化学の問題について質問です

0.1MのCH3COOHの水素イオン濃度およpHを求めよ。CH3COOHのKa=1.8×10^-5とする。

式と解説と答えよろしくお願いします

A 回答 (1件)

Ka=[H+][CH3COO-]/[CH3COOH]


=1.8×10⁻⁵ (mol/l)・・・①

CH3COOH → CH3COO[-] + H[+]
で電離度をα、はじめの酢酸の濃度をxとすると
平衡状態の[CH3COOH]=x(1-α)
[H+]=[CH3COO-]=xα 。

①に代入してxα^2/(1-α)=1.8×10⁻⁵

xα²=(1-α)×1.8×10⁻⁵
ほんとはこの2次方程式を解くんですが
(α=1.33×10⁻²)だから、αが1よりかなり小さいので
α²=1.8×10⁻⁵/x
=1.8×10⁻⁵/0.1・・・・{x=0.1モルだったから)
=1.8×10⁻⁴
∴α=1.3×10⁻²と近似します
(1.34だけどkaの有効桁2桁と合わせる)

よって
[H+]=0.1×1.3×10⁻²
=1.3×10⁻³
pH=-log[H+]=3-log1.3
≒3-0.11
=2.9
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/07/15 13:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水素と鉄の製錬について質問です。

昔、中学か、高校の理科の教科書で水素ガスを使って、酸化鉄を鉄に還元する実験が記載していたのですが、ここで質問です。

1.通常、鉄は鉄鉱石からコークスといった物と一緒に燃焼させて、製錬させているのですが、ではコークスの代用として、水素ガスと一緒に、鉄鉱石あるいは砂鉄を一緒に燃焼させて、還元すれば、鉄は得られますか?

2.水素ガスで作った鉄を、鋼鉄、つまり鋼に変える場合、メタンガスや水素ガス、酸素ガスで燃焼させれば、鋼は得られますか?

Aベストアンサー

水素還元製鉄は、現在は実験段階。実用には至っていない。

1.は二酸化炭素を排出しないので、有望視されているが、水素還元製鉄が実用化されるのは早くて2030年くらい。
今は基礎研究と実験室レベルでの研究・検証段階。
鉄が得られることは実証済。

2.還元後の銑鉄には水素が含まれる訳だから、酸素を吹いて精錬するか、真空炉の中に入れて脱ガス処理する事になる。
これも今からの実証となる。どちらになるかは、コストと精錬速度との見合いになると思う。

Q化学の問題について 1mol/lのH2SO4溶液の規定濃度は何Nか? どうやったらNが出ますか?

化学の問題について

1mol/lのH2SO4溶液の規定濃度は何Nか?

どうやったらNが出ますか?

Aベストアンサー

H2SO4は2価の強酸です。
1mol/Lの硫酸なので、2N(規定)ということになります。

ただ、規定度やグラム当量という単位は、現在、使用が推奨されていませんね。

Q1℃または1Kの定義について

1気圧における水の凝固点を0℃、沸点を100℃として、その間を100等分したのが1℃と言うことなのですが、何を以て100等分しているのでしょうか?

たとえば、水銀温度計の0℃と100℃の間を100等分して1目盛りを1℃とするならば、数千度、数万度あるいはマイナス100℃、200℃などは水銀温度計では測れないので、どのようにその温度を規定しているのでしょうか。

Aベストアンサー

たぶん, 初期の「温度計」は純粋に液体の体積変化の度合いを「温度」にしたんじゃないかと思います. ものとしては今の水銀温度計と同じようなもので, 「水の凝固点における水銀表面」の位置と「水の沸点における水銀表面」の位置の間を等分したとか, そんな感じではないかと. もちろんこれは「温度を等分した」わけではありませんけど.

で温度範囲については, 低温へ広げる分には使う液体を変えるだけでいけるんじゃないでしょうか. 高温へはどうしましょうかねぇ. 原理的には気体の体積を測ることでいけるはいけるんだけど, 現実的には難しいですし.

