文学カテゴリーにも同じ質問をしたんですが
童話とは「子供の教育を目的とした教訓」だと教わりました。
これの正否はさておき
童話の原型は結構、残酷だったり淫靡だったりします。
子供の恐怖心を煽る「怖い童話」の意図や役割を教えて下さい。
文学のカテゴリーでは主に童話の成り立ちを視点とした
答えを頂いているようです。
子供に与える効用・効果みたいな視点はありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

グリム童話は、口伝の昔話(民話)を集めたものですが、口伝という意味では、その他の神話や伝説と同じです。

口伝ということが、かなり味噌で、誰かによって意図的に編まれた物語ではないということです。「誰か」という無名の多者が感じたことが、少しづつ語られて、繋ぎ合わされて物語の形を成していったのでしょう。『物語』の「モノ」とは、「モノノケ」の「モノ」なのだそうです。人が語るんじゃなくて、モノノケが語ったものだというんですね。誰か一人の意識が創作したのではなく、これらの物語は、人びとの無意識を反映しているのだと言います。

分析心理学者C.G.ユングの原型論に基づいた解説が河合隼雄さんの『昔話の深層』(講談社+α文庫)でなされていますが、なかなか興味深かったです。それと神話に関してはフランスの思想家ルネ・ジラールが、かつての原初的な共同体の記憶(異人殺し)を異なったシンボルに変換して想起することで、忘却する作用があると言っています。これは、フロイトの夢理論と通じるものがあります。日本の分権で言えば、小松和彦さんの『異人論』(ちくま学芸文庫)が読みやすいと思います。

つまり昔話というものは成立の段階で「子供」という視点は含まれていなかったと思われます。そして、子供に対して教訓的な「童話」となったとき、物語が孕む本来的な機能(無意識の想起、忘却)は失われ、骨抜きの説教譚が出来上がったのだと思います。ただ、仏教説話など教化的なものの中にも怖いような話が含まれているようですが、それについては、良く分かりません。ただ、わたしは、そのようないたずらに恐怖を与えるような「説教譚」は子供に対して必ずしも良い影響は与えないと思います。文学のカテゴリでもどなたかが書いておられましたが、昔話には「無痛覚」ということは、つまり、現実味のない漠然とした怖さがそこにあるのであって、「説教譚」の痛覚に訴えるものとは本質的に異なるものだと思われます。それにしても「無痛覚」と言う言葉は、夜に眠りながら見る夢の世界(無意識の世界)から表れたものであると考えることに、しっくりきますねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、すごくよく分かります。

先日、映画「A.I」を見たんです。
「A.I」は、倫理観がまだ形成されていない子供の危うさに忍び込んだ
物凄く残酷な童話でした。でも妙に意識の奥に響くんです。
ああ、そうか、それが「無痛覚」なんですね。
で、これは初版グリムかな?と思ったんです。
(あれで「感動して泣きました」は浅はかだよ。)
ちなみに「プライベート・ライアン」は、カフカの「城」
じゃないかと思っています。
そして、スピルバーグって、捉えらようのない恐怖や残酷を
存在論的に、叙事的に、表現することに
異様に卓越した作家だと思っています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/13 13:14

 難しいことはよくわからないんですが,「怖い」話は子供にとって「面白い」からという考え方もできるんじゃないでしょうか? 「恐怖」や「残酷さ」って(こういう書き方は不謹慎かもしれませんが)人間の興味をそそる何かがありますよね。

原始的な感情なので,子供でも共感できますし。

(ご質問と直接関係ありませんが,サキの短編に,たまたま列車で座りあわせた親子連れの子供に,『教育上よろしくない』話を聞かせて静かにさせる男の話があったのを思い出しました。タイトルは忘れちゃいましたが。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

原始的な感情、そう思います。
あまり不謹慎視しない方がイイのでは、とも思います。

サキの話「話の上手い男」みたいなタイトルじゃなかったっけ?。

お礼日時:2001/07/16 11:03

河合隼雄さんが著作「昔話の深層」の中でわかりやすく説明されてますので


一部引用を組み立てながら説明と紹介をしてみます。

河合さんは大学生に「自分の人格形成に強く影響をあたえた書物について」
のレポート課題を出した事があるそうです。この時、幼少期の体験で、昔話をあげる人が案外多かったそうです。このテーマでは「体験」というのが重要なポイントです。

