早速質問ですが、真空のつくりかたと言うのはどうすればいいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

他の方も仰っている通り、どの位の真空が必要かにもよります。


ポンプを使わないのだったら、フラスコに水を少し入れて加熱して沸騰させて
フラスコの中を水蒸気で満たす。次に鈴の付いた栓をして水で冷やす。フラスコを
満たしていた水蒸気は水に戻り、真空になる。空気が無いので振っても鈴の音は
聞こえない。というのはどうでしょうか?
あと、良くあるのは水の流れと一緒に空気が出て行くポンプもありましたね。

ポンプを使う場合でも色々あります。簡単なものから言うと、
気体をある空間に閉じ込めた状態で、外へ押し出すロータリーポンプやスクリュー
ポンプ、扇風機のメッチャクチャ早いもののようなターボポンプ。ノンスメル
みたいな吸着剤を液体窒素で冷やして気体分子をくっ付けてしまうソープション
ポンプ、気体分子をイオン化して電極にくっ付けてしまうイオンポンプ等等。
まだまだ一杯あります。
    • good
    • 0

真空とは有る空間の内容物を完全に無くすことではないのです。

どの程度の真空度が必要かによって方法も異なります。一般によく利用されるのがピストンや偏芯ローターなどを利用した真空ポンプですが、このタイプの物では使用される温度下における潤滑油などの蒸気圧以下の圧力に下げることはできません。それ程高度な真空を得る必要がない場合にはこれで十分ですが、必要な場合はさらに冷却して真空度を上げます。一番お手軽な方法としては密栓できる直火に掛けられる容器に少量の水を入れ、沸騰させた後に密栓し火からおろし、冷却します。この時得られる真空度はその時の容器の温度で決まる、水の蒸気圧になります。
    • good
    • 0

一口に真空といっても、ピンキリなんですよね。



まず、真空にしたいチャンバ(容器と考えてね)を密閉し、ポンプにつなぎます。ポンプで空気を陽気の外に吸い出す。てのが一般的な作り方みたいです。そのポンプが「真空ポンプ」と呼ばれ、多段であったり、ターボ分子ポンプであったり・・・
場合によっては、薬品や冷却で作るときもあります。
10のマイナス7乗トール(今はパスカルか・・)あたりで、ure さんが考えている「真空」とは、違った世界になってきます。

「宇宙は真空」といわれますが、地球や月の近辺ではまだまだ”真”空ではないです。(行ったことないけど・・・)

まぁとりあえず、生活感のある(身近な)「真空」なら、掃除機でガラスビンを吸うとか、「ベンチュリ管」(検索してね)利用で、充分では?

この回答への補足

真空ポンプとか使わないやりかたってありますか?

補足日時:2001/07/04 20:00
    • good
    • 0

何をやりたいのかわかりませんが、、、



真空容器(大気圧に耐える強度があり、空気が入らないようにシールされたもの)を用意して、真空ポンプで空気を抜けば良いだけですが。
どの程度の真空が必要かによって、容器も、ポンプも変わってきます。
また、高真空だとベーキングも必要になります。

では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうすれば技術開発は進むのですか?

題名の通りです。どうすれば技術開発が進むか教えてください!

Aベストアンサー

No,4様の意見は、満更ではないと思います。
まぁ、実際に戦争したらマズイですが。

「戦争時」の環境を考えれば、技術開発に必要な「条件」のようなものが出て来ると思います。
たとえば開発に携わっている人の気持ち、「勝たないと命がない」。
そして環境、「勝つためには惜しみなくお金を使う」。
しかしお金には限りがあるので、「勝たないと命がない」と言う切羽詰った必死な気持ちから生まれる「アイデア(工夫)」。

平和な現代でも技術開発は進んでいますが、戦時よりはスピードは遅いかもしれません。
我々のような企業内開発者(サラリーマン)は、勝たないと収入は減るかもしれないけど、直接命に関わることはなく、お金も利益の中の予算内に限られるわけだし、法律上1日8時間労働となっており、それを過ぎれば「温かい?家庭」が待っているし、休日には趣味の世界にも入るし・・・。
まぁこれはあくまで「建て前」の話になるのですが、現実はやはり、如何に「戦時」のときのような「気持ち」を持つかでしょう。
ただ、戦争の経験はないので、現在、「平和ボケ」した頭を気力で奮い立たせ、より良い生活のためにどれだけプライベートを抑えて、必死に考えることができるかで進捗度は変わってきます。

でも所詮「仕事」だと割り切ると、あまり深いところまで行けないし、途中で失速してしまうと思います。

結局、その開発するべき技術が、自分にとって「天職」であり、本当はあってはならないことだけど「趣味」の一環として捉えることができるかで、熱の入り方がまったく違ってくると思います。

