音楽業界(最終的には、マニピュレーターをしたいです)で働きたいのですが、どうすればいいのでしょうか?アルバイトからでも構わないのですが、年齢が22歳だし、職歴もありません。何かわかる方がいましたら、アドバイスをお願いします。

A 回答 (1件)

マニピュレータの仕事はちょっと詳しくないのですが、


こういうページをご紹介しておきます。

あと結構「音楽業界に入る為には」という本が
最近よく出ているので、そちらを参考にされてみては
いかがでしょうか。

あまり役に立たない回答ですいません。

参考URL:http://www.musicman-net.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございます。自分でも色々と調べてみて、がんばろうと思います。

お礼日時:2001/08/11 23:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q70歳以上の健康保険

70歳以上の人が病院にかかる場合の健康保険ですが、老人保険になり例えば市町村の健康保険に加入する必要はなくなるのでしょうか?老人2人だけ(無職)で70以上の場合はどのような保険に加入することになるのでしょうか?
またこれとは別に例えば子と同居する場合は子供の会社の健康保険の扶養者として健康保険に加入することになるのでしょうか?

Aベストアンサー

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象になっている方は除きます。
(一定の障害がある満65歳以上)

老人保健の対象となっても健康保険は加入しなくてはなりません。
老人保健の場合は本人負担分(1割または2割)を除いて全て老人保健の負担になりますが、
その老人保健制度の財源(老人医療費)は、3:7の割合で公費(税金)と保険者(健康保険)
が負担しています。

前期高齢者の場合は、引き続き健康保険法が適用されます。
高齢受給者証と健康保険証を窓口で提示して一部負担金(1割または2割)を支払います。

お子様と同居の場合の加入保険に関しては、選択の余地があります。
家族と同居していても、高齢者を単体世帯にする(世帯分離)ケースも増えているようです。
税金や保険料の算出など様々な要因があると思いますが、介護保険が世帯単位で負担能力を判断
するため、というのも大きい様です。
(世帯分離によって世帯収入額が減り、負担額が下がるため。)

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象...続きを読む

QWEB業界に転職したい。けど年齢が・・・。

話せば長くなるのですが、人生の大きな転機を迎えてやっと立ち直った時、私は既に30代半ばになっていました。手に職を・・・と思ってホームページ作成の学校に通ったんですけど、いざ就職!と思ったら、年齢的なことで面接もしてくれないです。私はHTMLの打ち込みが性にあってるらしく、一日やっていても苦痛を感じません。打ち込みだけでもいいのです。でもそんなことだけの正社員てあるのでしょうか?それとも、年齢的にWEB業界自体をあきらめた方がいいのでしょうか?人生、やり直せないことなんてないって言いますけど、ダメなこともあるのかなぁ?と思う今日この頃です。それに、最近のIT不況も気になります。どなたか、お返事ください。