「怖い」という意図や役割については昔話の発生の心理などについて知るのがいいのですが、ここでは省略します。重要点は「効用・効果」だと思いますのでこの点に絞ります。
河合さんは昔話の「凄まじさ」を知ってほしいと考えています。その理由の部分を引用と説明の組み立てをしてみます。

・・・現代人はあまりにも合理性や道徳性などで防衛されているので、怖れ
   おののく事がほとんどなくなってしまった。このような態度が端的に
   表れているのが死に対するあり方である。医療は病を駆逐し、可能な
   限り長生きできると信じ、死者には葬式という演出で出来る限り死に
   対して近付かない(目をそらす)工夫をしていると言ってもよい。

・・・しかし死は存在する。昔話の怖さは死を忘れようとしている人たちに
   人生における戦慄をあらためて体験せしめる。これは子供が大人にな
   るための大切な要素が組み込まれています。背後にある死の元型の力
   によって凄まじいものにならざるを得ない。

以上は説明部分でもほんの一部を拾ったまでです。河合さんは既成の道徳の
鎧によって心の動きをおおってほしくないと考えています。
「子供に聞かせるにはひどい」と言って、話の書きかえをする人は鎧を強化
してしまうからです。

「性」に関しては、ここで述べるには余地がないので省略します。詳しくは
河合隼雄「昔話の深層~ユング心理学とグリム童話~」講談社+α文庫¥854
を読んでくださればわかると思います。             

最後にこのテーマの集約的な言葉を引用しておきます。

・・・死の恐怖を隠そうとすることは話の本質を全く見あやませることにな
   るだろう。人生とは、いかに言い換えようともそもそもすさまじいも
   のなのである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>既成の道徳の鎧によって
 心の動きをおおってほしくないと考えています。
そうですよね。本当にそう思います。
子供を馬鹿にするなっ!て 、感じがします。
どうもありがとうがざいました。

お礼日時:2001/07/13 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(初版)グリム童話集の中に書かれているブレーメンの音楽隊の本を探しています。

(初版)グリム童話集の中に書かれているブレーメンの音楽隊の日本語に訳された本を探しています。インターネットで調べてもそのグリム童話集の本の中ににどんな内容の物語が書かれているか分かりません。グリム兄弟が、何回も書き換えた本ではなく、書き換える前の本を教えてください。その本の題名(例えば、初版グリム童話集2巻とかというふうに書いてください)と著者名と出版社名を教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

初版では「ブレーメンの音楽隊」は収録されていませんでした。
参考URLにある白水社版「初版 グリム童話集1」には、KHM27として「死神とがちょう番」という話が掲載されていて、注として「初版のみ収録。第二版より「ブレーメンの町楽士」差し替えられる」とあります。
なかなか難しいかもしれませんが第二版の訳をお探しになるようアドバイスしておきます。

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/product/keyword/keyword?accd=19957422

Q自分はさておき他人批判できる心理

なんか例えば昔万引きしたことがあるやつとか普段ろくに善行してるわけでもないような大衆が、メディアに流れる、経営者の不祥事とかを批判できる自分はさておき心理てとても違和感を感じるのですが、これはなんなんでしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。

自分は自分、人は人。
これはこれ、あれはあれ。

自分はさておき他人批判できる人に、実際に聞いたところ。
上記のような答えが返ってきました。
口が有るから、自分の事さておいて、好き放題言えるってことなんでしょう。
私も正直、理解できません。それより自分の事しろってのが本音!
でも、これは彼らの素直な感情、他の投稿でもコメントさせて頂きましたが、そうなります。

あのね。
隣のおばさんがね、給与が3か月止まったとか事情話してね、
私は10万円貸したのよ。
来月返すって言ったし、世話になってる人なんで、貸したんだけど。
でも…1年2か月後に私が催促するまで放置してました。
本人いわく、返すと言ったのに「返さなくて良いと思ってた」とのこと。