開発に携わる人は、決して「サラリーマン的」な考え方では進歩は遅いと思います。
風呂に入ってても、食事をしていても、まるで自分の趣味を考えるように、開発するべき技術のことに没頭できるかで開発のスピードは変化すると思います。
適材適所。開発する部門には「学歴」の高い人よりも、「好き」な人を多く集めれば進むと思いますよ。

No,4様の意見は、満更ではないと思います。
まぁ、実際に戦争したらマズイですが。

「戦争時」の環境を考えれば、技術開発に必要な「条件」のようなものが出て来ると思います。
たとえば開発に携わっている人の気持ち、「勝たないと命がない」。
そして環境、「勝つためには惜しみなくお金を使う」。
しかしお金には限りがあるので、「勝たないと命がない」と言う切羽詰った必死な気持ちから生まれる「アイデア(工夫)」。

平和な現代でも技術開発は進んでいますが、戦時よりはスピードは遅いかも...続きを読む

Q夏休みの自由研究テーマはどうすればいいですか???

 夏休みも1ヶ月をきりました。

宿題も進んでいる頃じゃないかと思いますが、

研究テーマが分かりません><

どんなテーマがいいでしょう??

Aベストアンサー

こんにちは。

韓流のドラマやアイドルが流行ってるので「お隣の国・韓国」
今話題になってる「自然エネルギー」
消費税10%に向かって「税金の種類や使い道」
夏の定番アサガオやプチトマトの「観察日記」
家族にも協力してもらって「我が家の節電対策」
今日明日限定「ペルセウス座流星群」
http://www.astroarts.co.jp/special/perseids2011/index-j.shtml
女の子らしく「夏限定スイーツ特集(レシピ付)」
この夏限定「節電対策女子のショートヘア」
調べるのも面白い「日本アニメの歴史」

頑張ってねw

Q超低周波発生装置を作るにはどうすれば良いですか

20Hz以下の電磁波を発信する装置を作るとしたら、皆さんならどうしますか。

最近問題になっている、エコキュートや変圧器による低周波騒音を人為的に
体感できる装置を作り、地域活性ボランティアに役立てようと思うのですが、
もし、皆さんがこういった機器を作るとしたらどういった素材を用いますか?

既存品の加工、既に販売されている商品、回路図等、機器として完成していれば
なんでも結構です。できれば超低周波発生装置に必要なマテリアル(インバータ、
モーター、スピーカーetc)と作成費用を分かり易く書いてくれると有難いです。

詳しい方、お知恵の拝借をお願いします。

Aベストアンサー

アジレント・テクノロジーには超低周波の発振器が複数ありますが高価です。
例えば、81150Aでは、1μHz~240 MHzの正弦波出力を始めとして各種の波形を生成できます。
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/5989-6433JAJP.pdf
その他は、こちらから
http://www.home.agilent.com/ja/pc-1000000231%3Aepsg%3Apgr/function-arbitrary-waveform-generators?nid=-536902257.0&cc=JP&lc=jpn

秋月電子で、DDSのキット及び製品を販売しているのでこれを使う事も出来ます。
http://akizukidenshi.com/catalog/goods/search.aspx?search=x&keyword=DDS&image=%8C%9F%8D%F5

20Hz以下の音波を発生しようとすると市販のスピーカー(サブウーファー)を使っても難しいでしょう。
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-152.html

加振器を使用する事で可能ですが、安くは無いでしょう。
http://www.arbrown.com/em/products/category_kashinki/

アジレント・テクノロジーには超低周波の発振器が複数ありますが高価です。
例えば、81150Aでは、1μHz~240 MHzの正弦波出力を始めとして各種の波形を生成できます。
http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/5989-6433JAJP.pdf
その他は、こちらから
http://www.home.agilent.com/ja/pc-1000000231%3Aepsg%3Apgr/function-arbitrary-waveform-generators?nid=-536902257.0&cc=JP&lc=jpn

秋月電子で、DDSのキット及び製品を販売しているのでこれを使う事も出来ます。
http://akizukidenshi.com/catalog/good...続きを読む

Q乾電池用電熱靴下の温度を下げたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

先日、通販でヒートソックスなるものを購入したのですが、あまり暖かくありません。
マニュアルでは、単一アルカリ1本を使用と書かれていましたが、家にある寒暖計で計ったところ、40℃程度。

http://www.hammacher.com/publish/71850.asp?promo=

目的は雪山で履きたいため、これでは意味がないような。
で、しろうと判断で直列の3Vにしてみたら、寒暖計は、あっという間に50℃を越え、壊れては困ると、実験を中止しました。

靴下内部は恐らくニクロム線か何かが通っているものだと思われます。
どなたか、45~50℃辺りになる良い知恵はないでしょうか?

ここに投稿する前に、一応予習したのですが、レギュレーターとかツェナーダイオードとかがあるのは判りました。
が、すみません、どしろうとで。どれを買ってどう繋いで良いのやら、はたまた、どんなコンデンサ(?)をどこに繋ぐとか、ちょっと難しい感じです。

因みに、はんだ付けくらいはできます。それと電池は、リチウム単三を使うつもりです。

どなたか、良い知恵はございませんでしょうか?

