原因としては、未来の表現はしばしば「意志」、「願望」、「推量」、「義務」
などの法の表示が転じて発生していく傾向が多くの言語で見られるということが挙げられています。
そのため、純粋に活用のみで未来を表す形があまりないというの...続きを読む

QRootという国

国の名称だと思うのですが「ROOT」という単語は、どこの国を指しているかわかりますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

よくわからない「root」という単語と言われると、コンピュー
タ用語かなーと思いますが、見当違いなら無視して下さい。

コンピュータ用語なら、スマホ等のアンドロイドを例に出しま
すが、コンピュータはその機能をもっていても、ユーザーに自
由にさせることを認めちゃうとユーザーの操作ミスでも最悪す
ぐに動作しなくなる事を配慮して、一部のコマンドに安全装置
をかけて実行出来ないようにして販売しています。

例えば起動するために複数のファイルをロードするというよう
なイニシャライズ動作がありますが、それらを変えちゃうとソ
フト的に起動しなくなることが普通です。それらを勝手に変え
られないようにしているのです。他にも「全削除」なんかも出
来ないようになっています。

メーカーは安全に使う為にその安全装置を外す事を認めていま
せんが(ソフト的に壊れちゃいますからね)、しかしコンピュー
タとしてはその安全装置を外す事も不可能ではなく、その行為
をroot化、安全装置を外した端末をrootと言います。

rootの語源は正確にこれだとは言えませんが、コンピュータに
は最上層とか、親とか、そういう特別な言葉としてrootという
のを使っているので、そこらへんからきてるんじゃないかと思
いつつ。Cドライブのルートフォルダなんて言葉はwindowsコ
ンピュータ経験がある人なら聞いたことのある言葉だと思いま
す。

iphoneにも同じような考え方があり、iphone系は脱獄とか言っ
ています(安全装置がかかっている状態を「ユーザーに自由を
認めさせない監獄」というようなイメージなんでしょうね)。


長々書いて見当違いだったらしょんぼり。

こんにちは。

よくわからない「root」という単語と言われると、コンピュー
タ用語かなーと思いますが、見当違いなら無視して下さい。

コンピュータ用語なら、スマホ等のアンドロイドを例に出しま
すが、コンピュータはその機能をもっていても、ユーザーに自
由にさせることを認めちゃうとユーザーの操作ミスでも最悪す
ぐに動作しなくなる事を配慮して、一部のコマンドに安全装置
をかけて実行出来ないようにして販売しています。

例えば起動するために複数のファイルをロードするというよう
なイニシャライズ...続きを読む

Qフジコ・ヘミング について

最初にお断りしておきますが、これは、フジコ・ヘミングさんを誹謗するものではありません。 音楽家(芸術家)としての あり方についての 私見です。

先月、彼女のコンサートに行ってきました。 友人に誘われたのです。日本、L.A. NYC あたりだと $100 ぐらいするそうですが、安かったし、私の住んでいる州にくるので(それなら行こうかな。)と思ったしだいです。
個人的には彼女のこと、(素晴らしいピアニスト)とは思っていませんでした。ただ、日本ではかなり人気があること。 You Tube で、(魂のピアニスト、だとか、鳥肌が立ちました。)などという感想があったため、(どんな演奏かな?)と、聴きにいきました。

はっきり申し上げて、ひどかったです。 ミスタッチだらけ。 ベートーヴェン の Moonlight Sonata 第三楽章にいたっては、ミスタッチだけでなく、テンポもめちゃくちゃ。 おそらく、あの速さの曲はひけないのだろう、と思いました。十八番の ラ・カンパネラは 上手に弾いていらっしゃいました。 Chopin のノクターンも Interpretation はほとんどなく・・・・。

音楽に全く詳しくない友人も「やる気のなさ、がわかった。」と言いました。でも、彼女はミスタッチはわからなかったそうです。(多分、ピアノを弾かない人はそうかもしれません。) 聴衆(98%日本人)は スタンディング オベーションをしていましたが、私は失礼ながら”座ったまま”でした。 お歳もいかれているので 仕方が無い部分もあるかもしれません。人間ですから”気分がのらない時”もあるでしょう。 でも、プロでお金をとっているなら、それなりの演奏をするべきだと思います。 過去の彼女のインタビューに ミスタッチを指摘された際「人間ですもの、間違えるわよ。」とおっしゃったそうですが、プロならミスタッチを聴衆に分からないようにするべきだはないでしょうか。

あくまでも、私の私見ですが、日本で大人気の disability のピアニストも もし、彼が健常者だったらあれだけの人気がでただろうか、と思います。

スポーツ選手も芸術家も ピークというものがあります。 それを、著しく過ぎた方は潔くRetire するべきだと思います。 
音楽に造詣の深い方、フジコさんの演奏をどう 思われますか?
彼女の演奏は鳥肌が立つほど、素晴らしいですか?