Aベストアンサー

はじめまして。現在、IT関連に転職希望みたいですが、結構難しいみたいですね。
実際、私はIT業界で働いていますし、ホームページ(HTML)の制作もしております。しかし、最近の状況をみていますと、やはり、HTMLだけで就職というのは難しいのが現状です。
この業界に就職を考えていて、HTMLだけの打つ込みだけ、となると企業側のニーズも少ないでしょう。今は、HTML自体の打込みが少なく、エディタソフトなで制作をして、その後の修正でHTMLに手を加えますので。それでも、この業界で頑張りたいと思う気持ちは大事だと思いますし、実際やりがいもあるはずです。
以下を参考にしていただければ、どうでしょうか?
1:HTMLだけでは就職は難しいので、やはり、デザインのセンスが必要。DTPなどの専門知識などなくても、デザインはその人の本当のセンスに全てが委ねられるので一度、ご自分のホームページを作成して、企業側に見てもうらう。
2:今後は、データベースを利用したweb開発が主な仕事となってきます。実際、今私が行っている仕事の大半が、データベースを利用しています。ホームページ自体は”おまけ”みたいなものです。ですから、システム(CGIやASPなど)を勉強する。(最初は難しいと思いますが、プログラムを組んでいるうちに、HTMLよりも楽しくなりますよ。)
3:制作ではなく、企業のweb構築をプロデュースする。今、私はこれをしています。しかし、プロデュースをするにしても、それなりにwebに関する知識は求められます。でも、独学でも充分習得できますよ。大事なのは、クライアントにとって利益につながる、業務が簡素化する、など、求められるものがいろいろあって大変ですが…。
4:フリーで頑張る。これ、結構多いです。私の外注先としても、ほとんどがフリーの方です。でも、皆さん、デザインのセンスはかなりいいです。
と、これくらいでしょうか…。
HTMLだけ、というより、ホームページの制作の仕事をしたいのであれば、デザインセンスが重要視されますが、現状は、ホームページの制作自体が仕事としてあまりないですから企業側のニーズは少ないと思います。
ホームページは作れる。それとプラスアルファの何かがなければ、この業界に転職するのも難しいと言えます。
かなり、厳しいことを言ってご気分を害されたかもしれませんが、逆を言えば、プラスアルファがあれば、年齢など関係ありませんし、ニーズもたくさんあります。
”どうすれば、webを使って企業に対して利益をだせるか?”、今のIT業界の各企業さんが望む人材はこれを知っている人です。
ですから、HTMLを覚えたのであれば、次のステップとして、上記のことを考えてみるのはどうでしょうか?

はじめまして。現在、IT関連に転職希望みたいですが、結構難しいみたいですね。
実際、私はIT業界で働いていますし、ホームページ(HTML)の制作もしております。しかし、最近の状況をみていますと、やはり、HTMLだけで就職というのは難しいのが現状です。
この業界に就職を考えていて、HTMLだけの打つ込みだけ、となると企業側のニーズも少ないでしょう。今は、HTML自体の打込みが少なく、エディタソフトなで制作をして、その後の修正でHTMLに手を加えますので。それでも、この業界で頑張りたいと思う気持ちは...続きを読む

Q給料から天引きされる「健康保険、厚生年金保険額」について

21年1月から給料が大幅カットになりました。
等級で言うなれば、「3等級」ほどダウンしました。
しかし
以前の減給される前の「健康保険料・厚生年金保険料」が
給料よりそのまま天引きされています。
手取りにすると「1万円」近く違います
経理に問合せると
「6月か7月まで」以前の給料の額分でしか出来ないと言われました。
・そうなのですか?
・天引きされて多く払いすぎた保険料は戻ってくるのですか?
・戻るなら会社から払い戻しになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般に、会社でのお給料は、
号俸と言われる「基本給」(例:総合職の何級何号級)のところで、
まず、月額いくらいくらと「固定的」に決まっていますよね。
給料表などがあるはずなので、それによって格付されているものです。
そして、さらに、毎月毎月、通勤定期代などを反映した通勤手当や、
扶養家族の状況を反映した扶養手当(家族手当)などが、
「月々で決まり切った金額」として支給されていますよね。

これらの「月々の決まり切った金額」のことを
「固定的賃金」と言います。

給与のカットの場合、
格付(何級何号給という位置)は変わらなくても単価が変わった、
というのであれば、それは「固定的賃金の変動」です。

一方、この単価に変化がないのにもかかわらず、
残業がまったくゼロになったために総支給額が増減した、というなら、
それは「固定的賃金の変動」にはなりませんので、要注意です。

「固定的賃金の変動」があったとき、その月を「1」として、
その翌月「2」、翌々月「3」と、3か月の総支給額を見てゆき、
それを3で割って、平均額を算出します。
但し、各月の支払基礎日数(給与計算の基礎となる出勤日数)が
17日以上であることが条件です。

算出された平均額を、標準報酬額表にあてはめたとき、
それまでと2階級以上の差が生じていたときは、
「4」か月目にあたる月の保険料から改定されなければなりません。

但し、固定給の部分の増減の方向(減った・増えたという方向)と、
階級・標準報酬額の増減の方向(下がった・上がった)とは、
同じ向きとなることが大前提で、
固定給の増減にもかかわらず階級に2階級以上の動きがないときには、
改定はされない、ということになっています。
この点は意外と知られていないので、
固定給が増減したのに保険料が変わらないじゃないか、という
誤解のもとになっているようです。

