個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

先日歯科で検診のとき、前歯の裏側左右接触した部分が初期の虫歯であると言われました。全くの初期で、うっすら色が変わっている程度でした。
早いうちに削って詰め物を…と言われましたが、今回は経過観察をお願いして帰りました。というのも、裏側とはいえ前歯だし、削らない治療があるという記事を思い出したからです。
帰宅して色々調べましたが、レーザー治療、ドッグスベストセメント、カリソルブの3つの違いがわかりません。
これらの違いと効果及びメリット、デメリットをどなたか教えて下さい。

A 回答 (3件)

全部削りますよ・・・・(^o^;... 削る方法と程度が違うだけです。


レーザーは機械・タービンで削る代わりにレーザー光線で虫歯を焼き飛ばす方法です。必要最低限の部分しか焼きませんから 痛みも少なく 場合によっては麻酔も使いません。
ドッグスベストセメントは 使う薬剤の事で 最近多くなってきた治療です。似たような者に3Mix-MP法 もありますが、これは虫歯を完全に除去しないで 感染した歯質の一部を残して そこを薬剤で埋めることによって、新たに象牙質を生成させ神経を保護する事を目的とします。
カリソルブは 削る代わりに薬剤で感染した歯質を溶かして除去する方法です。
溶かす・焼くと言う意味ではレーザー治療も同じ範疇に入りますが、全てかなり前から無痛治療として日本でも行われています。
確かに麻酔を使わないで削るよりは痛みはかなり少ないと言えます。しかし麻酔を使って削るよりは痛みが出やすいとも言えます(^o^;...
歯を削ると言うことは虫歯を取るだけが目的ではありません。銀歯の形を整えたり、神経を取ったりする場合はカリソルブでは話にならない、つまり適応症がかなり限られると言うことです。麻酔を使う方がはるかに「無痛治療」になります。

まぁ カリソルブやドックセメントは 初期虫歯に使うのはかなり無理がありますし その必要はあまり無いでしょう。レーザーは初期虫歯にもつかえますし むしろ普通に削るよりは価値があるでしょう。ただ虫歯の程度が極端に小さい場合、どの方法も使わない方が得策である場合もあります。歯を削ると言う事は、その虫歯が10年かかって進行する量を一瞬で削り取るわけですから 虫歯の進行が遅い場合には そのまま放置する事も考えてみて下さい。フッ素の応用などで 初期虫歯ならば 自然治癒・再石灰化も可能ではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明をいただき、ありがとうございます。再石灰化というのがあり得ることを初めて知りました。頑張ってみます。

お礼日時:2017/09/22 18:10

あくまでも個人的な意見なので、その点は留意してください。


ちなみに、削らないでむし歯を治すのは、よほどの初期で
再石灰化が期待できるもの以外は無理です。



・レーザー治療

用途 小規模~中規模のむし歯の除去に使います。
利点 削る時に歯には直接接触しないので痛みが少ない。
   保険適応の場合がある(施設基準があります)
欠点 普通の虫歯治療の何倍も時間がかかる。
解説 むし歯の部分は水分が多いので、それを利用して
   レーザーによって蒸散させます。
   (もろくなった部分を手技でかきだすこともあります)
   歯を削る方法がタービンかレーザーかの違い。
   タービンによる摩擦熱や擦過痛よりは痛みが少ないけど、
   むし歯が深いと神経が刺激でダメになることもあるし、
   掻き出すときに痛むこともあります。
   むし歯が小さい場合は普通に削る方が早くて楽なことも。
   歯を削る音が嫌いな人には有効。
 注  レーザーには何種類かあり、それぞれに用途が違います。
    むし歯はEr:Yag(保険の場合)軟組織は炭酸ガス、
    知覚過敏にはHe-Neや半導体などいろいろあります。    



・カリソルブ

用途 むし歯の除去に使います(中規模くらいが効率的)
利点 むし歯に罹った部分だけ削る(溶かす)ので歯が残ります。
欠点 作業時間が非常に長い
解説 むし歯に罹患した部分を薬で柔らかくして
   その部分を手技で取り除きます。
   溶かして削ってを繰り返すのでものすごく時間がかかります。
   痛くないと言われますが、保険診療の治療で
   柔らかくなった歯(軟化牙質)を取るのもほぼ同じ。
   痛みがすこし少ない程度なので、麻酔が必要なことも。
   ちなみに、入り口が小さくて奥が深い・広いむし歯の場合
   普通に歯を削ることもあります。



ドッグスベストセメント

用途 深いむし歯を殺菌して神経を守ります。
利点 神経が残せるかもしれません
欠点 長期の経過観察が必要。
   保険診療でほぼ同じ作用機序のAIPCがあり、
   使う薬が保険対象外なだけ。
解説 むし歯が深くてそのまま軟化牙質を取ると
   神経が近いとか露出しそうな場合、
   あえてむし歯の部分を取らずに殺菌して
   神経が保存できそうな場合にむし歯を詰めます。
   保険は水酸化カルシュウム製剤ですが、
   これはカッパーセメントという銅を含むセメント。
   個人的には、成功率は保険と大差ない感じ。
   「アメリカで開発」とか、「最先端治療」といわれるけど、
   すでに市場で10年以上経過して、予後などの論文は
   同じような作用のMTAセメントより圧倒的に少ないです。
   3Mix-MPもほぼ同じ用途(こちらは複数の抗生剤)です。
   推奨する医院のサイトではよく「痛くない」とされますが、
   薬が違うだけで(保険も含め)ほぼ同じ作業です。



