障害基礎年金の通知がきました。
遡及も一緒に出来たのでしょうか?それとも遡及の手続きをしなければいけないんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 平成29年5月に受給取得権になっています。遡及出来るかでしょうか?

      補足日時:2017/09/16 09:22
  • 知的障害があり今年療育手帳がおりました。初診日は20年10月です。

      補足日時:2017/09/16 10:28
  • 知的障害があり二十歳前の診断にはならないんでしょうか?

      補足日時:2017/09/16 11:02
  • 療育手帳取得してから主治医伝えました。

      補足日時:2017/09/16 12:12
  • 学校は特集学級でした。

      補足日時:2017/09/16 12:13

A 回答 (10件)

誕生日が1977年(昭和52年)2月6日ということは、1997年(平成9年)2月6日が20歳の誕生日。


20歳到達日(20歳の誕生日の前日)は、1997年(平成9年)2月5日になります。

年金コード「6350」は「初診日が20歳未満の年金未加入のときの、20歳前初診による障害基礎年金」です。
「初診日が平成20年10月」と書かれていますが、知的障害なら生まれつき(=20歳前初診と見なす)なので、初診日としては平成20年10月とはせず、昭和52年2月に変えられています。

つまり、知的障害で「6350」の障害基礎年金が出ています。

あなたの「6350」の障害基礎年金が遡及できるのは、20歳到達日(1997年(平成9年)2月5日)の時点で障害基礎年金の障害の基準を満たしているときです。
このときは「受給権取得年月」が「平成9年2月」になります。

ところが、実際は「平成29年5月」が「受給権取得年月」になっています。
これはどういうことかというと、いまの時点では「遡及が認められていない」ということを意味します。
なぜそうなっているのかと言うと、事後重症請求しかしなかった(あるいは、障害認定日請求をしなかった)からです。
役所の窓口で障害年金を請求したのが、平成29年5月ではありませんでしたか?

遡及を認めてもらうには、20歳到達日を挟む前後3か月の間(平成8年11月5日~平成9年5月4日)の障害の状態が書かれた年金用診断書が必要になります。
早い話が、いまから20年以上も前のことを書いてもらわないといけません。
もちろん、そのときに実際に診察を受けていて、かつ、いまもその病医院が残っていること・いまもそのときのカルテが残っていること・いまもその当時の医師がいることが必要です。
しかし、法律の定めで、診察から5年が過ぎると、カルテは廃棄処分になります。5年が法定保存年限だからです(5年間は保存しておかなければならないが、それを過ぎたら廃棄しても良いという意味)。
いまから20年も前のカルテが残っていることはほとんどないので、つまりは、診断書も書いてもらえなくなります。
そうすると、当然、遡及請求もできないことになってしまいます。

もしかしたら、平成8年11月5日~平成9年5月4日のことを書いてもらえる診断書を用意できなかったのではないですか?
カルテがもう残っていないときはもちろんのこと、平成8年11月5日~平成9年5月4日に実際に診察を受けなかったときもそうです。
もしそうならば、残念ながら、もう遡及はできませんよ。

上で書いた内容、わかりますか? 理解できますか?
これでもわかりやすく書いているつもりですが、障害年金のしくみはどうしてもややこしいので、むずかしい表現をしなければならなくなってしまいます。
自分だけでは理解できなかったなら、ご両親や兄弟姉妹などちゃんと理解できる人と一緒に読んで下さいね。
    • good
    • 1

年金コードは6350です。

誕生日は19770206です。どうでしょうか?遡及出来るでしょうか?
    • good
    • 0

年金コードは6350です。

誕生日は19770206です。どうでしょうか?遡及出来るでしょうか?
    • good
    • 0

障害基礎年金は2種類あります。


1つ目は「初診日が20歳以降のときの、通常の障害基礎年金」。
もう1つは「初診日が20歳未満の年金未加入のときの、20歳前初診による障害基礎年金」です。

「どちらの障害基礎年金なのか?」ということは、年金証書に印刷されている「年金コード」でわかります。
4桁の数字です。

「年金コード」が「5350」のときは「初診日が20歳以降のときの、通常の障害基礎年金」です。
また、「年金コード」が「1350」のときも同じで、1級か2級なら障害厚生年金も付きます。3級では障害厚生年金だけです。