改定される場合、これを随時改定といい、
事業主は月額変更届を社会保険事務所等に出します。

ということで、単なる残業ゼロによる賃金カットなのか、
それとも、固定給の単価ダウンによるカットなのかを認識した上で、
固定給の単価がダウン、かつ、標準報酬額の階級もダウンし、
さらに、そのダウンが標準報酬額表で2階級以上のダウンのときに、
初めて、保険料も下がります。

1月の賃金カットが、実際の給与支給額に反映されたのは、
何月に実際に支払われた分からですか?
固定的賃金の変動、とは、実際に支払われた月で見ます。
たとえば、
「1月にカットが決まったけれども、反映は3月に支払われた分から」
というのであれば、3月が「固定的賃金の変動」の月で、
3・4・5月と3か月を見てゆき、6月の保険料から反映します。
但し、その月の分の保険料は翌月に実際に支払う給与で天引き、という
法令上の決まりがあるので、
実際の天引きへの反映は、7月に実際に支払われる分からです。
もしや、そうはなっていませんか?
そうであるのなら、会社側の説明は妥当です。

しかし、それ以外の実・支払月からの反映だった、というのならば、
質問者さんの会社の事務処理は、どこか間違っています。
随時改定をしていない(悪意ある意図的なもの?)ということが
懸念されるので、よく確認して下さい。

なお、改定されるべきものをしなかったために保険料を払いすぎた、
というようであれば、
事業主は社会保険事務所等に過誤訂正の報告をして、
取りすぎた保険料を被保険者(働いている人)に払い戻すか、
あるいは、その後に天引きする保険料との間で精算する、
ということをしなければいけない、ということになっていますので、
どちらにしても、間違いがあったのであれば、戻ってきます。
(こちら側は、社会保険事務所等にも強く要求できます。)

年末調整とは、全くの無関係。
すっかり混同してしまっている回答がありますが、誤りです。
そちらは源泉所得税(天引きされる所得税)の調整が目的ですから、
取られすぎ保険料を精算する、などという性質のものではありません。
 

一般に、会社でのお給料は、
号俸と言われる「基本給」(例:総合職の何級何号級)のところで、
まず、月額いくらいくらと「固定的」に決まっていますよね。
給料表などがあるはずなので、それによって格付されているものです。
そして、さらに、毎月毎月、通勤定期代などを反映した通勤手当や、
扶養家族の状況を反映した扶養手当(家族手当)などが、
「月々で決まり切った金額」として支給されていますよね。

これらの「月々の決まり切った金額」のことを
「固定的賃金」と言います。

給与のカッ...続きを読む

Qアルバイト・パートは職歴になるのでしょうか。

私は事情があって今すぐ正社員のような仕事につく
のが難しいのですが、アルバイト・パートの経験というのは職歴に書けるのでしょうか。
また、アルバイト・パートの経験はその仕事内容が
正社員で仕事につく際の職種に近ければ、実務経験ありと
見なされるのでしょうか。
ちなみに私はテレフォンオペレーターを
目指していて、このまま希望職種が
変わらなかったり、テレフォンオペレーターの
仕事があれば、テレフォンオペレーターの
アルバイト・パートなどをすればいいのかもしれませんが、アルバイト、パートをしている間に、
万が一別の職種につきたいと考えるように
なったり、正社員の仕事に再就職しようと
いう時に、テレオペの仕事がなかったりすると
大変困ってしまうので、テレフォンオペレーター
の仕事に近い(と私が思っている)受付事務
であるとか、そのようなアルバイト・パートを
してみようかとも思うのですが、この場合、
テレフォンオペレーターの仕事の採用担当者の
方にはテレオペに近い職歴、実務経験が
あると見なされるのでしょうか。
よろしければご回答お願いいたします。