Q光を集積して圧縮すると熱を発するんですか

光を集積して圧縮すると熱を発するんですか

Aベストアンサー

光には熱量の多い赤外線(可視光も含む)もふくみます。なので圧縮ではなくレンズや凹鏡等で集積するだけで熱を集めることが出来ます。光は圧縮できません。

QpHの計算について(センター試験)

質問させていただきます。
以下の問題を解いています。
「pH12の水酸化ナトリウム水溶液を10倍に薄めると、溶液のpHは13になる。これは正しいか?」
答えには「間違っている」とあり、私も一度は納得しました。
pH12の水酸化ナトリウム水溶液は
[H+]=10^-12 (mol/L)
なので
[OH-]=10^-2 (mol/L)
となります。(かけると10^-14になるように!)
これを10倍に薄めると
[OH-]=10^-3 (mol/L)
となるので
[H+]=10^-11 (mol/L)
従ってpHは11である。

この説明には納得しました。
しかしpH12の水酸化ナトリウム水溶液は
[H+]=10^-12 (mol/L)
のはずですよね?
10倍に薄める時、[H+]に注目してみれば
[H+]=10^-13 (mol/L)
になるんじゃないでしょうか?
そうするとpH13になってしまいます。

もちろん塩基性の水溶液を薄めたのに、もっと塩基性が強くなった!なんて有り得ませんからおかしいのは分かります。
それに[H+]のモル濃度と[OH-]のモル濃度の積は
10^-14 (mol/L)
で一定のはずなのに、水素イオンも水酸化イオンも10倍薄まるとすると
10^-13 × 10^-3 = 10^-16
となってしまいますのでやはり間違いです。

しかし水酸化ナトリウム水溶液を薄める時[H+]のモル濃度に注目して計算してはいけない理由が分かりません。
よろしくお願い致します。

質問させていただきます。
以下の問題を解いています。
「pH12の水酸化ナトリウム水溶液を10倍に薄めると、溶液のpHは13になる。これは正しいか?」
答えには「間違っている」とあり、私も一度は納得しました。
pH12の水酸化ナトリウム水溶液は
[H+]=10^-12 (mol/L)
なので
[OH-]=10^-2 (mol/L)
となります。(かけると10^-14になるように!)
これを10倍に薄めると
[OH-]=10^-3 (mol/L)
となるので
[H+]=10^-11 (mol/L)
従ってpHは11である。

この説明には納得しました。
しかしpH12の...続きを読む

Aベストアンサー

希釈するのはNaOH水溶液であって、OH-ではないし、H+でもありません。
NaOHは強塩基なので完全に電離すると考えれば、pHが12のNaOHの濃度は、1.0x10^-2 mol/Lです。
これを希釈するとNaOHの濃度は1.0x10^-3 mol/Lになります。
で、1.0x10^-3 mol/LのNaOH水溶液が完全解離と考えるので、そのOH-の濃度は1.0x10^-3mol/Lであり、そのpHは11となる。
これが問題の本質です。
結局、OH-の濃度はNaOHの濃度から導かれるわけであり、それ自身が希釈によって直接変化するとは考えない方が良いです。もちろん、OH-のみに注目するならそれでも良いですけど、H+まで考えると話がややこしくなるからです。
それと、あなたの考えの誤りをもう一つ指摘すれば、「[H+]=10^-12 (mol/L)のはずですよね?10倍に薄める時、[H+]に注目してみれば[H+]=10^-13 (mol/L)になるんじゃないでしょうか?」に関しては、そうなるわけがないです。なぜかと言えば、希釈した水の[H+]が1.0x10^-7 mol/Lだからです。希釈する水自体が電離していることを忘れてはダメです。なので、希釈によってH+の濃度は高くなるはずです。[H+]の大きい水で希釈するわけですから。もちろん、H+の濃度はNaOHの濃度変化に伴って従属的に変化するので、それ自身の定量的な評価はNaOHの濃度変化に基づいて判断することになります。

希釈するのはNaOH水溶液であって、OH-ではないし、H+でもありません。
NaOHは強塩基なので完全に電離すると考えれば、pHが12のNaOHの濃度は、1.0x10^-2 mol/Lです。
これを希釈するとNaOHの濃度は1.0x10^-3 mol/Lになります。
で、1.0x10^-3 mol/LのNaOH水溶液が完全解離と考えるので、そのOH-の濃度は1.0x10^-3mol/Lであり、そのpHは11となる。
これが問題の本質です。
結局、OH-の濃度はNaOHの濃度から導かれるわけであり、それ自身が希釈によって直接変化するとは考えない方が良いです。もちろん、OH-のみに注...続きを読む