そのおばさん、私に借金を返すまでに、遠い親戚の男性を自宅に呼んで
お金の使い方、仕事せなアカンとか、説教たれるの、
大声で感情的だから、よーく聞こえちゃってね。
自分のこと棚あげして、よく言うわって思ったの。

この話をしたら、これはこれ・それはそれ…言うてました。
50代のおばさん、普段から愚痴っぽいです、ホラ拭きます。
私やっぱり理解できないけど、そういう類の人と括るしか有りませんね。

なんか真面目で、賢くなろうとする人が苦しくなる。
時々あほらしいなって思うんですよね。

こんばんは。

自分は自分、人は人。
これはこれ、あれはあれ。

自分はさておき他人批判できる人に、実際に聞いたところ。
上記のような答えが返ってきました。
口が有るから、自分の事さておいて、好き放題言えるってことなんでしょう。
私も正直、理解できません。それより自分の事しろってのが本音!
でも、これは彼らの素直な感情、他の投稿でもコメントさせて頂きましたが、そうなります。

あのね。
隣のおばさんがね、給与が3か月止まったとか事情話してね、
私は10万円貸したのよ。
来月返すって言っ...続きを読む

Q日本昔ばなし・グリム童話の本

出来れば一式で欲しいと思っています。
・価格はどれくらいするものなのでしょうか?
・普通の本屋で買えるのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらの本のシリーズをご覧下さい☆

安価で、かさばらなく一般的な物語が全てそろっていますよ。

訪問販売では、決して購入しないように気を付けて下さいね(*'-'*)

参考URL:http://www.boutique-sha.co.jp/animation/02.html?BOUTIQUESESSID=6fd3fe620e527ef1dfd50c15fdd4364a

Q残酷なシーンを見る人の心理

少し前まで、イラクでの人質事件で多数の外国人の方がネット上で殺される場面だとか、死体が吊るされる映像がテレビで流れたりしていましたよね?
また、一昔前のニュースでも、某カルト教団の方がインタビュー中に刺される事件とかがありました。

私はそんな内容をテレビで見ると怖くて怖くて、できるなら見ないですみたい気持ちがあります。
人が傷つけられる場面、人の命の消えて行く瞬間なんて、見るだけで辛いし、「衝撃の瞬間」といったような番組でで車が爆破する瞬間でも心臓がドキドキして苦しくなってしまいます。

でも一緒に住んでいる彼は、アルジャジーラで流された殺される場面、ネットで見てみたくね?とか言い出して、正直引いてしまいました。
私にはまったくその心理がわかりません。
彼には私が子供過ぎると言っています。

好奇心旺盛ということの違いなんでしょうか?
彼の心理が理解できません。

Aベストアンサー

簡単な事です、『好奇心』なのですよ。

あなたが「子供」である訳でもないですし。
彼が「普通」でもありません。
どちらかと言うと彼の方が「子供」ですよ。

人は隠されたものに興味を示します。
例えば、ワイドショー、ドキュメンタリー、ジェットコースター、それらで得られる感情は娯楽になりえます。
しかして、それらを不快だと感じるのもまた、不思議ではありません。
あなたの「共感」し「恐怖」する感情も当たり前の事なのです。

世の「グロ好き」にとっては、奥様方がワイドショーで芸能人のプライベートにきゃあきゃあ言ってるのと同じレベルで「グロ」を見れるにすぎません。

彼も実物は見たいと思わないでしょう?
ネットだから、TV映像だから見たいのでしょう?
彼は身近に「死」が無いから、体験した事も無いから見たいのでしょう。
人の痛みや悲しみを想像できない時点で、彼の方が「子供」ですよ。

残念ながら今の日本、清潔すぎて「死」の実感が希薄です。だから彼のような「好奇心」の感情も生まれます。(その辺りは養老先生に賛成。)
ここがもし・・、日常茶飯事に死体が道端に転がってるお国だったら、誰も「見たい」なんて思わないのですから。

「見たい」という好奇心は罪ではないですが、時にそうした現実から剥離した感覚は犯罪を招きます。もちろん、彼がそうではないですけどね。彼のはもっと単純な好奇心に過ぎません。

