グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

障害年金がおりました。年金コード6350です。受給取得権29年5月です。遡及出来るでしょうか?

A 回答 (2件)

年金コード「6350」は「初診日が20歳未満の年金未加入のときの、20歳前初診による障害基礎年金」です。


障害基礎年金はもう1種類あり、年金コードは「5350」か「1350」になっています。
年金コード「1350」は「1級か2級のときは障害厚生年金も付く。3級のときは障害厚生年金だけ。」ということを意味します。
年金コードは年金証書に印字され、4桁の数字で表現されます。

年金コード「6350」の人が「受給権取得年月が平成29年5月」になっているときには、もしも「障害認定日」が平成29年5月だったのなら「障害認定日請求」です(遡及も認められています。)。
初診日は平成27年10月までにあって、20歳の誕生日が平成29年5月2日~6月1日にあります。

どうしてそうなのか、ということを以下説明します。

「障害認定日」は原則的に「初診日から1年6か月が経った日」というのは、ご存じだと思います。
ところが、年金コード「6350」のときは少し特殊です。
「初診日から1年6か月が経ったとき」にまだ「20歳到達日」を迎えていないときには、1年6か月が経った日が障害認定日になることはなく、20歳到達日をもって障害認定日にするのです。

「20歳到達日」とは、年齢計算に関する法律の定めに基づき、「20歳の誕生日の前日」のことをいいます。
ですから、「障害認定日請求(遡及も含みます)」が認められるのは、平成29年5月1日~5月31日に「20歳到達日」があるときです(20歳の誕生日が平成29年5月2日~6月1日にある、という意味)。
なぜなら、「受給権取得年月が平成29年5月」というのは「障害認定日が5月にある」ということを意味するからで、言い替えると「20歳到達日が5月にある」という意味になるからです。

初診日が平成27年10月なら、初診日から1年6か月が経ったとき、つまりは平成29年5月にぴたりと障害認定日が来ます。
平成27年10月よりも前なら、上で書いた「20歳到達日(20歳の誕生日の前日)」が障害認定日になるので、「20歳到達日」が平成29年5月1日~5月31日にあるとき(=20歳の誕生日が平成29年5月2日~6月1日にあるとき)に、平成29年5月に障害認定日が来ます。
このどちらの場合も、「障害認定日請求(遡及も含みます)」に限って「受給権取得年月」が平成29年5月になります。
平成27年10月よりも後に「20歳到達日(20歳の誕生日の前日)」があるときは、どう考えても1年6か月が経った日が平成29年6月以降になってしまうので、あてはまりません。

ということで、「20歳到達日」が平成29年5月1日~5月31日にあるとき(=20歳の誕生日が平成29年5月2日~6月1日にあるとき)に限り、「受給権取得年月が平成29年5月」の「6350」の障害基礎年金は、障害認定日請求(遡及を含む)によるものになっています。
言い替えると、遡及を認めてもらうにも、同じ条件を満たしていないといけません。
障害認定日のときに障害年金の障害認定基準でいう障害の状態になっていなければいけないからです。

そうでないときは、「受給権取得年月が平成29年5月」であっても、その「6350」の障害基礎年金は事後重症請求によるものです(=障害認定日請求が認められていない・今後も原則的に認められない、ということ)。

したがって、このような違いに気をつけて確認してみて下さい。
要は、20歳の誕生日がいつなのか、ということがポイントです。
    • good
    • 2

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9938453.html と同様のケースですね。
書かれてる質問内容だけでは一切答えられません。上のURLを参考にして下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害基礎年金を受給していますが、65歳から新たに障害厚生年金を受給できるかをお尋ねします。

62歳になったばかりの男性です。12年前にパーキンソン病を発症し、一昨年の秋に障害等級二級の認定を受け、障害基礎年金を昨年の3月から受給しています。厚生年金の受給要件は満たしていますが、初診日の時点では厚生年金に加入していなかったために、障害厚生年金の受給は受けられませんでした。
そこで質問ですが、特別支給の老齢厚生年金に障害者特例という制度があるようですが、私に適用される可能性はありますか?