一方、「年金コード」が「6350」のときには「初診日が20歳未満の年金未加入のときの、20歳前初診による障害基礎年金」です。

「5350」か「1350」の人が「平成29年5月」という受給権取得年月で「障害認定日による請求(遡及も)」を認められるのは、「初診日が平成27年10月」のときです。

「6350」の人が「平成29年5月」という受給権取得年月で「障害認定日による請求(遡及も)」を認められるのは、「障害認定日(初診日ではない!)が平成29年5月」のときです。
また、初診日が平成27年10月よりも前で、20歳の誕生日が平成29年5月2日から6月1日の間にあるときです。

これらにあてはまらないときは、どの場合でも「事後重症による請求」です。
「事後重症による請求」のときは、遡及は認められません。

こういった事情があるので、初診日や誕生日といった日付を聞いています。
    • good
    • 1

私が聞いていることに答えて下さいませんか?


ぜんぜん答えていただいていないですよ。私が聞いている内容はわかりますか?

質問 1:
診断書を2通出しましたか?
1つめの診断書は、初診日(平成20年10月)から1年6か月が経ったときの様子が書かれた診断書。
もう1つは、最近のことが書かれた診断書です。
2通出しましたか? 出していませんか?

質問 2:
あなたが20歳の誕生日を迎えたのはいつですか?
生年月日は何年何月ですか?

質問 3:
平成20年10月の初診日のとき、そのときにもう「知的障害」だと言われましたか?

質問 4:
平成20年10月には別の病名が付けられていましたか?

質問 5:
どのような理由・病名で障害年金を請求しましたか?
知的障害ですか? それとも、別の病名(うつ病や統合失調症、発達障害など)ですか?

あなたの知能が低いのか、どうもきちんと答えられないようですね‥‥。
きちんと答えられないようでしたら、もうやり取りは無理だと思います。
正直言って、理解してもらえるとはなかなか思えないからです。

でも、答えられますか?
私の質問に全部答えることができますか? 障害年金についてアドバイスするために必要です。
    • good
    • 4

もう1つ疑問があります。


平成20年10月の初診日のとき、そのときにもう「知的障害」だと言われましたか?
それとも、知的障害だとわかったのはずっと先で、平成20年10月には別の病名が付けられていましたか?
また、20歳よりも前に、既に「知的障害の疑いがある」などと言われていたことはありましたか?
こちらもお答え下さい。
    • good
    • 1

> 知的障害があり二十歳前の診断にはならないんでしょうか?



その前に、回答 No.3 の質問に答えて下さいませんか?
また、あなたが 20 歳の誕生日を迎えたのはいつですか? 生年月日は何年何月ですか?
20 歳前うんぬんをお答えするときに大事です。
知的障害がわかって療育手帳を受けたのは、20 歳を超えてからですね?
    • good
    • 1

補足をありがとうございます。


遡及されていませんね‥‥。事後重症による請求でしか認められていません。

詳しい事情がわからないので何とも言えないのですが、もしかしたら、障害年金の請求の際に、診断書を最近のもの1通しか出していないのではないですか?
だとしたら、遡及が認められるはずはありません。

それとも、診断書を2通出しましたか?
1つめの診断書は、初診日(平成20年10月)から1年6か月が経ったときの様子が書かれた診断書。
もう1つは、最近のことが書かれた診断書です。
2通出していないと、遡及は審査されていませんよ?

遡及ができるかどうかは、診断書を2通出したかどうかで想像できます。
2通出しましたか? 出していませんか?
    • good
    • 1

受給権取得年月は、平成29年5月なのですね?