おそらく、裏側から透かすと変色がかろうじて判る程度の
初期の隣接面う蝕かと思います。
隣接面の場合、隣の歯があるので正面から削れません。
このため、交通路を作るのに余分に削る必要があります。
しかし、むし歯の大きさを自覚しにくいので、
痛みが出たり正面からみえるほど大きくならないと
来院されない方がほとんどで、気が付いたときは
神経の処置が必要だったりします。
前歯の場合、樹脂などでうまく詰めることができても、
神経を取った歯はほぼ確実に変色します。
歯の表面上でフッ素などで再石灰化を促すことが可能で
実質欠損(むし歯で穴が開いた状態)が無ければ
(具体的には白濁などの変色がみられる程度)
再石灰化をお勧めしますが、それ以外は早く詰めた方が楽です。
詳細は担当医にご相談ください。

おだいじになさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご説明頂きありがとうございます。
歯科では、今すぐ削るか暫く様子をみるか…と選択を迫られ、とりあえず様子見にしました。再石灰化を期待して、ケアにはげみます。

お礼日時:2017/09/22 18:13

回答でなくてすみませんが


それぞれやってる医院にその方式のメリットを尋ねればいいんじゃない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2017/09/22 18:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインプラントの手術の失敗

私は上顎が総入れ歯となり、不自由でしたので、インプラントの相談に、新宿の国際デンタルクリニックに行きました。5本インプラントを埋め込むのが良いといわれましたが、予算が確保出来ず、前歯に2本スナップボタンのようなものを取り付けて、外せるようにして、100万円と言われ、ローンを組みました。
昨年12月に上顎前歯2ヶ所にインプラント埋め込み手術をうけました。
手術中に、麻酔をしたのに左側に鋭い痛みが走りましたがそのまま手術は続行されました。
手術の後右は痛みも腫れもないのに、左側は腫れも痛みもありました。
医師に訴えても、入れ歯が当たって痛むのだろうと、痛み止めを飲んで我慢していました。
数ヶ月後に、インプラントにネジ式のスナップボタンの片割れのようなものを取り付けました。
その際にも、左側に鋭い痛みが走り、左側への装着は中止にしたようでした。
左側はこの場所では定着しないので、手術のやり直しをした方が良いと言われ、右側だけスナップボタンのようなもので、入れ歯が固定されました。
それから数ヶ月後に、晴れて痛んだ左側の歯茎が、大きくえぐれていることに気付きました。
これは元に戻るのでしょうか?医療ミスではありませんか?
えぐれたままで、他の場所にインプラントを埋め込むのかと思うと、不安になります。になります。
その歯科クリニックは、CTは無くレントゲンだけです。
本来はCTを撮るものなのでしょうか?
このまま治療を続けて大丈夫なのか?アドバイス頂けるとありがたいです。

私は上顎が総入れ歯となり、不自由でしたので、インプラントの相談に、新宿の国際デンタルクリニックに行きました。5本インプラントを埋め込むのが良いといわれましたが、予算が確保出来ず、前歯に2本スナップボタンのようなものを取り付けて、外せるようにして、100万円と言われ、ローンを組みました。
昨年12月に上顎前歯2ヶ所にインプラント埋め込み手術をうけました。
手術中に、麻酔をしたのに左側に鋭い痛みが走りましたがそのまま手術は続行されました。
手術の後右は痛みも腫れもないのに、左側は腫...続きを読む

Aベストアンサー

つくばオーラルケアクリニックの飯田と申します。この度は高額な治療費を投じたにもかかわらず、期待していた予後が得られなかったこと、ご心中お察し申し上げます。
直接拝見していないため、左上の痛みの原因や手術自体が正当なものだったかなどはこの場ではお答えしようがありません。ただ、100万円の治療費用をかけるならば、ボタン式のキャップで入れ歯を固定する方法以外にもいろいろな設計も考えられるかと思います。複数の歯科医師に相談して治療プランを比較してもよかったかもしれません。
また、インプラント治療におけるCT撮影の必要性については、埋め込む部位の状況によっては必要となります。
事前の下調べとしてCTを撮影しておいた方が良い場合もありますが、すべてのケースで必ず必要なものでもなく、インプラントの安全性を担保するものでもありません。詳しくは下記にコラムをご参照ください。