ですから、あなたが悩む必要はありません。

もちろん、嫌なら嫌と意思表示して、
「見るならどうぞご勝手に・・」
というスタンスで十分かと思います。

・・じゃあ、彼に言ってみたらどうでしょう。
「そんなに死体が見たいの?だったら湯潅のバイトすれば?」
なんてね(笑
もちろん、彼にそんな勇気はないですよ。
そんなものです。

簡単な事です、『好奇心』なのですよ。

あなたが「子供」である訳でもないですし。
彼が「普通」でもありません。
どちらかと言うと彼の方が「子供」ですよ。

人は隠されたものに興味を示します。
例えば、ワイドショー、ドキュメンタリー、ジェットコースター、それらで得られる感情は娯楽になりえます。
しかして、それらを不快だと感じるのもまた、不思議ではありません。
あなたの「共感」し「恐怖」する感情も当たり前の事なのです。

世の「グロ好き」にとっては、奥様方がワイドショーで芸能...続きを読む

Qグリム童話

今グリム童話に興味を持っているのですが、
いい本(できれば漫画の方が良い)や映画はないでしょうか?
もちろんディズニーの白雪姫みたいな感じではなく、
残酷な表現が含まれてるほうのグリム童話を探しています。

Aベストアンサー

こんにちは。
漫画ではないですが、この本オススメですよ!!
「本当は恐ろしいグリム童話」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/458439119X/249-8848778-7353123
白雪姫やシンデレラなどのような誰もが知っているグリム童話の原作はこうだった!!って内容です。
残酷な内容のものも結構ありましたよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/458439119X/249-8848778-7353123

Qショック・・・!!残酷すぎる内容の夢

現在早朝6時です、おはようございます・・・
とても残酷な内容の夢で目覚めてしまい、胸ぐそ悪く、嫌な気分です。助けていただきたいです。

夢の内容は、中国の三国志時代?戦国時代が舞台で、女性を男たちが縄で縛って嬲りながら引きずってゆき、恋人の男性の舌を女性に食べさせたり耳を切り取ったり・・・嫌な気分になった方、すみません。

夢は、脳の意識や記憶の整理作業や深層願望の現われである、と聞いたことがあります。

深夜におよぶバイトの翌朝(現在です)早起きして本業に出社せねばならないというストレスを抱えて眠りについたので、疲れてはいると思います。

しかし、近日中にそのような映像を観たわけではありません。夢では、見たことのない影像でも作り出すことがありますよね、おそらく。しかし、自分で胸ぐそ悪くなる映像を自分で作り出すなんて、あるんですか?変態的行為、暴力的行為が自分の深層願望なのでしょうか、少しショックです・・・


「夢」についての知識をお持ちの方、コメントをいただけると幸いです。

Aベストアンサー

深層心理、、

私の解釈だと、人間はスリープモードになっている間は、パソコンでいくなら、デフラグ状態だと思うんですね。

人は短期記憶と長期記憶があり、よく使う記憶はすばやくアクセスしなすいように浅いところに、あまり呼び出されない記憶は深いところに移動される。
そのデフラグでいろんなものが一瞬メモリーにスワップするわけで、それと関連した芋ズル式になっている記憶も一緒に一旦メモリに乗せられる。


あなたの見た夢ってのは、実は遠い昔 もしかしたら子供の頃に見た映画の一シーンだったのかもしれない。
あなたが意識して記憶としていなくても、記憶の中に入っているのかもしれない。

実は人は毎日寝ている間に夢(デフラグ処理)を見ているのですが、ほとんど記憶として残っていないですよね。
だけど、デフラグ中にたまたまメモリに乗ったのだがあまりにも衝撃的だと、「なんだこりゃ」と驚くわけです。
しかも 朝方は身体も起き始めているので、ノンレム睡眠とレム睡眠の間隔が短く、衝撃で体が覚醒できてしまう。
今見た夢なので、記憶に鮮明に残り、「なんだこりゃ」となったのではないかと。

それでデフラグ中に見た夢には意味があると思った。
現実の何かと関連づけようとした。寝る間も惜しんで働いているせいか と身近なことと関連づけた。
人間は近い方に関連づけたがるので。