このときに、あなたの「障害認定日による請求」(遡及を含む)が認められるとしたら、初診日が平成27年11月のときです。
なぜならば、平成27年11月から1年6か月が経過した平成29年5月に障害認定日があるので、その障害認定日のある月に受給権を取得できましたよ、ということになるからです。

初診日は、平成27年11月でしたか? とても大事なことです。お教え下さい。
もしもそうだったのなら、障害認定日による請求が認められていて、平成29年5月の翌月である平成29年6月分まで遡及しています。

ところが、初診日が平成27年11月よりも前だったときは、もしも遡及があるとしたら、受給権取得年月が平成29年5月になることはない(平成29年5月よりも前になる)ので、障害認定日による請求・遡及は認められていません。
このとき、遡及が認められないと、事後重症による請求でしか認められていません。
事後重症による請求、ということだと、平成29年5月に窓口に請求していれば、受給権取得年月も平成29年5月です。

要は、初診日がいつなのか、ということを教えていただかないと、明確にお答えできません。
初診日は、平成27年11月でしたか? それとも違いますか?
    • good
    • 2

PDFファイル

http://goo.gl/qAb3Ac(全部で82ページ)の 45ページ目を見て下さい。
年金証書 兼 年金決定通知書 が示されていますね。

ここで「受給権を取得した年月」と「支給開始年月」のところを見て下さい。

このとき、一般に、あなたが憶えているはずの「実際に請求した月(窓口に提出した月)」よりも「受給権を取得した年月」および「支給開始年月」のほうが過去の年月になっているなら、「障害認定日による請求」が認められていると考えて結構です。

「障害認定日による請求」とは、原則として、初診日から1年6か月経ったときの障害の状態を元にした請求です(後述する年金請求書で「障害認定日による請求」を◯で囲みます。)。
遡及請求(障害認定日から1年以上が経ってしまった後の「障害認定日による請求」)も含みます。
「受給権を取得した年月」は障害認定日のある月となり、「支給開始年月」はその翌月となります。

これに対して「事後重症による請求」であれば、「受給権を取得した年月」は「実際に請求した月」です(後述する年金請求書で「事後重症による請求」を◯で囲みます。)。
「支給開始年月」はその翌月、つまりは、実際に請求した月の翌月になります。

遡及請求のときは、「障害認定日による請求」と「事後重症による請求」を同時に行ないます。
つまり、年金用診断書は、それぞれの請求用を1通ずつ(計2通)提出します。
ただし、年金請求書(PDFファイル http://goo.gl/J1RdBM(全部で6ページ)の4ページ目を見て下さい)の「障害認定日による請求」として請求します(「障害認定日による請求」だけを◯で囲みます。)。
その上で、PDFファイル http://goo.gl/E2Vy1e のような「障害給付 請求事由確認書」を添えます。
このような手続きをされた記憶はありますか?

遡及請求のときを含めて、「障害認定日による請求」「事後重症による請求」のどちらが認められたのか、ということは、上で記したように「受給権を取得した年月」「支給開始年月」を見ることでわかります。

支分権(各偶数月に年金の実際の支払を受けられる権利)は、「支給開始年月の直後の偶数月の翌月の初日」から起算して「5年」で、時効により消滅します。
言い替えると、遡及請求の場合は、「支給開始年月」にかかわらず、遡及して実際に支払を受けられるのは、現在から最大で過去5年前までの分に限ります。

ということで、あなたがなさった請求方法がどれだったのかを思い出していただいて、年金証書 兼 年金決定通知書を確認なさってみて下さい(いつ請求なさいましたか?)。
はたして、どのようになっているでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

受給取得権が平成29年5月になっています。

お礼日時:2017/09/16 09:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加給年金について

私が68歳、妻58歳で、私が厚生年金受給(38年かけてました)
毎年年金機構から加給年金確認届け出の用紙が送られてきます。
3つ要項の対象にはなっているので
いつも妻の名前を記載して返送していましたが
妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。(妻は厚生年金は今年で24年目)
もちろん妻は、まだ会社勤めで、厚生年金は受給はしていません。
こういう場合、対象で良いか教えてください。

