プロが教えるわが家の防犯対策術!

"X(エックス)"について、Xmasといった使われ方をすることがありますが、印刷機の"Xerox(ゼロックス)"、CPUの"Xeon(ジーオン)"、PS用ゲーム"Xenogears(ゼノギアス)"に見られるように、Xが「ザ行」で発音する単語を見かけることがあります。
"Xmas"のXは、正確な由来はわかりませんが、何となく想像がつきます。
しかし上記のような「ザ行」で発音される単語に至っては、全く想像がつきません。

これらの由来・理由をご存じでしたら、参考となる文章などと併せて教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ローマ文字のXの元になったギリシャ文字のΞ(グザイ)の音価が[z]であるため、ザ行の音を当てるのでしょう。

クリスマスのXはローマ文字ではなくギリシャ文字のΧ(カイ)をそのまま持ってきていて、こちらの音価は[x]つまり「有声音のハ行」です。ギリシャ語の「ハリスト(=キリスト)」の「ハ」、ドイツ語で言えばAch Lautですね。
詳しく説明しているサイトとかは、ちょっとわかりません。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えいただきありがとうございます。

>ローマ文字のXの元になったギリシャ文字のΞ(グザイ)の音価が[z]である
もっと単純(英語だけで収まると思っていたので)なものだと思っていたのですが、ローマ文字やギリシャ文字まで遡るものだったとは。
Xmasの件に関しては、更に意外でしたね。自分が余りにも知らな過ぎたな、と。(笑)

お礼日時:2001/07/08 09:26

細かい流れとしては、



1)東方型ギリシア文字→古典ギリシア文字→東欧の諸アルファベット

2)西方型ギリシア文字→ローマ字→西欧の諸アルファベット

の2系統ですね。

ギリシャ文字の <Ξ> は古典期において [ks] の音価を持っていました。
英語では <x> が [ks] の音価を持っていたため、
ギリシア語をローマ字で表記するさい、<Ξ> が <x> に置き換えられた
のだと思います。
Xmas の <x> も [z] 音の <x> も例外的なものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考文献も含め、詳細な回答をありがとうございます。
単純に1系統ではなく、東方型と西方型なんてものまであったんですね。

お礼日時:2001/07/08 10:47

英語のXの基本音価は [ks] であり、これが後続の音の影響を受け


[gz] になることもある(回答No.2参照)。
このX [ks] は西方型ギリシア・アルファベットのXに由来する。

一方、Xmas のXは東方型ギリシア・アルファベットのX [kh] に由来する。
古典ギリシア文字は東方型の流れを汲む。

参考文献 『英語アルファベット発達史』 田中美輝夫著 開文社出版 1970年
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>古典ギリシア文字は東方型の流れを汲む。
陸続きなだけあって、言語文化が伝播・発展する経過で、色々と融合したりする部分というのがあるようですね。

お三方の話からすると、ギリシャ文字 → ローマ文字 → 英字 という経過でしょうか。

お礼日時:2001/07/08 09:27

英語の x の読み方には,大まかにいって,



(1) 直後にアクセントがない場合は [ks] → box, anxious, taxi
(2) 直後にアクセントがある場合は [gz] → examination, exist, auxiliary

という原則があります。luxury は前にアクセントがあるので「ラクシャリ」,luxurious になるとアクセントが後に移るので「ラクジュリアス」となったりします(「ラクシュリアス」の発音もありますが)。直後にアクセントがあっても [ks] と読ませたい場合は,excite のようにわざわざ xc としたりもします。つまり英語では,【x の前後を比べて,前が強ければ [ks],後ろが強ければ [gz] となる】わけです。(例外もたくさんありますので,あくまで大まかな傾向です。)

で,x が語頭にある場合を考えると,これより前が強いということはありえない。必ず後ろが強いわけですから,上の原則から [gz] という発音になる。ところが,英語では語頭に [gz] という音が来ることが許されません(理由は不明。日本語で「ン」以外の子音で終わる語がないのはなぜか,というのと同じで,そうなんだからそうなんだとしか言えません)。それで [gz] の [g] が落ちて,結果的に x が [z] と発音されることになるわけです。gn- が語頭では [n] と発音される(gnaw, gnarl)とか,pn- が [n] と発音される(pneumonia)とかと共通する現象でしょう。

