中小企業の働き方改革をサポート>>

生命保険料の計算において、予定利率を低く見積もると保険料が高くなるのはなぜですか?
例に挙げて教えてもらいたいです。

A 回答 (1件)

生命保険の保険料は、『予定利率』と『予定事業費率』と『予定死亡利率』という3つの基礎率から成り立っています。


このうち予定利率とは、生命保険の契約者に対して約束する運用利回りのことです。

簡単にいえば、保険会社が契約者から受け取った保険料を、高い利回りで運用できればその果実は大きくなり、反対に運用利回りが低いと果実は小さくなります。
将来支払う予定の保険金額が決まっているなら、運用利回りが高いと少しの保険料で良いけれど、逆に利回りが低いとたくさんの保険料がないと予定金額を支払えないことになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/12/20 00:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報