夢で起こったことと、現実は関係が無い というのが私の解釈です。

そりゃあ 夢を現実に何かと関連づけようとすれば、力ワザでどれだけでも関連づけられますよ。

人間はドラマや映画を現実に関連づけて生かそうとしますから。
そうやって体験していないことも、話を聞いたり映画を観ることで、疑似体験したものとして、経験値を増やすので。

その特性があるが、夢やドラマはあくまで二次体験。


ある人は、突然子供の頃に親によって悪魔儀式に参加させられた記憶が蘇ったんですね。
その儀式で子供の頃悪魔儀式に参加させられ、その中で父親に犯され妊娠し儀式で胎児をハンガーでひっぱりだされた ということを思い出した。
裁判で父親を訴えました。
訴えられた父親は「無実だ そんな悪魔崇拝の儀式など一度もやったことが無い」と主張。

ところが、その原告のお兄さんは、妹の証言を聞いているうちに記憶が蘇り、自分も悪魔崇拝の儀式に子供の頃に参加していたことを思い出したと言い出した。
そして、告訴された父親もついに思い出したと出だし、罪を認め服役しました。

3者の話した悪魔儀式の内容が一致した。
一致したので、事実起こったことだと認められ、噂にはあるが実体はつかめていない悪魔崇拝集団は実在していたとなった。


さて、これは本当の体験だったのでしょうか?
この胸糞悪い3者が一致した内容は、実体験だったのでしょうか?

スターウオーズ。

3人が同じ映画を観ていて、その中で出てきたシーンを、実体験した悪魔崇拝儀式だと認識を変えてしまっていた。

3人でテレビか映画観でスターウオーズを観たから、内容が一致したわけです。
ただ、3人とも悪魔崇拝という刷り込みが最初に行われたので、スターウオーズの内容だったと、記憶を蘇らせることはできなかった。
父親は無罪と立証したのは、父親を昔から知っている友人でした。
彼は悪魔崇拝者では決して無いと知っていたので、刷り込みが起こらず、惑わされる真実をつきとめられた。


すごい冤罪事件ですが、実話です。


というわけで、夢の中で見たものと、現実のあなたの心は関係が無い と私は思います。
ほっとしたでしょ?

オカルティズム・夢占い そのようなものは迷信です。学問じゃあない。宇宙人を信じて活動している趣味団体と同じジャンル。

まどわされないで。
どうせ惑わされるとしたら、いい解釈をして。

深層心理、、

私の解釈だと、人間はスリープモードになっている間は、パソコンでいくなら、デフラグ状態だと思うんですね。

人は短期記憶と長期記憶があり、よく使う記憶はすばやくアクセスしなすいように浅いところに、あまり呼び出されない記憶は深いところに移動される。
そのデフラグでいろんなものが一瞬メモリーにスワップするわけで、それと関連した芋ズル式になっている記憶も一緒に一旦メモリに乗せられる。


あなたの見た夢ってのは、実は遠い昔 もしかしたら子供の頃に見た映画の一シーンだったの...続きを読む

Q「本当はおそろしいグリム童話」について

「本当はおそろしいグリム童話(2)」
というのを図書館で借りて読んでいました。
ところでこの本の中の物語は作者の創作なのですか?
単にグリム童話を下敷きにしているだけで作者の創作部分が多いのでしょうか?
それともいろんな研究によって明らかになった話の内情(?)を広げて書き足したのでしょうか?
私はてっきり何度も改定されたグリム童話の原典の話かと思ったのですが。

Aベストアンサー

初期グリム童話を翻訳された吉原高志さんが大学の講義で語っていましたが、「本当は恐ろしいグリム童話」(桐生操)に書いている内容は研究不足だ、そうです。

そもそも、この人のジャンルというのは、別にグリム童話やドイツ文学、民俗学ではなく、ヨーロッパの持つ闇というもののような気がします。もちろん、ヨーロッパに幻想を抱いている日本人に対しては効果はあると思いますが、極端に転んでいます。つまり公正に書いているとは私には思えません。