●3つの要項
要件1
厚生年金の被保険者期間が20年以上(中高齢の特例(※1)15年~19年の短縮措置あり)あること
●要件2
老齢厚生年金の受給権を取得した当時、生計を維持している65歳未満の配偶者、または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいること
●要件3
その配偶者または子どもが将来にわたり、年収850万円以上の収入を得られないと認められること

Aベストアンサー

>妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。

これがまちがいです。
年金機構hpを見て下さい。

配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

単に妻が20年以上厚年加入で停止になるのではありません、受給してる場合です、
また、心配しなくても、配偶者の情報は機構に登録されているので、例外を除き、上記にあてはまれば、停止となります。

結論として、今受給は大丈夫、生計を維持はだしてよい、停止にかかれば自動で停止される

Q夫老齢厚生年金受給後死亡遺族厚生年金うけとれるか

夫老齢厚生年金受給後死亡遺族厚生年金うけとれるか

Aベストアンサー

受取れます。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html

条件としては、
2.老齢厚生年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。
にあたればです。

老齢厚生年金を受給している人が、
この条件に該当しない場合は
少ないと思います。

Q(定年)退職後の年金生活

こんにちは。53歳♂です。年金について、見込額通知が届き、約65,000円/月となっています。この金額で衣食住全てを賄うという事でしょうか?それとも死ぬまで働けって事でしょうか?日本には社会保障制度はないのでしょうか?海外帰国者で無知の為、ご教示何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。
老後の備えができていないなら、それは国や人のせいにはできません。
今まで どうやってきましたか?
53歳なんですね、
通常はいろいろ備えをしているものです。
なんらかの備えはしてるのですよね?

年金だけで暮らせるとは限りません、
また、そういった約束なんて聞いたことがありません。
みんなは年金だけでは心配だから、大抵はなんらかの備えをしています、
たとえば 住むところは確保しているとか貯蓄はしているとか、長く働くとかでしょう。
あるいは 生活費を少なくするのも一方法です。

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。

Q年金の支払い期限ですが 厚生年金を38年払ってきました。会社を11月で病気療養の為 退職します。来年

年金の支払い期限ですが 厚生年金を38年払ってきました。会社を11月で病気療養の為 退職します。来年の6月で60才になります。国民年金は一度も払ったことはありません。12月から来年の5月(6月18日生まれ)まで納めればもう払わなくて良いのでしょうか?わかる方教えて頂けますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払いは60歳になるまでで良いです。60~65歳の間も支払うことは出来ます。

http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/arbitrary.html

また、退職を理由に免除申請する方法もあります。

http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

Q私も彼氏も年金を払っていません。 私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去

私も彼氏も年金を払っていません。
私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去年から社会保険に入り厚生年金をお給料から天引きされて現在28歳です。
10年間分遡って支払うことが出来ると知って猶予があるように思っていました。
たとえば私達が結婚して彼の扶養に入ることになるとそれからの私の分の年金の支払いは免除とのことですが、それはつまり今まで全額免除してもらっていた6年間分の年金を今から完済して彼の扶養に入りずっと添い遂げれば将来満額払った扱いとしての年金が貰えるという解釈で合ってますでしょうか?
彼がどうせ将来年金は貰えないのだから払う必要を感じないと言っ今までの未払いを気にしてくれません。
そんな彼と結婚し扶養に入った場合、自分の分の6年分を完済したとしても彼自身が7年分払っていなければ私も満額扱いにはならないのでしょうか?
それとも彼が満額払っていれば扶養の私は過去6年分支払っていなくても旦那と同じだけの年金が貰えるのでしょうか?
沢山の質問を読みましたがイマイチ理解が出来ず質問致しました。
よろしくお願い致します。