65歳になった時に厚生老齢年金の受給資格が得られると思いますが、その際に請求できる年金にはどの様な物があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「65歳から新たに障害厚生年金を受給できるかをお尋ねします」とは質問のタイトルでしたね。
しかし、ご質問の内容じたいは、このことを聞いてはおられませんね。正しいタイトルを付けていただくべきだったかと思います。

何やら混同が著しいようにも思えましたが、整理してゆくとすれば、順に次のような流れになります。
ひとつひとつ整理されたほうがよろしいかと思います。

1.62歳を迎えたので、特別支給の老齢厚生年金の請求を済ませたか否かを確認する
2.1が済んでなければ、障害者特例の請求と併せて、特別支給の老齢厚生年金を請求する
3.いま受けている障害基礎年金と特別支給の老齢厚生年金との間で、どちらを受けるか選択する
4.65歳を迎えるときに、老齢基礎年金や老齢厚生年金の請求を済ませる
5.老齢基礎年金+老齢厚生年金 か 障害基礎年金+老齢厚生年金 の、どちらを受けるかを選択する

表現はわかりにくいかとは思いますが、2でいう「障害者特例」は、いま受けている障害基礎年金(いまの障害)を根拠にして受けられ得る、といったイメージです。

障害厚生年金については、2の「障害者特例」には関係してきません。
いま現在「障害厚生年金を受けられない」ということと「障害者特例を受けられ得るか否か」は無関係です。

「障害厚生年金を受けられない」のは、いまの障害の初診日が厚生年金保険の被保険者期間内にないから。
初診日そのものはもう動かないのですから、今後もいまの障害が続くかぎり、新たな障害厚生年金が発生するようなことはありません。
したがって、「65歳から新たに障害厚生年金を受給できる」などといったことはありません。
「いまの障害とは全く別の、厚生年金保険被保険者期間中に初診日がある障害」が生じないかぎり、障害厚生年金が新たに受けられ得ることはないのです。
ここの点を勘違いされ、かつ、障害者特例とも混同されてしまわれたのではないかと思います。

「65歳から新たに障害厚生年金を受給できるかをお尋ねします」とは質問のタイトルでしたね。
しかし、ご質問の内容じたいは、このことを聞いてはおられませんね。正しいタイトルを付けていただくべきだったかと思います。

何やら混同が著しいようにも思えましたが、整理してゆくとすれば、順に次のような流れになります。
ひとつひとつ整理されたほうがよろしいかと思います。

1.62歳を迎えたので、特別支給の老齢厚生年金の請求を済ませたか否かを確認する
2.1が済んでなければ、障害者特例の請求と併せ...続きを読む

Q加給年金について

私が68歳、妻58歳で、私が厚生年金受給(38年かけてました)
毎年年金機構から加給年金確認届け出の用紙が送られてきます。
3つ要項の対象にはなっているので
いつも妻の名前を記載して返送していましたが
妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。(妻は厚生年金は今年で24年目)
もちろん妻は、まだ会社勤めで、厚生年金は受給はしていません。
こういう場合、対象で良いか教えてください。

●3つの要項
要件1
厚生年金の被保険者期間が20年以上(中高齢の特例(※1)15年~19年の短縮措置あり)あること
●要件2
老齢厚生年金の受給権を取得した当時、生計を維持している65歳未満の配偶者、または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいること
●要件3
その配偶者または子どもが将来にわたり、年収850万円以上の収入を得られないと認められること

Aベストアンサー

>妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。

これがまちがいです。
年金機構hpを見て下さい。

配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

単に妻が20年以上厚年加入で停止になるのではありません、受給してる場合です、
また、心配しなくても、配偶者の情報は機構に登録されているので、例外を除き、上記にあてはまれば、停止となります。

結論として、今受給は大丈夫、生計を維持はだしてよい、停止にかかれば自動で停止される

Q年金未納

国民年金の未納期間が、過去の分で6ヶ月あり、
もらえる額が未納月だけ減ると聞きました。
25年以上納めるとして、
かなり減額になるものでしょうか?