まず、「恐ろしい」とか「残酷」という言葉でことさらに煽り立てますが、それは現在の日本から見たものであって、当時のドイツではどういったものが残酷かというのをまったくわかっていないように思います。

真の理解をしたいのであれば、吉原高志さんの「グリム<初版>を読む」という本をお勧めします。白水社から出ています。

Q夢の中の視点

夢を見ているとき、あたかも第三者的な視点で自分自身の姿を見ていることがありますか?
私は自分自身の視点からしか夢を見たことがないので(つまり自分自身の姿を夢の中で見たことがない)その様な夢の見方が普通?なのかと疑問に思っております。
また、このような夢の中の視点って何か意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

ヲタクな私が夢を見るとき,自分は何かしらのキャラだった,と言うことが多々あります。
なぜ自分の姿を知っているのか,と言うことは第3者の視点がそこに存在したんでしょう。(それまで私は何だったのか?)
多分,世間一般に言われる「夢コントロール」も関係してるんではないでしょうか。
つまり,自分の意識の中で勝手にそのキャラに入り込んでいるというか存在を置き換えているんでしょうな。

Q『そらまめとわらとすみ』グリム童話での題名(ドイツ語)

日本民話『そらまめとわらとすみ』は、グリム童話由来であると知りました。

グリム童話では何という題名なのかが知りたいです。
出来ればドイツ語では何というのか、教えてください。

知人が来週ドイツに旅行するので、この本を買ってきてほしいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「完訳グリム童話集」(ちくま文庫)によると
「わらと炭とそらまめ」=「Strohhalm, Kohle und Bohne」です。

Q視点の定まらない人

視点の定まらない人がいるのですが、いつもどこを見てるのかわからず、私の目を見ているような時でも何故か視点が定まってない感じのする人がいます。
目そのものの問題なのか、それとも精神的な問題があるのか、また視点の定まらない人というのは心理学的にはどう見るべきなのでしょう?


ちないにその人は一人で一方的に喋るタイプで、脅迫的なところもあり、話も辻褄があっておらず文章もやたら長文でちょっと怖い感じがします。
話の内容はしっかりして頭もそこそこよさそうなのですが。

Aベストアンサー

昔、視点が定まらない、というか眼球が上を向いてまっすぐこちらを見ないで話す人がいました。
その人は自己中心的で他人を平気で踏み台にして生きるような人でした。人をバカにしたにしたようなところがある人でした。

たいていの人は、考えるときは目線が下の方を向いたり、人の目を見てしゃべることができない人はあごを見てしゃべったりします。

ただ、上を見てしゃべる人というのは過去に一人しか見たことがなく、あなたの質問に出した人と足しても二人目です。
あなたの回答には副えませんでしたが、私自身の「人間という生き物」を観察・洞察する上でよい対象となりました。


また、霊視する際に視点が定まらない、というご意見に対する回答ですが、霊視の際のビジョンは通常、人が考える際の見え方と違うからだと思います。
人が想像したりするときは目を閉じていても、目のあたりを使ってビジョンを想像します。
しかし、霊視や超常的な力を使う場合は後頭部あたりで感じるのです。
私は意図的な霊視などはできませんが。
というか私の場合は霊視という分類ではなく、それも意図的にできず不意に襲ってくるものなのですが。
仏教でいう涅槃の体験に似たものに包まれるときや、現代の知識ではない古代の文字や文章が不意に脳裏に現れるときがあります。
前者も後者も人が通常思考する際とは違います。
特に後者は後頭部でビジョンが流れている、ということを強く感じます。

だから、目という感覚器に頼らないため、人によっては視点の定まらないような体勢に映るのかもしれません。

昔、視点が定まらない、というか眼球が上を向いてまっすぐこちらを見ないで話す人がいました。
その人は自己中心的で他人を平気で踏み台にして生きるような人でした。人をバカにしたにしたようなところがある人でした。

たいていの人は、考えるときは目線が下の方を向いたり、人の目を見てしゃべることができない人はあごを見てしゃべったりします。

ただ、上を見てしゃべる人というのは過去に一人しか見たことがなく、あなたの質問に出した人と足しても二人目です。
あなたの回答には副えませんでしたが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報