「歯科用CTで安全にインプラント」の落とし穴 http://mbp-ibaraki.com/tsukuba-occ/column/964/

Q子供の虫歯

先程ショックな事があったので相談させてください。
1歳10ヶ月の娘の歯磨きに歯が生えて来た頃からしっかり取り組んで来ました。
歯医者にも通い3ヶ月置きにフッ素も塗ってもらってきてました。
しかし、一昨日くらいに前歯と八重歯の所に白い斑点みたいなのがあり、今日歯医者に連れて行きました。
そこで虫歯になりかけてるので、歯が黒くなる薬を塗りますと言われてフッ素とその薬を塗ってもらいました。
これからもしっかり歯磨きをしてもこのまま一生黒いのがついてるのでしょうか?
歯科医院でその説明がきちんとされませんでした。すごくショックを受けているし、私が悪いのはよく分かってるので批判などはやめてください。

Aベストアンサー

まぁ、一生と言う事はあり得ませんが・・・・何らかの理由で永久歯が生えてこない場合は ずっとそのままと言う事も可能性としてはある事ですヽ(;^^)/
黒くなる薬剤は「サホライド」と呼ばれる物で 齲蝕抑制剤とも呼ばれています。主成分が「フッ化ジアミン銀」ですので、幅広い意味ではフッ素・フッ化物にされてしまう事もありますが 本来は別の薬です。
初期虫歯の場合に使われ 虫歯の進行を抑制する効果が高く ただ塗るだけで効果が見込めますねぇ~ですから 小さなお子様など普通の治療が困難な場合に とりあえず虫歯を大きくしないために使われます。メリットはなんと言っても痛みが無く簡単な処置で治療できる事ですが・・・・デメリットは歯を黒く変色させ しかも磨いた程度では色がとれません。そのために 最近ではあまり使われなくなりました・・・・・・・
が!!他に処置法が無い場合は とても良い処置とも言えます。1歳児では普通の治療・削って詰める等はまず不可能。治療ができる3歳以降までそのまま放置するのと 多少黒くても進行させない事と どちらが大切なことでしょうか??
小児歯科などで こういう場合に良く使われる言葉は、「お子様は歯の黒いことなんて全然気にもしていません。それを嫌がっているのは お母さん(保護者)自身の方じゃないんですか??」と・・・・・・
小学生以上ならば 確かに歯が友達よりも汚い場合は ちょいと問題も出てくるかもしれません。でも 1歳児のお子様にとって どちらが大切な事か よくよく考えて下さい。見た目や世間体を気にしているのは大人だけです。お子様が大きくなった時に その黒い歯の事を聞かれた時に どう答えますか?お母様が それを否定してしまったら お子様があまりに可哀想だとは思いませんか??
とあるお母さん・・・・「その黒いのが 今まで○○ちゃんの歯を虫歯から護ってくれてたんだよ。ありがとうって 言わなきゃね!」と答えたそうです。
良いか悪いかの判断は お任せします。

さて・・・・・本題をヽ(;^^)/
黒くなるとは言え 恐らくはエナメル質に限局した初期虫歯だと思われます。その歯科医師は 進行性のある虫歯だと判断したのでしょう。
単なる白い点(ホワイトスポット)でも プロが見ると 危ないと感じる事が多々あります。削って詰めることが無理なので まずはサホライドで抑制を考えたのだと容易に推察されます。サホライドは エナメル質だけの場合 意外に色落ちしてくれます。象牙質にまで達した虫歯に塗ると 黒色はまず取れません。従って エナメル質に虫歯が留まっている内に 早急に手を打ったと言うのが本筋でしょう。もう少し年齢が上がれば・歯磨きが進めば ある程度は自然と黒色が薄くなり ほとんど目立たなくなります。むしろ 色が薄くならないとすると象牙質まで虫歯が進行したと言う判断基準になり得ますねぇ~ つまりその部分の歯磨きを徹底するための指標とも言えます。さらに通常の治療が可能な年齢になれば その黒い部分を削り 歯と同じ色のCR・ブラスチックを詰めて 全く目立たなくさせる事も充分に可能です。
不幸にして 虫歯がかなり進行してしまったとしても、神経が無事・痛みが無い場合(つまりサホライドの効果が反映された場合) 乳歯の被せ物である クラウンフォームと呼ばれる処置で ほぼ完全に元通りの綺麗な歯に戻せます。もしもサホライドを使用せずに 普通の虫歯のように神経まで侵されて痛みが強く出てくると 様々な障害がでてきて 最悪は抜歯になりかねません・・・・そうなると将来の永久歯の歯並びに大きな悪影響を与え それこそ一生悔やむ尊に・・・・・
本当に その黒くしたサホライドが その子の一生を守ったり・・・・・まぁ すると言う事も想像はできます(飛躍しすぎだけど(^o^;...)