私は事情があって今すぐ正社員のような仕事につく
のが難しいのですが、アルバイト・パートの経験というのは職歴に書けるのでしょうか。
また、アルバイト・パートの経験はその仕事内容が
正社員で仕事につく際の職種に近ければ、実務経験ありと
見なされるのでしょうか。
ちなみに私はテレフォンオペレーターを
目指していて、このまま希望職種が
変わらなかったり、テレフォンオペレーターの
仕事があれば、テレフォンオペレーターの
アルバイト・パートなどをすればいいのかもしれませんが、アルバイ...続きを読む

Aベストアンサー

面接時には、履歴書と職務経歴書の2通を出しますよね!
履歴書にアルバイトとはいえ、1年間に5箇所も6箇所も仕事が変わっていると面接官は仕事が飽きっぽいのではないか?と誤解してしまいます。1年以上の同じ職場のバイト暦は書いて差し支えないですが、それ以下の場合を含めると
いっそのことブランクをたとえば2年間空けてしまいます。
当然、面接官は「この期間はどうしていましたか?」と尋ねるところですが、ここで職務経歴書を生かします。
経歴書はレポートで何枚作成してもかまいませんが明瞭な書き方が良いですね。そこで、臨時雇用ですがこんな職場で業務はこういうことを行い技能として○○検定も取得しました。と説明していればOKだと思います。面接官が、会社に入りたい理由や意気込みを経歴書の中から見出せるようにしてあれば良いでしょう。
そこに、以前の職場はテレオペに近いこんな業務をしていたと正確に書き込んでおけば大丈夫です。

Q住民税、健康保険の給料天引きのしくみは?

最近3ヶ月だけ仕事をしました。
で、給料明細票を貰いました。ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税は年末調整なのでこれはよしです。

健康保険料はどうなのですか?
(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?または前年度(期間不明ですが)の収入から出た保険料を市役所とかで知るのですか?
(2)初月は半月の働きで保険料も減っていました日割り計算なのでしょうか?

住民税はどうなのでしょう?
(3)市役所で決定している税額を聞くのですか?

雇用保険料も聞きたいです。
(4)月ごとに金額が違います。支払い予定給料を安定所?の保険料早見表なんかで照らし合わせて毎月出すのですか?

間違えた場合なんかはいずれ判って訂正されるのでしょうか?
実際、給料計算の仕事をされている方お願いいたします。

Aベストアンサー

>ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税の源泉徴収税は、源泉徴収税額表というものを使い、支給する給与金額などから求めます。具体的なやり方は、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

です。コンピュータで求めるやり方も同時にあります。

>(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?

少々複雑です。基本的にはその人毎に標準報酬月額という金額を定めて、その標準報酬月額に応じた保険料を徴収する仕組みです。
標準報酬月額は、採用時決定、定時決定(4~6月支給給与の平均値)、随時改定(直前3ヶ月平均が2等級以上変更&基礎的賃金変更がある)にて決定します。
わかりやすく言うと就職したときにまず決めて、それ以降は毎年一回見直すということです。

>(2)初月は半月の働きで保険料も減っていました日割り計算なのでしょうか?
いえ、月単位です。通常保険料が減っているということは考えられません。

>住民税はどうなのでしょう?
>(3)市役所で決定している税額を聞くのですか?
住民税は特別徴収といい、役所で決定した税額を会社に通知します。そしてそれを会社が天引きします。

>雇用保険料も聞きたいです。
>(4)月ごとに金額が違います。支払い予定給料を安定所?の保険料早見表なんかで照らし合わせて毎月出すのですか?

雇用保険の料率が決まっていて毎月の支払金額から算出します。

>間違えた場合なんかはいずれ判って訂正されるのでしょうか?
大抵はそうです。気がつかないこともあるかもしれません。

>ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税の源泉徴収税は、源泉徴収税額表というものを使い、支給する給与金額などから求めます。具体的なやり方は、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

です。コンピュータで求めるやり方も同時にあります。

>(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?

少々複雑です。基本的にはその人毎に標...続きを読む

Qアルバイトでも職歴はあったほうが良いか?

公務員受験などの勉強をしながら、
アルバイトやパートとして働いた期間は、
職歴として認められるのでしょうか?

将来、何らかの形で就職活動を行った際に、
無職の期間が長いとマイナス評価となるので、
バイトをしていた方が良いと聞きました。

これは本当でしょうか?