以上,完全にウラを取っているわけではありませんが,たぶん大筋では間違っていないと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速英和辞書を開いてみると『なるほど納得』でした。Xをそのまま発音するものとXmas以外は[z]の発音。
それにしてもXで始まる単語って少ないんですね。(^^ゞ

お礼日時:2001/07/08 09:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXの読み方

Xを「バイ」と読むことはあるでしょうか。あれば、それはどういう意味で、なぜそう読むのでしょうか。

Aベストアンサー

2x4 でtwo by fourと読むのは有名です。
(2インチx4インチの木材の寸法規格)


ほかにも、縦横の比率とか、箱の積み重ね方とか、日本語で言うところの四カケ三みたいな言い方で、25メーターx8コースだったり4マスx4マスみたいなもの表現はxと書いてbyと読みますよ。
Multiplied byのbyが由来だと思います。

1+1=2
One and one is two.
1x1=1
One by one is one.

Q頭文字が珍しい名前

ふと、不思議なスペルの名前(ファーストネーム)が知りたいなあと質問させて頂きました。名前の自由度がかなり高い日本語でも50音全てが名前の頭文字になり得ないように(を、ん、ぬ…は多分いないと思っています)、英語でも頭文字にならない文字はあるのかなあと思いまして。

今考え付くのは以下のような感じです。1アルファベットに付き名前ひとつだけ書きました。スペル違ったらスミマセン…

A(Anne), B(Becky), C(Charles), D(David), E(Edward), F(Franz), G(George), H(Harry), I(Irvine), J(John), K(Kate), L(Leonard), M(Michel), N(Nicole), O(Oswald), P(Peter), Q(???), R(Rachel), S(Steven), T(Thomas), U(???), V(Violet), W(Walt), X(???) ,Y(???), Z(???)

Q, U, X, Y, Z を切実に募集?中です。V, W あたりも少ないです。
ただし、日本人のYoko, Wataru などは除くことにさせて下さい。

くだらない質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

ふと、不思議なスペルの名前(ファーストネーム)が知りたいなあと質問させて頂きました。名前の自由度がかなり高い日本語でも50音全てが名前の頭文字になり得ないように(を、ん、ぬ…は多分いないと思っています)、英語でも頭文字にならない文字はあるのかなあと思いまして。

今考え付くのは以下のような感じです。1アルファベットに付き名前ひとつだけ書きました。スペル違ったらスミマセン…

A(Anne), B(Becky), C(Charles), D(David), E(Edward), F(Franz), G(George), H(Harry), I(Irvine), J(John)...続きを読む

Aベストアンサー

ありとあらゆる名前があります。
参考URLのサイトの下方に"start with the letters _"という検索オプションがありますので、好きなアルファベットを入れて男の子の名前でも女の子の名前でも見つけてくださいませ。。。

ところで1さんのQuentin(タランティーノ)を見てユマ・サーマン(Uma Thurman)を思い出しました。米人は「ウマ」と発音してたけど、日本人には「馬」に聞こえるから「ユマ」という表記にしてるんでしょうね^^; 余談まで。

参考URL:http://www.babynamesworld.com/

QXing / XをCrossと読む読み方

道路標識などでXingとかいてcrossingと読む読み方は
いつごろから出てきたんでしょうか?
ほかにもこういう例はありますか?

Aベストアンサー

起源は分りませんが、よく出来た表示だと思います。おそらくアメリカ辺りで使用し始めたのではないでしょうか。
X の文字は、交差しているのと、ギリシャ語で [kh] の音を表すのとあいまって、「クロス」と自然に読める気がします(「クリスマス」を表す Xmas も似ていると思います。十字架としての X と、k の音を表すのとで、「キリスト」を表すことになったのですね)。
下記のページに面白い標識があります。
→ http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.signs-up.com/prod_images/Squirrel_xing_thumb_640.jpg&imgrefurl=http://www.signs-up.com/product.asp%3Fcl%3D2%26ct%3D109&usg=__HeGcthbQ8wDS0VKSIyu9EjcDrp4=&h=640&w=640&sz=68&hl=ja&start=7&sig2=3-i99bnx0H-6g2-xkrgK6Q&tbnid=WQO7ie_EhkaKCM:&tbnh=137&tbnw=137&prev=/images%3Fq%3Dxing%26gbv%3D2%26hl%3Dja%26sa%3DG&ei=-axiSt_-IIigkQXdhNX-Dw
これは、crossing の意味の方が大事なのかもしれないですね。