と言うわけで お子様が普通の治療ができるようになるまでは 長い目で見て上げて下さい。くれぐれも他人との比較はしちゃいけませんよ~
近所のママ友に なんで黒いのと聞かれたとかで泣き付いてくる若いママさんには ならないで下さい。その黒いのが虫歯から守ってくれていると どうどうと信じてあげる事が大切だと思います。

まぁ、一生と言う事はあり得ませんが・・・・何らかの理由で永久歯が生えてこない場合は ずっとそのままと言う事も可能性としてはある事ですヽ(;^^)/
黒くなる薬剤は「サホライド」と呼ばれる物で 齲蝕抑制剤とも呼ばれています。主成分が「フッ化ジアミン銀」ですので、幅広い意味ではフッ素・フッ化物にされてしまう事もありますが 本来は別の薬です。
初期虫歯の場合に使われ 虫歯の進行を抑制する効果が高く ただ塗るだけで効果が見込めますねぇ~ですから 小さなお子様など普通の治療が困難な場合に ...続きを読む

Q奥歯の神経抜かずに済む方法ありますか? 冷たいモノも熱いモノも染みて痛い為、歯医者へ行ったところ下の

奥歯の神経抜かずに済む方法ありますか?
冷たいモノも熱いモノも染みて痛い為、歯医者へ行ったところ下の右奥から2番目の奥歯の銀歯の下が怪しいとのことで銀歯を外し治療を行って早くも1ヶ月経ちました。現在セメントで固めており、これで痛いようなら神経を抜くしかないと言われていますが、まだ痛みが走ります。過去にも上の奥歯で同じ様な痛みがあり、神経を抜きましたが、歯が割れて激臭を放った為、根幹治療後に1ヶ月も経たずに結局抜いた苦い過去があり、根幹治療に躊躇しています。何か良い方法ありますか?

Aベストアンサー

う~~ん(ーー;)冷たい物だけで無く熱い物にも染みているとなると、神経を残すのはかなり難しいでしょう。
ただ、神経を取ると言っても いろんな方法があります。神経が腐っている・化膿しているのでなければ 神経の悪い部分だけ・半分ほど取り去って根の部分の神経はそのまま残す処置法「生活歯髄切断法」があります。年齢にもよりまして 生えてきて間も無い歯・根が未完成な歯に適応される事が多いですが 大人であっても使えない事はありません。成功率は6割程度ではありますが うまく行けば神経を全部取らないですみます。
これと似たような治療に 間接歯髄覆罩~直接歯髄覆罩 と言い、神経か露出している・あるいはギリギリ露出していない部分を薬剤で被い、神経を取り巻く象牙質を再製させようとする方法があり、近年 盛んに行われるようになってきています。ただ 自費になる場合も多く、そちらは DOCセメント オゾン 3Mix-MP法 などと呼ばれています。歯科医院毎に対応している薬剤や処置法が異なりますから その歯科医院で行っていない可能性の方が高いでしょう。
転院して そういう処置をしてもらうのも一手ではありますが、施行したからと言って必ず神経が助かるという物でも無く やはりダメな物はダメとしか言いようもありませんねぇ~どうしてもと言うのであれば 試す価値はあると考えていて下さい。

ただ、神経を取る方が予後は確実です。普通 割れて一ヶ月で抜歯するなんて まずあり得ない事です(^o^;...よほど運が悪かったとしか言えませんが・・・・
あまり神経を取らずに放置すると やがて神経は死んでしまい、感染が歯の根の先端を超えて周囲組織にまで拡大する事になり、歯にとってははるかに不利になります。
そうなると 当然抜歯になる確率はグンとアップしてしまいますから、やはり神経を取らなければならない時は 取った方が賢明でしょう。

う~~ん(ーー;)冷たい物だけで無く熱い物にも染みているとなると、神経を残すのはかなり難しいでしょう。
ただ、神経を取ると言っても いろんな方法があります。神経が腐っている・化膿しているのでなければ 神経の悪い部分だけ・半分ほど取り去って根の部分の神経はそのまま残す処置法「生活歯髄切断法」があります。年齢にもよりまして 生えてきて間も無い歯・根が未完成な歯に適応される事が多いですが 大人であっても使えない事はありません。成功率は6割程度ではありますが うまく行けば神経を全部取...続きを読む

Q歯の質問です。 左上の奥歯をブリッジにしていたのですが、ぐらついているとのことで、奥歯から三本抜く必

歯の質問です。
左上の奥歯をブリッジにしていたのですが、ぐらついているとのことで、奥歯から三本抜く必要があるとのことで、その三本を抜きました。インプラントか?入れ歯にするか?と言われ、インプラントを勧められましたが、金額も多額なので、入れ歯にしました。
入れ歯を入れ始めて一ヵ月経ちますが、入れ歯の高さ調整に歯医者に行くと、入れ歯だと、抜いた歯に接している歯から抜けていくと言うのです。インプラントにしないと、次々歯が抜けてしまうので、あらかじめ言っておくと言われ不安に思ってます。今なら三本分で済むが、後には4本5本と増え対処には大変な金額がかかると言われてます。今は不自由していないのですが、現状、残ってる歯もぐらついていると言われ、どうするか?悩んでます。それにしても、高すぎるので、困っています。抜く前に、説明して欲しかったのですが、インプラントにすべきですか?

