不況ほど利用されて、伸びていく分野(ビジネス)とは何でしょうか?例えば吉野やみたいな低価格な飲食店。
100円ショップなど、具体的な者ではなく、マクロ的に
**分野。など
でかいほうがありがたいのですが、、

A 回答 (7件)

 あえて「不況ほど」とおっしゃるなら、リサイクル関係でしょ。

各種リサイクル(中古)ショップですね。代表的なものに、古本屋、フリーマーケット、古着屋、質屋、鉄道忘れ物市、アウトレットショップ(不良品のリサイクルですね)、金券ショップ、中古車、まぁそんなもんですかね。
    • good
    • 0

不況は人々が将来に不安をもち、守りに入るため、消費によって支えられている今日の経済が低迷することだと私は思っています。

不況につよいものは、きっと人々の不安を解消できるビジネスではないでしょうか。
しかし、不安や悩みはひとぞれぞれ異なり、それらを全部解決できるのは不可能です。(実際解決なんてできないと思いますが)、でも、皆さんに夢を与えることは可能だと思います。夢を与えるビジネス。夢分野なんちゃって。
    • good
    • 0

不況だから、売れない。

ならば、開き直って「売らない」。

そう、占い産業は不況で儲かります。アジアの多くの国々でも97年のアジア危機以来、占い師になる人が増え、占い師養成スクールが儲かっているようです。ただし、ニッチビジネスですけどね。

これを、一般論化すると、不況から未来への明るい展望が開けない心理要因が発生しているわけです。現在の日本ではそのニーズを「癒し系」と呼んでいるのではないかと思います。

占い師より、客単価をあげるためには、カウンセラーと名乗った方がいいかもしれません。
    • good
    • 0

金融業界が伸びるというより、不況に強いと昔からいわれていますよね。



あとは外食産業ではなく、食品業界も安定はしているかと思います。好景気、不況問わず、必ず生活に無くてはならないものであるから。エネルギー関係含め、生活の基盤を支えるインフラ関係は安定していると思います。

しかし、基本的には不況時に伸びていく分野といってもここの回答でわかるようであれば、すでに他の皆さんもしていると思います。そして、その時代のタイミングや産業の成熟度にもよるので、何時の時代の不況にも伸びていく産業というのは何ともいえないと思います。

冗談ですが、不況に伸びるというか強いといわれる業界で「葬儀屋と宗教」なんていうのもどうでしょう。
    • good
    • 0

企業は生き残りのために、合理化・省力化等の経費削減に


まず着手します。
その次に、次の好況に向けての対策を考えます。
政府は景気の底入れのために施策・投資を行います。
 (公共投資の内容の見直しが議論されていますが)
個人は収入減の対策を考え、失業時の対策も考えます。
又、時間外の減少による余剰時間の対応も・・・
この結果、どの分野が注目されるかは貴方が考察してください。
無責任なようですが、貴方が何を目的とされているのか
不明なので・・・
    • good
    • 0

消費者金融業界。


なんてのは、どおでしょう??
    • good
    • 0

最近になって、やけに多く流れてくるCMとか


目立つCMありますよね。

それらの企業って、景気がいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【物凄い儲かる商売】物凄く儲かる商売を教えてください。 自動車も住宅ももう国内市場はダメです。

【物凄い儲かる商売】物凄く儲かる商売を教えてください。

自動車も住宅ももう国内市場はダメです。

今やスマホゲームの博打が主な金融銘柄になってます。

そんなんで良いんですかね。

Aベストアンサー

自分の知り合いの範囲ですと、国際特許弁護士は年俸8000万円くらいは稼いでいますね。日本で弁護士の資格をとり、渡米して米国の弁護士の資格もとり、さらに米国の特許弁護士の資格もとれば、年俸8000万円以上の国際特許弁護士のできあがりです。

頑張ってください。

QGDP伸びているのに不況!?

バブル期より20%、100兆円もGDPが伸びたのに何故不況なのでしょうか?当時と比べて人口も減少傾向にあるのに分かりません。ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

第一に、バブル崩壊後に公共事業の拡大で景気を下支えしたため、
大概の時期はマイナス成長自体は回避したものの、
GDP対比で大きい財政赤字が長期間生じてしまった点。
財政赤字を短期間で解決しようとした橋本内閣の財政構造改革は
深刻な景気後退の一因となって大失敗に終わり、
その後も大きい財政赤字が続くことになりました。
短期間のマイナス成長ではなく、長期間の低成長に問題があります。

第二に金利を少しずつ引き下げて経済の活性化をはかったものの、
名目金利が限界の0%近くに張り付いて、これ以上の景気対策措置が
取りづらくなり、低金利下でデフレに悩まされた点にも注意します。