6ヶ月の未納期間は、収入が多かったため、免除にはなりませんでした。
まだまだ、貰える年齢には遠いので、年金事務所では、将来の支給額の試算も出来ないようです。

Aベストアンサー

老齢基礎年金(国民年金)の受給額は
簡単に計算できます。
1,624円×12ヶ月×40年≒779,300円/年
が満額です。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

6ヶ月分は
1,624円×6ヶ月≒9,744/年となり、
月額800円程度の減額となります。

受給条件の加入期間条件は25年でなく、
10年です。

上記の年金機構のHPに計算式も載って
いるように、支給額の試算ができない
なんてことはありません。
あなたの免除、猶予、未納の状況など
公開できる状況にない訊き方だった
ので、そう言ったのでしょう。

Q60歳から貰える基礎年金とは何?

60歳から貰える基礎年金とは何?

Aベストアンサー

老齢基礎年金は、原則として65歳から受け取れますが、60歳から64歳までの間でも請求を行えば繰上げて年金を受け取れます。なお、老齢基礎年金を繰上げて受け取る場合は、次の点にご留意ください。
 (1)老齢基礎年金の額は、生涯にわたって減額されます。
 (2)繰上げ受給の手続きをした後は、障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることはできません。
 (3)国民年金の任意加入者であるときは、繰上げ受給はできません。
・・・・・・詳しくは、リンク先日本年金機構にてご確認ください。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/sonota/20140421-05.html
厚生年金なら、旧制度では60歳から厚生年金が支給されていたため経過措置として60歳~65歳になるまでは特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分+定額部分)を受け取ります。
しかし経過措置は、年齢が繰り上げになって居ます。
詳しくは、https://www.hoholine.com/guide/nenkin/nenkin6
質問者さんが、どちらかわからないので二つURLを貼り付けました。

老齢基礎年金は、原則として65歳から受け取れますが、60歳から64歳までの間でも請求を行えば繰上げて年金を受け取れます。なお、老齢基礎年金を繰上げて受け取る場合は、次の点にご留意ください。
 (1)老齢基礎年金の額は、生涯にわたって減額されます。
 (2)繰上げ受給の手続きをした後は、障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることはできません。
 (3)国民年金の任意加入者であるときは、繰上げ受給はできません。
・・・・・・詳しくは、リンク先日本年金機構にてご確認ください。
http://www.nenkin.go.jp/ser...続きを読む

Q公務員の共済年金 と一般サラリーマンの 厚生年金 この二つは最近一本化されたのですか?

公務員の共済年金 と一般サラリーマンの
厚生年金 この二つは最近一本化されたのですか?

Aベストアンサー

はい。下記のとおり一元化されました。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/itigenka/20150917.html

ですから、公務員も民間と同じ、
①老齢基礎年金
②老齢厚生年金
を受給することになります。

しかし、公務員には従来の共済年金を
補完する、
③経過的職域加算
④年金払い退職給付
という年金が上乗せとなります。
③は平成27年9月以前分はそのまま
ですから、無くなるのは50年後ですかね。
A^^;)
④も民間の企業年金の位置づけとなって
いますが、まあ長い時間かけて③と入れ
替えるって話になってます。

つまり、公務員の年金が民間並みになる
って話ではありません。A^^;)

参考
http://www.chikyosai.or.jp/division/long/outline.html#longsec01-1
http://www.soumu.go.jp/main_content/000229824.pdf

Q年金の支払い期限ですが 厚生年金を38年払ってきました。会社を11月で病気療養の為 退職します。来年

年金の支払い期限ですが 厚生年金を38年払ってきました。会社を11月で病気療養の為 退職します。来年の6月で60才になります。国民年金は一度も払ったことはありません。12月から来年の5月(6月18日生まれ)まで納めればもう払わなくて良いのでしょうか?わかる方教えて頂けますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払いは60歳になるまでで良いです。60~65歳の間も支払うことは出来ます。

http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/arbitrary.html

また、退職を理由に免除申請する方法もあります。

http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

Q42歳、夫が自営業の妻です。 今まで年金を払ってきていません。 今回、仕事を変えることになり、社会保

42歳、夫が自営業の妻です。
今まで年金を払ってきていません。
今回、仕事を変えることになり、社会保険なしかありで悩んでます。
今から厚生年金に入った場合、将来どのような感じでもらえるのでしょうか?
今からじゃ引かれるだけもったいないのでしょうか?
年金加入が10年に変わったのは知りましたが、実際どうなのでしょう?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご主人が自営業なら、
国民年金だったのかな?