Q合成抵抗の求め方(中学理科)

合成抵抗の求め方について、以下のように、直列の場合と並行の場合では計算式が違うことの理由を中学生にできるだけわかりやすく教えてたいのですが、どのように説明したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

大前提
直列接続ではそこに流れる電流が等しい
並列接続ではその両端にかかる電圧が等しい
これが理解できないと、説明不能です。

直列接続の場合
そこに流れる電流を i とします。
抵抗Rj の両端の電圧Vj=i×Rj ですね。
つまり、j=1,2…n n個の直列に接続された抵抗の両端の電圧Vは
V=V1+V2+・・・+Vn
=i×R1+i×R2+・・・+i×Rn
=i×(R1+R2+・・・+Rn)
よって、合成抵抗をR0とすると
V=i×R0
∴ R0 =R1+R2+・・・+Rn

並列接続の場合
その両端にかかる電圧をV とします。
1つの抵抗Rj に流れる電流をIjとすると V=Rj×Ij より、Ij=V/Rj
並列接続された回路全体を流れる電流 Iは
I=I1+I2+・・・+In
=(V/Rj)+(V/Rj)+・・・+(V/Rn)
=V×{(1/Rj)+(1/Rj)+・・・+(1/Rn)}
よって、合成抵抗をR0とすると
V=I×R0 より、I/V=1/R0
∴ 1/R0 =(1/Rj)+(1/Rj)+・・・+(1/Rn)

導出終わり。

大前提
直列接続ではそこに流れる電流が等しい
並列接続ではその両端にかかる電圧が等しい
これが理解できないと、説明不能です。

直列接続の場合
そこに流れる電流を i とします。
抵抗Rj の両端の電圧Vj=i×Rj ですね。
つまり、j=1,2…n n個の直列に接続された抵抗の両端の電圧Vは
V=V1+V2+・・・+Vn
=i×R1+i×R2+・・・+i×Rn
=i×(R1+R2+・・・+Rn)
よって、合成抵抗をR0とすると
V=i×R0
∴ R0 =R1+R2+・・・+Rn

並列接続の場合
その両端にかかる電圧をV とします。
1つの抵抗Rj に流れる...続きを読む

QFeSiO3 ってなんという物質ですか? そのまま読んだら「ケイ酸鉄」だと思うのですが、ネットで調べ

FeSiO3 ってなんという物質ですか?

そのまま読んだら「ケイ酸鉄」だと思うのですが、ネットで調べてもあまり出てこなかったり、FeOとSO2の複合物という情報もありました。

わかる方いらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

銅の精錬で出来る副産物。
銅鉱石を炉で溶かし、コークスCおよびケイ砂SiO2を加えて反応させる。
2CuFeS2+4O2+2SiO2 → Cu2S+FeSiO3+3So

Cu2S(硫化銅)は上部に浮かぶので取り出して、転炉で酸素を吹いて銅を抽出させる。
Cu2S+O2→ 2Cu+So2

FeSiO3は下部に溜まり、「メタケイ酸鉄」と言う。
業界俗称は「スラグ」とか「カラミ」と言い、捨てられる。

Q【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか? 皮膚に硫酸が付くと

【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか?


皮膚に硫酸が付くと皮膚が溶けるんでしたっけ?火傷するんでしたっけ?

硫酸って飲んだら死にますよね?

硫酸って普段は何に利用しているんですか?

硫酸を使うメリットを教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

硫酸には濃硫酸と希硫酸の二種類がありどちらも化学式はH2SO4です

何が違うかと言いますと文字についてる通り「濃さ」が違うんですよね
濃硫酸は濃度90%以上の硫酸水溶液
それ以下が希硫酸です

皮膚が溶けるか火傷だけで済むかは濃度によりますね、実験した事がないので詳しい濃度はわからないですけど濃度低めな希硫酸ですら一部の金属を溶かしていくのに手なんてまぁお察しですよね…飲んだら…()

濃硫酸は吸湿性があるので乾燥剤等に使われてます
工業用としては広く使われていて洗剤や石油の精製等にも使われているので身の回りの物の元を辿っていけば沢山使われていますよ。

希硫酸は自動車のバッテリーやコンピュータ設備のバックアップ電源の鉛蓄電池という電池に使われてます!