日本の生活水準が貧しくなったというのは誤りであり
80年代後半のバブル景気の頃よりも豊かになってはいます。
海外の1人当たりGDP(名目為替レート)と比較して
日本が衰退したという議論も、物価水準を無視しており、
実質的な生活水準を表してはいません。

しかし、80年代よりも遥かに低い成長率に甘んじることになりました。
先進国のクラブであるOECDの平均的な成長率と比べても、
非常に低い成長率になってしまいました。
投資によって生産能力は上がってはいるものの、
設備がうまく利用されていない状態が続きました。
潜在的なGDPと実際のGDPの差を推定している
GDPギャップは90年代後半から厳しい状況にありました。
総需要が回復していさえすれば、もっと高い成長率になり、
もっと豊かになれたわけです。

1998年の日本版金融危機や2000年末~02年の
景気後退期には、失業率も増大して苦しい状況にありました。
2003年から状況は改善に転じますが、
実質実効為替レートの低下、アメリカの経常赤字や
中国や東アジアの需要といった海外要因に依存しており、
日本のGDPのうちごく一部にしか過ぎない
外需主導の成長は特殊な状況だった点にも注意します。

・推定GDPギャップと失業率(IMF)
1991年 推定GDPギャップ+2.7% 失業率2.1%
1992年 推定GDPギャップ+1.0% 失業率2.2%
1993年 推定GDPギャップ-0.8% 失業率2.5%
1994年 推定GDPギャップ-1.1% 失業率2.9%
1995年 推定GDPギャップ-0.6% 失業率3.2%
1996年 推定GDPギャップ+1.1% 失業率3.4%
1997年 推定GDPギャップ+1.2% 失業率3.4%
1998年 推定GDPギャップ-1.7% 失業率4.1%
1999年 推定GDPギャップ-2.4% 失業率4.7%
2000年 推定GDPギャップ-0.5% 失業率4.7%
2001年 推定GDPギャップ-1.4% 失業率5.0%
2002年 推定GDPギャップ-2.3% 失業率5.4%
2003年 推定GDPギャップ-2.3% 失業率5.3%
2004年 推定GDPギャップ-1.2% 失業率4.7%
2005年 推定GDPギャップ-1.0% 失業率4.4%
2006年 推定GDPギャップ-0.5% 失業率4.1%
(GDPギャップの推定は難しく他にも色々な数値がある)

・実質GDP成長率(OECD)
1993年 日本+0.2% OECD+1.5%
1994年 日本+1.1% OECD+3.3%
1995年 日本+2.0% OECD+2.5%
1996年 日本+2.7% OECD+3.0%
1997年 日本+1.6% OECD+3.6%
1998年 日本-2.0% OECD+2.6%
1999年 日本-0.1% OECD+3.3%
2000年 日本+2.9% OECD+4.0%
2001年 日本+0.2% OECD+1.1%
2002年 日本+0.3% OECD+1.6%
2003年 日本+1.4% OECD+1.9%
2004年 日本+2.7% OECD+3.2%
2005年 日本+1.9% OECD+2.6%
2006年 日本+2.2% OECD+3.2%

第一に、バブル崩壊後に公共事業の拡大で景気を下支えしたため、
大概の時期はマイナス成長自体は回避したものの、
GDP対比で大きい財政赤字が長期間生じてしまった点。
財政赤字を短期間で解決しようとした橋本内閣の財政構造改革は
深刻な景気後退の一因となって大失敗に終わり、
その後も大きい財政赤字が続くことになりました。
短期間のマイナス成長ではなく、長期間の低成長に問題があります。

第二に金利を少しずつ引き下げて経済の活性化をはかったものの、
名目金利が限界の0%近くに張り付いて...続きを読む

Q【個人飲食店借金40億円!】の借金を完済出来たという。 そんなに飲食店って儲かる商売なのでしょうか

【個人飲食店借金40億円!】の借金を完済出来たという。

そんなに飲食店って儲かる商売なのでしょうか?

Aベストアンサー

飲食店はね「開業3年で約7割が廃業し、10年後も営業している店は1割程度」という現実です。
本当に借金40億完済なら余程腕がいいのでしょう。
(料理の腕だけでなく経営感覚)
しかしそんな人が40億もの借金を作るのか疑問?

Q【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・ 前の東京五輪の時の五輪後不況

【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・

前の東京五輪の時の五輪後不況はどうやって乗り切ったんですか?

ブラジルはもう不況?というかブラジルは開催前から不況に突入してた気が。。。

イギリスのロンドンは不況になりましたか?どうやって政策?国策で乗り切ったのですか?