先日、通販でヒートソックスなるものを購入したのですが、あまり暖かくありません。
マニュアルでは、単一アルカリ1本を使用と書かれていましたが、家にある寒暖計で計ったところ、40℃程度。

http://www.hammacher.com/publish/71850.asp?promo=

目的は雪山で履きたいため、これでは意味がないような。
で、しろうと判断で直列の3Vにしてみたら、寒暖計は、あっという間に50℃を越え、壊れては困ると、実験を中止しました。

靴下内部は恐らくニクロム線か何かが通っているものだと思われます。
...続きを読む

Aベストアンサー

以下は人体に使用する場合、安全な方法ではありません。何かの支障があっても責任はとりません。

おそらく、その靴下は、普通の使用で長時間皮膚に触れていて、低温ヤケドなどの問題が生じにくい程度の温度になるように作られているのだと思います。電圧を上げたところ、温度が上昇したということから見て、温度を一定に保つような高度なしくみは無いと思います。(もし、そのようなしくみが正しく働いているならば、電圧を上げても温度はあまり変らないか、回路が切れるはず。)
一度、その靴下を何かに包んで、外部に熱が逃げにくい状態にして、電池1本で駆動して、温度を計ってみてください。
ある程度保温しても温度が40度近辺になるならば、ある範囲内では温度を安定させるしくみになっていると考えられます。電源の電圧よりも電流の強化が有効かもしれません。
もし、40度を大きく越えるならば、上記の仮定が正しいことになります。この場合、外が寒くて熱がどんどん逃げるならば、その分だけ発熱量を増やす必要が生じます。適当な方法で電圧を上げて熱量を増やしてやれば、外が寒くても温度は保てる理屈ですが、何かの理由で熱の流出が減れば、温度が上がりすぎることになります。これを防止するには、温度の制御が必要でしょう。
温度の検出には、いくつかの方法がありますが、サーミスタを使用するのが良いでしょう。
温度の検出と制御が不要ならば、手動で調節する方法もあると思います。(ただし、たいへん危険!!)

電圧の制御は・・・回路の効率が問題となります。直列にレギュレータ等入れると効率が低下します。電池の消耗は少なくしなければいけません。
電圧の安定度は不要ですし、実験の結果、3Vでも電熱線が耐えることが判っていますから、断続的に3Vを加えるようにすると良いでしょう。断続周期はかなりゆっくりでも良いでしょう。温度が下がればONの期間を長く、温度が上がればOFFの期間を長くする。
スイッチング素子はトランジスタでもFETでも良いでしょう。靴下に付けたサーミスタに小電流を流し、この電圧を得て→基準と比較→三角波をスライスして、駆動用の矩形波を得る→スイッチをON/OFFする。

この回路の問題:温度検出回路がショートした時に過熱する危険がある。部分的に過熱する危険がある。

下記は高度な検出機能を含んだ温度制御の例。
http://www.newon.org/doku/web/dool/dmx84/index.htm
プログラムによる予測制御を組み込んでいる。
http://doku.bimyo.jp/ctlj/i01.html
電熱線自体の温度による抵抗変化を検出用に使用している。

以下は人体に使用する場合、安全な方法ではありません。何かの支障があっても責任はとりません。

おそらく、その靴下は、普通の使用で長時間皮膚に触れていて、低温ヤケドなどの問題が生じにくい程度の温度になるように作られているのだと思います。電圧を上げたところ、温度が上昇したということから見て、温度を一定に保つような高度なしくみは無いと思います。(もし、そのようなしくみが正しく働いているならば、電圧を上げても温度はあまり変らないか、回路が切れるはず。)
一度、その靴下を何かに包ん...続きを読む

Q雲や霧や煙などモコモコした物を箱の中に作るにはどうすれば良いでしょうか

雲や霧や煙などモコモコした物を箱の中に作るにはどうすれば良いでしょうか?

下の画像のようなものを作りたいとします。
水&油などどんな方法でも良いのですが、
買える物で作れるでしょうか?

また加湿器・アロマ・湯気・線香などを枠の中に通して空気の流れ作ったらライン(スジ)って見えるでしょうか?

Aベストアンサー

ドライアイスを水に入れると、こんなモコモコした雲みたいなものが出てきます。
ドライアイスってどこで売ってるんでしょうねぇ。夏にケーキ屋で入れてもらってたものですが、最近はどうだろう。

次に、ラインというのは、空気の流れのラインのことですね?風洞実験みたいなことをイメージしていますか?
例に挙げられたものでは、煙の密度が低すぎで見えないでしょう、だぶん。
プロの人たち(例えば空調設計エンジニア)はスモークテスターというのを使うんですよ(参考:http://www.monotaro.com/sc/1a/119074-%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%BF.html)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報