起源は分りませんが、よく出来た表示だと思います。おそらくアメリカ辺りで使用し始めたのではないでしょうか。
X の文字は、交差しているのと、ギリシャ語で [kh] の音を表すのとあいまって、「クロス」と自然に読める気がします(「クリスマス」を表す Xmas も似ていると思います。十字架としての X と、k の音を表すのとで、「キリスト」を表すことになったのですね)。
下記のページに面白い標識があります。
→ http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.signs-up.com/prod_images/Squirrel_xi...続きを読む

Qシャ行のピンインに「x」を用いる理由は?

 中国語で、シャ行のピンインに「x」を用いるのは何故ですか?普通に考えたら「sh」を用いるのが妥当ではないかと思うのですが…。また、ピンインの「sh」がシャ行でなく中国語独特の別の発音を表すというのも何だかややこしい話です。
 私と同じような考えをお持ちの方は居ませんか?また、何故こういう表記法なのか御存知の方は具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

「シャ行のピンインに「x」を用いる」ということの意味を確認したいと思います。

A) 日本語の、たとえば「島(しま)」を中国人がピンインで表記しようとして「shima」としないで「xima」とする。
B) 中国語の「西風」のピンインが「xifeng」となっている。(「西」の中国語の読みを片仮名で書けば「シ」となる。「シ」のローマ字表記は「shi」である。ピンインにも「shi」という綴りがあるのに、それを使わずに「xi」などとするのはなぜだろう。)

もしA) なら、
日本語の「シ」の音と類似の音を中国語の中で探すと、ピンインで「xi」と表記している音が一番近い、ピンインで「shi」と表記している音は適切でない。

もしB) なら、
ピンインの綴りを決めるとき、「詩」の音は英語の「shi」の音に近いので、「shi」と決めた。「西」の音に近い音は英語には存在しない。そこで「xi」という綴りをこしらえた[*]。この結果的に「xi」と綴られることになった音は日本語の「シ」にかなり近い音だった。

「なぜヘボン式は「シ」を「xi」としなかったのだ」とも言えますが、それは英語にはないもので、近似的には「shi」でも間に合ったからでしょう。中国語のように、それとは別にもっと「shi」によく似た音があるわけでもなかったので。
そもそも中国語をピンインで綴るに当たって、日本のローマ字の綴りは関係ないことだと思います。

[*]
(1)なるべく子音を1文字で表したい。(zh, ch, shはやむを得なかった。)
(2)アルファベット26文字以外の記号を使わない(声調符号は別として)。たとえば、「s」の上に v や鋭アクセントを加えるとかはしない。
(2)使われずに残っている子音字から選ぶ際に、他の言語で類似の使い方をされているものをさがし、ポルトガル語の「x」などを参考にした。(Xavier=シャヴィエル)
などが考えられるでしょう。

なお、「z」「c」を「dz」「ts」としなかったのもこの(1)によるでしょう。
また「zh」はロシヤ語のローマ字転写に倣ったもののようです。かつてソ連の影響下にあり、ロシヤ語を学ぶ人も多かったからでしょう。

「シャ行のピンインに「x」を用いる」ということの意味を確認したいと思います。

A) 日本語の、たとえば「島(しま)」を中国人がピンインで表記しようとして「shima」としないで「xima」とする。
B) 中国語の「西風」のピンインが「xifeng」となっている。(「西」の中国語の読みを片仮名で書けば「シ」となる。「シ」のローマ字表記は「shi」である。ピンインにも「shi」という綴りがあるのに、それを使わずに「xi」などとするのはなぜだろう。)

もしA) なら、
日本語の「シ」の音と類似の音を中国語の中...続きを読む

Qメールでxと書くタイミングは?

メールのやりとりでxを書くタイミングがわかりません。そもそも日本人である私がメールの最後にxと書くのは違和感があります・・・ どのタイミングでxと書けばよいのでしょうか? 
友達と携帯でメールをやりとりして、相手はよく文末にxと書いてあります。
例えば、最初のメールのやりとりでxと入れた場合、メールのやりとり中は文末にxと書くのが礼儀(?)普通なのでしょうか?