Aベストアンサー

歯科医師です。

入れ歯を悪者にしてインプラントに誘導しようとする同業者がいるのは嘆かわしいのですが事実です。
入れ歯には入れ歯のメリットがありますしきちんと管理できていれば他の歯が抜くほど悪くなるとは絶対に言えないはずです。

まずはきちんとした説明が出来ていない歯科は通院をおやめになり新しくおかかりになることお勧めします。

お大事になさってください。

Q歯の根元に膿

歯の根元に膿が溜まっているということで治療をしています。膿の溜まっている場所が、歯の真下なら治療がしやすい(治りやすい)けど、歯の根元の横に膿が溜まっているので、治る確率が低いと言われました。しかし、まだ歯を抜く年齢ではないので、ダメ元だけど治療をしてみましょうと言われ、歯に穴を開け、消毒?(綿をつめ)、1、2週間ごとに歯医者へ通いました。

4回ほど消毒をしたくらいで、再度レントゲンを撮ると、大きかった膿が小さくなっているので、穴を塞いで1ヶ月様子をみてみましょうと言われました。

しかし2週間ほどで歯が痛みはじめ、レントゲンを撮ると、最初に撮ったレントゲンと同じくらい膿が溜まっていました。

お医者様からは「やはり治らない。歯の穴は1番大きな穴を開けているので、これで膿が抜けないのであれば、歯を抜いて治療をしましょう」と言われたのですが、歯を抜くことは、仕方のないことなのでしょうか?

わたし的には、もう少し充分な消毒が必要だったのではないかと不信感が募っています。治りにくい場所なのに、たった4回の消毒では、不十分なのではないでしょうか?

また、レントゲンで「膿が小さくなっている」ではなく、「膿がなくなっている」まで見極めることはできないのでしょうか?

歯を抜く前に、色々な意見を伺いたく、質問をさせて頂きました。よろしくお願いします。

歯の根元に膿が溜まっているということで治療をしています。膿の溜まっている場所が、歯の真下なら治療がしやすい(治りやすい)けど、歯の根元の横に膿が溜まっているので、治る確率が低いと言われました。しかし、まだ歯を抜く年齢ではないので、ダメ元だけど治療をしてみましょうと言われ、歯に穴を開け、消毒?(綿をつめ)、1、2週間ごとに歯医者へ通いました。

4回ほど消毒をしたくらいで、再度レントゲンを撮ると、大きかった膿が小さくなっているので、穴を塞いで1ヶ月様子をみてみましょうと言われました...続きを読む

Aベストアンサー

お口の中を拝見していませんので、参考程度にしてください。
確定診断や詳細は必ず担当医にご確認ください。



>4回の消毒では、不十分なのではないでしょうか?

何回かかるかは状況によります。
歯の中の清掃で内部の無菌化ができて、血液などの浸出液が無ければ、
封鎖をすることで歯の根を介した感染を防ぐ方が肝心です。
4回で十分なこともあれば、数年に及ぶこともあります。
むしろ、いそいで補綴しないで様子見されるのは、一般的な対応です。



>見極めることはできないのでしょうか?

一般のレントゲンでは、完全になくなっているかの判断は困難です。
歯科用CTで、より詳細な判定をすることは可能ですが、
被ばく量が非常に多くなります。
完全に無くなっているようでも感染源の確実な除去ができない場合、
再発の危険があります。



担当医から説明があったかもしれませんが、おそらく歯根嚢胞で、
歯の根の周りに膿が溜まっている状態は、根の先にあるものを
根尖性歯根嚢胞、根の側面を根側性歯根嚢胞と言います。
多くの場合、感染源が歯の中や周辺にありますが、
この感染源を取り除かないと再発の危険があります。
歯の根の中を清掃する場合、リーマーやファイルと呼ばれる
針のような器具を使いますが、このような機械的清掃ができるのは
(湾曲していても)根の先のような真っ直ぐ進んだところなので、
側面の清掃には限界があります。
このような場合の対応として、以下のものがあります。



・感染根管処置

歯の根の部分を機械的に清掃します。
 利点 感染源を取ることができれば歯が残る可能性が高まります。
 欠点 側面にある枝(側枝)の清掃は非常に困難です。
    歯の内部を削るので、歯が薄くなり割れることもあります。



・歯根端切除術

歯ぐきを切開して歯の根の悪い部分を切り取ります。
 利点 根ごと悪い部分をきりとるので、確実性が高まります。
 欠点 歯の根が短くなるので、歯が弱くなります。
    先端部分は対応可能ですが、根側嚢胞の場合は歯の根が
    短くなりすぎる場合には適応できません。



・意図的再植術

一度歯を抜いて、側面の感染源を横から治療して歯を戻します。
 利点 歯の根を切り取らないので、歯が短くなりません。
    (切り取る場合もあります)
 欠点 歯が定着する成功率は高いとは言えません。



・分割抜歯

奥歯の場合は根が複数あるので、悪い部分だけ抜きます。
 利点 感染源を確実に除去できます。
 欠点 根が複数でないとできません。
    歯そのものは弱くなります。



・抜歯

利点 最も根本的な解決になります。
欠点 歯が無くなります。



・投薬(なにもしない)