硫酸は同じような性質を持ってる薬品の中で一番安価で比較的入手しやすいからそこがメリットだと思います!

QNaOHをガラス瓶で保存してはいけない理由について

NaOHをガラス瓶で保存してはいけない理由について調べたところ、主に次の二つの理由が見つかりました。
1 NaOHがガラス瓶を腐食して、ケイ酸ナトリウムがビンと蓋の間に生成し、蓋が取れなくなるため。
2 NaOHがビンと蓋の間から侵入した二酸化炭素と反応し、炭酸ナトリウムがビンと蓋の間に生成し、蓋が取れなくなるため。

僕は1が正しいと思っています。ここで質問なのですが、2の反応はガラス瓶が関与していないので、ガラス瓶ではなくプラスチックの容器を利用しても、起こると思うので、ガラス瓶を使ってはいけない理由になっていないと思うのですが、どう思いますか?
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

試験の解答の話であれば、一部だけを取り出したのでは誤解の元です。前の回答でも書いたように、水溶液と固体では違いますし、どの程度の期間、どのような目的で保管するかにもよる話であり、あなたのように、問題の一部だけを切り取ったのではそういった重要な情報が入ってきません。
また、駿台の解答にしても「プラスチック」と書いてある時点で好ましくないです。NaOHの保管に向いていないプラスチックはいくつもあります。
それと大学入試であれば、1の知識まで求められることはないと思います。高校では習わないからです。その一方で、ガラス『栓』がガラス『瓶』の口に固着するからダメであるというのは、中学校か、もしかすると小学校でも習うようなことかもしれません。なので、大学入試で答えるのであれば2で答えるのが適当だと思います。1を答えること自体は悪くないですか、2を答えなければ正解にはなりません。入試で求められているのは1ではなく2ですから。
それと、「プラスチックの容器に保存すべきである。」ではなく、#3にもありますし、#1でも書きましたように「ガラス瓶+ゴム栓はOKです」という認識での解答が求められていると思います。現に、あなたの高校の理科室の水酸化ナトリウム水溶液の容器も、ガラス瓶+ゴム栓になっているはずです。駿台の解答にしても「「Na2CO3が固着して栓が外れなくなるため」までは良いのですが、それ以下が適切とは思えません。

いずれにせよ、大学入試は基本的に高校までに習うことから出題されますし、習わない知識を求められることはありません。なので、実際のところを確認したいのであれば水酸化ナトリウムを使う実験とかの記述とか図とかを調べればわかりそうなものです。受験生が高校で習わないことにまで気を回すのは無駄が多いです。教科書は受験におけるルールブックですので、必要なことは全て書いてありますし、それに従うのは当然のことです。

それと、固体の水酸化ナトリウムであれば話が違ってきます。上で述べたのは水溶液の話です。固体はポリエチレンかポリプロピレンの瓶に入った状態で市販されることが多く、その瓶で保管します。

佐賀県教育センターの教育機関向けの資料でも、「水酸化ナトリウム水溶液などの強アルカリ性溶液をガラス製 の瓶に保管する場合は,ガラス栓ではなくゴム栓をする。(ガラ ス栓が取れなくなることがある)」と書いてあります。つまり、ガラス瓶に保管しても良いということなので1ではダメで、2が正しいということです。これが大学受験における『ルールブック』に書いてあることです。ただし、1に関してはガラス瓶がダメなのではなく、ガラス栓がダメなんですけどね。
http://www.saga-ed.jp/kenkyu/kenkyu_kiyo/image/05yakuhin.pdf

試験の解答の話であれば、一部だけを取り出したのでは誤解の元です。前の回答でも書いたように、水溶液と固体では違いますし、どの程度の期間、どのような目的で保管するかにもよる話であり、あなたのように、問題の一部だけを切り取ったのではそういった重要な情報が入ってきません。
また、駿台の解答にしても「プラスチック」と書いてある時点で好ましくないです。NaOHの保管に向いていないプラスチックはいくつもあります。
それと大学入試であれば、1の知識まで求められることはないと思います。高校では習...続きを読む

Q【化学】食パンの糖度を計りたい。どうやったら測れますか? 簡単に測れる計器があれば教えてください。

【化学】食パンの糖度を計りたい。どうやったら測れますか?


簡単に測れる計器があれば教えてください。

Aベストアンサー

糖度計が一番簡単な器具。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報