それと、xはキスを意味しますよね。これは友達同士でも気軽に使うものなのでしょうか? とくに深い意味などはありませんよね。

Aベストアンサー

私の経験から(英国在10年。アメリカでは違うかも)

私は余りPCメールでは使いませんが、テキスト(携帯のショートメール)のときは、多用しています。たぶん、regards,などの結辞を書くのが面倒だからかもしれません。PCメールの時はよっぽど親しい人とか久しぶりの人に限る気がします。

書く相手は、実際にあったときにキスする相手です。きゃあー元気ぃ?というようなのりの相手(男女に限らず一定の親密度の友人、知人)とか、お世話になったご夫妻とか、あえば感情が高ぶる人たち。
日本語で書くときは使っていません。(日本人でも英語で書くときは使います)

xを送られているのであれば、相手はe0921さんにある程度の親密さを感じていると思いますが、それが友達以上の感情なのかどうかは判断しづらいです。ただの友達でも使いますし、先方は気持ちを伝えたいのかもしれないし、それが友情なのか愛情なのかもわからないところです。
私だったら、自分が(挨拶)キスをしたい相手でなければ放っておくと思います。その代わり、Bye!CU soonなどお別れの言葉で表しておけば十分だと思います。キスしたい相手だったら、xxxxooooにさらにスマイリーを奮発。x 一つだけは、社交辞令かな。

長くなりましたが、私の基準は、リアルでキスする相手には使うという感じです。

私の経験から(英国在10年。アメリカでは違うかも)

私は余りPCメールでは使いませんが、テキスト(携帯のショートメール)のときは、多用しています。たぶん、regards,などの結辞を書くのが面倒だからかもしれません。PCメールの時はよっぽど親しい人とか久しぶりの人に限る気がします。

書く相手は、実際にあったときにキスする相手です。きゃあー元気ぃ?というようなのりの相手(男女に限らず一定の親密度の友人、知人)とか、お世話になったご夫妻とか、あえば感情が高ぶる人たち。
日本語で書くとき...続きを読む

Q中国話で x と sh の発音の聞き取り

x と sh の発音の聞き取りに苦労しています。x と sh の違いは微妙なようで、どうも x のほうが空気が擦れる音が大きいような気がします。口の作り方の違いは一応学んだつもりですが、聞き取りのこつなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

普通話ですよね。

x は舌と歯茎の間をせばめて、そのすき間から出す音で、鋭い音になります。日本語の「シー」とほぼ同じと思って差し支えありません。
sh はそり上げた舌と上あごの奧の間から出す、だいぶんこもった感じの音です。日本語には存在しない音なので、聞けばある程度の違和感があると思います。

また、それぞれ母音もかなり違います。
xi の i は母音単独の発音と同じで、唇を横に引いた平べったい音です。
shi の i は同じ文字で表記されますが、舌をそり上げた形から自然に発音される、「イー」とも「ウー」ともつかない音です。くぐもったようなこもったような暗い響きの音です。

一応これが概略ですが、あえてコツをということでしたら、
鋭く平べったい音→ x
こもった暗い音→ sh
でしょうか。
ともかく実際の音をよく聞いて、何度も発音練習するのが一番の近道と思います。

なお、同様の関係にある音の組み合わせとして、
{j, zh}, {q, ch}
があります。合わせて練習するのが効果的でしょう。
中国語の発音はなかなか難しいものですが、練習すれば必ずできるようになりますので、どうか頑張ってください。

普通話ですよね。

x は舌と歯茎の間をせばめて、そのすき間から出す音で、鋭い音になります。日本語の「シー」とほぼ同じと思って差し支えありません。
sh はそり上げた舌と上あごの奧の間から出す、だいぶんこもった感じの音です。日本語には存在しない音なので、聞けばある程度の違和感があると思います。

また、それぞれ母音もかなり違います。
xi の i は母音単独の発音と同じで、唇を横に引いた平べったい音です。
shi の i は同じ文字で表記されますが、舌をそり上げた形から自然に発音される、「...続きを読む


人気Q&Aランキング