急性期を投薬でしのぎ、病巣を慢性化させれば
普通に日常生活が送れます。
 利点 歯も歯の根も削りません。手術もしません。
 欠点 再発の危険があります。
   


感染源を除去するために感染根管処置を行うことが多いのですが、
歯を削ることで歯が薄くなり、弱くなります。
特に根側性の場合に、側枝ではなく穿孔や破折の場合、
触るほど悪化します。
マイクロスコープの場合、問題のある部分がよく見える場合は
非常に有効ですが、根の先や湾曲した部分などは見えません。
また、見えるだけなので、手技自身は担当医に依存します。
難治性が推定される場合は、むしろ抜歯が良いこともあります。
逆に、慢性化を維持して定期的に観察することで触らない方が、
結局は歯が長持ちすることもあります。

担当医と納得できるまで相談するか、セカンドオピニオンで
複数の意見を聞かれることも検討されてはいかがでしょうか。
その場合のアドバイスとしては、すぐに自費を勧めない、
術式の利点と欠点を説明する歯科医が望ましいと思います。
例えば、インプラントが悪いわけではありませんが、
インプラントしか提示できないのは考え物です。
他にも、3MIX-MPなどは保存学会から
 「保存領域の治療治療技術して容認するのは難しい」
http://www.hozon.or.jp/member/statement/file/3mix-mp.pdf
(日本歯科保存学会 3MIX-MP法についての見解)
と言われるくらいのものですが、複数の抗生剤の応用で
ものすごく有効と思わせる歯科医もいます。
(全く効果が無い訳ではありませんが、汚染のある感染源を
 取らないなら、一時は治っても再発の危険は高いと思います)
藁をもすがる思いの患者様は、高額の自費や最新設備で
信頼してしまうかもしれませんが、欠点が無い治療法はありません。
よく話を聞いてください。


長くなりましたが、おだいじになさってください。

お口の中を拝見していませんので、参考程度にしてください。
確定診断や詳細は必ず担当医にご確認ください。



>4回の消毒では、不十分なのではないでしょうか?

何回かかるかは状況によります。
歯の中の清掃で内部の無菌化ができて、血液などの浸出液が無ければ、
封鎖をすることで歯の根を介した感染を防ぐ方が肝心です。
4回で十分なこともあれば、数年に及ぶこともあります。
むしろ、いそいで補綴しないで様子見されるのは、一般的な対応です。



>見極めることはできないのでしょうか?

一般のレン...続きを読む

Q歯科の保険 混合診療

インプラント治療をしました。 代金約60万円は事前に支払い済みです。

同時埋入というやつをして、4ヶ月後に「頭出し」といわれる処置をしました。
約30−40分の軽微なオペ的なものでした。
最後に縫合もしています。

実際に被せ物をするのはまだ先だと思うのですが
今回の処置の後の請求書が


初・再診料51点
処置  1650点

合計 17010円
負担額(3割)5100円
(保険外負担 0円)


となっていました。


自由診療で代金払っているのに、さらに保険診療で処理しているように思えるのですが
これは問題のない行為なのでしょうか。

Aベストアンサー

実際にお口の中を拝見していないので、
担当医に対する安易な批判はできません。
その点はご理解ください。

あまり推奨できませんし、できれば避けるべきですが、
自費診療と同日に保険診療を行うことはあります。
うちでは通院が困難や期間的な制約など特別な場合に、
「ここからは自費診療です」などと明確に区分します。
(場合によっては一度待合で待ってもらうこともあります)

混合診療は、保険診療で行うことができる部分を
自費で行うもので、本来それ以後は基本的に自費になります。
例えば、基礎に自費を使った以後の補綴処置。
本来ならばレーザー処置やマイクロスコープの処置も
自費請求があれば以後は保険ではできません。
(注 現在のマイクロスコープは一部保険導入されています)
一方で、患者様にとっては同じ場所でも保険と自費が
混在してしまう場合もあります。例えば歯石除去と補綴処置。
このため、実際に行った処置が判らないと回答は難しいです。

さて、提示していただいた点数ですが、
 初・再診料 51点
  再診料 45点
  再診時歯科外来診療環境体制加算 5点
  明細書発行体制等加算 1点
   この点では全く問題ありません。
 処置 1650点
   こちらは、正直判りません。通常はこのような高点数は
   少ないのですが、当日になにかインプラント以外で
   何か処置はされたのでしょうか。
   あえて挙げるとすると、以下のものを考えます。
  床副子+装着料 1650点
   顎関節症や歯ぎしりなどに使うマウスピース様のもの。
  オブチュレーター 1500点
   腫瘍等による顎骨切除後に手術創の保護を行います。
   うちではしたことが無いので詳細は存じません。
  創傷処置 1320点又は1250点(及びその他の処置)
   長径5cn未満で筋肉・臓器に達すれば1250点
   長径10cm以上で筋肉・臓器に達しない場合1320点です。
   普通はこのような大けがは一般歯科では考えにくく、
   当たり前ですがインプラントでは請求できません。