Aベストアンサー

2025年大阪万博が決まればオリンピックよりも人が集まります。

Qこれから儲かる商売について

主人が退職後に商売がしたいと言い出し、退職金をつぎ込んでバーのようなお店を持つとこちらの意見を聞きません。昨今のような不況の中、商売を始めるとしたら何が適切なのでしょうか?アドバイスなどありましたら小さなことでも結構です。ご意見願います。

Aベストアンサー

サラリーマンが起業して黒字になるのは、1000人に一人といわれています。サラリーマンの起業は屍累々、地獄の日々を覚悟しないと出来ません。

旦那さんには、「何を始めても良いから、やりたい職業にまず、勤めてください。そしてそのお店で一番重要な人(店長クラス)になれたら、開業の応援をします。成れなかったら、きっぱりあきらめてください。」と言ってください。

大抵は、自信過剰になっていますので「よし、約束した!」と二つ返事でしょう。この時後で、約束を反故にされないように、家族や友達の前で誓わせてください。

で、、、勤めて半年もしないうちに、根をあげるでしょう。逆に店長クラスになれるようであれば、応援してあげて下さい。

ま、、その前に雇ってくれるかも怪しいですが、、、、

Q日本のGDPは伸びないのに、なぜ欧州の先進国は伸びているのでしょうか? 

 ここ15年ほど、日本のGDPは横ばいです。なぜ伸びないのでしょうか?
 欧米の先進国のGDPは伸びています。アメリカが伸びるのはわかるような気がするのですが、なぜヨーロッパの先進国のGDPは伸びているのでしょうか。
 日本とヨーロッパは何が違うのですか。

 もし、こういう問題について書いてある本やサイトをご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

日本の物価が世界でも低水準の成長(=デフレ)であるからGDPが伸びていないんでしょうね。実際日本の物価上昇率は世界最低水準です。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/

対してヨーロッパ(EU)は2~3%程度の物価上昇率。
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/archive.do?countryname=EU の基礎的経済指標★より

実際に物価の影響を加味しない実質GDPを比べると(実質GDPは単純に数値だけで比べられないものですが)EUと日本は大して成長率が変わりませんから、かなりの部分物価の上昇によって日本とヨーロッパのGDPの上昇率は差がついているんでしょうね。

もう1つ日本のGDPが伸びない理由としては生産拠点の海外移転ですかね。アジア危機のとき以来日本の企業は工場を海外に移転していきました。GDPは海外の工場での生産額は含まれないため、日本のGDPを押し下げた可能性があります。

Qオーケストラ奏者は儲かる商売ですか? たとえば人気ゲーム「ドラクエ」の

オーケストラ奏者は儲かる商売ですか? たとえば人気ゲーム「ドラクエ」の音楽CDはN響が演奏しているが演奏者にはどのくらい臨時収入があったのでしょうか? それとも専業にしている人はごくわずかであり、専業以外の人は普段は音楽教師とか普通の会社員をやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

2~3年前から札幌交響楽団が新録音のCDシリーズを出していますが、地方オーケストラでは「久々の快挙」だそうで、国内オーケストラの殆どが新録音版のCDを出していません。

元々、クラシックCDは何万枚も売れる物ではないので、印税収入など大して期待できない上
 録音前の練習にはギャラや印税は出ない
 録音するためにはコンサートホールを借りなきゃいけない
 録音の際には客を入れることが出来ない=入場料収入がない
など”ないないづくし”のため、ただでさえ財政基盤の弱い国内オーケストラには負担が大きく、「CDを出すなんてとんでもない」のが現状のようです。

また、基本的なところで、楽器も個人持ちですし、個人練習するにも都心部や住宅街なら場所の確保という問題があります。

個人の名前で客が呼べるレベルの奏者ならともかく、有名楽団であっても知名度のない「一員」なら、オーケストラ専従は難しいでしょうね。

因みに、身内や知り合いに数人のアマチュア音楽家がおりますが、楽器の購入代は当然として、演奏会の都度の会場(本番、練習)の借り上げ代の負担のほか衣装も自前ですし、チケット販売も自腹購入でノルマを達成している姿を何度となく見ています。

以前、「楽器を始めたばかり」で「人前で演奏して稼げますか」という質問に「有名アマオケでも持ち出しで演奏しているのに・・・(厚かましい)」「どうしてもと言うのなら、出来るだけ見窄らしい格好をして、空き缶を置いて、寂しげな曲を演奏すれば小銭が稼げるんじゃない」という回答をしたら、〆切りもせずに放置されたっけ・・・

2~3年前から札幌交響楽団が新録音のCDシリーズを出していますが、地方オーケストラでは「久々の快挙」だそうで、国内オーケストラの殆どが新録音版のCDを出していません。