 私の感性がおかしいのでしょうか?

私は、ラン・ランのコンサートでは鳥肌がたちました。

最初にお断りしておきますが、これは、フジコ・ヘミングさんを誹謗するものではありません。 音楽家(芸術家)としての あり方についての 私見です。

先月、彼女のコンサートに行ってきました。 友人に誘われたのです。日本、L.A. NYC あたりだと $100 ぐらいするそうですが、安かったし、私の住んでいる州にくるので(それなら行こうかな。)と思ったしだいです。
個人的には彼女のこと、(素晴らしいピアニスト)とは思っていませんでした。ただ、日本ではかなり人気があること。 You Tube で、(...続きを読む

Aベストアンサー

ホロヴィッツが初来日した際、「ひびの入った骨董」と酷評した故・吉田秀和氏。

もはや齢80歳、伝説的なピアニストを一目見よう(聴こう)と高額なチケットを求め期待に胸を膨らませて会場に足を運んだ聴衆たち。

ステージで弾いているのはまさしく本人。今までレコードやCDでしか聴いたことのない遠い存在の人が眼前に。

しかし、肝心な演奏は・・・ミスタッチだらけ・・・そこには確かにかつての世界的巨匠がいるのだが。

もはや骨董と化した伝説の名ピアニスト。

けれど、憧れの骨董品をやっとの思いで所有する喜び。残念ながらひびが入っている。価値は下がるがそれでも欲しい・・・

とにかく、生涯にあのホロヴィッツを生で聴けた・・・それが何より重要なのですね。

会場を後にした人たちは恐らく殆どがそんな思いを持ったのでは・・・?

で、フジコ・ヘミング。

勿論、第一級のピアニストでもなく、経歴等マスメディアにより持ち上げられた感が多分にあるようです。

ま、純粋なクラシックピアノ・ファンならば彼女の力量・レベル・知名度?を十分理解しているはずですので。

加齢によりテクニックの衰えを感じ自ら引退するか、それでもいいから熱望する聴衆の前に姿を現すか、

そのあたりは時のなりゆきに左右される場合があるのでしょう。案外、幾つになっても(出たがり?笑)かも。

ミスタッチだらけとしても、見てて(聴いてて)ホロヴィッツなどとは聴衆の受け取り方には明らかに違いがあります。

現に質問者さんもそう思われたのでは?

彼女に関して言えるのはこの位ですね・・・

ホロヴィッツが初来日した際、「ひびの入った骨董」と酷評した故・吉田秀和氏。

もはや齢80歳、伝説的なピアニストを一目見よう(聴こう)と高額なチケットを求め期待に胸を膨らませて会場に足を運んだ聴衆たち。

ステージで弾いているのはまさしく本人。今までレコードやCDでしか聴いたことのない遠い存在の人が眼前に。

しかし、肝心な演奏は・・・ミスタッチだらけ・・・そこには確かにかつての世界的巨匠がいるのだが。

もはや骨董と化した伝説の名ピアニスト。

けれど、憧れの骨董品をやっとの思い...続きを読む

Qフランス語和訳依頼

Trouvant la violence intolérable, les jeunes s'organisent pour la combattre.

フランス語の和訳をお願いします。
前後に文章はありません。

Aベストアンサー

容認しがたい暴力を目にすると、若者たちはそれと戦うためにまとまる。

Qフランス語和訳依頼

La France compte 22 régions plus 4 outre-mer depuis 1982. C'est une division assez récente même si elle recoupe parfois les anciennes Provinces d'avant la Révolution. Les régions sont autonomes par rapport à leur budget et pourvues d'un Conseil régional élu tous les 6 ans et d'un Conseil économique et social à fonction consultative.
Elles ont certaines compétences spécifiques en matière d'éducation et de gestion du patrimoine naturel et culturel.

フランス語の和訳をお願いします。

La France compte 22 régions plus 4 outre-mer depuis 1982. C'est une division assez récente même si elle recoupe parfois les anciennes Provinces d'avant la Révolution. Les régions sont autonomes par rapport à leur budget et pourvues d'un Conseil régional élu tous les 6 ans et d'un Conseil économique et social à fonction consultative.
Elles ont certaines compétences spécifiques en matière d'éducation et de gestion du patrimoine naturel et culturel.

フランス語の...続きを読む

Aベストアンサー

フランスには、1982年以降、22の地域圏と4つの海外県がある。
比較的最近の区分であるが、革命前の古い州と重なることが多い。
地域圏には予算を組む権限があり、6年おきに改選される地域圏議会と、諮問機関である経済社会評議会がある。
教育と自然文化遺産の管理運営に関して、多少の独自の権限も有している。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報