同時に入れ歯のよう装置(この場合は副子)を入れた場合、
保険ではできませんので混合診療というより架空請求です。
また、入れ歯の場合は「歯冠修復及び欠損補綴」という
項目になります。
このように、処置についてはこのような高点数は疑問ですが、
問題の無い行為かどうかは、行われた処置が判らないと
言えません。(たぶん)アバットメントの装着と同時に
何らかの装置の装着やなどの何かの処置があったと思いますが、
その点はいかがでしょうか。

担当医に説明を求めるか、無料の診療明細書の発行してもらい
(前述のように明細書発行体制等加算を算定しているようなので、
この場合は患者様からの請求があれば発行する義務があります。
ちなみに下記URLの様式5みたいなものです)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-063.pdf
(厚生労働省 医療費の内容が分かる領収証及び個別の診療報酬の
 算定項目の分かる明細書の交付について PDFです)
内容を見て詳細を確認されることをお勧めします。

あまり参考にならないかもしれませんが、
おだいじになさってください。

実際にお口の中を拝見していないので、
担当医に対する安易な批判はできません。
その点はご理解ください。

あまり推奨できませんし、できれば避けるべきですが、
自費診療と同日に保険診療を行うことはあります。
うちでは通院が困難や期間的な制約など特別な場合に、
「ここからは自費診療です」などと明確に区分します。
(場合によっては一度待合で待ってもらうこともあります)

混合診療は、保険診療で行うことができる部分を
自費で行うもので、本来それ以後は基本的に自費になります。
例えば、基礎に自...続きを読む

Q口臭がひどいです。歯磨きも食事あとに必ずしておりますが一向に直りません。胃が悪いのかもと思い胃カメラ

口臭がひどいです。歯磨きも食事あとに必ずしておりますが一向に直りません。胃が悪いのかもと思い胃カメラで検査しても問題なし。悩みます。口臭外来は高いので行けません。良い方法ありませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

耳鼻科は受診なさいましたか?

副鼻腔炎は 口臭の原因になりますので できれば受診なさってみてください。
風邪を引いた際 鼻呼吸がしずらかったり 家族にアレルギー体質(喘息など)の方がいる場合
この可能性が 高いのですが。

月一で 副鼻腔の膿を取り除いてもらうだけで かなり 口臭は改善されます。

息子が アレルギー性鼻炎(副鼻腔炎を伴う)だったのですが 診察はそれほど高額では
ありませんでした。
念のための受診を おすすめします。

Q歯茎に膿がたまる

歯の膿について。

2か月前に前歯に激痛が走り、行きつけの
歯医者で膿を取る治療をしてもらいました。
治療後歯茎を見ると、少し穴があいていました。
約1か月後に同じような痛みが少しあったので
行きつけの歯医者とは別の歯医者に行き
歯茎を切開して膿を出してもらい、切開後は
縫ってもらいました。(麻酔がとても痛かったです)
前歯とその横の歯も膿が溜まっていたそうです。
前歯は6年前に転んで欠けてしまい、現在セラミックをしています。
前歯の神経はもう抜いていますがその横の歯の神経は残っています。

2度目の治療を行って3週間前になりますが
また同じような違和感が少しあります。
膿は出しても出しても溜まるのでしょうか??
詳しくはまだ聞いていないのですが根の治療を行う
と言っていたような気がします。
今後どのような治療をするのでしょうか><?

Aベストアンサー

本当に根の治療が必要なのでしょうか・・・・・・最初の歯医者さんの方が正解のような気もします。現実に診ていないので断定はできませんが、歯茎に膿が溜まる場合は大きく分けて2種類。
虫歯から神経が無くなり根管を通して感染が根の先端部を通り越して 周囲の骨の中に膿が溜まる場合。
もう1つは 歯周病・歯槽膿漏で 歯茎が腫れてきた場合です。
基本的に 膿とは細菌の死骸と生体内での反応物で構成されていますから、切ってもまたすぐに貯まります。従って しばらくの間は・ある程度膿が出てしまうまで、歯茎を切った跡や 根管に蓋をしないで 膿の出口を確保する必要があります。縫ったりする場合は あまり無いのですが・・・・・さらに感染根管の場合は、まず何よりもセラミックを除去して根管からの膿の出口を作らないと 治療になりません。歯茎を切って膿を出すのはあくまで一時的な治療であって 本当の治療はまず被せ物を取る事になるんです。
どこかおかしいのは、どちらの歯医者さんでも なんでそんなに次の診療が空いてしまうのか・・・・????
少なくとも 歯茎を切っているわけですから翌日~3日間隔で治療が継続されないのが非常に不思議なんです。それとも 表記上の問題で、実際には何回も通われたのでしょうか?
歯茎を切ると言うのは 感染根管の中でもどちらかと言えば重症例です。一ヶ月程度で治るなんて事はかなり少ないはず。当然 現段階では被せ物・セラミックを除去していませんから、まだ何の治療も開始されていないかと・・・・・そりゃ痛むのが当然(ーー;)まさかとは思いますが、切って膿を出してそれで治療が終わったなどと考えていませんよねぇ~??
そういうわけで、疑問だらけの質問なんですが・・・・・・・このまま行けば間違いなく抜歯になりますよ~とにかくセラミックを取って 一刻も早く根の治療#を始めないと。
さらになんとも理解できないのが 横の歯の神経・・・・神経が残っている・生きている歯ならば通常は腫れませんし膿も溜まりません(^o^;... 膿が溜まっていると言うのであれば 神経はまず腐って死んでいます。そこがはっきりしないと どんな治療になるのかわけがわかりません。