元々、クラシックCDは何万枚も売れる物ではないので、印税収入など大して期待できない上
 録音前の練習にはギャラや印税は出ない
 録音するためにはコンサートホールを借りなきゃいけない
 録音の際には客を入れることが出来ない=入場料収入がない
など”ないないづくし”のため、ただでさえ財政基盤の弱い国内オーケストラには...続きを読む

Q【ファミレス業界のフランチャイズ飲食店の経営者に物申す!!】 「飲食店でキャンペーン商品を値引きで出

【ファミレス業界のフランチャイズ飲食店の経営者に物申す!!】


「飲食店でキャンペーン商品を値引きで出す場合は1番売れていない商品にすべき」

この理由は多い。

まず余り出ない商品なので厨房のコックのキッチンで作るのに慣れていないので出来上がった商品のクオリティは低くサンプルより美味しくない商品が出回っている。

美味しくないからますます売れない。売れないから慣れないので美味しくなるはずもなくますます売れないの悪循環に陥っている。

売れないので次のメニュー更新の際にそのメニューを排除する。

多くの経営者はそうしているがちょっと待って欲しい。

まずキャンペーン商品で値引きして売るべきである。

するとキャンペーンで安いので注文する人が増える。

厨房では作ることに慣れてきて味が良くなってくる。

さらに不味くなることは経験上ない。

でキャンペーンが終了しても以外に売れる商品になっている。

商品を考えるコストをキャンペーンで値引きして客寄せしてさらに商品を復活させたのである。

厨房も全然出てなかったので慣れてないので美味しくなかった。作るのに慣れるのにキャンペーンを利用する。

だからキャンペーンを打つなら、売れている商品を値引きして売り出すのではなく1番売れてない死んでいる商品をキャンペーンの看板に使うのが全てにおいて良い好転を生む原石となる可能性を秘めている。

その原石を活用せずに日々捨てていっているファミレスオーナーは多い。

ファミレス業界はもうちょっと考えを変えるべきである。

【ファミレス業界のフランチャイズ飲食店の経営者に物申す!!】


「飲食店でキャンペーン商品を値引きで出す場合は1番売れていない商品にすべき」

この理由は多い。

まず余り出ない商品なので厨房のコックのキッチンで作るのに慣れていないので出来上がった商品のクオリティは低くサンプルより美味しくない商品が出回っている。

美味しくないからますます売れない。売れないから慣れないので美味しくなるはずもなくますます売れないの悪循環に陥っている。

売れないので次のメニュー更新の際にそのメニュー...続きを読む

Aベストアンサー

あまり注文がないメニューはすぐにカットすればよいのです。

Q転売とはそんなに儲かる商売なんですか?

私の会社の同僚に毎月コンスタントに給料並みに転売で儲けている人がいます。
ヤフオクに出品しているらしいのですが、専門が家電商品のようで毎週末になると新聞のチラシをみてある程度目星をつけ家電量販店に買い付けに行っているそうです。
副業でやっているみたいですが商売上の秘密だそうでコツは教えられないと言っています。元々家電マニアで相場にはある程度詳しいみたいで
す。
別に真似てみようとは思いませんが、転売ってコツさえつかめばそんなに儲かるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

10万円で仕入れた物が30万円で売れれば20万円の儲けですよねぇ?
これが月に2回ぐらいあれば、給料分の40万円の儲けになるわけです。
コツさえつかめば、けっこう儲かりますよ。

Q企業の対円高への具体的施策

企業の対円高への具体的施策
2010年10月25日、東芝が1ドル=70円でも利益が出せる経営体制を構築すると発表しました。
他の輸出企業も同じように、80円以上の円高でも利益が出せるようにするとしています。
この構造改革は具体的にはどのような施策が挙げられるのでしょうか。

Aベストアンサー

製造拠点の分散や金融による資産分散によって柔軟な体制を構築するという事です。

例えば日本の輸出企業発展は、安い資源を加工し日本という安い通貨の国で安い労働力を使って製品を作り、高い通貨価値の米国ドルを稼いて企業成長をするという事で1990年まで順調に成長してきました。これが日本経済のバブル崩壊、ドルの下落と円の高騰、更に途上国の経済発展などにより、高度経済成長期の発展モデルが徐々に通用しなくなって行きました。日本はバブル崩壊後から経済はほぼ横ばい状態、20年近く足踏み状態が続くという事態になりました。

00年頃から急速に進んだ途上国で大量生産してドルを稼ぐ、同様に途上国で大量生産をして円を稼ぐなどのスタンスが更に進められるというのが一つでしょう。と同時に、金融分野などでも通貨バスケットのようなかたちで特定通貨に個室しすぎないかたちで企業利益の拡大をはかるという事でしょう。

という事で今後は政府も多様な通貨での納税に対応するという事が進むことになるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報