なお、当方は正社員として3年半勤めた経歴のある、
20代半ばの男性です。

Aベストアンサー

人事担当です

職歴は貴方の歴史ですから「有った方が良いとか悪いとか」では有りません

「マイナス評価になるから」とかで選択されますと採用後に問題になることもありますよ

その場(採用時)だけを考えるのは間違いです

アルバイトもお書き下さい

Q70歳以上の保険制度

70歳以上の人は通常定年退職後で、国保に加入すると思うのですが、
もし、健康保険制度(社保)がある会社に再就職した場合は
社会保険に加入するのでしょうか?

その人が、75歳になった時も継続勤務していた時は
そのまま社会保険なのか、後期高齢者医療に切り替わるのか、
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前期高齢者(65歳以上75歳未満)になっても、国民健康保険の被保険者にならない限りは、75歳を迎える前までは健康保険に入れるので、再就職後は健康保険に加入して、引き続き、健康保険から療養の給付を受けます。
また、このときに、75歳を迎えたときには、健康保険から抜けて、各自で後期高齢者医療制度に加入する必要があります。独立した制度だからです。
要するに、75歳を迎える直前までならば被用者保険(健康保険[組合健保や協会けんぽ]のことです)に入れるので、このようなしくみになります。

Q履歴書の職歴(パート・アルバイト含む)欄について

履歴書の職歴(パート・アルバイト含む)とかいてあるんですが、今までしたアルバイトは3つしてたんですがはじめは冬休みだけで、次は夏休みだけで、その次は1っヶ月だけなんです。
この場合って職歴欄には書かないほうがいいんでしょうか?
書かない場合職歴なしでいいんでしょうか?

今大学1回生で、これからアルバイトしようとしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特に書かなくてもいいと思いますよ。
面接の時に「期間が短かったので書かなかったのですが、こういうバイトもしたことがあります。」と一言付け加えてあげれば
面接の人もメモしてくれるし、
最初から書いてあって実は短い期間だけだった。と言うと
ここも続けてくれるのかな?と思わせてしまうかもしれないし、

どうして期間が短かったのかという理由と、仕事をキッチリとやります。という態度を見せればOKだと思いますよ!!


がんばって!

Q高額療養費の70歳以上とは具体的にいつから?

高額療養費の自己負担限度額を考えるときに、70歳以上と未満に分かれますが、70歳以上とは具体的にいつからでしょうか?

例えば、今年の5月20日に70歳の誕生日を迎えた場合6月分の診療費から高額療養費70歳以上に該当するのでしょうか?高齢受給者証は6月から使えるようなのでこれと同じように70歳に達した日の翌月からでしょうか?

Aベストアンサー

高額療養費は、70歳以上でも70歳未満であっても健康保険制度から給付されるものですが、70歳以上の高齢受給者と70歳未満ではその給付の基準が異なってきます。

70歳以上の高額療養費の基準が適用されるのは、70歳になる誕生日の翌月(1日が誕生日の方は当月)の診療分から、高齢受給者としての高額療養費が適用されます。

Qつなぎのアルバイトでの職歴

今月中旬に正社員の仕事を退職をした者です。退職したのはいいものの、生活費を稼がなくてはいけない状況です。そこでアルバイトを始めようと思っているのですが、週の労働時間が長くなる関係で、社会保険や雇用保険に加入する事になります。転職活動時の履歴書、職務経歴書にはアルバイトの内容を記載しなければならないですよね?正社員と正社員の間のいわゆる繋ぎのアルバイトをしている人は正社員採用をしている方からみて、印象は悪くなるものでしょうか?回答お待ちしております。

Aベストアンサー

履歴書にあまりブランクはない方がいいですよ。とはいえ
転職が多い等の場合は
3ヶ月以内の仕事については記載しなくてもよいとしている会社もあるようですよ。
要はあなたの気持ち次第じゃないでしょうか
例えば正社員として働くために資格の勉強をしてました。
と面接の際に言えれば
この人はあえてアルバイトを選んだんだなと面接官の人は
思うんじゃないでしょうか


人気Q&Aランキング