今まで払わなかったのは
免除申請してたの?
無視だと滞納になるよね

会社に雇用されれば、
強制的に天引きされる

10年払えば支給と
言っても減額された
金額しか支給されないよ

そもそも制度は破綻だし
今の40代が貰う頃は、
また制度が変わるよね

今だって70歳から支給
議論されてるからね…

納得出来ないのは、
今の20歳だよね

50年先の話されて、
少ない収入から2万近く
徴収されるんじゃ、
イヤになるよね

掛け金は年々上がって、
支給額は下がる
これが今の年金制度です

Q障害者年金

障害者年金3級についてですが、仮に65歳まで会社に勤め厚生年金を納めていて
65歳に厚生年金をもらうとします。
その時点で障害者年金3級者と判断されれば、年金支給額はどうなるの?

普通に今まで納めていた額に値する厚生年金+障害者年金分がもらえるのですか?

Aベストアンサー

>普通に今まで納めていた額に値する
>厚生年金+障害者年金分がもらえるのですか?

残念ながらもらえません。
下記の後半
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/jukyu-yoken/20150401-02.html
引用~
また、障害認定日の属する月後の被保険者期間は、
年金額計算の基礎とはされません。
~引用

つまり、老齢厚生年金が受給開始年齢
となった場合は、どちらかを選択する
ことになります。
加入期間及び標準月額報酬により、
老齢厚生年金は増えているので、
障害厚生年金より多い額が受給
できる場合はあるでしょう。
また、障害が治った、軽くなった
場合も老齢厚生年金の受給ができる
状態にはあるということです。

いかがでしょうか?

Q私も彼氏も年金を払っていません。 私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去

私も彼氏も年金を払っていません。
私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去年から社会保険に入り厚生年金をお給料から天引きされて現在28歳です。
10年間分遡って支払うことが出来ると知って猶予があるように思っていました。
たとえば私達が結婚して彼の扶養に入ることになるとそれからの私の分の年金の支払いは免除とのことですが、それはつまり今まで全額免除してもらっていた6年間分の年金を今から完済して彼の扶養に入りずっと添い遂げれば将来満額払った扱いとしての年金が貰えるという解釈で合ってますでしょうか?
彼がどうせ将来年金は貰えないのだから払う必要を感じないと言っ今までの未払いを気にしてくれません。
そんな彼と結婚し扶養に入った場合、自分の分の6年分を完済したとしても彼自身が7年分払っていなければ私も満額扱いにはならないのでしょうか?
それとも彼が満額払っていれば扶養の私は過去6年分支払っていなくても旦那と同じだけの年金が貰えるのでしょうか?
沢山の質問を読みましたがイマイチ理解が出来ず質問致しました。
よろしくお願い致します。

私も彼氏も年金を払っていません。
私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去年から社会保険に入り厚生年金をお給料から天引きされて現在28歳です。
10年間分遡って支払うことが出来ると知って猶予があるように思っていました。
たとえば私達が結婚して彼の扶養に入ることになるとそれからの私の分の年金の支払いは免除とのことですが、それはつまり今まで全額免除してもらっていた6年間分の年金を今から完済して彼の扶養に入りずっと添い遂げれば将来満額払った扱いとしての年金が貰...続きを読む

Aベストアンサー

年金もらえます。ですが、満額かどうかはこれから納める年金の額によりますので、年金を免除していた分、年金をもらえる額は人より少ないと考えられます。これからの時代は年金をもらえないから払わなくていい。そんな考えの旦那さんとは将来、お二人が老後になり働けなくなった時に…実感するのでしょう。私ならぞっとします。貴女が把握し、理解してお金の管理をしなければあとあと後悔するのはあなたでしょう。年金事務所の方は親切に教えて下さいます。年金についてまずは聞いてみてはいかがでしょう。

Q遺族年金の受給者について

遺族厚生・共済年金について質問です。配偶者がすでに他界している場合は子供が受給できると聞きました。もし、外に認知をしている子供がいる場合はその子供も受給の権利を持つのでしょうか。また、遺言があって「すべての財産は〇〇(同居している子供)に贈与する」と残している場合も教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

遺族年金は、相続財産ではありませんから、受給に際しては条件があります。

下記に、年金機構の遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)のURLを記します。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html


人気Q&Aランキング