私も彼氏も年金を払っていません。
私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去年から社会保険に入り厚生年金をお給料から天引きされて現在28歳です。
10年間分遡って支払うことが出来ると知って猶予があるように思っていました。
たとえば私達が結婚して彼の扶養に入ることになるとそれからの私の分の年金の支払いは免除とのことですが、それはつまり今まで全額免除してもらっていた6年間分の年金を今から完済して彼の扶養に入りずっと添い遂げれば将来満額払った扱いとしての年金が貰...続きを読む

Aベストアンサー

年金もらえます。ですが、満額かどうかはこれから納める年金の額によりますので、年金を免除していた分、年金をもらえる額は人より少ないと考えられます。これからの時代は年金をもらえないから払わなくていい。そんな考えの旦那さんとは将来、お二人が老後になり働けなくなった時に…実感するのでしょう。私ならぞっとします。貴女が把握し、理解してお金の管理をしなければあとあと後悔するのはあなたでしょう。年金事務所の方は親切に教えて下さいます。年金についてまずは聞いてみてはいかがでしょう。

Q年金

今回、10年以上20年未満の人にも年金が支払われるという制度で春に申し込んだところ
今月、国民年金、厚生年金保険年金証書というものが送られてきました。
しかし初めてのことで内容がよく理解できません。
簡単に書くと厚生年金保険のほうは年金額が44万2千円で国民年金は37万円となり
支払い開始年月は両方とも平成29年9月となっています。
これは今月にも全額振り込まれるということなんでしょうか?
年金に詳しいかた教えて下さい、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・年金の支払月は年6回で・・1回に2ヶ月分支給
  2月(12月・1月分)、4月(2月・3月分)、6月(4月・5月分)
  8月(6月・7月分)、10月(8月・9月分)、12月(10月・11月分)
・支払日は上記の月の15日(土・日・祝日の場合は、前日)
>支払い開始年月は両方とも平成29年9月となっています
 ・年金の支給は9月分からと言うこと
 ・実際に支給されるのは、10月から・・10/15は日曜なので10/13(金)に指定口座に振り込まれる
>これは今月にも全額振り込まれるということなんでしょうか?
 ・初回の振込は10月から
 ・>年金額が44万2千円で国民年金は37万円となり
  上記は年額ですから、合計81万2千 ・・1ヶ月当たり67600円相当
  10月には9月分の1ヶ月分、12月に10月・11月の2ヶ月分のように支給されます

Q年金

今日、「国民年金 受給権者所得状況届」 というのがはがきで届きました。

届見本の紙に、

現在受け取っている障害基礎年金は、所得制限が設けられております。受給者の所得額が3,604,000円を超える場合は、年金額の2分の1が停止となり、4,621,000円を超える場合には全額停止となります。(平成29年度・扶養親族がいない場合)。

と書かれています。私は、34歳、独身、母と2人暮らしです。上記の意味が分からないのですが、どういう意味なのでしょうか?

私には関係あるのでしょうか、貯金で上記の金額に達した場合、年金支給停止になるのでしょうか?

Aベストアンサー

貴方が働いていて所得があるかと聞いてきているのですよ。

Q年金の全額免除申請をしたのに「納付猶予」の通知がきました。

納付猶予は全額免除とは違うんですか?

一年ほど全く仕事をしていなくて税金年金保険金消費者金融あらゆる支払いを溜めています。
後から払ってねと言われても貯金何か1円もありません。
働いても働いても自分の欲しいものが買えないなら労働意欲もわきません。
この前まで月収5万円稼いでいましたが日々の生活日で全部消えて支払いにまで回せません。
コネで乗った正社員のレールから脱線して以来生活がボロボロです。
ミスと遅刻が多くてどこに行っても務まりません。
寝坊せずに勤務するという高校生でも出来そうな事が出来ないんです、だらしない責任感が無いと怒られても出来ない事は出来ません。病気なのかも知れません。
もう私は社会人としておしまいですか?、生きて行く事はできないんでしょうか?
私を養っている親が死んだら私も後を追うしかないと思います。
数少ない知り合いに相談すると「死ね」と言われました、何度も何度も「死ね」と言われました、鬱になって働けなくなりました、相手が許せません。