さて、もう1つ・・・・歯槽膿漏で膿が溜まってきた場合。これは根の治療はしません。当たり前ですが・・・・(^o^;...
ある程度落ち着いたら 直ちに歯槽膿漏の治療が開始されるはずです。その過程で 根の治療に移行する事もあり得ますが、通常 歯周病の治療は他の処置よりも優先的に行われます。
そりゃ 歯垢・歯石で汚れている歯では 根の治療等もまともにできないですし。多くの歯科医院では 急患でも無い限り、初診の時にレントゲンや検査をして歯周病治療がすぐに開始されるはずです。

根の治療に限定して言えば、今後は「感染根管処置」と呼ばれる治療が開始されるでしょう。神経を取るならば「抜髄」と呼ばれる治療になります。
どちらにしても 神経の穴を針で拡大していき、根の先端部に膿があればそれを外部に排出させて 穴の中を消毒していきます。神経が残っていた歯は内部は綺麗で治療の回数も圧倒的に少なくなります。そうやって ある程度穴の中が綺麗になり細菌がほぼ消滅したならば、穴を薬剤で詰める「根充」と呼ばれる処置をして、その穴を削って「コア」と呼ばれる土台を作り、ひれを型採りして 被せ物・セラミック等を技工で作って、それをセメントで接着します。もちろん 神経が残っていた場合等で歯質がかなり残っているのであれば 被せ物を作らずに プラスチック等を詰めるだけで終わりになるケースもあります。
うまく行けば 上記の通りですが・・・・治療がうまく進まなかった場合、根の先端部や膿のある部分を外科的に除去してしまう外科的な治療に移行し、それでもダメならば抜歯になります。

本当に根の治療が必要なのでしょうか・・・・・・最初の歯医者さんの方が正解のような気もします。現実に診ていないので断定はできませんが、歯茎に膿が溜まる場合は大きく分けて2種類。
虫歯から神経が無くなり根管を通して感染が根の先端部を通り越して 周囲の骨の中に膿が溜まる場合。
もう1つは 歯周病・歯槽膿漏で 歯茎が腫れてきた場合です。
基本的に 膿とは細菌の死骸と生体内での反応物で構成されていますから、切ってもまたすぐに貯まります。従って しばらくの間は・ある程度膿が出てしまうまで...続きを読む

Q歯列矯正をしたいのですが値段はいくらくらいなんでしょうか 僕は今高校生で歯列矯正をするためにバイトを

歯列矯正をしたいのですが値段はいくらくらいなんでしょうか
僕は今高校生で歯列矯正をするためにバイトをして40万ほどお金を貯めました。歯並びが滅茶苦茶悪いというわけではないのですが芸能人のような完璧な歯並びになりたいのでやろうと思います。
矯正したいのは下の歯5本と上の歯2本です。この場合値段はどれくらいかかりますか?

Aベストアンサー

えっと・・・・・(ーー#) 下の4本だけの矯正なんてありません。まして よほどの特殊例でも無い限り 数本だけの矯正なんて不可能です!!
矯正は 口の中全ての歯の位置関係を正しくする治療です。数本だけ動かしても失敗して後悔するのが目に見えています。
従って いかなる場合も金額は一緒です。数本だけ動かすとしても 結局は全てを動かす事になりますから料金が変わることもありえません。

さて料金に関しては、いろいろな矯正法も あるいは症例の難易度もありますから 一概には言えませんが、50~100万円と かなりの幅があります。
あなたご自身の歯並びが どの程度なのかがわかりませんが、そんなに極端に悪いと言うのでなければ、多少は金額も安くなるとは思います。
もう こればかりはケースバケースですから、実際に矯正歯科でカウンセリングを受けて見るしか無いでしょう。
多少問題がありお勧めはできませんが、その40万円で可能な方法も無いわけではありません。床矯正やマウスピース矯正とも呼ばれますが、症例によっては充分な結果が得られるでしょう。ただ 適応できない症例もあり その辺は やはり現実に診てもらわないと・・・・・

えっと・・・・・(ーー#) 下の4本だけの矯正なんてありません。まして よほどの特殊例でも無い限り 数本だけの矯正なんて不可能です!!
矯正は 口の中全ての歯の位置関係を正しくする治療です。数本だけ動かしても失敗して後悔するのが目に見えています。
従って いかなる場合も金額は一緒です。数本だけ動かすとしても 結局は全てを動かす事になりますから料金が変わることもありえません。

さて料金に関しては、いろいろな矯正法も あるいは症例の難易度もありますから 一概には言えませんが、50~...続きを読む


人気Q&Aランキング