Aベストアンサー

納付猶予は全額免除とは違います。
所得(収入)の基準は、全額免除も納付猶予も同じです。

しかし、全額免除は、本人・配偶者・世帯主の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメです。
一方、納付猶予は、本人・配偶者の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメですが、世帯主は見ません。

あなたは、未婚で配偶者はいないのでしょう?
だとすると、全額免除は、あなたと世帯主のどっちとも、前年所得が基準以下でなければダメです。
けれども、納付猶予だと、あなたの前年所得が基準以下であればOKです。世帯主の所得は見ませんから。

親御さんが世帯主になっているでしょう?
親御さんの前年所得が基準を超えているから、全額免除は受けられなかったんですよ。
全額免除がダメなときは、次に、納付猶予ができるかどうかを審査することになっています。
その審査をしたら、納付猶予だったらあなたの前年所得だけをみるので、OKになったわけです。

納付猶予も全額免除も、年金をもらうために年金制度に加入していなければならない期間にカウントします。
全額免除のときは、将来の年金額に反映されます。半分にはなりますが、受けられます。
ところが、納付猶予は、将来の年金額には反映されません。あとから保険料を納めなければ、ゼロです。
猶予というのは、年金の保険料を納めることが先延ばしにされているだけですから。

ここまでの説明、理解できますか?
正直、あなたの過去の質問を見ていると、重度の発達障害か知的障害、または精神障害を強く疑います。
あまりにもとんちんかんだからです。
おそらく、説明してもわからないんじゃないでしょうか?
病院へ行ったほうが良いですね。Q&Aサイトで質問を繰り返している場合ではないような気がします。

納付猶予は全額免除とは違います。
所得(収入)の基準は、全額免除も納付猶予も同じです。

しかし、全額免除は、本人・配偶者・世帯主の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメです。
一方、納付猶予は、本人・配偶者の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメですが、世帯主は見ません。

あなたは、未婚で配偶者はいないのでしょう?
だとすると、全額免除は、あなたと世帯主のどっちとも、前年所得が基準以下でなければダメです。
けれども、納付猶予だと、あなたの前年所得が基準以下であればOKです...続きを読む

Q年金の事ですが

前にも年金の事で出した事があります。
内容は娘が国民年金を納めてないので 年金事務所に連絡して納付書が届きましたので
収めたいと思いますが
最近テレビでやっています 年金が25年から10年に短縮されたのですが
10年だと毎月14000円しか貰う事が出来ないようですが?本当でしょうか
前の25年は毎月40000円貰えるようですが

Aベストアンサー

>10年だと毎月14000円しか貰う事が出来ないようですが?本当でしょうか
前の25年は毎月40000円貰えるようですが

そのようですね。国民年金は40年払って、月7万少しです。

Q公務員の共済年金 と一般サラリーマンの 厚生年金 この二つは最近一本化されたのですか?

公務員の共済年金 と一般サラリーマンの
厚生年金 この二つは最近一本化されたのですか?

Aベストアンサー

はい。下記のとおり一元化されました。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/itigenka/20150917.html

ですから、公務員も民間と同じ、
①老齢基礎年金
②老齢厚生年金
を受給することになります。

しかし、公務員には従来の共済年金を
補完する、
③経過的職域加算
④年金払い退職給付
という年金が上乗せとなります。
③は平成27年9月以前分はそのまま
ですから、無くなるのは50年後ですかね。
A^^;)
④も民間の企業年金の位置づけとなって
いますが、まあ長い時間かけて③と入れ
替えるって話になってます。

つまり、公務員の年金が民間並みになる
って話ではありません。A^^;)

参考
http://www.chikyosai.or.jp/division/long/outline.html#longsec01-1
http://www.soumu.go.jp/main_content/000229824.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報